FC2ブログ
さぁ~て、どういう風に作るべか?
現況と条件を鑑みて、設備は?材料は?工法は?手間は?資金は?期間は?などなどなど。
水回りは面倒くさいですねぇ。特に風呂の設置方法で悩んでます。ユニットバスもらっときゃよかったかなぁ~・・・。

いろいろ検討してきたメモを見ながら頭をひねってます。
DSCN6251.jpg
独立させて廊下で結ぶべか?共用壁にして下屋風にすべえか?→下屋方式のほうが手間がかからないねぇ。
ログビルダーらしくログ組?ツーバイ材の壁工法?在来の軸組?→解体廃材がもらえそうなので軸組かなぁ。
広さは3坪(6畳分)くらいあればいいね。

ログの幅は3間(5.4m)なので1間(1.8m)出幅にすればちょうど3坪なのだけれど・・・。
DSCN6184.jpg
ログ壁との接合がちょと面倒というか、下屋との取り合いも考えると、すごく難しくなっちゃうのね。
最低3寸勾配にすると屋根取付位置が最上段ログの20cmくらくらい上にきてしまうのですぅ。
なので、45センチくらい内側にしたほうがよさそうだ。1畳分くらいは狭くなるけど、ま、いいだろうね。
などなど、手持ちの材料の活用も考え、けっこうな時間を費やしたのです。優柔不断だから。

※左側に見える丸太のハシゴは、ログ本体を作るときに近所からもらった廃材で作ったものです。
ちゃんとした脚立は2つしかなかったので、その代用として8つくらいありましたかねぇ。

謎の白ちゃけた壁をサンダーで削ってみました。ちゃんと元の色がでますねぇ。腐ってはいないようです。
DSCN6197.jpg
増築すると内壁になるので、全面削らなきゃならないかしら?うーん、どうしよう・・・。

床下に潜ってみました。床板下の野地板が2か所外れていたので治しました。
DSCN6158.jpg
松の独立基礎は大丈夫ですね。

壁位置を測ってみました。中央のノッチ下部に残っていた芯墨を基準にしてます。(100ミリ切で計測)
DSCN6169.jpg
※元の芯墨は隠れてしまうので、後から見える位置(50センチくらい離して)に描いておく逃げ墨があったはずなんですが見当たりません。内側に描いたのかも。
それにしても基礎丸太が芯に乗っていないねぇ~。笑

外壁から45センチ内側です。土台下側の芯墨から20センチ外側にでるように補助板を取り付けました。
DSCN6177.jpg

壁芯から180センチのところに仮り杭を打っています。
DSCN6178.jpg

左右に2本打って地縄張りが完了です。左右4.5メートルです。
DSCN6181.jpg
※いちおう対角線も測っていますよ。ピタゴラスの定理でね。

さて、次は遣り方ですが、その材料さがしに一苦労しますわ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
先日分蜂した群れは、一晩過ごして昼頃に飛び立っていきました。
残った娘の女王様は、さて優秀なのでしょうかねぇ・・・。
DSCN6265.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

私も考え中
亀仙人
下屋方式でトイレと風呂を増設しようと考え中です。

亀さん
赤G
あら、そうでしたか。早くやっといたほうがいいですね。
頑張ってください。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も考え中
下屋方式でトイレと風呂を増設しようと考え中です。
2018/05/27(Sun) 22:56 | URL  | 亀仙人 #-[ 編集]
亀さん
あら、そうでしたか。早くやっといたほうがいいですね。
頑張ってください。
2018/05/28(Mon) 07:15 | URL  | 赤G #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック