昨日は北上市のいこいの森でツリークライミングのイベントでした。
なかなか日程があわず、久しぶりの参加です。
今日は、首、肩、腕、足、アッチコッチ痛いです。いやはや、いつ疲れがとれるやら。

出かけるとき、ボクのところは「霧にむせぶ森~♪」だったのですが、下界はいい天気。久しぶりの青空でした。
麓からみると、山には雲がかかっています。あの雲の中だったのですね。

まずは、オリエンテーションです。
IMG_5167.jpg
リーダーが登り方や、注意事項などをレクチャーしてます。
子供たちは4~6年生、38人でした。
10人ずつ4回です。スタッフは3+1人、こりゃ大変そう・・・・・・。
(写真がピンボケでゴメンナサイ)

みんなで「ツリー!」のポーズ。
IMG_5171.jpg

IMG_5168.jpg

写真にはありませんが、ボクは最初の「ツリー体操」の担当でした。つまり準備体操です。
本当にハズカシイのです。何度かやらされているので、多少は慣れたのですが、ドキドキなのでした。
こういうの、苦手です。でも、適当にアレンジ(思いつくまま)しながら、まあ無事終了したのでした。

でもですね。最近仕入れたネタを話してみようと考えていたのですが、タイミングを失って、すっかり忘れてしまいました。
ツリークライミングは楽しい遊びなのですが、それだけじゃ、本来の目的が薄れてしまいます。
それで、関連する「なぜ?」を伝えたかったのですがねええ。
ヤレヤレ。

実にいい子供たちでした。
すぐに出来る子、出来ない子、でもだんだん出来る子、どうしても出来ない子、涙目になる子、イキイキしてる子、ほんとうに不器用な子、何度やっても覚えない子、いろいろです。
出来ない子を重点的にフォローします。ちょっとくっついて、ちょっと離れて、の繰り返し。
観察していると、試行錯誤しながら、だんだん出来るようになっていくのですね。簡単に言うと、ほっといても大丈夫なのでした。
みんな、それなりの高さまで登れ、みんな生きてましたね。

それと、一つ発見したことがあります。
「最近の子は頭デッカチ」と言われたりしますが、今日の子供たちの頭の小さいこと、小さいこと、意外な感じがしました。コレなぜなんでしょう?


ところで、ボクは基本的に子供が嫌いでした。どちらかというと女性のほうが好きです。
ところが、女性にはまったくモテず、最近は子供たちにモテているようなのです。
ウーム、どうしたことか・・・・。

求めると離れ、突き放すと寄ってくる、ってことなのでしょうか?
ということで、これからは、「女性は嫌いでーす!子供たちが大好きです!」に方針転換します!?

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


唐 宇 了
あたしだって まだ もてたいンです

でも 可能性は 限りなく ゼロの近づいてますワイ(Ω_Ω)クスン

唐宇了どの
あかじい
何をいっているんですか。まだ喪も明けていないのに。(笑)

そろそろ、方針転換したら・・・。でもしたくないのが本音なのですよお。(悲)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あたしだって まだ もてたいンです

でも 可能性は 限りなく ゼロの近づいてますワイ(Ω_Ω)クスン
2009/08/01(Sat) 22:17 | URL  | 唐 宇 了 #-[ 編集]
唐宇了どの
何をいっているんですか。まだ喪も明けていないのに。(笑)

そろそろ、方針転換したら・・・。でもしたくないのが本音なのですよお。(悲)
2009/08/02(Sun) 21:16 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック