連休になったら、なんとまああ、お客様が次々と来ましたよ。

まずは、石巻市のナベちゃん。
いきなり来て、昼飯食べて、支援物資のカップ面10個くらい置いていきました。
彼は特に被害はなかったのですが、家のすぐ前まで津波が押し寄せたそうです。
足を骨折中で、動くにもままならず、停電、断水、燃料不足、支援物資もなく1週間くらいは惨めに、不安に暮らしていたようです。
でも、まったく元気で、ギブスを外した後に挨拶周りに出かけてきたとのこと。

彼の仕事は森林組合の特殊伐採担当なのです。ツリークライミングが仕事なのです。
しかし関係ないところで、跳ねた枝が足に当たって骨折してたんだとか。


次に来たのが、岡山県のタモちゃん。
彼は、2週間前から石巻市、南三陸町でボランティアをしていました。さらに北上する途中で寄ったのです。
この人、TVチャンピオン番組の初回のチェンソーカービングに出ていた方です。

彼の重装備の車です。
IMG_9009.jpg
黄色いのは水タンク、発電機、単管三脚、チェンブロック、チェンソー、スリングベルト、大工道具、燃料、などなどが山ほど積み込んでありました。
いやああ、意気込みが違いますねええ。


同日に唐宇了ドンが来ましたよ。
ボクラがボランティアなんぞをやっているようなので、気が気じゃなかったのだそうです。
それで、ボクラへの慰問と支援物資を持ってきれくれました。

さっそく支援物資で宴会です。
IMG_9005.jpg
これお昼ころです。

これは、夕方ころ。
IMG_9006.jpg
このちょうしで真夜中まで。
支援物資の3本あった日本酒は、1本だけ残っていました。
あとは、お寿司も焼肉もすべて腹のなかに処分されました。いやはや。


翌朝(今朝)は、みんな元気なく起床しました。スッカリ呑み疲れです。
タモちゃんは、まもなく、元気なく遠野市のボランティアセンターへ旅立ちました。

ブロ友の山口県のスバナさんがボランティアで大船渡市に来ているそうなのです。
唐宇了ドンがぜひ会いたいというので、一緒にボランティア慰労に行ってきました。
一階まで浸かってしまった住宅の補修工事をしていました。
フシギなことに床の根太や大引きが折れていましたね。プラスチックの床束は弱いんですね。
スバナさんは大工の棟梁です。昼飯を一緒に食べながら小一時間ほどお話して帰ってきました。


●周辺状況
大船渡市は高台を45号線が通っているのですが、通りは片付けられ、お店や、スタンド、コンビニなどが何もなかったように営業していました。
ただ、海側は整理された瓦礫の山です。撤去待ちという感じで、あまり重機などは動いていませんでしたね。

途中の陸前高田市は海岸近くは、瓦礫がかなり整理されていて、重機も多く、撤去作業がかなりすすんでいるようです。
気仙川の上流部は手付かずのところが多かったですね。
45号線の橋が通れないので、数キロ上流の橋まで迂回しなければなりませんでした。

その過程でボランティアのみなさんを見かけました。
100人くらいで小学校の校庭を片付けていました。重機もなく手作業です。
こんなところが2か所ほど。連休中ですからスゴイ数のボランティアをイメージしてたんですが、ちょっと気抜けしましたよ。
気仙沼市近辺のコンビニなんて、もう人でごった返していましたからね。さすが連休だああって思っていました。

それから、半島などには、マッタク報道されない小さな入り江があります。
もちろん全滅で、捜索活動は終わったようですが、まったく重機などは動いていませんでした。

なにぶん、呑み疲れがひどく、イマイチ元気が出ません。
慰問されるのもいいんですが、胃が持ちませ~ん。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


亀仙人
v-8二日酔いですか。
唐宇了さんも相変わらずお元気そうで何よりです。


慰問され疲れ
たっくん
で、胃もたれ……いい人生だ、見習いた……くはないか……

亀さん
あかじい
いやはや、なんとも・・・。
いつものことながら、唐宇了には投了です。

彼の運転は怖い!酔っ払い運転だったのかね?

たっくんさん
あかじい
こんな人生止めたくても、止められない。
宿命なんでしょうねええ。


西村 保弘
v-8慰問に行ったつもりですが...
飲んだ日本酒は1本だったとおもってたけれど... 

西村さん
あかじい
お気遣いアリガトウございます。

2本目が開いていたような・・・(確認中)・・・半分くらい残ってました。失礼!

帰りました
池田
一旦活動を終えて、自宅に戻りました。
遠野を目指す途中に陸前高田のボランティアセンターが開設されていたので、直接登録しました、が・・・。

ありゃダメですね・・・。絶望的ですわ。

岩手大学の学生ボランティアが取り仕切っているんですが、お話にならない。
押し寄せた土砂の中にガラスの破片、燃えるゴミ燃えないゴミを一つ一つ分別してる・・・。
一軒の個人宅に、処理すべき土砂がいったい何立米あると思ってるんだろう?
共同の仮集積所を作らないと、すぐにオーバーフローするから、交渉するようにとアドバイスしても
それはボランティアサイドがする事ではないという旨の返事。

田んぼに流れ着いた丸太の撤去をするのにも手鋸で切ってるし。
一瞬、中国の農村風景かと思いましたよ。

人手は必要なんだろうけど、この運営にはとてもついていけないので、早々に引き揚げて、石巻に戻ってました。
ボラセンによって、しいて言うならば、そこの担当によって進捗状況もまったく違いますよ。


池田さん
あかじい
お疲れ様でした。陸前高田に入ったのですか。
前回のブログにも書きましたが、ボクラもそこを通過しました。数十人くらいの2組が手作業でやってましたね。
海岸のほうには巨大な集積場というかかなり整理されていましたよ。

石巻の湊小にも民間ボランティアが入っていますね。それから本吉町にも浜センという民間ボランティアが入っています。両方とも連休中もボランティアの制限はしていませんでした。社協とはやり方が違うようです。

自分の仕事が一段落したら本吉に行ってみるつもりですよ。
また、どこかでお会いしましょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
v-8二日酔いですか。
唐宇了さんも相変わらずお元気そうで何よりです。
2011/05/03(Tue) 18:46 | URL  | 亀仙人 #-[ 編集]
慰問され疲れ
で、胃もたれ……いい人生だ、見習いた……くはないか……
2011/05/04(Wed) 00:16 | URL  | たっくん #ZTGLyrdM[ 編集]
亀さん
いやはや、なんとも・・・。
いつものことながら、唐宇了には投了です。

彼の運転は怖い!酔っ払い運転だったのかね?
2011/05/04(Wed) 08:19 | URL  | あかじい #-[ 編集]
たっくんさん
こんな人生止めたくても、止められない。
宿命なんでしょうねええ。
2011/05/04(Wed) 08:21 | URL  | あかじい #-[ 編集]
v-8慰問に行ったつもりですが...
飲んだ日本酒は1本だったとおもってたけれど... 
2011/05/06(Fri) 22:14 | URL  | 西村 保弘 #K.uCNy.6[ 編集]
西村さん
お気遣いアリガトウございます。

2本目が開いていたような・・・(確認中)・・・半分くらい残ってました。失礼!
2011/05/07(Sat) 08:15 | URL  | あかじい #-[ 編集]
帰りました
一旦活動を終えて、自宅に戻りました。
遠野を目指す途中に陸前高田のボランティアセンターが開設されていたので、直接登録しました、が・・・。

ありゃダメですね・・・。絶望的ですわ。

岩手大学の学生ボランティアが取り仕切っているんですが、お話にならない。
押し寄せた土砂の中にガラスの破片、燃えるゴミ燃えないゴミを一つ一つ分別してる・・・。
一軒の個人宅に、処理すべき土砂がいったい何立米あると思ってるんだろう?
共同の仮集積所を作らないと、すぐにオーバーフローするから、交渉するようにとアドバイスしても
それはボランティアサイドがする事ではないという旨の返事。

田んぼに流れ着いた丸太の撤去をするのにも手鋸で切ってるし。
一瞬、中国の農村風景かと思いましたよ。

人手は必要なんだろうけど、この運営にはとてもついていけないので、早々に引き揚げて、石巻に戻ってました。
ボラセンによって、しいて言うならば、そこの担当によって進捗状況もまったく違いますよ。
2011/05/11(Wed) 21:17 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
池田さん
お疲れ様でした。陸前高田に入ったのですか。
前回のブログにも書きましたが、ボクラもそこを通過しました。数十人くらいの2組が手作業でやってましたね。
海岸のほうには巨大な集積場というかかなり整理されていましたよ。

石巻の湊小にも民間ボランティアが入っていますね。それから本吉町にも浜センという民間ボランティアが入っています。両方とも連休中もボランティアの制限はしていませんでした。社協とはやり方が違うようです。

自分の仕事が一段落したら本吉に行ってみるつもりですよ。
また、どこかでお会いしましょう。
2011/05/11(Wed) 21:57 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック