風邪がほぼ治って、一日ほど安静してから、やっと蒔き割りです。
長期出張ログスクールがあったおかげで、春に玉切りして置いたままでした。
これは年明け用です。
伐採してから半年おいたのでだいぶ乾いていますが、割ればさらに渇きが早くなりますからね。
なんとか、来年には使えるでしょうね。


とりあえず、先般作った斧の柄の具合を確かめながら、ボチボチと。
これで1時間ほどです。
IMG_8155.jpg
3列あります。手前の1列で1か月分くらいですかね。

一輪車で6杯分でした。
IMG_8156.jpg
まあ、1週間分ですかね。

2日ほどやって、残り1列になりました。
IMG_8160.jpg
1日1列くらいですから、あと1日で終わるでしょうね。

いま割っているのは、割れませんでしたねエエ。
矢(クサビ)をぶちこんだら、元まで入っても割れませんでした。
しかたがないので、反対側から別の矢を打ち込みましたよ。
こんなのに当たると10倍くらい、エネルギーを使いますね。

ここが薪置き場。
IMG_8162.jpg
5列ありますが、奥の2列を右側まで満タンにして1年分です。
だいたい6畳一間くらいでしょうか。
たまには2年分溜めたいですが、毎年1年分で四苦八苦してますう。


ところで、こんな割り方知ってますう。
1発目で、食い込むだけのことがありますよね。
IMG_8152.jpg
ここで、斧の頭をハンマーで打ったらいいんですが、普通の斧でこれをやっちゃいけません。
柄の取りつけ穴が歪んで、下手をすると割れてしまいますね。
あたまがデッカクなっていて叩けるヤツもありますがね。

こんなとき、そのまま、もう一度持ち上げて落とすという方法もありますが、なかなかうまくいきません。
そこで、斧と薪を反対にひっくり返して落とすんです。
IMG_8154.jpg
斧の頭を打ちつけるわけです。
つまり、薪の重さを利用するんですね。これ強力ですよ。持ち上がればね。

ついでに、ノウハウをもう一つ。
棒立ちで斧を打ち下ろしちゃ危険です。円弧に振ると足を割っちゃいますよ。
打ち下ろすとき、ちょっとひざを曲げて、腰を下げる感じにすると、台木のところに刺さります。

蒔き割りっていうと、なんで薪割り機を使わないの?ってよく言われます。
そりゃああ、お金さえ出せば買えますよ。お金があればね。

たぶん、薪割りの楽しさを知らないから言うんでしょうね。
これってけっこうはまってしまうんですよ。一度やってみなさいな。

カーン!と一発で割れる爽快感。いいですねええ。
クリがこのタイプです。
ちなみに、ボクの好きな割れ方は、ズズズズっと切り開いていくように割れるときですね。
これはミズキやサクラが多いような気がします。
ケヤキは嫌ですねええ。繊維が絡まっているから、ナカナカ割れません。
枝の部分も同じですね。こんなときはチェンソーで切ったほうが早いですね。

お金と引き換えに便利さが手に入りますが、楽しさとお金が失われますねえ。
ちょっとだけ、、負け惜しみで~す。
あ~あ疲れたあ~。さてきょうも、シシ鍋と熱燗でエネルギー補充すかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


亀仙人
よっv-14薪割り名人。
有り余る時間を楽しく使ってますねぇ。
わずかなお金を稼ぐのにアクセクしている私が情けないねぇv-292
あかじいさんのような生活ができるまで、あと10年かぁv-406

亀さん
あかじい
今すぐにでもできますよお。
大奥を説得できれば。(笑)

ボクは亀さんの年頃から、こんな生活ですよお。

・・・・。
池田
そら、真ん中から割るからあかんのですよ。

側から割っていかないと。

ついでに反対側を狙うから、斧の首の部分を傷めるんです。
手前側を狙って振り下ろすんですよ。


あと、逆木にしたほうが割れやすいですよ。


池田さん
あかじい
まあ、そりゃあ、解ってはいるけどねえ。
同じ木でも、元の方は割れにくいね。繊維が素直じゃないね。

逆木ってのは、元から割るってことですよね。
木元竹末ですかね。


スバナ
撒き割りも奥が深いね~




唐 宇 了
木元竹末は基本です 
節でも曲がりでも 栗でもケヤキでも
ヨキを割れるように打ち込めば 割れます
年輪に対して直角に 芯をはずして 打つのがセオリーですが...

スバナさん
あかじい
そうですねええ。
まだまだ、未熟ですよ。

まあ、なんとか割れりゃあ、いいんじゃないの。

唐宇了ドノ
あかじい
基本は基本ですが、ひねくれているヤツは割れませんよお。

応用編も必要ですね。これは、ナカナカ奥が深いですよお。

そういえば
池田
この間、youtubeでおもろい薪割り機?を見つけましたよ。
http://www.youtube.com/watch?v=md9ymBWKIDw

極端な例では、クルマの駆動輪のタイヤを外して、この先端とおんなじパーツを着けて回してるだけ。

おもろい映像が一杯転がってまっせ。



柱を逆木にすると弱い家になるって話はもちろんご存じですよね?
裂けやすいんですよ。

地震の横揺れの際、ホゾを中心に、それこそ薪割りと同じような力が働いて、裂けてしまう。
当然、重心も上に上がる訳ですから。
だから、節のある木を使うほうが粘り強い家になります。

薪割り一つも決してバカになりませんよ。




池田さん
あかじい
情報ありがとさん。
薪割り機の自作ですか。
油圧機械を使ったのはよく作っていますね。

なるほど、逆木の理屈は、そんなところからきているのですか。
それと、確かに節は割れにくいですよね。

昔、掘っ立て柱にするときは、逆木のほうがいいと聞いたことがあります。
弁の関係で水分を吸い上げないからいいんだという理屈でしたが、これはどうなんでしょうねえ?




さーて・・・
池田
それは聞いた事がないけど、理にかなってるんじゃないですか。

葉枯らしにする時も、確か、山の傾斜に対して、逆さにするとかなんとか言ってたような・・・??



池田さん
あかじい
なるほどねええ。
葉枯らしは、末を斜面の下に向けるといいますよねえ。
アリガトサン。


唐 宇 了
v-12あッ そうだ
薪をも少し短めにすると ずいぶん割りやすくなるんじゃないでせうかネ

唐宇了どの
あかじい
そうですねええ。確かに。

だいたい45センチ前後ですが、適当に玉切りしているので、50センチなんてのもありますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
よっv-14薪割り名人。
有り余る時間を楽しく使ってますねぇ。
わずかなお金を稼ぐのにアクセクしている私が情けないねぇv-292
あかじいさんのような生活ができるまで、あと10年かぁv-406
2010/11/06(Sat) 18:41 | URL  | 亀仙人 #-[ 編集]
亀さん
今すぐにでもできますよお。
大奥を説得できれば。(笑)

ボクは亀さんの年頃から、こんな生活ですよお。
2010/11/06(Sat) 18:57 | URL  | あかじい #-[ 編集]
・・・・。
そら、真ん中から割るからあかんのですよ。

側から割っていかないと。

ついでに反対側を狙うから、斧の首の部分を傷めるんです。
手前側を狙って振り下ろすんですよ。


あと、逆木にしたほうが割れやすいですよ。
2010/11/06(Sat) 19:45 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
池田さん
まあ、そりゃあ、解ってはいるけどねえ。
同じ木でも、元の方は割れにくいね。繊維が素直じゃないね。

逆木ってのは、元から割るってことですよね。
木元竹末ですかね。
2010/11/06(Sat) 21:28 | URL  | あかじい #-[ 編集]
撒き割りも奥が深いね~

2010/11/06(Sat) 21:34 | URL  | スバナ #-[ 編集]
木元竹末は基本です 
節でも曲がりでも 栗でもケヤキでも
ヨキを割れるように打ち込めば 割れます
年輪に対して直角に 芯をはずして 打つのがセオリーですが...
2010/11/06(Sat) 22:37 | URL  | 唐 宇 了 #-[ 編集]
スバナさん
そうですねええ。
まだまだ、未熟ですよ。

まあ、なんとか割れりゃあ、いいんじゃないの。
2010/11/06(Sat) 22:46 | URL  | あかじい #-[ 編集]
唐宇了ドノ
基本は基本ですが、ひねくれているヤツは割れませんよお。

応用編も必要ですね。これは、ナカナカ奥が深いですよお。
2010/11/06(Sat) 22:50 | URL  | あかじい #-[ 編集]
そういえば
この間、youtubeでおもろい薪割り機?を見つけましたよ。
http://www.youtube.com/watch?v=md9ymBWKIDw

極端な例では、クルマの駆動輪のタイヤを外して、この先端とおんなじパーツを着けて回してるだけ。

おもろい映像が一杯転がってまっせ。



柱を逆木にすると弱い家になるって話はもちろんご存じですよね?
裂けやすいんですよ。

地震の横揺れの際、ホゾを中心に、それこそ薪割りと同じような力が働いて、裂けてしまう。
当然、重心も上に上がる訳ですから。
だから、節のある木を使うほうが粘り強い家になります。

薪割り一つも決してバカになりませんよ。


2010/11/07(Sun) 00:11 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
池田さん
情報ありがとさん。
薪割り機の自作ですか。
油圧機械を使ったのはよく作っていますね。

なるほど、逆木の理屈は、そんなところからきているのですか。
それと、確かに節は割れにくいですよね。

昔、掘っ立て柱にするときは、逆木のほうがいいと聞いたことがあります。
弁の関係で水分を吸い上げないからいいんだという理屈でしたが、これはどうなんでしょうねえ?


2010/11/07(Sun) 13:00 | URL  | あかじい #-[ 編集]
さーて・・・
それは聞いた事がないけど、理にかなってるんじゃないですか。

葉枯らしにする時も、確か、山の傾斜に対して、逆さにするとかなんとか言ってたような・・・??

2010/11/07(Sun) 17:17 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
池田さん
なるほどねええ。
葉枯らしは、末を斜面の下に向けるといいますよねえ。
アリガトサン。
2010/11/07(Sun) 18:13 | URL  | あかじい #-[ 編集]
v-12あッ そうだ
薪をも少し短めにすると ずいぶん割りやすくなるんじゃないでせうかネ
2010/11/08(Mon) 07:20 | URL  | 唐 宇 了 #-[ 編集]
唐宇了どの
そうですねええ。確かに。

だいたい45センチ前後ですが、適当に玉切りしているので、50センチなんてのもありますね。
2010/11/08(Mon) 09:48 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック