台風11号が消えたら、34度かよ!熱帯夜かよ!梅雨は空けてないけど東北も熱い!のよ。とくに内陸は。
あまり降らない梅雨だけと、きょうは小雨なので、夏休み子供相談室を聞きながらクールダウンしてます。
※先生方は回答に苦労してますねぇ。(笑) コレ大好きな番組です。


気仙沼のログハウス・レストランを作った余り木で、津波でやられた自宅のフェンスを作ってました。
最後の長尺材を乗せるというので手伝ってきました。

2段目までできてました。(前方は海です。)
DSC05671.jpg

まずは3段目の交差短材を乗せます。
DSC05673.jpg

コーナー部は直角じゃないので斜めのノッチになってます。
DSC05677.jpg

4メーター材を2本乗せました。
DSC05680.jpg

ここで計算です。紙に書かないと混乱しちゃうのね。
DSC05684.jpg

ちょと見にくいですねええ。ので簡単に解説しときます。
1、4ヶ所のノッチ部の高さを測り、一番低いところを探します。
2、そこでラフカットの数値をだします。この場合は50ミリ。
3、他のノッチ部は、一番低いところの差分だけ増やします。
4、ラフカットして乗せて、ふたたび高さを測ります。
5、木っ端などを挟み微調整して全体を平にします。
6、全体のワイディストギャップ(一番広いところ)を探してファイナルスクライブ幅を決めます。
7、4ヶ所とも同じ数値でスクライブしします。

これで完了。細かいところを見なければOK(笑)。
DSC05709.jpg

実は前日の夕方、「呑みに来ない?」ってんで、喜んで行ったんですがねえ~。
海と夕日を見ながらのBBQはよかった。
DSC05669.jpg

翌日は二日酔いの手伝いでしたが酔加減かな?
※この時期は山より海のほうが涼しいので助かりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
200メーターくらい先の海岸です。元々の堤防が壊れたままです。
DSC05690.jpg

一本松?まで繋がっていたそうです。(上記写真の右側)
DSC05700.jpg

新しい堤防は、車の先に松の木がありますが、その葉の付け根付近になるそうです。
DSC05706.jpg

先の津波は、自宅の一階部分まで浸かってしまったのですがねええ。
中途半端な高さですねええ。それに海面が見えなくなってしまうし。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


Dra&長靴
このログフェンス雨ざらしですが、
何年持ちますかね。
山に転がしている丸太なんて、
皮をはいでないと数年で朽ち果てますよ。

堤防が無いと津波が怖いし、
あると景色が台無しだし。
盾と矛ですね。



Draさん
あかじい
そうですよねええ。このままじゃ数年でしょ。
防腐塗料をこまめに塗れば十数年はもつかしら?

どこの親切堤防もそうなのですが、今回の津波の高さより低いんですよね。これ何でだろ?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
このログフェンス雨ざらしですが、
何年持ちますかね。
山に転がしている丸太なんて、
皮をはいでないと数年で朽ち果てますよ。

堤防が無いと津波が怖いし、
あると景色が台無しだし。
盾と矛ですね。

2015/07/23(Thu) 22:52 | URL  | Dra&長靴 #-[ 編集]
Draさん
そうですよねええ。このままじゃ数年でしょ。
防腐塗料をこまめに塗れば十数年はもつかしら?

どこの親切堤防もそうなのですが、今回の津波の高さより低いんですよね。これ何でだろ?
2015/07/24(Fri) 07:25 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック