風もなく穏やかな一日でした。日差しは少なかったですね。

8段目後半が完了です。
IMG_6811.jpg
左右はほぼ水平。前後は10ミリ前後の高低差になりました。まずまずかな。
4段目ごとに、特に高さ、レベルを意識して合わせています。

ユニックの出番になりました。
IMG_6802.jpg
4段ブームで10メートル弱くらいです。
丸太が軽い(100キロもない)ので、かなり倒してもダイジョウブですね。

順調かと思いきや、グルーブ手直しです。
IMG_6807.jpg
ノッチの一か所が空いているため、グルーブのくっついている箇所を2回ほど修正しました。
日替わりで、誰かがブログネタを提供してくれますね。アリガタヤ。

内グルーブを内側から見ると、右半分が狭く(くっついている)左半分が広い。
外側から見ると、右半分が狭く、左半分が広い。つまりネジレている。
ノッチとグルーブのスクライブは別々の人が同時にやっているので、丸太が動いたとは考えにくい。
単なる、スクライブミスでもなさそう。ウーム、丸太のネジレだろうかねええ・・・。

結果がコレです。
IMG_6809.jpg
下の方がだんだんに開いていますね。(実物を見ると、これが気になるのです)
これはグルーブのせいではないと思うのですが、満足いかないようなので、気の済むまでやってもらいました。
これで1時間の残業?講習サービス?です。

犬ログはここまで。
IMG_6808.jpg
2段目前半のファイナルスクライブで時間切れでした。
工程ごとに、一つ一つ説明しながら、メモを取ってもらい、それから実技という方法をとってますので時間がかかりますう。
もう、何十回説明しましたかねえ~。
これで1週間立つと、スゴロクのように、「元に戻る」になってしまうのですから・・・。
ボクの根気強さは見上げたモンです?!

ユニックはリモコン装備なのですが、タイムラグがあったり、急な動きをするので、レバー操作にしました。
使用経験のある方もいるのですが、標準合図を使わないのですねええ。
次回、標準的な合図の方法を講習、統一する予定です。そうしないとかえって危険ですからね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ログスクールの実態 | トラックバック(0) |


亀仙人
さすがあかじいさんの生徒ですね。ノッチの精度が高いv-507
わたしも早くユニックを手に入れた~いデス

亀さん
あかじい
まあ、だいたい、このくらいまでの精度で納まってますね。

気になるかどうかは、人によりけりです。
すごく悔しがる人と、無関心の人がいますよ。
犬小屋組みは、線を切っても、へへへへ・・・です。

ユニックはあればいいですが、ほかの方法も可能ですよ。

コン柱利用のクレーン
さとう
うちも、ユニックなどは無いので、コン柱を利用してクレーンを作りました。
http://www.bb.futaba.ne.jp/~yuuboku/maitta/kisokouji.htm
今のところ、ランマーの移動、生コン運びに使っています。
基礎が出来上がれば、土台用に刻んだ角材、仮組が終わった丸太などを組むときに使う予定です。
ちょうど良いところにコン柱が立っていたので利用できましたが、こんな条件のいい現場は、なかなかありませんよね。

気になるのなら
池田
スクライブラインの内側2~3ミリ残してカットさせてみたら?

それで隙間があいてくるのは・・・どないしようもないけど。

カケヤで叩きこんでやると、ちょうどいい具合になると思いますけどね・・・
杉でしょ? 段数が上がってくると自重も増えてきますし。



さとうさん
あかじい
ホームページはちょっと前に見てますよ。
ただクレーン部分がはっきりわかりませんねええ。
それに、写真も小さいのです。

全国のセルフビルドファンに、詳細をアップしてくださいな。
まあ、ボクが取材に行けば、いいブログネタになりますがね。

池田さん
あかじい
ボクはあまり気にしてませんよ。いずれくっつきますからね。

線の内側2~3ミリですかああ。エッジを立てて、必殺カケヤですね。それも、いい方法ですね。(笑)
(隠し技はいろいろありますね)

基本的には線残しでやってます。エッジは多少。
一応スクールですから、あまり緩くすると、これまたマズイのですよ。


腎ちゃんで~す!
私もクレーン作りました、誰も貸してくれーんですので。
2本継なぎの13M物も揚げろ事出来ました、勿論棟上にも
大活躍結局クレーンは頼まずに済んじゃいました。

腎ちゃん
あかじい
あれは立派ですね。

もっと詳しく公開してくれればいいのにい。
そうしてクレーン?取材にいけないんだからあ。

自作クレーンの紹介
さとう
てきとうに、その辺にあったものをくっつけて作ったもので、「自作」などと言えるものではありませんが・・・
師匠が、わざわざ取材にくるほどのものでもないので、
とりあえず、紹介しておきます。
http://www.bb.futaba.ne.jp/~yuuboku/maitta/kure-n/kure-n.htm
でも・・・とっても役に立っています。
おかげさまで、基礎工事が終わりました。


さとうさん
あかじい
わざわざご紹介ありがとさんです。

なるほど、単管と3連クランプを使ったところがミソですね。

このページは後日紹介させていただきますよ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
さすがあかじいさんの生徒ですね。ノッチの精度が高いv-507
わたしも早くユニックを手に入れた~いデス
2010/05/16(Sun) 20:54 | URL  | 亀仙人 #-[ 編集]
亀さん
まあ、だいたい、このくらいまでの精度で納まってますね。

気になるかどうかは、人によりけりです。
すごく悔しがる人と、無関心の人がいますよ。
犬小屋組みは、線を切っても、へへへへ・・・です。

ユニックはあればいいですが、ほかの方法も可能ですよ。
2010/05/17(Mon) 07:48 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コン柱利用のクレーン
うちも、ユニックなどは無いので、コン柱を利用してクレーンを作りました。
http://www.bb.futaba.ne.jp/~yuuboku/maitta/kisokouji.htm
今のところ、ランマーの移動、生コン運びに使っています。
基礎が出来上がれば、土台用に刻んだ角材、仮組が終わった丸太などを組むときに使う予定です。
ちょうど良いところにコン柱が立っていたので利用できましたが、こんな条件のいい現場は、なかなかありませんよね。
2010/05/17(Mon) 17:07 | URL  | さとう #-[ 編集]
気になるのなら
スクライブラインの内側2~3ミリ残してカットさせてみたら?

それで隙間があいてくるのは・・・どないしようもないけど。

カケヤで叩きこんでやると、ちょうどいい具合になると思いますけどね・・・
杉でしょ? 段数が上がってくると自重も増えてきますし。

2010/05/17(Mon) 18:35 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
さとうさん
ホームページはちょっと前に見てますよ。
ただクレーン部分がはっきりわかりませんねええ。
それに、写真も小さいのです。

全国のセルフビルドファンに、詳細をアップしてくださいな。
まあ、ボクが取材に行けば、いいブログネタになりますがね。
2010/05/17(Mon) 18:52 | URL  | あかじい #-[ 編集]
池田さん
ボクはあまり気にしてませんよ。いずれくっつきますからね。

線の内側2~3ミリですかああ。エッジを立てて、必殺カケヤですね。それも、いい方法ですね。(笑)
(隠し技はいろいろありますね)

基本的には線残しでやってます。エッジは多少。
一応スクールですから、あまり緩くすると、これまたマズイのですよ。
2010/05/17(Mon) 19:01 | URL  | あかじい #-[ 編集]
私もクレーン作りました、誰も貸してくれーんですので。
2本継なぎの13M物も揚げろ事出来ました、勿論棟上にも
大活躍結局クレーンは頼まずに済んじゃいました。
2010/05/18(Tue) 06:59 | URL  | 腎ちゃんで~す! #-[ 編集]
腎ちゃん
あれは立派ですね。

もっと詳しく公開してくれればいいのにい。
そうしてクレーン?取材にいけないんだからあ。
2010/05/18(Tue) 08:02 | URL  | あかじい #-[ 編集]
自作クレーンの紹介
てきとうに、その辺にあったものをくっつけて作ったもので、「自作」などと言えるものではありませんが・・・
師匠が、わざわざ取材にくるほどのものでもないので、
とりあえず、紹介しておきます。
http://www.bb.futaba.ne.jp/~yuuboku/maitta/kure-n/kure-n.htm
でも・・・とっても役に立っています。
おかげさまで、基礎工事が終わりました。
2010/05/19(Wed) 16:00 | URL  | さとう #-[ 編集]
さとうさん
わざわざご紹介ありがとさんです。

なるほど、単管と3連クランプを使ったところがミソですね。

このページは後日紹介させていただきますよ。
2010/05/20(Thu) 08:39 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック