穏やかな秋の日々が続いています。カメムシ君たちも元気一杯です。いやはや。
そのカメムシ館でログスクールが始まりました。

まずは荒皮むきからですね。
IMG_0508.jpg
これが教材用の丸太です。
今回はログテーブルとベンチを作ります。ログハウスつくりの基本技術がすべて学べます。

曲面カンナでの皮むきです。
IMG_0501.jpg
電動の凸面カンナです。この刃の当たる感覚をつかむのがコツですね。

曲面カンナでのスカーフの削り方。
IMG_0505.jpg

合間には、丸太の玉切りの仕方などもやります。
チェンソーの扱い方、構え方、スロットルコントロールなどももちろんやってます。
左肘の使い方が難しかったようで、どうしても体から離れてしまうのですね。
やっと決まってきた感じです。

持参されたチェンソーはゼノアの40ccです。
薪作りくらいの経験はあるそうが、ログワークには苦戦していましたね。
だいたい、ふだんは線を描いて切るなんてことはしないですからね。

「線を見て、線を切らない」「線が見えないところは切らない」ってのが難しいのですよ。
見ているようで、見てないのです。どうしてもチェンソーの刃を見てしまうのですね。
だから線をバンバン切ってしまいます。線が見えていれば、切りそうになったときにストップできるのですがね。
毎回のことですが、手を替え品を替えて覚えてもらうまでが一苦労なのです。

平面カット、半割りの練習です。
IMG_0512.jpg
ブラッシング(チェンソーでの削り作業)も多用します。これを身に付けると切り口をま真平らにできますからね。
平面カンナの使い方も覚えますよ。


練習には古材を使っています。
IMG_0517.jpg
薪がどんどん増えます。笑

理論の講義もあります。
IMG_0518.jpg
この日は1日中雨だったので、しっかりやりました。
だいぶ頭が疲れたようですね。こちらもノドが疲れましたよ。

座学ではログハウス(躯体)のつくり方全般をやります。
だいたい5割は理論です。実技中にも入りますからね。
「なぜそうするのか?」ってのはマニュアル本などには書いてないのですね。
このあたりを理解してもらうと応用が効くのですよ。

スクライブの練習です。
IMG_0507.jpg
1日30分以上は練習するように言ってあります。
当初は朝昼晩やってましたね。

スクライブしたノッチのカット練習です。
IMG_0523.jpg

仮基礎の作り方も終わりました。
IMG_0500.jpg
高さをそろえてカットしてます。この上にログテーブルを組んでいきます。

高さ決めるには、ペットボトル利用の水盛缶を使っています。安価です。
唯一の難しい理論、ピタゴラスの定理なども使うのですよ。笑。

今日からログテーブルの製作開始です。
IMG_0526.jpg
1段目の半割りも難なくこなしましたよ。練習の成果ですね。

いままでは、付きっ切りだったのですが、これからは放っておいても大丈夫ですね。
もちろん、ポイントポイントでは指示しますし、チェックも欠かせませんがね。

さて、何か暇つぶしを考えねば・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ログスクールの実態 | トラックバック(0) |

凸面カンナ
燐寸
ほすい~ 平面しか持ってないので・・・

「線を見て、線を切らない」「線が見えないところは切らない」
なかなかできないですよ。 どうしても線をかぶってしまう。

ペットボトル利用の水盛缶、私もよく使います。
大きいから本物の水平器より見やすい。(誤差は大きめですが)

暇つぶし
ログチェア なんて、いかが?






亀仙人
いやぁ、よかったよかったv-411
僕らのスクールには座学が無かったので理論武装ができなかったです。
大事ですねぇ座学は。

燐寸さん
あかじい
丸太には必需品ですね。

いくら裸婦な、いやラフなログハウスでも、基準線は引きますから、それを切っちゃあねえ。

ペットボトルでも誤差はありませんよ。パスカルを信じなさいな。 実物をこれで作っていますから。

RQ唐桑でベンチ工作教室を頼まれているので、それの試作もしなきゃならんのですよ。
けっこう大変なことを、いとも簡単に頼むのですね。いやひゃ。

亀さん
あかじい
ご心配お掛けしました。笑

団体では理論は難しいですね。昨年はやりませんでしたよ。

すべての数字に意味がありますからね。 つまり考え方でどうにでも変えられる、変更もできるわけですねえ。



v-12半割丸太を作るとき
初心者でも線を切らない方法はあたしのブログにあったはずですが...

カントリー男さんからのパクリ技術ですが...
消しちゃったかも…

今回 スバナさんの弟子さんには やらせてみました
やっぱし バッチしでけましたですよォ~

唐さん
あかじい
了解!

反対側に溝を作るってことでしたよね。忘れていましたぁ。

天板の半割りでやってみますよ。アリガトさん。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
凸面カンナ
ほすい~ 平面しか持ってないので・・・

「線を見て、線を切らない」「線が見えないところは切らない」
なかなかできないですよ。 どうしても線をかぶってしまう。

ペットボトル利用の水盛缶、私もよく使います。
大きいから本物の水平器より見やすい。(誤差は大きめですが)

暇つぶし
ログチェア なんて、いかが?



2011/10/23(Sun) 19:38 | URL  | 燐寸 #JCwrrGJA[ 編集]
いやぁ、よかったよかったv-411
僕らのスクールには座学が無かったので理論武装ができなかったです。
大事ですねぇ座学は。
2011/10/23(Sun) 20:20 | URL  | 亀仙人 #-[ 編集]
燐寸さん
丸太には必需品ですね。

いくら裸婦な、いやラフなログハウスでも、基準線は引きますから、それを切っちゃあねえ。

ペットボトルでも誤差はありませんよ。パスカルを信じなさいな。 実物をこれで作っていますから。

RQ唐桑でベンチ工作教室を頼まれているので、それの試作もしなきゃならんのですよ。
けっこう大変なことを、いとも簡単に頼むのですね。いやひゃ。
2011/10/23(Sun) 21:37 | URL  | あかじい #-[ 編集]
亀さん
ご心配お掛けしました。笑

団体では理論は難しいですね。昨年はやりませんでしたよ。

すべての数字に意味がありますからね。 つまり考え方でどうにでも変えられる、変更もできるわけですねえ。
2011/10/23(Sun) 21:41 | URL  | あかじい #-[ 編集]
v-12半割丸太を作るとき
初心者でも線を切らない方法はあたしのブログにあったはずですが...

カントリー男さんからのパクリ技術ですが...
消しちゃったかも…

今回 スバナさんの弟子さんには やらせてみました
やっぱし バッチしでけましたですよォ~
2011/10/27(Thu) 11:53 | URL  | 唐 #-[ 編集]
唐さん
了解!

反対側に溝を作るってことでしたよね。忘れていましたぁ。

天板の半割りでやってみますよ。アリガトさん。
2011/10/27(Thu) 18:57 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック