FC2ブログ
一週間ほど用事がありました。
暖かいところに居たので寒さが沁みます。明け方は氷点下近く、日中も10度ちょっとくらいです。
紅葉ももう終わりですね。

もらってきた排水管VU50の繋ぎが外せるか試してみました。
排水用のVU管は、給水用のVP管と違って、肉薄なのでバーナーで炙れば簡単に外れました。

パイプ側を10ミリくらい残してカットします。ペンチでくわえるためです。
DSCN7380.jpg

バーナーで内側を炙り柔らかくします。そうね3~4秒くらいかしら。
DSCN7382.jpg

ペンチでくわえてねじりなが引きはがします。
DSCN7383.jpg

これを3~4回やれば外れます。
DSCN7384.jpg

内側は溶着しているはずですが、案外きれいです。
再利用で密着するかどうかは疑問が残りますがぁ・・・。
外部の排水管は溶着しないつもりです。漏れても問題ありませんからね。
DSCN7386.jpg

エルボ(曲がり)とチーズ(T字)を外しました。
直管部分は足りそうですが、チーズが1個足りません。残念!買うしかありませんかねぇ。
DSCN7399.jpg

排水管は最低限の出費でおさえられそうですが、給水管はほぼ全額出費になりそうです。
VP13を使ったとしても、4~5千円くらいかしらねぇ・・・。ついに出費かぁ。残念!


※何か所も外していると、簡単にポロっと外れてしまうものもありました。いい加減な施工だったのですねぇ。
解体とかやっていると、ホント施工が目につきます。
断熱材の隙間だらけの処理とか、ビス・釘止め間隔の不足とか、接着剤なしとか・・・。
ま、解体するには都合がいいんですがね。笑

材料より施工が大事だとつくづく考えさせられます。
と、言いながら、ボクのセルフビルドもいい加減の極みなのですがねぇ。笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
夕日なのか紅葉なのかに染まったボクの森の遠景です。
大森山という山のすそ野にあります。白い建物のちょうど真後ろのあたりです。
DSCN7392.jpg

入り口からの全景です。
DSCN7397.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック