FC2ブログ
雪です。ことし2回目です。陽が当たるとすぐに溶けてしまいましたがね。
零度前後から5度前後までだったり、日中16度くらいまで上がったりと寒暖差が{はんぱねぇ!」・・・です。
きょうも寒い。鼻水も出てる。ので、意気消沈。休み。

風呂場を先に仕上げました。給排水管の埋設もありますからね。
というより早くお風呂に入りたい!野天風呂はやっぱり寒いし・・・。

とりあえず断熱材、内張、外張りをして、ステンレスのバスタブを置きました。仕上げは・・・?
セットだったバスタブとは互換性を持たせたいと考えてはいるのですが・・・。
DSCN7432.jpg

ドアがあったところの水切り立ち上げ部が切り取られていたので、アルミのL字アングルを貼りつけました。
DSCN7416.jpg

壁の穴開けは、円切りカッター(と言うのかな?)を使います。
表と裏から半々ずつやらないと反対側の切り口が汚くなりますね。
DSCN7434.jpg

パイプは45ミリなので、壁板はバスタブ穴と同じ50ミリでいいかな?とおもったのですが、パイプの蛇腹部が通らないので60ミリになりました。
バスタブ穴と内壁までの隙間は50ミリだったのですが、手鉛筆では角度が変ってしまい真っすぐ写すのは難しいですねぇ。
二重三重になってしまうのです。で、上からの距離や垂直を測り、すったもんだしてナントか中心を確定しました。
DSCN7435.jpg

断熱材は内壁穴にに密着しているので、手鉛筆で問題ありません。断熱材は熱の影響を、すこし考えて?70ミリだったかな、にしました。
空焚きしちゃうと関係ないでしょうけどねぇ。
DSCN7438.jpg

外壁までは102ミリあります。小さい直角定規に鉛筆を取り付けて(103ミリくらいに)やってみました。
水平器を使うのも考えたけど、上下はいいけど左右にはブレてしまうのですね。
DSCN7439.jpg

内壁から直角に、上下左右4か所に印をつけて、中心を求めています。
さらにパイプの曲がり分の20ミリ下げています。下側は水平です。
DSCN7440.jpg

まあ、成功・・・。
ただ、外側は50ミリ径でよかったんですが、60ミリで開けてしまいました。コーキングをたくさん盛らねば・・・。
DSCN7451.jpg

バスタブの上下穴間は250ミリ、風呂釜の穴間は200ミリなので、上側が傾斜してます。
メーカーの仕様だと下側はほぼ水平くらいでいいそうですね。

もう12月ですよ。思えば、今ごろは、とっくに、秋ごろには完成していたハズなんですがねぇ・・・。
まあ、材料合わせの現場合わせばっかりですからねぇ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>雪景色です。
外壁は雨が吹き込んだことがあったので、床張り後に仮付けしてます。
DSCN7413.jpg


工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

雪ですか(@_@;)
亀仙人
こちら半袖のシャツでちょうど良い暖かさです。

お風呂、良い感じですね。
畳の断熱材もgood!

亀さん
赤G
いいなぁ、西の方は暖かくて。
畳は、以前から考えていたんですが、うまい具合に入手できましたよ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
雪ですか(@_@;)
こちら半袖のシャツでちょうど良い暖かさです。

お風呂、良い感じですね。
畳の断熱材もgood!
2018/11/30(Fri) 19:07 | URL  | 亀仙人 #-[ 編集]
亀さん
いいなぁ、西の方は暖かくて。
畳は、以前から考えていたんですが、うまい具合に入手できましたよ。
2018/12/01(Sat) 09:10 | URL  | 赤G #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック