土曜日は朝のうち雨だったので、誰も来なくて中止にしました。
日曜日は、引き続き雨模様の天気だったので、助手に任せて、用足しに出掛けることにしました。

5人ほど集まったようです。作業の状況は詳しくわかりません。
曇りだったようですが、蒸し暑くて作業ははかどらなかったとか。
引き続き開口部の作業をしたそうですが、終わらなかったようです。

これ以外の情報がないので、関連することを書くことにします。スイマセン。


開口部の作業は日ごろのチェンソーワークの成果が試されますね。
ノッチとグルーブばかり続いていたのに、突然、小技の連続ですから面食らいます。

日頃から、意識して、練習しておくといいのは次のようなことです。

木口の玉切りでも、カット線をバーの左側で切ったり、右側で切ったりするのです。
それも、線を引いて、線ピッタリに切ることですね。漠然とやっているとダメです。

ついつい切り易い方だけでやっちゃいますが、そうすると、いちいち反対側に回り込む必要があるわけです。
効率的にも両方で切れると、こんなときにも役に立つのですね。

バー側面のブラッシングも多用します。これもバーの左右を使います。
玉切りをしたあと、木口のブラッシングで練習できますね。

カービングはこんな小技に役に立つんです。
もともとはビルダーのトレーニングだったとか・・・。うなずけます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ログスクールの実態 | トラックバック(0) |

ログスクール遠隔操作?
さとう
ほとんど、ノーコン状態ですねぇ。ラジコン飛行機なら落っこってますよ。

とても参考になったので、ボチッと押しました。
今日は、半割のブラッシング、スカーフのブラッシングをやりました。玉切りのあとの、木口のブラッシングは、忘れました。

さとうさん
あかじい
ログから落っこったら大変ですがね。

あら、スカーフもブラッシングですか。
うちでは、曲面カンナで跡が取れなくなってしまうので、絶対にさせません。
アールをきつくしちゃうんですよね。


唐 宇 了
スカーフのブラッシングは やらせてほうがいいです
そんなこといってるといつまでたってもビギナー気分です

1カットでブラッシングなしが ベストです

小さな失敗を重ねて 教育的指導を受けることで 
上達が 早まります

教える方も 失敗しないように指導することで 緊張します

スカーフの傷なんか ログハウスの全体から見れば
たいしたモンでは ありまっせんバイ

唐宇了どの
あかじい
まあ、程度の問題でしょうねえ。

最初のうちは、ほとんど、入りの角度がきつくなる失敗をします。
コレをブラッシングで取りたくなるんですよね。

だから、できるだけ浅い角度で入れるよう教えています。
入りの角度はすぐに覚えるので、失敗はなくなりますよ。

スカーフカット
さとう
>あかじいさん
そうです、そうです。「入り角」の問題です。
最初(見てたけど、やるのは初めて)入りの角度が深く、直線の手前でバーが上向きに上がらなくなり、上からカットして水平切り、ってんで、段こがついてしまい、ブラッシングというはめに陥ったのです。/(^_^;
慣れてきて、後半は、浅く入れてそのまま線にそってカットすることができました。でも、線との間が10mmくらいあります。(怖くて近づけない)なので、またまたブラッシング。てな具合でした。
唐宇了さんがおっしゃるように、
「1カットでブラッシングなし」を目指します。
とにかく、何度も失敗しないとおぼえられないね。

さとうさん
あかじい
10ミリくらいなら、曲面カンナで削ったほうが早いとおもしますがねええ。
いずれにしても、アールのところをブラッシングしすぎるのが問題なのですよ。

仕上げをサンダーでヤル方法では、ブラッシングは丁寧にやったほうがいいですね。


唐 宇 了
ワンカットでできるようにならなければ
いつまでたっても初心者です

四の五の言ってても これができなきゃしょうがないんだから

やらせる できるようになるv-8

これ以外に なにもないんです
それをやらせるのが スクールですよ
できなくてもいいんなら スクールなんて来る意味ないよォ

唐宇了ドノ
あかじい
もちろんウチのスクールに来ている人はみんなできますよ。

ちなみにさとうさんはスクールには来ていませんです。
しいて言えば通信教育生ですかね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ログスクール遠隔操作?
ほとんど、ノーコン状態ですねぇ。ラジコン飛行機なら落っこってますよ。

とても参考になったので、ボチッと押しました。
今日は、半割のブラッシング、スカーフのブラッシングをやりました。玉切りのあとの、木口のブラッシングは、忘れました。
2010/06/22(Tue) 17:43 | URL  | さとう #-[ 編集]
さとうさん
ログから落っこったら大変ですがね。

あら、スカーフもブラッシングですか。
うちでは、曲面カンナで跡が取れなくなってしまうので、絶対にさせません。
アールをきつくしちゃうんですよね。
2010/06/22(Tue) 20:08 | URL  | あかじい #-[ 編集]
スカーフのブラッシングは やらせてほうがいいです
そんなこといってるといつまでたってもビギナー気分です

1カットでブラッシングなしが ベストです

小さな失敗を重ねて 教育的指導を受けることで 
上達が 早まります

教える方も 失敗しないように指導することで 緊張します

スカーフの傷なんか ログハウスの全体から見れば
たいしたモンでは ありまっせんバイ
2010/06/22(Tue) 22:45 | URL  | 唐 宇 了 #-[ 編集]
唐宇了どの
まあ、程度の問題でしょうねえ。

最初のうちは、ほとんど、入りの角度がきつくなる失敗をします。
コレをブラッシングで取りたくなるんですよね。

だから、できるだけ浅い角度で入れるよう教えています。
入りの角度はすぐに覚えるので、失敗はなくなりますよ。
2010/06/23(Wed) 07:41 | URL  | あかじい #-[ 編集]
スカーフカット
>あかじいさん
そうです、そうです。「入り角」の問題です。
最初(見てたけど、やるのは初めて)入りの角度が深く、直線の手前でバーが上向きに上がらなくなり、上からカットして水平切り、ってんで、段こがついてしまい、ブラッシングというはめに陥ったのです。/(^_^;
慣れてきて、後半は、浅く入れてそのまま線にそってカットすることができました。でも、線との間が10mmくらいあります。(怖くて近づけない)なので、またまたブラッシング。てな具合でした。
唐宇了さんがおっしゃるように、
「1カットでブラッシングなし」を目指します。
とにかく、何度も失敗しないとおぼえられないね。
2010/06/23(Wed) 11:43 | URL  | さとう #-[ 編集]
さとうさん
10ミリくらいなら、曲面カンナで削ったほうが早いとおもしますがねええ。
いずれにしても、アールのところをブラッシングしすぎるのが問題なのですよ。

仕上げをサンダーでヤル方法では、ブラッシングは丁寧にやったほうがいいですね。
2010/06/23(Wed) 12:53 | URL  | あかじい #-[ 編集]
ワンカットでできるようにならなければ
いつまでたっても初心者です

四の五の言ってても これができなきゃしょうがないんだから

やらせる できるようになるv-8

これ以外に なにもないんです
それをやらせるのが スクールですよ
できなくてもいいんなら スクールなんて来る意味ないよォ
2010/06/23(Wed) 22:48 | URL  | 唐 宇 了 #-[ 編集]
唐宇了ドノ
もちろんウチのスクールに来ている人はみんなできますよ。

ちなみにさとうさんはスクールには来ていませんです。
しいて言えば通信教育生ですかね。
2010/06/24(Thu) 10:25 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック