いきなり、真冬並みの寒さになってしまいました。
朝晩は、氷点下数度。真冬日なので日中も零度以下です。とうぜん水道は流しっぱなしです。

現在はこんな感じです。
IMG_0989.jpg
表面がうっすらと白いかんじで、まだ根雪にはなってません。


こんなときに、救急法の講習会で、一関市内までいかなければなりませんでした。
仕事でも遊びでも必要性を感じていました。で、何年も前から、このチャンスを待っていましたからね。
約40キロ、1時間くらいです。が、安全をみて30分くらい早めにでました。
案の定、上り坂でスリップしている車で渋滞に巻き込まれたり、下り坂で事故った車で通行止めにあったり、ヒヤヒヤもんでした。
新品のスタッドレスは安心感もありましたが、やっぱりスリップはしますね。追突しそうになってからは、車間距離をとって安全運転です。


●救急法基礎講習を終了しました。
IMG_0998.jpg
これは、半日(4時間)でした。料金は1500円(教材費、保険など)。

受講者は、またまたご年配の方ばかり、12名(男女6名ずつ)でした。まあ平日でしたからね。
普及させたいというのであれば、休日とかにできないのですかねえ。
それより、一関市では年に1回ですよ。ちょと少なすぎでは?
※消防所では毎月やっているようです。

心肺蘇生法の小道具(マウスピース)です。
IMG_1000.jpg

お人形とAED(自動対外式除細動期)です。
IMG_0992.jpg
下半身ないのが、ちょと気持ちよくないですね。

AEDのアップです。(AEDは簡単でエイド!?)
IMG_0991.jpg

これらを使って、一次救命処置というのを覚えるのです。
操作はじつに簡単です。テレビやネットで見聞きしていますが、実際やるのとは大違いですね。
ぜひ、多くの方に、体験していただきたいものです。

じっさいには、いろいろな判断がともなうので、一人の場合は救命できないかもしれませんが、協力者にはなれるはずです。
現場では、どんなことをしなければならないのかを簡単にまとめてみます。

1、現場の危険状況の確認(二次災害の防止)
2、傷病者の状態の観察
3、意識確認(肩を叩いて、もしもし・・・とやるやつ)
4、協力者を求める(119通報、助手、AEDの手配など)
5、実際の応急処置
 
心肺停止の場合は、心肺蘇生をやります。基礎講習ではこれがメインです。
心臓圧迫を30回と息の吹き込み2回を1サイクルとして、回復するか、救急隊が到着するまでおこなうのです
2~3分で息が切れてきますから、交代しないと無理なのですね。救急車が来るまでに、この地では平均8分とか。いやあ、体力勝負ですよ。
(実際、か弱い女性は、心臓圧迫ができませんでしたからね)

AEDがあれば、この間も休まずにセットします。一旦セットすると心電図を自動解析して2分ごとに指示を出してくれます。もちろんこの間も休めません。
発生後、最初の10分間で生存率が大きく違ってきてしまうので、非常に大切な作業なのですね。



●引き続き、救急員養成講座の受講です。
IMG_1003.jpg
こちらは2日間(16時間)です。料金は同じく1500円(教材費、保険など)。

別の口座なのですが、連続していたので、ついでにこちらも申し込んでしまいました。基礎講習を終了するという前提です。

土日だからでしょうか、受講者は16名。男性は高齢者が半分くらいで、30代くらいの方もいました。どこかの会社の若い女性軍が5名もいました。
やはり、回数が少ないのですね。盛岡や宮古の方からもきていましたよ。

応急手当の講習です。
IMG_1006.jpg
座学は2時間くらいで、あとは、ひたすら実習です。

とにかく、頭で考えなくても体が動くように、徹底的に実習します。これは大事ですねエエ。
知っていることと、できることは違いますからね。まして、現場ではね。

止血法と三角巾の使い方、担架などによる搬送法をならいました。
支給してくれたバックには、三角巾とガーゼが2枚ずつ入っています。
実に便利な三角巾です。が、いつも携帯しているとは・・・。

ヘンな話ですが、ボクは今まで脈がみれなかったのですよ。脈がないのかと思っていました。笑
今度は大丈夫です。アッチコッチで動脈の流れを止められますよ。ちゃんとあるんですね。よかった!


どちらも、最後に筆記と実技の検定試験があります。
前者は柔らかめですがね。
いずれにしても、試験は緊張するものです。3日間のプレッシャーには、かなり疲れました。酒も呑まずに復習してましたよ。健康にはいいかも?
後者の検定結果は来年です。有効期間は3年間です。終了前に4時間の講習を受けることで継続されるそうです。
ちなみに、講習の指導員はボランティア(婦人警官と元看護師)でして、赤十字の方からは日替わりで1名ずつ来てました。


オモシロかったのは、実際の現場を想定してのシミュレーション訓練でしたね。
地震で怪我人が出たといく想定で、4人が被災者役になって、8人のチームで救急するという想定です。
オモシロ半分に被災者役を志願したんですが、ヤバイくじを引いてしまいました。
「額から血を出し、意識もうろうとして、何事かをつぶやき、右足を引きずって、徘徊している」という役です。
いやあ~ハズカシイ! もう後には引けません。覚悟を決めましたよ。
結果は、ナント、受けましたねえ。ボクは役者の才能があるのかも?
「ただのヨッパライじゃないの?」って声もありましたが・・・・。そのとおりです。はい!

シミュレーションとはいえ、実際には何をやったらいいのか、パニックになってしまいました。
頭が真っ白になってしまうんです。みんながみんな、もう、デタラメな処置ばかりでした。いやあ、難しいもんです。
ちゃんとした、冷静なリーダーの必要性を感じましたね。


それと、応急手当ですが、症状から判断するってのもスゴク難しいです。けっこうな医学知識も必要ですし、なによりも現場経験が必要ですね。
ボクの相棒が「ボクは補助員くらいしかできないなぁ~」て言ってましたが、そのとおりだとおもいます。

この訓練も3日もすれば忘れてしまうでしょうね。そうしないためには、日常の勉強、訓練が必要になりそうです。
いやあ~こりゃ、この講習を受けてしまったおかげで、今後も救われない日々が続きそうです。いやはや・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(0) |

休日に講習会やるべきですね
燐寸
何度か受けないと忘れてしまい、なかなか実際には使えませんよ。
心臓圧迫、これ 体力勝負です。 本職の医師でも10分もやれば息切れしてきます。



池田
ただの酔っぱらい・・・ワロタ。

消防団には入ってないけど、緊急の際の知識って、やっぱり必要ですね。
北の将軍様もお亡くなりになった事だし。
トラックは真面目に修理しといたほうがいいかも。

燐寸さん
あかじい
実際に使うのは、自信がありませんね。

半年に1回くらいは復習しないとだめだねぇ。

池田さん
あかじい
まあ、知らないよりは、格段にいいと思いますね。手伝いくらいはできそうだから。今すぐなら・・・。

将軍様は心筋梗塞らしけどAEDなかったのかな?
トラックなおしても、どこへ行くの?


v-8あたしは 自衛隊で救護員やっとりましたです
訓練中のけがの応急手当は何度も経験ありますが...
心臓疾患などまでは 経験ありませんですワイ

唐さん
あかじい
いやあ、そういう経験は強いですよねえ。うらやましい。

怪我は見てだいたいわかるけど、病気はわからないです。こりゃ難しいと思いましたね。

水道流しっぱなし
福平
水道は自家水源ですか。

そうでなければ、凍結防止には元栓を止めたほうがいいですよ。

元栓は、地中に置きます。
元栓のすぐ家側に水抜き栓を付けます。
この栓を開くと家の中の水道管の水が抜けてしまうようにします。

私は自宅をそうしています。
札幌に住んでいたとき見たのを、真似しました。

実際やってみる
あみ
おばんでございます~~~

ブログのお写真拝見いたしました。
スミマセンお会いしておりませんでした。

リンクできているのか良く解りませんでした。
ゴメンなさい。

救命救急は市の方も行っていたんですね。

やっぱり一度は何ができるとかじゃなく、
見た事があると言うのでも心がまえが違いますよね。

>[額から血を出し、意識もうろうとして、何事かをつぶや>き、右足を引きずって、徘徊している」という役です。

私も見たかったです(笑)

実際どのように接したら良いか考えてみました。

この場合一番の問題点は「意識がもうろうとしている」点でしょうか?能の外傷による損傷によるものか?脳梗塞等によるものなのか?心因性のショックによるも煮なのか?


次に注目するのはビッこですか?

怪我によるものか、脳梗塞等によるものか(ブツブツ言っているのも含めて)混乱なのか、発語の分野に問題が起きたのか?
精神的にパニックになっているのか。

最後に頭の出血の原因と圧迫止血に努める事。


指導者の方はどの様に動かれていましたか?

興味深いです。


追伸我が家への道しるべはメールの方に書いておきますね。
いつか一緒に鴨鍋つつきましょう。


あみさん
あかじい
どうもです。
いやはや、見られなくて残念でしたね。笑

シミュレーションの答えはありませでした。つまりパニックになってしまうことを体験させたかったようです。

基本的には、二次被害の防止と緊急性(意識無し、心肺停止、大出血など)を優先させるということのようです。
したがって、この場合は、安全なところに移動させて監視しておく、ということのようです。(推測ですが)

機会があったら、ぜひ鴨鍋いただきたいものです。楽しみにしていますよ。

福平さん
あかじい
どうもです。
ご心配ありがとうございます。

湧き水なのです。山林を100mほど引いています。
ですから、根が多くて地中に埋められないのですよ。
水温が12度くらいありますので、流しっぱなしでなんとか大丈夫なようです。今までは。
(以前の沢水のときは凍結しましたがね)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
休日に講習会やるべきですね
何度か受けないと忘れてしまい、なかなか実際には使えませんよ。
心臓圧迫、これ 体力勝負です。 本職の医師でも10分もやれば息切れしてきます。
2011/12/19(Mon) 21:22 | URL  | 燐寸 #JCwrrGJA[ 編集]
ただの酔っぱらい・・・ワロタ。

消防団には入ってないけど、緊急の際の知識って、やっぱり必要ですね。
北の将軍様もお亡くなりになった事だし。
トラックは真面目に修理しといたほうがいいかも。
2011/12/19(Mon) 21:42 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
燐寸さん
実際に使うのは、自信がありませんね。

半年に1回くらいは復習しないとだめだねぇ。
2011/12/19(Mon) 22:13 | URL  | あかじい #-[ 編集]
池田さん
まあ、知らないよりは、格段にいいと思いますね。手伝いくらいはできそうだから。今すぐなら・・・。

将軍様は心筋梗塞らしけどAEDなかったのかな?
トラックなおしても、どこへ行くの?
2011/12/19(Mon) 22:17 | URL  | あかじい #-[ 編集]
v-8あたしは 自衛隊で救護員やっとりましたです
訓練中のけがの応急手当は何度も経験ありますが...
心臓疾患などまでは 経験ありませんですワイ
2011/12/20(Tue) 11:06 | URL  | 唐 #-[ 編集]
唐さん
いやあ、そういう経験は強いですよねえ。うらやましい。

怪我は見てだいたいわかるけど、病気はわからないです。こりゃ難しいと思いましたね。
2011/12/20(Tue) 11:25 | URL  | あかじい #-[ 編集]
水道流しっぱなし
水道は自家水源ですか。

そうでなければ、凍結防止には元栓を止めたほうがいいですよ。

元栓は、地中に置きます。
元栓のすぐ家側に水抜き栓を付けます。
この栓を開くと家の中の水道管の水が抜けてしまうようにします。

私は自宅をそうしています。
札幌に住んでいたとき見たのを、真似しました。
2011/12/20(Tue) 21:49 | URL  | 福平 #tX4UbEJg[ 編集]
実際やってみる
おばんでございます~~~

ブログのお写真拝見いたしました。
スミマセンお会いしておりませんでした。

リンクできているのか良く解りませんでした。
ゴメンなさい。

救命救急は市の方も行っていたんですね。

やっぱり一度は何ができるとかじゃなく、
見た事があると言うのでも心がまえが違いますよね。

>[額から血を出し、意識もうろうとして、何事かをつぶや>き、右足を引きずって、徘徊している」という役です。

私も見たかったです(笑)

実際どのように接したら良いか考えてみました。

この場合一番の問題点は「意識がもうろうとしている」点でしょうか?能の外傷による損傷によるものか?脳梗塞等によるものなのか?心因性のショックによるも煮なのか?


次に注目するのはビッこですか?

怪我によるものか、脳梗塞等によるものか(ブツブツ言っているのも含めて)混乱なのか、発語の分野に問題が起きたのか?
精神的にパニックになっているのか。

最後に頭の出血の原因と圧迫止血に努める事。


指導者の方はどの様に動かれていましたか?

興味深いです。


追伸我が家への道しるべはメールの方に書いておきますね。
いつか一緒に鴨鍋つつきましょう。
2011/12/21(Wed) 03:20 | URL  | あみ #-[ 編集]
あみさん
どうもです。
いやはや、見られなくて残念でしたね。笑

シミュレーションの答えはありませでした。つまりパニックになってしまうことを体験させたかったようです。

基本的には、二次被害の防止と緊急性(意識無し、心肺停止、大出血など)を優先させるということのようです。
したがって、この場合は、安全なところに移動させて監視しておく、ということのようです。(推測ですが)

機会があったら、ぜひ鴨鍋いただきたいものです。楽しみにしていますよ。
2011/12/21(Wed) 11:16 | URL  | あかじい #-[ 編集]
福平さん
どうもです。
ご心配ありがとうございます。

湧き水なのです。山林を100mほど引いています。
ですから、根が多くて地中に埋められないのですよ。
水温が12度くらいありますので、流しっぱなしでなんとか大丈夫なようです。今までは。
(以前の沢水のときは凍結しましたがね)
2011/12/21(Wed) 11:24 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック