さぁ~て、どういう風に作るべか?
現況と条件を鑑みて、設備は?材料は?工法は?手間は?資金は?期間は?などなどなど。
水回りは面倒くさいですねぇ。特に風呂の設置方法で悩んでます。ユニットバスもらっときゃよかったかなぁ~・・・。

いろいろ検討してきたメモを見ながら頭をひねってます。
DSCN6251.jpg
独立させて廊下で結ぶべか?共用壁にして下屋風にすべえか?→下屋方式のほうが手間がかからないねぇ。
ログビルダーらしくログ組?ツーバイ材の壁工法?在来の軸組?→解体廃材がもらえそうなので軸組かなぁ。
広さは3坪(6畳分)くらいあればいいね。

ログの幅は3間(5.4m)なので1間(1.8m)出幅にすればちょうど3坪なのだけれど・・・。
DSCN6184.jpg
ログ壁との接合がちょと面倒というか、下屋との取り合いも考えると、すごく難しくなっちゃうのね。
最低3寸勾配にすると屋根取付位置が最上段ログの20cmくらくらい上にきてしまうのですぅ。
なので、45センチくらい内側にしたほうがよさそうだ。1畳分くらいは狭くなるけど、ま、いいだろうね。
などなど、手持ちの材料の活用も考え、けっこうな時間を費やしたのです。優柔不断だから。

※左側に見える丸太のハシゴは、ログ本体を作るときに近所からもらった廃材で作ったものです。
ちゃんとした脚立は2つしかなかったので、その代用として8つくらいありましたかねぇ。

謎の白ちゃけた壁をサンダーで削ってみました。ちゃんと元の色がでますねぇ。腐ってはいないようです。
DSCN6197.jpg
増築すると内壁になるので、全面削らなきゃならないかしら?うーん、どうしよう・・・。

床下に潜ってみました。床板下の野地板が2か所外れていたので治しました。
DSCN6158.jpg
松の独立基礎は大丈夫ですね。

壁位置を測ってみました。中央のノッチ下部に残っていた芯墨を基準にしてます。(100ミリ切で計測)
DSCN6169.jpg
※元の芯墨は隠れてしまうので、後から見える位置(50センチくらい離して)に描いておく逃げ墨があったはずなんですが見当たりません。内側に描いたのかも。
それにしても基礎丸太が芯に乗っていないねぇ~。笑

外壁から45センチ内側です。土台下側の芯墨から20センチ外側にでるように補助板を取り付けました。
DSCN6177.jpg

壁芯から180センチのところに仮り杭を打っています。
DSCN6178.jpg

左右に2本打って地縄張りが完了です。左右4.5メートルです。
DSCN6181.jpg
※いちおう対角線も測っていますよ。ピタゴラスの定理でね。

さて、次は遣り方ですが、その材料さがしに一苦労しますわ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
先日分蜂した群れは、一晩過ごして昼頃に飛び立っていきました。
残った娘の女王様は、さて優秀なのでしょうかねぇ・・・。
DSCN6265.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

私も考え中
亀仙人
下屋方式でトイレと風呂を増設しようと考え中です。

亀さん
赤G
あら、そうでしたか。早くやっといたほうがいいですね。
頑張ってください。

コメントを閉じる▲
石だらけの穴掘りで疲れたので今日は休養日です。
気温は20度を超えていい天気なのですが、時折雲が多くなって雷雨になったりもしてます。

さてさてさて、数年来の計画・願望、というか、他人からの要求というか、我が山小舎は一般的な生活様式じゃなさそうなので、世間様に合わせて少しばかり改善することにしました。(基本計画は10年前からあったのですが・・・。)
外部にある水回り、つまり、風呂、洗面、洗濯、トイレを、ログから直接行けるように増築することなのです。

現場状況です。
DSCN6129.jpg
手前は野天風呂なのです。洗濯機も置いてあります。

ログと連結するには、この場所しかなさそうです。
DSCN6132.jpg
比較的平坦だし、1間(1.8m)くらいの張り出しだから、既存の風呂も継続して使えるしね。


まずは大事な?ガラクタを片付けました。
必要なような・・・、必要じゃないような・・・、物がおいてありました。
DSCN6155.jpg
右側の電気メーターが邪魔になりそうです。これは移動してもらわねば。

ログ壁が変色してます。これまで気がつかなかったですねぇ~。
上部が白っぽくなってます。
中段は、まあ普通に日焼けしてます。塗料も何も塗っていないので銀灰色です。しかし部分的に何か薬品がかかったように白くなっています。
ほかの3面もよく見ると部分的に同じようになってます。これなんだろう?
下部は物影だったので昔の面影色(初期よりくすんでいますが)であります。


ちなみに、これはポットン便所。
雨避けだけのオープントイレなので景色は最高なんですが、遠いので緊急時にはヤバイのです。
それに、もう寿命のようで、すぐにでも倒壊しそうなかんじで傾いたりもしてます。笑
DSCN6140.jpg

とまあ、1週間ほど前から、一応その気になって、動き始めたのです。
何事もやらなきゃ始まりませんからね。いまさら言うことでもないのですがぁ・・・。
とはいえ、材料や構造など大雑把にしか決まっていないので、やりながら考えていくことになるでしょう。
ポイントはお金がかけられない(単純に言えば「無い」)ことだけですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
今日の昼前、また、空きマンションにミツバチが入居しました。3日ほど前から20匹ほどが品定めに来ていたんですがね。
DSCN6245.jpg

昼過ぎには、越冬組が分蜂(群れ分かれ)しました。黒いオスバチが増えてきていて、3日前には巣の外に出て騒がしかったのですよ。
午前中は何事もなかったのに、突然ワーンという音が聞こえたので出て見てみると、近くの木に移動している最中でした。
この群れが前記の箱に入るのかと思っていたんですがねぇ。
DSCN6254.jpg

分蜂した蜂玉です。8mほどの高さに固まってました。さて、どこへ行くのやら。
DSCN6264.jpg


工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
人様のお助けマンばかりしていて、
気がつけば我が身が危ないじゃすみませんね。
意を決して早めにやらないと・・・です。

Draさん
赤G
いやはや、お恥ずかしい。
とりあえず一発奮起しました。が、この先材料がそろうかどうか・・・。笑

コメントを閉じる▲
急に熱くなったり、寒くなったり。昨日は30度を超えていたのに、きょうは雨で10度ちょっとです。
また薪ストーブを焚いちゃってます。

さぁて、1年ぶりに入り口の階段を修理しました。
2段目の踏板の片側が落ちてしまっていたのですが、下に支えの木片ブロックを置いて支えていました。でもグラグラしてたんですよね。
<補修後の写真>
DSCN6095.jpg

自分はわかっているからいいけど、来客の方にいちいち注意するのは面倒でしたからね!?
うっかり事故っちまったら責任問題ですからね。ので、ついになおすことにしました。
というのも、知人から丸太の切れ端をもらったからなのですがぁ・・・。

側板を作り直すつもりだったんですが、長さがちょと足りなかったのです。
※5センチくらい短いだけなので、まあ、全体を作りなおすこともできたのですがね。
(実際、半割だとか、面倒だなぁ~っても感じてたのですよ。)
DSCN6104.jpg

こわれたところをシゲシゲと見ていたら・・・。
これなら、番線で固定できるのかな?と、安易な方法を思いついてしまったのです。
DSCN6099.jpg

で、まあ、ごのようになってしまいました。
ごらんのように、10年も雨ざらしだとボロボロなんですね。

なのに、あいかわらず、「とりあえず、不具合ならそれなりに」思想が頭をもたげてしまったのです。
今度こわれたら、作りなおしましょうかね!今度ね?!
(すぐにそうなりそうな気もする・・・・・・。)

※実は、いま、現ログの水回り増築を考えてまして、頭がそっちに行ってしまっているんです。
これについては後日。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
空き家になっていたミツバチマンションに入居者がありました。
古巣が残ったままなのですが、突然ウォーンとやってきてしまいました。
いつもは6月ころなので、捕獲用の巣箱を準備しはじめたのですが、5月中旬とは早いです。
DSCN6125.jpg


工房のセルフビルド | トラックバック(0) |
やっと春らしくなってきました。
桜も咲きました。(いつもの年よりも早いんだけど)
タラの芽もシイタケも葉ワサビも採れはじめました。
ミツバチも2棟が越冬しました。(2棟は初冬に逃避したようで、死骸が少しだけありました。)

ふと、さて、草刈りの準備でもしておかなきゃ!と思ったのですが、刈払機は昨秋に壊してしまったのでした。
DSCN5587.jpg

この刈払機はロビンの25ccの4サイクルなんです。エンジンオイルが必要なんです。
シーズン初めにはオイル量を点検しているんですが、多少減っている程度で今までは問題なかったんですよ。
この思い込みがマズかったんですねええ。

使っているときに吹き上がりがオカシクなって、キャブ関係をいろいろ点検したんです。
で、プライマリーポンプの不具合を発見して、取り換えたんですが、それでもオカシイんです。

電気系や燃料系を調べていろいろ悩んでいたんですが、なんとなくオイルキャップを外したら、ありゃま!オイルがないじゃありませんか!?
空っぽのまま、オカシイなぁと使っているうちにストン!と止まってしまったのでしたぁ。それも2回も!こりゃヤバイ!
毎回チェックしていればねぇ。あとの祭りです。

DSCN5573.jpg

4サイクルは複雑です。部品点数も多いです。分解図もないので、途中まででやめました。
たぶんピストンがやられているでしょうね。部品代だけでも数千円はするはずです。
で、そのまま放置されていたわけです。

※まあ、代替え機として、カワサキの古~い33ccを修理して、一応は使えるようにはしてありますが、調子はいまいちなのです。
なにせ、古~いので一般的なキャブじゃないんですよ。2か所に分かれてるんです。
ダイヤフラムの部品探しで一苦労しましたぁ。

このロビンは10年来使っているので愛着があります。ほとんど不具合もなかったし、音も静かですからねぇ。
で、エンジンだけでもと中古品を探してみたのですが、出品数はすごく少ないです。廃盤になっているようですしね。
先日、たまたま出品されたのですが、本体が16000円くらいで落札されていました。うーん!高い!
それと、梱包が260サイズと大きくなるので送料も数千円もかかってしまいます。

2万円前後なら、2サイクルの新品が買えそうです。もう1万だせば4サイクルも。
ま、そんなことで悩んでいるわけです。
エンジンが出品されることを気長に待とうかしら・・・・・・ねぇ。予算がないから・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

道具について考えた | トラックバック(0) |

それがあるのよ(^^;
亀仙人
フォーストはそれがあるから面倒ですね。
僕は使ったこと無いけど、静かなのは良いかも。



Dra&長靴
Uターンして丸6年。
今では草刈り機が5台。
まともなのは2台だけ(汗)

使い方が荒いのかすぐに昇天してしまいます。


亀さん
赤G
ついついツーストと勘違いしちゃうんですねえ。


Draさん
赤G
あらあらエンジンが昇天しちゃうんですか!?もったいない!


あたしも1台もって麻布です が 年間2回くらいしか使いませんが 4年使ってまふです
中古品で12000円くらいですたですよ
会長のようですが 今度使うときは ようく点検してからにしましょうかねェ

唐さん
赤G
ごぶさたです。出費は痛いです。気をつけて使わねばね。


福平
うちは2サイクルですから、気楽です。

福平さん
赤G
やっぱり2サイクルの方が気楽かもね。



スバナ
2サイクル燃料の4サイクルエンジンてのがあります



スバナさん
赤G
へぇ、そんなもんもあるんですか。スチールのチェンソーにもあったような?
いずれにしても中古しか買えんしなぁ。


コメントを閉じる▲
関東では散り始めた桜も、岩手の山小舎ではまったく咲いていません。(海岸部では咲き始めたようですが。)

先日まで、神さんの白内障の手術でアッシー君をさせられていました。
日帰り手術なので通院の運転手だったのです。
手術前の検査、当日から3日間、1週間後、1か月後は瞳孔を開く検査があるので付き添いが必要なのです。

手術中のモニター画面です。(後日DVDデータもくれました。)
DSCN6002.jpg

2、4ミリ幅のメスのようです。クサビ形になってます。
DSCN6005.jpg
そのほかに左右に小さな穴を開けて器具を差し込んでました。
メスの傷口は2、3針縫っていました。
当日は5人の患者が順番に手術したのですが、一人15分程度で完了してしまいます。
いやあ手慣れたもんです。正確で手早い、見事なもんです。
※まあ、ボクがログのノッチを刻む様子を一般の人が見て驚いているようなもんかもしれませんがね。笑

どんな手術かというとですねぇ。
そもそも白内障というのは、瞳が濁ってしまい、だんだんかすんで見えなくなってしまう病気です。
この濁った瞳(直径10ミリくらい)に穴を開けて、内部のプリンやグミ状らしい物体を掻き出してしまいます。
その後、プラスチックの直径6ミリくらいのレンズ(折り畳み式で内部で広がる)を入れるだけです。
まるで不良部品を交換しているようなもんです。

原因は老化なのですね。
40歳代から発症し、だいたい年齢と同じくらいの割合が白内障になるのだそうです。
※40歳代だと40%以上なのですが、濁りが中央付近にこないと気が付かない(支障がない)そうです。
患者にはことかかない?ので、眼科はいい商売ですねええ!?笑

それを聞いて、ボクも左右の目を交互に覆ってみたら、左目がすこしかすんでいるようなのです。
(3年ほど前に近視のメガネを作り直したときは見えていたハズなのですよ。)
通院ついでにボクも検査してもらいました。やっぱり白内障でしたよ!

ボクの場合は、両眼ともメガネをしているので、両方いっぺんにしたほうがよさそうです。
というのも、手術するということは、内部にレンズを入れることなので、メガネは必要なくなるからなのですね。
※健康保険がきく単焦点レンズは遠方用、中間用、手元用があって、それ以外ではメガネが必要になります。たとえば老眼鏡など。
だから、メガネを作る費用を考えれば、手術しちゃったほう安いかもしれないのですねぇ。

手術費は3割負担で片眼4万5千円でした。
ボクは8月で70歳になる予定なので、その後だとさらにお安くなります。
なので、秋ごろに手術してしまおうかなぁ~と思っている今日この頃なのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(0) |


NOT
お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。

私も白内障の気があって、眼科医にいつか手術しましょうね、って言われてるんですけど、写真見たらちょっとビビりますねぇ。
うちでいまだにチェーンソーで玉切りをしてる83歳が白内障の手術したら、すげー見えるようになった、ってのを聞いて、それ楽しみにしてたんですけどね。

やっちゃって
亀仙人
手術は角膜の外側にメスを入れ、眼球内の水晶体を超音波で破砕して吸引するところから始まります。
その後、定価六万円ほどのソフトレンズを入れておしまいです。

赤爺さんも交換すれば良いと思いますよ。


Dra&長靴
痛みはどれくらいか、後遺症の心配とか・・・。
どうなのでしょうか。

NOTさん
赤G
やっぱりよく見えるようになるらしいです。
手術中は麻酔されちゃいますので、何もわからないようです。いずれやるなら早いほうがいいかも。


亀さん
赤G
亀さんもやっちゃったんですかね。
いいことずくめなのがちょと心配?なのですが・・・。

Draさん
赤G
麻酔かけてるから痛みはないそうですよ。
切開個所の抜糸までの2日間くらいはゴロゴロ違和感があるらしいです。
あとは感染症の防止が非常に重要なのだそうです。ゴーグルタイプの保護メガネをかけたり、外仕事や畑仕事も2,3週間は控えたほうがいいようです。

聞きかじりです(^^;
亀仙人
わたくし長い間病院事務をしてましたので、聞きかじってました。

今のところレンズの再置換ができないので、ある程度白濁が進行してから手術するようですね。

とはいえ、私の弟は57歳で手術しましたよ。

亀さん
赤G
そうらしいですねえ。合わないからって、取り換えは難しいようですね。
近視が進行したりしたら、メガネで補正することになるんでしょね。

コメントを閉じる▲