わが森の薪(雑木30本くらい)の伐採、集材、玉切りが終わり一段落しましたよ。
爆弾低気圧のあとも雪雲が流れてくるなど、不順な天候がつづいていましたが、残すは薪割りと薪小屋への搬入だけとなりました。
これも人力作業ですが、ボツボツやりますかね。一冬の暖房用ですから一か月分くらいの稼ぎになりますな。


これを見計らってかどうか、タイミングよく伐採召集の連絡が入りました。
先々週に伐採した南三陸町馬場地区の残りの伐採です。
メンバーはコーディネーター含めて4名でした。

これが現場です。
IMG_2045.jpg
立ち枯れヒノキ25本くらいあります。
※この地でも、枯れた立木を残しておくのは忌み嫌うのですね。

伐採後です。
IMG_2163.jpg

目通し(目の高さ)で25センチ径以下です。
IMG_2041.jpg


本日のメーンイベント。6本ツル絡まり伐りです。
IMG_2159.jpg
下から見ていたので2本だけかと思っていたのですが・・・。

上に登ってみると5本くらい絡んでいるじゃありませんか。
こういうのは事前にちゃんと観察しなきゃいけないんですがね。
登ってツルを切るわけにもいきませんから、切る順番が大切ですね。頭の中でシミュレーションしますよ。
3本目からは自分が替わって伐ることにしました。
5本目で完了と思いきや、6本目がありました。イヤハヤ・・・ヒヤヒヤ・・・。
テンションがかかって弓なりに曲がってました。

細い木だったのでよかったのですが、これはヤバイのですよ。
受け口に切り込みを入れると、チェンソーのバーが挟み込まれます。かといって追い口だけを入れると、縦割れして、自分の上に落ちてきますからね。
(雑木で何度か経験がありますが、最大のものは3メーターほど割れて折れたことがあります。)
さいわい縦て割れはバリが出た程度ですみました。ホッ!
(本来なら、1年くらい前にツルの元を伐っておけがいいんですがね。自分の山ではそうしてますが。)

伐倒後です。
IMG_2160.jpg
斜面に平行には倒せず、真下に倒れてしまいましたよ。
通路を塞いで、田んぼまで落ちてしまいました。

で、この倒木処理でえらい時間がかかりました。ヤレヤレ。
IMG_2162.jpg
これは、枝落とし中にバーを挟まれて、別のチェンソーで救出している図です。
この人たちは何度やったことか・・・。

この枝処理というのが曲者なんですよ。この事故もけっこう多いですね。
とくに下側などのテンションが掛かった枝は危険ですね。ちゃんと見極めないと、バーが挟まれたり、跳ね飛ばされたりします。
また、枝を落とすと幹のバランスが崩れて、自分自身が潰されたりしますからね。
ここでも、観察とシミュレーションが必要です。

でも、テンションがわからない場合も多いですね。こんなときは、チョンチョンと両側に切り込みを入れながら様子をみて切ります。
それでも、枝がねじれて食われてしまうこともありますよ。ボクも一度やってしまいましたがね。

片付け完了。
IMG_2166.jpg

依頼は、20本くらいのヒノキを切捨てって話でしたが、そうは問屋や卸しませんねでしたね。
3人なら半日仕事だろうと目論んでいたのですが、一日かかってしまいましたよ。
仲間は2日間と読んでいたようで、えらい短縮に困った様子でしたが。

それなりに掛かり木やバーが挟まれるなどトラブルは頻発しましたが、少人数のためそれほど危険なことはありませんでした。かなり気は使いましたがね。

ときおり雪が舞う寒い天気でしたが、事故もなくよかったヨカッタってとこでしょうか。
でも、伐採ボラは気疲れするので、あまりやりたくありませんね。

で、きょうのお土産。
IMG_2169.jpg
塩蔵ワカメです。

葉のほうは、水で戻すと何倍にも膨れるのですね。
またまた、というか、引き続きワカメ食がつづきます。いやはや・・・(ニコニコ)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

<追記>
お土産はタダじゃありませんでした。またまた宿題です。
ワカメ作業小屋建築のお手伝いがぁ・・・。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(1) |


亀仙人
水が見えてるのは川じゃなくて田んぼですか?
伐採は一人の方が安全かも知れませねぇ。


池田
馬場中山のどの辺り?

おそらく田んぼの跡だと思いますよ。
潮を抜くのも、細かい瓦礫を一つ一つ回収するのも時間かかりますから、しばらくは田んぼとしても利用はできないでしょう。

しかし、想像していたよりツルがすごいね。
どこぞのログみたいに、カメムシが大量発生しなければいいけどね。

雑木の伐採
たけじぃ
震災直前に、村有林の雑木を伐採してましたけど、つるからまりの多いこと。仲間(シイタケの小林さんもいた)5人ほどで掛かったのですが、それぞれ20mほど離れたところを受け持ちにしました。だから、1人でやっているのと同じです。つるからまりは、やはり、見極めとシュミレーションですね。斜面の上の方から順番に、5、6本まとめて落とす、がおおかったように思います。

たけじぃさん
あかじい
ラジコン飛行場ですね。
また、使えるといいのですがねえ・・・。



亀さん
あかじい
そうです。田んぼです。

この範囲だと、伐るのは一人ですよ。同時に伐ってら危なくてかないません。
伐ったあとに、みんなで片付けって感じです。

池田さん
あかじい
馬場の南外れの浜の海岸そばです。

道路の水門?が壊れてしまったようで、満潮時には潮が入り込んでしまうようです。
まあ、当面は使えませんが、他人の土地ですから片付けはしないとね。

ツルとカメムシは関係あるんですかねええ・・・。




池田
ごめんなさい。肝心の一行が抜けてますわ。

いや~、枯れ杉や枯れヒノキをそのままだと、いずれカメムシの繁殖につながりますよねーって事です。

田んぼがこの通りだから、カメムシの害は問題視されないでしょうけどね。

池田さん
あかじい
なるほど、そういうもんですか。 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
水が見えてるのは川じゃなくて田んぼですか?
伐採は一人の方が安全かも知れませねぇ。
2012/04/08(Sun) 22:40 | URL  | 亀仙人 #-[ 編集]
馬場中山のどの辺り?

おそらく田んぼの跡だと思いますよ。
潮を抜くのも、細かい瓦礫を一つ一つ回収するのも時間かかりますから、しばらくは田んぼとしても利用はできないでしょう。

しかし、想像していたよりツルがすごいね。
どこぞのログみたいに、カメムシが大量発生しなければいいけどね。
2012/04/08(Sun) 22:47 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
雑木の伐採
震災直前に、村有林の雑木を伐採してましたけど、つるからまりの多いこと。仲間(シイタケの小林さんもいた)5人ほどで掛かったのですが、それぞれ20mほど離れたところを受け持ちにしました。だから、1人でやっているのと同じです。つるからまりは、やはり、見極めとシュミレーションですね。斜面の上の方から順番に、5、6本まとめて落とす、がおおかったように思います。
2012/04/09(Mon) 06:47 | URL  | たけじぃ #-[ 編集]
たけじぃさん
ラジコン飛行場ですね。
また、使えるといいのですがねえ・・・。

2012/04/09(Mon) 07:56 | URL  | あかじい #-[ 編集]
亀さん
そうです。田んぼです。

この範囲だと、伐るのは一人ですよ。同時に伐ってら危なくてかないません。
伐ったあとに、みんなで片付けって感じです。
2012/04/09(Mon) 08:01 | URL  | あかじい #-[ 編集]
池田さん
馬場の南外れの浜の海岸そばです。

道路の水門?が壊れてしまったようで、満潮時には潮が入り込んでしまうようです。
まあ、当面は使えませんが、他人の土地ですから片付けはしないとね。

ツルとカメムシは関係あるんですかねええ・・・。

2012/04/09(Mon) 08:05 | URL  | あかじい #-[ 編集]
ごめんなさい。肝心の一行が抜けてますわ。

いや~、枯れ杉や枯れヒノキをそのままだと、いずれカメムシの繁殖につながりますよねーって事です。

田んぼがこの通りだから、カメムシの害は問題視されないでしょうけどね。
2012/04/09(Mon) 18:33 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
池田さん
なるほど、そういうもんですか。 
2012/04/09(Mon) 20:39 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
わが森の薪(雑木30本くらい)の伐採、集材、玉切りが終わり一段落しましたよ。爆弾低気圧のあとも雪雲が流れてくるなど、不順な天候がつづいていましたが、残すは薪割りと薪小屋へ
2012/04/08(Sun) 19:27:17 |  まとめwoネタ速suru