いやあまったく、1~2日おきに天気がよくないですねぇ。きょうも雨、明日も雨のようです。

物置兼工作室の出入りで頭がやたらぶつかります。下屋が傾いてますねええ。地震のせいじゃないんですが。 
まあ、以前から気にはなっていたのですが、いろいろ出掛ける用事があってそのままでしたぁ。
DSC02160.jpg

あらためてよく見たら柱の根元が腐ってました。 継ぎ足ししてあったり酷いもんですねぇ。(笑)
DSC02161.jpg

心機一転、すこし真面目に治すことにしました。左右の柱は雑木を掘っ立てただけでした。
DSC02163.jpg
桁をジャッキアップして柱をチェンソーでぶった斬り切りました。
ジャッキが曲がって見えますが、ちゃんと垂直はとってありますし、上端はビス止めして外れないようにしてますよ。
二重の安全装置は脚立です。外れたらヤバイですからねぇ。


保存しておいた栗の木に入れ替えました。何年も屋外放置してますが、腐りませんねぇ。
DSC02165.jpg
地面を叩き締めて、ブロックも置きましたよ。

接続部は、柱側にコの字刻みを入れビス止めです。ホゾがあれば外れにくいでしょう。
DSC02167.jpg

反対側も同じように入れ替えました。
DSC02172.jpg
こんな作業には、下げ振りが便利ですね。
ブロックの位置出しや、柱の曲がりもチェックできます。自然木だからレベル(水平器)では面倒くさいですからねぇ。

柱取り替え完了です。水平いい感じでしょ!
DSC02173.jpg

右側のブルーシートがボロボロです。ついでですから、これも取り替え、いや、補修することにしました。

元の小屋の基礎が土で埋まってました。このままじゃ土台が腐ってしまうので、急遽土木工事です。
DSC02176.jpg
基礎がでるまで、石と根っこ混じりの土を掘り下げました。
土木作業は体力勝負です。めっちゃくたびれましたよ。いやですねえええ。

古材で壁枠を組みました。エライ簡単ですが、ま、しばらくもつでしょう!?(笑)
DSC02177.jpg

破れたシートを横桟のところでつなぎ合わせて貼りました。
DSC02178.jpg
仮止めはタッカーで、本止めは木桟で押さえときます。
シートはバタつきに弱いので、端と中間を挟み込むことが肝心です。ハトメを釘や紐で止めただけじゃあまりもちませんね。

ということで、実働一日半の作業でした。
が、足腰と右手の親指、手首が痛いです。腱鞘炎かしら?小指は相変わらずなのでさらに右手が不自由になってしまいました。

も一つ気になっているのは、前面なのです。風雨が吹き込むんですよ。
壁を作ると息苦しいしねぇ。 
ま、思いつくまで、このままいきますかね。これまでもやってきたんですから・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
さらに庇を伸ばしましょう。
我がヤードでは庇の内側からシートを斜めに張り出しています。
吹き降りには強いです。
風対策としてはパンストを多用して強化しています。
ゴムは劣化が早くてダメですね。


Draさん
あかじい
それもいいねええ。パンストが無い!?

Good Job !
亀仙人
いい仕事してますねぇ。
何が良いって、アクロバティックなジャッキアップ。
全面はカーテンレール的な物があると良さげですけどね。

亀さん
あかじい
ですよねええ。材料の関係でこうなりましたので、安全装置付きです。
蛇腹のカーテンがほしいのですがねええ。落ちてないし、作ろうかしら?

コメントを閉じる▲
数日前からまっこといい陽気で暑いです。26度だとか。海岸では20度くらいのようですが。
日々新緑が色濃くなり山桜が満開になってます。頭上なのでよく見えないのですがね。
タンポポもヤマブキも満開で、スズメバチも巣場所探しで飛び回りそこいら中真っ黄色です。


さて、先般の野天風呂ボイラー室の屋根が気になっていて、材料を物色してました。
発見しましたよ。10年前の杉皮を。当ログの屋根を葺くために剥いたものが残ってました。(当時はあまりの大変さに挫折したのです)
50枚程度しかありませんでしたが、計算してみると、なんとか足りそうでした。

掃除と虫干しです。
DSC05082.jpg

大量のアリが巣食ってました。
DSC05081.jpg

陽に当てすぎたのか反ってしまいました。
DSC05092.jpg
パリパリで戻すと割れてしまいます。

水を掛けてみたら戻りましたよ。
DSC05115.jpg

風呂桶でいっぺんに水浸し。
DSC05117.jpg
こんなことをしたら、神さんに追い出されるだろうなぁ、なんて考えてましたが、すでに追い出されているのでした。(笑)

その間に、農ビの切れ端で防水シート貼り。
DSC05111.jpg
今度はコンパネじゃなく構造用合板なので防水しときゃなきゃね。

60センチ長を半分ズラシで。タッカー留め。
DSC05120.jpg
1/3ズラシでは枚数が足りません。
濡れたまま貼ってしまったけれど・・・・・、まあ、防水してあるし、そのうち乾くでしょう・・・・・?????

棟も被せてできあがり。
DSC05127.jpg

竹で留めて完成。
DSC05129.jpg

DSC05131.jpg
棟を被せる竹はないので後日ですかね。

最初は桟木にしようと思っていたのですが、風情がありませんよね。やっぱり竹でしょう。
もらいにいくのも面倒なので、ありっ竹の竹を探してナントカまにあわせました。
竹はビスで止めると割れてしまうので、加工が面倒です。

4ミリドリルで穴を開け、8ミリドリルで皿穴を掘ってます。
DSC05128.jpg

材料はすべてその辺にあるもので揃いましたよ。つまりタダ。
何でもとっておいたり、拾ったりもらってきておくと使い道があるもんです。ただ、ガラクタ置き場と化しますがねぇ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
どんなに新しい物でも将来のゴミです。
気にしない~

Draさん
あかじい
その新しい物を捨てたら拾ってきますよ。使えそうならですが。
でも最近のものは使えないのよねええ。


スバナ
皮が有りましたか・・・・・送ろうかしらなんて思うとりましたが、流石、知恵者ですな!”

風情はあるけど・・・
亀仙人
杉皮とは野天にピッタリマッチしてますよ。

でも、わたくし的には湯船も屋根をかけてほしいな。

スバナさん
あかじい
そうでしたか、お持ちでしたか。タマタマのめっけもんです。

亀さん
あかじい
杉皮葺きはいいですよねええ。ログに貼りたかったけどね。亀さんとこも貼ってくださいな。
湯船はねええええ。空が見えなくなってしまうし。といか、面倒なのね。(笑)

コメントを閉じる▲
数日前からいい天気が続いてます。しばらくこの天気が続く予報ですね。
気温も20度を超えてきました。が、朝晩は17度前後なので薪ストーブを焚くかどうかで迷っている日々です。

タラの芽もグングン伸びて食べきれません。
※数日前にミツバチに刺された顔半分のピチピチ肌は元のシワシワ肌に戻りつつあります。(笑)


野天風呂のボイラー屋根が壊れていました。
DSC05029.jpg
コンパネ下地の杉の葉屋根でしたが、10年もちましたよ。(笑)

桁を嵩上げしました。
DSC05033.jpg
洗濯機をカバーするためです。

コンパネを張って、とりあえず完成。
DSC05040.jpg
表面に何か貼りたいのですが・・・。検討中です。

東の空です。
DSC05062.jpg

西の空です。
DSC05063.jpg

南の空です。
DSC05061.jpg

上弦の月のアップです。
DSC05067.jpg
※、ちなみに、北側は杉林です。

新緑に囲まれた夕暮れの野天風呂は最高ですよ。
まあ、雪見風呂も、氷雨風呂も、寒風風呂も、満点星見風呂も、ホタル風呂も・・・オツなもんですがね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
コンパネの上には通気層を作り、
断熱材を貼り、
ガルバですね(笑


Draさん
あかじい
単なる小屋掛けですから、そこまでしなくても。(笑)


立派になりましたね
亀仙人
でも・・・やはり野天風呂のままなんですね?

亀さん
あかじい
とりあえず修復はしとかなきゃ、ってことです。
計画はあるのですが、計画のまま先送りしてます。(笑)

コメントを閉じる▲
ちょいとごぶさたして、真面目に生命の勉強をしてたら(笑)、いつのまにか年末になってしまいましたねえ。

まだ年内だというのに、すでに根雪になってしまいましたよ。
雨も降ったのですが、融けたまま凍ってしまいました。アイススケートができます、ってかよく転びます。
DSC04575.jpg

シーリングファン代用です。
ロフトの熱気がだいぶ下がりますよ。階下はその分暖かいです。
ただ、電気代が嵩むのがネックです。暖房費は自家調達ですから。これを自然力で回せればエコなんですがねえ。
DSC04569.jpg

DSC04568.jpg

カメムシホイホイです。ゴキブリホイホイを代用。
ネズミ捕りとかの粘着力じゃダメなのですよ。
DSC04564.jpg

ミツバチ借家にも断熱材を貼ってあげました。
大家のログより贅沢な材料です。
DSC04578.jpg

こちらはダンボールをビニールで覆っています。
DSC04562.jpg
ことしは給餌(砂糖水)をしなかったので、実験的に断熱してみました。来春を元気に迎えられればいいのですが。

みなさんもよいお年をお迎えくださいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!




工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
こちら今年はヒノキチオールのおかげでカメムシが激減しましたよ。
カメムシぽいぽいも大活躍しました。
カメムシホイホイは臭くないですか?


Draさん
あかじい
自滅するときは臭くないようです。
ヒノキチオールのエキスを外壁に塗ったら入り込まないかなあ。



Dra&長靴
ヒノキチオールのお値段は目玉飛び出すくらい高いですよ。
それに効果は持続しません。
薄めて数回吹き付ける作業が必要です。

Draさん
あかじい
あら、そうですかああ。そりゃ無理だわね。
あいつらをシャッタアウトするには殺虫剤しかないのかねええ。


スバナ
家は蜜蜂はすべて天国?に行きました(寂し~

スバナさん
あかじい
残念でしたね。 でもまた集まってくれるでしょう。z


新年明けまして おめでとうございますです
今年はミツバチもやってみたいですねェ
今年もよろしくね

唐さん
あかじい
こちらこそ今年もよろしくです。
ミツバチはやっていたでしょうが。全滅したんでしたっけ?

安否確認(笑)
chika
明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します

chika
あかじい
安否確認ありがとうございます。(笑)
こちらこそ、よろしくです。

最近、ブログもFBも乗り気しなくてねぇ~!ウツかしら?

コメントを閉じる▲
きょうは真冬日でしたよ。例年だと2月頃なんですがねええ。
DSC04537.jpg

朝時点の未断熱材部
DSC04535.jpg

その部分の霜の付き具合(左上の四角部分が白くなっていない=融けている)
DSC04527.jpg

昼過ぎには完了しました。
DSC04538.jpg
10年ぶりに断熱材施工ができましたよ。やれや-れです。
ちなみに、内張り仕上げは保留です。材料次第ですが、この雰囲気もいいし。

これで暖かくなりますねええ。
ってこともないのですよ。前回も書きましたが、20度以上にはあげないんですから。薪は自分ちの山からですから、薪作りがすこし省エネになるかな。
しいていえば、朝が暖かいくらいですかね。いままでは外気温より5度くらい高かったのですが、10度くらいの差になりそうです。

日本の昔の家は夏仕様(湿気が多いので風の通りを良くしていた)だといいますね。
現在の家はほとんどが断熱材を使用してますが、もっと厚く、窓も二重三重ガラスにすれば、もっともっと省エネになるはずですね。最初にお金を掛けるか(建築費)、後から払うか(暖冷房費)。損得勘定と省エネポリシーでしょうかねええ。

まあ、厚着してりゃどうでもいいことではありますがね。いままでそうだったし。
おっと、窓ガラスを二重にするのも残ってました。溝は彫ってあるのですよ。
これはまともにお金がかかるので、拾えるまで保留ですかね。

<今回の費用精算>
セルロース断熱材(カンナ屑): 籾袋(70☓115cm)で11袋=直径50☓100cmとすると約2.2立米=無料
  ※籾袋の値段は、10年も前なので忘れたけど、多分1枚20円くらいのもんだろうね。
古米袋: 150枚@25円=約3750円 
ホッチキス針: 2000本=200円?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
これこそエコの見本ですね。
見習います。


Draさん
あかじい
早! 
見習わなくていいですよ。お金を使ってくださいな。日本経済のためにも。(笑)
エコっていうより、お金が無いことが節約なのですから。


kattiiママ
断熱材施工は足場を組んでいるのですか?

というのもわが家も元々週末用で一部まだ断熱材と内張りを
する必要があります。
足場を組むのは大ごとで何かいい方法がないか検討中です。

真冬日だそうで風邪引かないでくださいね。


スバナ
袋(断熱材)の中身が籾殻だったらもっとええかもね~

古いタイプの冷蔵庫は断熱材は鋸くずと籾殻でしたものね。



芋久保
垂木は何材? 2×6材くらいなら断熱材を入れても空気層が確保できるけど‥‥
棟換気もないのでしょう。そんなことで内張り仕上げ材無しの方が良いかも‥‥ 
我が仮住まいの小屋では垂木が60×45ミリだったのですが、そこに50ミリ厚グラスウール入れたら結露が凄いのです。部屋が狭くと言うこともありますが‥‥ 

スバナさん
あかじい
当初は籾殻も考えてたんですよ。が、カンナ屑があったのでそれに変更したんですよ。
足りなかったらそれにしようと手配してたんですが、間に合ってしまいました。
それと、古畳も考えてましたが、入手が面倒でね。

芋ちゃん
あかじい
垂木は丸太ですよ。
棟換気ねええ・・・。他の面で通気がいいから不要みたいですね。今までもしなかったし!?(笑)
結露は、断熱材の外?それとも内側に発生したんですかね?


芋久保
垂木は丸太ですか。末元そのまま? タイコにしたの?
結露は断熱材の上側です。野地板との間がビッショリで、野地板がカビで真っ黒になりました。そんなことで断熱材はひとシーズンで取り外しました。
その時に断熱材と野地板との間の空気層を良く理解できました。

芋ちゃん
あかじい
垂木は半タイコです。(上面は平、仮面は部分的)
諒解です。結露は野地板の下側ですね。断熱材のシートで湿気がこもってしまったんでしょうね。その湿気がどこから入ったのかも問題ですね。
断熱材の室内側は通気しないハズなのですがねええ。また、そういう施工をしますよね。
いずれにしても通気は効果があるようですね。

コメントを閉じる▲
まったく、いきなり、真冬になったよう。 初積雪です。10センチくらい。
DSC04506.jpg

氷点上?2度。日中もかわらず。
DSC04513.jpg

室内は11度。朝方です。以前は、こんな日は5、6度だったんですがねえ。小屋組の断熱効果かしら?
DSC04514.jpg

まだ屋根が半分残っているんだけど。
DSC04519.jpg

DSC04520.jpg

DSC04524.jpg
懸念してた中身のカンナ屑が下がってしまうかも?の件、多少は下がりますが、袋がピッチリ張れれば中身が動きにくくなるようです。
最後のころに入手した新古品の袋は張りがあるので、うまく張れるようになってきましたよ。何事も上手くなるころには終わりなんですねええ。

断熱効果があるようです。断熱材が入っているところは雪が落ちていませんね。(右半分)
DSC04509.jpg
実は、細かい所(繋ぎ目や隅やなど)は隙間や薄いところがあるんですがね。この方法じゃ無理があるので、こんなところで妥協するしかないですね。

まだ終わってないですが、薪ストーブの薪の消費量も減っていますよ。従来のように焚いていると、すぐにカメムシブンブンです。で、20度に抑えるのが面倒です。(床上1メートル)うっかりしてると25度くらいになっちゃうし。
ストーブで焼き物や煮炊きにも影響してますし。

しかもロフトは暑すぎる(以前はちょうどよかった)。薄掛けで寝ると朝方寒いのですよ。扇風機で空気を回転させるって手もあるけど電気代がかかってしまうしねええ。
さてさて、どうしたもんか。何事も一長一短ですねええ。 いずれにしても、体感できる実験としてはおもしろかったです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
冷蔵庫で忘れられていた亀さん4429で干し肉を作っています。塩胡椒だけで一晩漬けて乾燥です。いいツマミになりますよ。
DSC04498.jpg

特売品サンマの冷蔵庫一昼夜干し。粗塩だけです。こうすると買ってきた干物よりも断然旨いのですよ。なぜなんだろう?
DSC04501.jpg
「手塩にかけたから」ってFBのコメントがありましたがね。(笑)

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
ほんの一寸したことで変化があるんですね。
やはり手を入れると入れた分だけ戻ってくるって事でしょうか。
ほどほどが難しいようですね。

Draさん
あかじい
最近じゃ、断熱材入ってないほうがオカシイですからね。 まあ、やっぱり効果があるってことですよ。その検証になったのかな。(笑)

シシジャーキーね
亀仙人
干し肉は日持ちがしていいですね。

セルロース断熱材は安いのかしらね?


芋久保
積もってますね。こちら寒いけどカラカラ天気です。
断熱材が今まで無いログハウスに住んでいることが凄いと思いますね。


亀さん
あかじい
簡易ジャーキーは独特の味で旨いですよ。
ボクのはタダだけどね。カンナ屑だから。
ちゃんとしたファイバーはちょと高いかな。芋ちゃんや、スバナさんに聞いてみたら。

芋ちゃん
あかじい
雪はすぐに溶けちゃいましたよ。でも気温は低いままです。
昔の家は断熱材なんて入ってないよね。暖房費をかけるか、厚着すれば過ごせるし。
これを機に?日本の家が断熱効果を高めたら、省エネになるのにね。

コメントを閉じる▲
さてさて、本題であるところの、屋根と妻壁の断熱材の施工実験をはじめました。
※本題、ってのは屋根の補修をしてからじゃないとできなかったからです。雨漏りしちゃうと困っちゃいますからねええ)

これこそ10年も先送りしてたものなのです。物置内にいつもあって邪魔になってきたというのもありますが。

これは丸太を削ったときのカンナ屑です。
DSC04152.jpg

中古の米袋に入れます。
DSC04154.jpg
1枚20円から25円するのです。ホームセンターによって違いますねええ。ちなみに新品は40~50円。

ホッチキスで封じ込めて
DSC04155.jpg

垂木間に横幅を合わせて
DSC04156.jpg

垂木間にタッカーで止めます
DSC04158.jpg

サンプル的にはこんなもん
DSC04172.jpg

問題は、中身が下方にズレてしまわないかなのです。妻壁は垂直なのでもっと心配なのですがね。
対策もいろいろ考えているんですが、どれも面倒臭いことと、お金がかかるんですよねええ。

セルロースファイバーのように、本格的に表面全体にフィルムを貼って、その間に詰め込むってのも考えたんですが、入れる方法がちょと難しいし、ちょと間違ったらオガ屑だらけになってしまいますからねええ。

とりあえず、これで様子見です。その間になんかいい方法が思いつくかも?つかないかも?
まあ、内装材を貼ってしまえばわからないのですがね。たぶん、それは、また先送りでしょう。(笑)

実はこのカンナ屑は、このログを作ったときの曲面カンナの削り屑なのですよ。床下にも入ってます。
これがうまくいくと、丸太を残さず使いきった!ことになるわけです。
当初の計画だった木質・自然素材だけの家に近づくことになるのですよ。

※屋根材は、杉皮葺きで挫折したので、木端葺きか、板葺きかに・・・という計画なのですが、どうなることやら。(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
先日の紅葉の写真はキレイじゃなかったので、追加してみました。
DSC04120.jpg

DSC04138.jpg

DSC04139.jpg

野天風呂からの十五夜です。
DSC04166.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


スバナ
先を越されちゃいましたね、あたしも考えておりました

が、機械があるので吹き込む予定です!”

スバナさん
あかじい
ありゃ、そうでしたか。
機械があるからいいですよねええ。裏山しい!
籾殻でもいいですよね。


Dra&長靴
あたしならところどころに両面テープを付けておいて、
紙袋かコンビニとかでいただいた袋に削りかすをつめてぺたぺたと貼り付けますが・・・・・・

素晴らしい
亀仙人
皆さん素晴らしいアイデアをお持ちですねぇ。


Draさん
あかじい
なるほど。両面テープかあ。 それは考えなかったわ。ちょと検討してみよう。
レジ袋はどうかなあ~。(笑)

亀さん
あかじい
お金がなければ、体か頭を使うわけですよ。(笑)


芋久保
なかなかやりますね。こちらもオーバーハングした床には入れようと思いましたが、かんなくずがうまく溜めておくことが出来ないので諦めました。結局セルローズファイバーを入れました。壁や天井では間違いなく?下にたまってくるでしょうね。地震で揺れるたびに‥‥ まあそれも楽しやデスけど‥‥

芋ちゃん
あかじい
乾燥させてとっておいたのですが、湿ってるのもありましたね。湿っていると落ちやすいので乾かしてますよ。

でも、やっぱり落ちるでしょうねエエ。詰め具合と、袋の張りしだいでしょうね。


屋根 1Fの天井 板壁に籾殻を入れた友達がいます
天井板 壁板が乾燥して小さな隙間ができると
けっこうパラパラと落ちてくるそうです
板は本ザネ加工にしたほうがいいようですねェ

唐さん
あかじい
そうでしたか。やってた方もいましたか。いいですねええ。
うちは袋に入っているので、破れなければおちないでしょうがね。板を張るのは未定ですわ。(笑)


コメントを閉じる▲
数年間渋っていた屋根の雨漏り修理が終わりました。
年甲斐もなくと言われたりしけど、やればできるんだよねええ。けっこう緊張したし、疲れたけど。
日中は暑いくらいいい天気にも恵まれました。

まずは、シート押え板に塗料を2回塗りしました。
DSC04007.jpg
前回のヤツは杉材でボロボロでしたからね。今回の胴縁材は松です。

アスファルトルーフィングも先に寸法に切っておきました。
DSC04037.jpg
矩勾配(四十五度)では、とても屋根上でカットできませんからねええ。
1メーター幅、21メーター長。23キロ、1ミリ厚です。しょせん紙なので破れやすいです。ゴム引きなどで釘穴塞ぎを強化したものもありますが、それなりに高価ですね。

二段梯子を立てかけてみたら、先端が浮いてしまうのです。
DSC04017.jpg
こりゃヤバイ!ギッコンバッタン状態になり滑り落ちてしまうわ。こちらがわは地面が一段低くなっているのでした。

地面を整地して(余計な仕事)、軽トラを下に置きましたよ。
DSC04026.jpg
その前にバッテリーが上がっていて、充電もしましたが。

反対側は、逆に地面が高くなっているので、ちょうどいい。
DSC04036.jpg

ハーネスとロープも準備しました。これは以前からやっていたツリークライミング用品です。
DSC04014.jpg

棟木と垂木の隙間にアンカーロープを縛り付けました。キモイ結び、いやモヤイ結び。
DSC04045.jpg
軒裏板が貼ってないので、こんなことができちゃうのね。(笑)
★命綱はあくまでも非常用で、これで昇り降りしたり、体重を掛けたりはしてませんよ。ちゃんと支えられるかはチェックしてますがね。特に二人で共用するとヤバイですしね。

シートを外しています。
DSC04051.jpg

股割きの刑のよう!?痛いわ!
DSC04049.jpg

足場は一段ずつ取り付けてやってみました。
DSC04058.jpg
普通は下から貼っていくのですが、ルーフィングに釘穴を空けたくないので、上から貼っています。まあ、コーキングすりゃいいんですがね。

足場板はツーバイフォー材で90ミリの釘止めです。コーススレッドは折れやすいですからねぇ。
DSC04059.jpg
釘の頭は出しておいて、バールで抜きやすいようにしてます。が、結構力がいりますです。

UVシートを引き上げてます。
DSC04063.jpg
助っ人を頼みましたよ。手元がいるだけですごーく助かります。

反対側は足場を先に取り付けました。
DSC04069.jpg
軽トラを移動するのが面倒なのと、助っ人も登ってくれるというのでね。
こちらは、コーススレッドで止めました。30センチおきに打っています。ショックを与えずにそぉっと乗るようにしてね。

この野地板は松の30ミリ厚なので、硬く打ち損じが多いです。
DSC04077.jpg
タッカーの針は多めに用意したほうがいいですねええ。
どこでやってもたいがい足りなくなります。今回は予定の2倍も使ってしまいましたよ。2000本(笑)

そのうえ板の繋ぎ目にあたってしまうと破れたりします。そのつどコーキングしてましたよ。10か所くらいやったかしら。

ハンマータッカー(右側)は特に多い!機械が不具合なのか、打ち方が良くないのか???
DSC04073.jpg
左側の千円のタッカーは案外使えますよ。軽いので重宝してます。

最後に胴縁板を45ミリの釘で止めて完了です。
DSC04083.jpg

合計四日間。いやああ、疲れましたねエエ。全身筋肉痛です。特に足がね。高所作業は大変ですわ。
助っ人はいたほうがいいですねえ。いくらウルサクでも。(笑) 作業効率が上がりますし、それより何より事故ったときに誰もいないと1か月くらいは発見されない可能性がありますからね。ボクの場合は・・・。

きょうは寒いです。日中でも10度くらいです。薪ストーブを炊いてまったりと骨休みしてます。
気がついたら、アラレや雨が降ってきました。終わっててよかったーーーー!!!!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

お疲れさまです
亀仙人
これで何年かは大丈夫ですね(笑)

亀さん
あかじい
そうね。しばらくは大丈夫でしょう。一安心です。
いやああ、めんどくさかったわ。 最初からちゃんとやっておいたほうがいいねええ。


Dra&長靴
怪我が無くて良かったですね。
あたしゃ若い頃は平気だったのに、
年齢が高くなるにつれて高いところが怖くなってます。
若さが欲しいこの頃です。


Draさん
あかじい
無事に終わりましたよ。感謝。
むかしから高いところは苦手です。で、より慎重にやってます。 へたな自信と馴れは怖いですからね。
怖いくらいがいいのではないかと思いますよ。
お互いゲガだけは気をつけましょう。


もう 雪が降るのォ \(◎o◎)/!
来週辺り紅葉を見に行こうかとおもってたけど
もう遅いかなァ

唐さん
あかじい
山の上の方は雪が降っていますね。
紅葉はだんだん下の方に降りてくるので、それなりにはいいんじゃないですかね。

コメントを閉じる▲
チラチラとお~♪山小屋周辺も紅葉になってきました。
あまりにも暇なので、屋根を修理することに一大決心しました。
実はコレ、数年前から先送りしてたんですよね。いろいろ複雑な理由があって。

雨漏りするんです。そう5~6か所にバケツが置いてあります。(笑)屋根板がシミになってますよね。
DSC03953.jpg

UVシートが貼ってあるだけなんです。
DSC03961.jpg

見た目にも触っても、それほど傷んでないんですがね。
DSC03962.jpg
撥水性がなくなり滲み込んでしまうようです。強い長雨のときだけなんですがね。

※このUVシートは高かったんです。#4000なんですが普通の2倍くらいしました。3☓5間で7千円くらい。で、5年は大丈夫でしたね。
もともと仮の小屋だったから、当時はこれでよかったんですがねえ。

周りの邪魔な木や枝を払いました。
DSC03981.jpg

材料も買ってきました。
DSC03979.jpg
アスファルトルーフィング(1万円くらい)と胴縁(5千円くらい)です。
※ビニールハウスの古ビニールだったらタダだったんだけど、それを取りに行くのに、これ以上の費用がかかってしまうので断念しましたぁ。

最低のコストと労力でヤルために、デッカイ1枚シートを上張りしようとか(二重になっているところは大丈夫なので)、補修テープを貼ろうとか(これは以前にやったけど、すぐに剥がれてしまったの)、いろいろ考えたんですよ。
で、やっぱりオーソドックスな方法に落ち着きました。

アスファルトルーフィングで下地の防水処理をすれば、今のシートに滲み込もうが大丈夫じゃないかと。
つまり今のUVシートは一旦外して、再度上貼りするつもりです。

いままで渋っていた原因の一つは、矩勾配なんですね。つまり急斜面なのです。登るのがこわい。
自分で屋根を作るなら7寸勾配くらいがいいですよお。後々のためにも。って後の祭りだわね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<補足>
建てかけの物置を再建しようと考えていたら、コレを発見しちゃったんです。建築当時のカンナグズです。
DSC03966.jpg
最初の写真でもわかるように、屋根と妻壁に断熱材が入っていないんです。
で、ついでに断熱材を入れよう作戦なのです。というか、こっちが本来の目的かな。雨漏りしちゃあ断熱材が濡れちゃうもんね。

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
屋根は矩勾配がデザイン的に一番美しいとか。
あたしゃそんなのおかまいなしで、
後々のメンテナンスと屋根貼りを考えて3寸勾配くらいに計画しています。


Draさん
あかじい
ログハウスのイメージは矩勾配ってかんじですよねエエ。
デザインもそうですが、ロフトを活用するには、屋根方向や大きさが関係しますね。
小さい場合はオーバーハングやロフトの桁上げなどで対応するって手がありますよね。
ボクは以前から平屋を考えているんですが、それでも5寸勾配は欲しいなぁと考えていますよ。まあ、大きさ次第ですね。


芋久保
自分が住んでいるログハウスなのに、なんでしぶしぶ?
UVシートが気に入っているのだから、安上がりでイイネ。
ログハウスの屋根はカネ勾配が最高! 落ちないように、頑張って下され!

芋ちゃん
あかじい
先送りしてたからよ。面倒くせい、バケツ置いとけば済むのだし。
屋根の本来の目的を考えれば、これでも正解じゃ?
この大きさだと矩勾配じゃないと有効活用ができないのね。
ただ、それだけよ。 というか、本音はお金がない!(笑)

ついに・・・ですね(笑)
亀仙人
アスファルトルーフィンフグが3本で1万って安いですねぇ(@_@)

僕は野地板にステンの針金を打ち付けて、後々、足場を固定できるようにするつもりですよ。

亀さん
あかじい
コメリで1本3400円でした。これもピンキリですねえ。これは標準的なもんかな?
ステン針金は鬼さん方式ですね。屋根材によっては有効ですよね。
みなさんいろいろ考えているけど、ボクは当時は何も考えていなかった。(笑)
セルフビルド情報は有効ですよねええ。

コメントを閉じる▲
屋根と壁を貼って、やっと車庫が出来上がりましたよ。
けっきょく3週間かかりました。長かった~。

費用は材料費だけですが約10万円。ボクは無給の無休ですから。
頼んだら数十万円はするんでしょうね。

屋根はガルバリウム波板です。
仮に乗せてみたら。
IMG_4930.jpg
あれま、2枚繋ぎなので横桟の位置がよくないですよね。

コレじゃバタついちゃうかも。で、10センチほど位置を変更しました。
ここまでは気がつかなかったわ。いつものことですねええ。

軒の出をそろえる冶具を取り付けました。
IMG_4924.jpg

こんな風にストッパーになります。
IMG_4934.jpg
釘の位置合わせは、今回は墨を打ちましたよ。(前回のは失敗でしたからね。)
端の傘釘をちょっと浮かせておいてそこに引っ掛けています。

屋根貼り完了です。
IMG_4941.jpg
最後で約5ミリほどのズレでしたよ。まぐれですけど、スバラシイ!笑

で、翌日は大雪の予報でしたが、こんなモンでした。
IMG_4946.jpg
早朝から夕方まで降っていましたが、水っぽいので3センチくらいしか積もりませんでしたね。

首都圏は、前回のこともあり気合が入っていたようですが、拍子抜けだったみたいです。
で、買い物と作業をしてましたよ。

壁は明かりをとるために、ポリカ波板を使いました。
IMG_4951.jpg
こちらは、かなり失敗作でしたね。

上端の端がだんだんズレてきちゃうのね。なぜか原因不明なのです。タテヨコ寸法は合わせたのにぃ。
釘打ちのノビもしないように、四隅を先に止めているのにぃ~。
途中から5ミリほどずつ上方修正しました。まあ、ちょっと見にゃ気がつかないってことで。

このような感じになりました。
IMG_4955.jpg
岩手にもこのくらいの小屋が欲しいわねええ。でもアッチには出費してもらえないし。

そして完成後、一悶着です。
以前から入っていたボクのガラクタの半分くらいを内部に戻したのですが、これが気に触ったようで、神さんが大不満爆発です。(どうせそのうちガラクタだらけになるのにぃ~。)
アチャー・・・、ヤバイ! こりゃお駄賃はもらえそうもないかも?

めがね代も交通費も赤字かぁ・・・。まあ、これで開放されるし・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックを!

<オマケ>

カルバリウム波板です。
IMG_4927.jpg
ホームセンターには、働き幅600ミリと書いてあったのに、595ミリしかありませんでした。
これで計算が狂ってしまい1枚追加するはめになりました。そのぶんケラバを長くだしましたがね。

それから、両端が山ー山(谷ー谷)なんですね。一般的には2山半重ねなんですが、2山重ねにしました。
まあ、このほうがいいとおもうんですがねえ。働き幅も増えるし。

ポリカ波板です。
IMG_4949.jpg
こちらは、両端が山ー谷になっています。

2山半重ねですから、働き幅は575ミリになります。さいわい端数多かったので被害はありませんでした。

※働き幅=重ね代を除いた幅。最後の1枚だけは全幅になります。
※両方の働き幅をホームセンターに教えてやったのに、直す気配は無かったですよ。ったく!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
かっこいい車庫が完成しましたね。
おめでとうございます~。
軒の出をそろえる冶具使わせていただきます。



たけじぃ
こっちで作っている畑のミニハウスは、屋根材に波板鉄板を使おうと思っていたので参考になりました。屋根の寸法は、3、6の合板そのままなので、片側3640×1820なのよ。へたすると、働き幅600×6でちょっと足りなくなっちゃうのかな。あ、最後のやつが全幅使えるなら大丈夫か?
ま、なんとか工夫してやってみましょ。

Draさん
あかじい
いやああ、ホッとしてますよ。
コレ使えそうですかね。 壁もこの方法を取ればよかったのかも。笑

たけじぃさん
あかじい
や、どうも。
595×5=2975+650=3625なのでちょと短くなりますねええ。
まあ、1山重ねにすればOKですね。ケラバを少し出しますしね。

畑作りですかああ。いいですねええ。 旨い作物を作ってくださいな。


スバナ
大工の腕を見るのに波トタンを貼ると直ぐわかります。

釘を止めるのに打つ槌の強さで巾が変わります、波トタンを

上手に貼るには押したり、引っ張ったりしないといけません。


亀仙人
完璧じゃないですか!
僕から見ればですけど・・・
それにしても奥様の逆鱗に触れてはダメですよ。クワバラ・クワバラ

スバナさん
あかじい
ですよねええ。身にしみて感じましたよ。 
とくにプラ系は伸びるので難しい~!

亀さん
あかじい
とても、近くからは見てほしくないですね。プロの方には。笑
一番ヤバイ事態に最後になるとは・・・。トホホホ。


あたしもだんだん 居ずらくなってきておりますです 
そろそろ福島行くかなぁ
いつかは終わらせなければいけないんだから

唐さん
あかじい
そう、長居は禁物です。 まして用事が済んだら・・・。
早々に逃げ出してきましたよ。 

コメントを閉じる▲