天気はいいけど、寒~い!ので、宿題をやってました。

宿題って?これです。「なぜスクライブミスは発生するのか?」
ログスクールでスクライブのミスが多いのですよお。ミス・スクライブじゃないですよ。(先手を打っておかねば?!)

スクライバーが「スーー」っと動かせないのは論外ですが(まだ、そうならない人もいるのですが)、上下からきた線が一致しない。左右からきた線が合わないことが、頻発しているのです。

最近は、ダブルチェックさせているのですが、合わないと合意で決めたりしちゃっているのですね。
こりゃ談合しちゃいけないのですよ。

そこで、つぶさに観察したり、インタビューしたり、同じもので試したり、したわけです。
その結果を大々的に?大ぴらに公表しちゃうのですね。

研究対象のスクライバーです。
IMG_6452.jpg
国内メーカー製ですが、しばらく前から中国で生産しているようです。
廉価なので、ボクも長年愛用しています。

ただ、精度と造りが良くないのです。したがって、その特徴を理解して、使いこなす必要があるのですね。
(道具は基本的に同じ考えて方で使うもんでしょうが、初心者にはこれが難しいんですね)

まず、針よりも鉛筆を長く出します。
IMG_6453.jpg
一杯に閉じた状態で、10~20ミリの間で、最適位置を見つければいいでしょう。15ミリくらいが標準ですかね。
これは、鉛筆の角度が変えられないので、こうすると上向きになるわけです。
丸太の下側での鉛筆腹当たりや、2ミリも太い線を引くことがなくなります。

鉛筆を長~く削ります。
IMG_6455.jpg
全体で30ミリくらいがいいでしょう。みなさんのは、ホントに短いです。ひどいのは1センチくらいだったりします。
スクライブ前には必ず削りましょうね。

なぜかというと、芯の先が当たらないで、横腹が当たってしまうからです。
上記の角度と同じことですから、二重に対応しましょう、ということです。

ついでですが、先端の上側が減ってますよね。一度描くとこのようになってしまいます。
こんなとき、次回は鉛筆の上下をひっくり返して使っていますよ。

レベルのガタをなくします。
IMG_6457.jpg
ワッシャーを、本体とレベルの固定箇所に1~2枚追加します。これで、カクン・カックンせずスムーズに動くようになります。

レベルの使い方ですが、いちいち固定ネジを締めるのは止めましょう。
まず、レベルを動かしてみて、重すぎず、軽すぎず、の位置に調整します。プラムボードで校正したら、そのまま使います。
シッカリ固定しようとしてネジを締めると、レベルが狂ってしまう可能性があります。(まあ、こんな造りなのですよ)

開き微調整のネジは硬く締めておきます。
IMG_6458.jpg
斜めになっているスプリングが入っている棒の先端のネジです。
これが緩いと、カクンカックンとガタがでます。(こんな精度なのです)そもそも微調整など必要ないですね。

反対側にある、大元のネジを、上記と同じように、硬すぎず、緩すぎず、どちらかというとチョッと固めに調整・固定しておきます。
この状態で幅を合わせたら、そのまま使いましょう。

鉛筆と針の固定ネジはしっかり締めておきましょう。
IMG_6454.jpg
これが緩んでいる人が多いのですね。途中で鉛筆が引っ込んだ!なんてやってます。
ただ、締めるぎるとネジがバカになっちゃうので要注意。(困った造りです)

それから、針の先端が太すぎます。この写真くらいにヤスリで削って、紙やすりで滑らかにします。
買ってきたばかりは、バリがついているのもありました。(またまた、まったくです)
複数でスクライブ幅を決める作業などでは、誤差が大きくなってしまうのですよ。

使い方ですが、線を引くときに、針のネジが丸太に当たってしまうという現象も頻発してます。同時に線がガタガタしてます。
これは、角度がゆるいのですね。正対しすぎるのです。
「45度、45度」って言っているのを守ってねーー!思い切って60度くらいにすると、グルーブなんか
すごーく引きやすいですよ。

もう一つ、付属の鉛筆は、初心者には柔らかすぎます。
押し当て方が強いのと、霧を吹きすぎたりするので、すぐに減ってしまうのです。
生徒さんには、こんど支給しますから、硬いのをブッ差して使ってくださいな。

基本的なことは、まだまだあります。手袋はしない。レベルには触れない。レベルが触れるところには置かない・・・・などなど。
さてさて長くなりました。うちの生徒さんがコレを読んでいればいいんですが、ほとんど見てませんね。
だから、次回のスクールでは、コレで1時間ほどつぶすことになります。エへへへへへ・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

道具について考えた | トラックバック(0) |


スバナ
あたしも弟子を毎日怒りまくりです






腎ちゃんさんで~す!
エへへへへへ・・・!
私も同じシンワ製使ってます、当然改造してます鉛筆も角度付いてます、鉛筆よりボールペンがGOOです芯が減らないので長さは一定です。
しんわせいて何だっけ何だっけ♪上手いスクライブが出来る事♪って歌ないですよね、さんませ~んでした。


イラストを描くことができれば
池田
解説書を書くべきやね。
そこまで親切にせなあかんのかと言われるかもしれませんが。
メモを取らない人も多い訳でしょ。

ちなみに、うちの師匠はその昔、ちゃんと解説書を書いて参加者に配布してましたよ。


みなさん
あかじい
>スバナさん

病み上がりなんだから、大人しくしてなきゃね。
もう、回復したんですかね。

>腎ちゃん

そうそう、あの、上向き冶具。探してもみつからないんだよねええ。最近はプラスチックで角度調整ができないのよ。
手に入ったら、送ってくれない?

>池田さん

そんなに丁寧にしても、そもそも、書類なんて見ないんだからあ。
最初に数枚渡してあるのよおお。

まあ、プロコースでもないから、ほどほどでいいんですがね。実地体験がメインでしょうかねええ。

正直なところ、なかなかオモシロイ体験をさせてもらってます。これもノウハウの蓄積になりますね。



唐 宇 了
v-8一番目立つところは グループよりも断然にノッチ部分ですよね

うちでは 「小指を立てろ オカマちゃんのように...」と指導しています

スカーフの部分のスクライブの時 スクライバーの元の方をホールドしている手の小指を立てて この小指で下のスカーフ面をなでながらスクライブするとスクライバーが安定します
と いつも言ってるのに 今日も ノッチに隙間を造ってるやつがおりましたですだす 凸(*▼▼)オーマイガッ

唐宇了ドノ
あかじい
ボクも小指が立ってしまいます。別にお釜でもないのですが。

さすがログ唐宇了と言われるだけあります。
コツを伝授してくださって、有難いです。
さっそく、指導してみましょう。感謝です。


スバナ
それなら、家の弟子どもは、<超>優等生じゃございませんか!!




亀仙人
うちのスクールでもこれ使ってる生徒います。色々勉強になりますです。ワッシャーかますならスプリングワッシャーがいいかも・・・適度に動いてネジが緩みませんです。

スバナさん
あかじい
たぶん、ここにきたら、超超優等生でしょうね。
スバナさんのしつけがいいから。

亀仙人さん
あかじい
スプリングワッシャーはボクも試したんですが、段差になっているので、引っ掛かるんですよね。

なにせ、曲面のパイプに平面が接しているもんでね。
両方入れるってことも考えられますが、スペースが狭いです。

そういえば
池田
少し前に海外のwebを見てると、ピストルのグリップのような構造になってるスクライバーがあるのを知りました。

もちろんリバースもできるようになってます。
価格的には日本円で5万くらい。
国内でこれを使ってる人は、少なくとも知りません。




唐 宇 了
ちょっと前 スクールで生徒に支給するスクライバーが無くてアルミ板で切り出しで作っていました
いろんなデザインで造りましたですが
表場bbは 上々でしたよ
造るのに2日もかかってたら 買った方が安かったですけど


小指を立てるやり方
最近のスクール生には まったく効き目がありまシェン
いまだ わたしの満足いくフィット感は感じられましぇン
もう スクールは やっぱ止めるかなァ

みなさん
-
>池田さん

ピストル型ねえ。自作しているのをネットで見たことあります。
角度によっては使いにくそうな感じがしました。
でも、高いですねえ。

>唐宇了どの

アルミの加工は簡単でいいですよね。
パーツさえ揃えば、比較的簡単ですね。そのパーツ集め、加工が大変なんですね。

木製のを考えたことがありましたが、パーツが揃わないので中断していますです。

小指もダメですかああ?試してみようと思っていたのに。
スクールを新たに旗揚げしたばっかりなのに、どうしちゃったんですかあ?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あたしも弟子を毎日怒りまくりです



2010/03/31(Wed) 18:27 | URL  | スバナ #-[ 編集]
エへへへへへ・・・!
私も同じシンワ製使ってます、当然改造してます鉛筆も角度付いてます、鉛筆よりボールペンがGOOです芯が減らないので長さは一定です。
しんわせいて何だっけ何だっけ♪上手いスクライブが出来る事♪って歌ないですよね、さんませ~んでした。
2010/03/31(Wed) 19:31 | URL  | 腎ちゃんさんで~す! #-[ 編集]
イラストを描くことができれば
解説書を書くべきやね。
そこまで親切にせなあかんのかと言われるかもしれませんが。
メモを取らない人も多い訳でしょ。

ちなみに、うちの師匠はその昔、ちゃんと解説書を書いて参加者に配布してましたよ。
2010/03/31(Wed) 19:33 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
みなさん
>スバナさん

病み上がりなんだから、大人しくしてなきゃね。
もう、回復したんですかね。

>腎ちゃん

そうそう、あの、上向き冶具。探してもみつからないんだよねええ。最近はプラスチックで角度調整ができないのよ。
手に入ったら、送ってくれない?

>池田さん

そんなに丁寧にしても、そもそも、書類なんて見ないんだからあ。
最初に数枚渡してあるのよおお。

まあ、プロコースでもないから、ほどほどでいいんですがね。実地体験がメインでしょうかねええ。

正直なところ、なかなかオモシロイ体験をさせてもらってます。これもノウハウの蓄積になりますね。
2010/03/31(Wed) 21:02 | URL  | あかじい #-[ 編集]
v-8一番目立つところは グループよりも断然にノッチ部分ですよね

うちでは 「小指を立てろ オカマちゃんのように...」と指導しています

スカーフの部分のスクライブの時 スクライバーの元の方をホールドしている手の小指を立てて この小指で下のスカーフ面をなでながらスクライブするとスクライバーが安定します
と いつも言ってるのに 今日も ノッチに隙間を造ってるやつがおりましたですだす 凸(*▼▼)オーマイガッ
2010/03/31(Wed) 21:24 | URL  | 唐 宇 了 #-[ 編集]
唐宇了ドノ
ボクも小指が立ってしまいます。別にお釜でもないのですが。

さすがログ唐宇了と言われるだけあります。
コツを伝授してくださって、有難いです。
さっそく、指導してみましょう。感謝です。
2010/03/31(Wed) 22:26 | URL  | あかじい #-[ 編集]
それなら、家の弟子どもは、<超>優等生じゃございませんか!!

2010/04/01(Thu) 06:16 | URL  | スバナ #-[ 編集]
うちのスクールでもこれ使ってる生徒います。色々勉強になりますです。ワッシャーかますならスプリングワッシャーがいいかも・・・適度に動いてネジが緩みませんです。
2010/04/01(Thu) 06:30 | URL  | 亀仙人 #-[ 編集]
スバナさん
たぶん、ここにきたら、超超優等生でしょうね。
スバナさんのしつけがいいから。
2010/04/01(Thu) 08:05 | URL  | あかじい #-[ 編集]
亀仙人さん
スプリングワッシャーはボクも試したんですが、段差になっているので、引っ掛かるんですよね。

なにせ、曲面のパイプに平面が接しているもんでね。
両方入れるってことも考えられますが、スペースが狭いです。
2010/04/01(Thu) 08:09 | URL  | あかじい #-[ 編集]
そういえば
少し前に海外のwebを見てると、ピストルのグリップのような構造になってるスクライバーがあるのを知りました。

もちろんリバースもできるようになってます。
価格的には日本円で5万くらい。
国内でこれを使ってる人は、少なくとも知りません。

2010/04/01(Thu) 11:58 | URL  | 池田 #xw27v.Lk[ 編集]
ちょっと前 スクールで生徒に支給するスクライバーが無くてアルミ板で切り出しで作っていました
いろんなデザインで造りましたですが
表場bbは 上々でしたよ
造るのに2日もかかってたら 買った方が安かったですけど


小指を立てるやり方
最近のスクール生には まったく効き目がありまシェン
いまだ わたしの満足いくフィット感は感じられましぇン
もう スクールは やっぱ止めるかなァ
2010/04/01(Thu) 22:11 | URL  | 唐 宇 了 #-[ 編集]
みなさん
>池田さん

ピストル型ねえ。自作しているのをネットで見たことあります。
角度によっては使いにくそうな感じがしました。
でも、高いですねえ。

>唐宇了どの

アルミの加工は簡単でいいですよね。
パーツさえ揃えば、比較的簡単ですね。そのパーツ集め、加工が大変なんですね。

木製のを考えたことがありましたが、パーツが揃わないので中断していますです。

小指もダメですかああ?試してみようと思っていたのに。
スクールを新たに旗揚げしたばっかりなのに、どうしちゃったんですかあ?
2010/04/02(Fri) 08:19 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック