いきなりですが、ボクは先生と呼ぶのも、呼ばれるのも、好きじゃないんです。

昔、サラリーマンだったころ、年上の同僚から「先生、先生」としつこく呼ばれたことがありました。馬鹿にされているようで喧嘩したこともあります。
これがトラウマになっているのかもしれませんね。

それと、学校の「先生、生徒」という上下関係みたいなことにも、なぜか抵抗感があります。
ふつう、知識や技能を伝えるだけなのに、先生って呼びませんよね。
ほかの師匠とかいう言葉には抵抗はないんですが、コソバユイですね。

まあ、スクールなんて仕事もしているので、「先生」と呼ばれても仕方がないんですが、できれば名前や愛称で呼んでほしいですね。(お願い)


まったく話は変わります。
自分でいうのもヘンですが、ボクの印象は刻々と変わっていくようなのです。

一つの例をあげると、昔、カヌーで川下りしていたことがありました。3日とか1週間とかのツーリングです。
前日までにみんなが集合してきます。初対面の人もいます。
まずはキャンプ。明日からのスタートにそなえて、お酒もほどほどにして寝ます。

<初対面の人から後で聞いた印象>
第一印象
仏様かキリスト様か、大変なベテランに見えるようです。オーラを発しているのでしょうか?
こんな人とお友達になりたいと、恐る恐る、丁寧に丁寧に、みつぎ物(お酒)を持って近づいてくるのです。

第二印象
初日のスタートです。初対面の人たちは、ボクの後ろから、従うようについてくるのです。
でも、「アレ?先頭を行かないの?」「まあ、他にリーダーがいるからね」「でも、テクニックがちょっと変わっているなあ~?」「きっと、独自のテクなんだ!」
なんておもいながら、多少疑心暗鬼になってくるんだそうです。

第三印象
2、3日すると、お互い打ち解けてきます。
そうなると、ドンチャン騒ぎです。お酒もジャンジャン呑んじゃいます。記憶が飛びます。何が起きたかわかりません。たぶん何かあったんでしょうね。
で、翌朝、本性を見極められて、軽蔑されるというか、ドン底に落ちるわけです。

ボクにとってみれば、上流部は瀬も荒いですから緊張もします。こんなときは、上手い人についていくのが一番です。
それを過ぎれば、もう安心。後は持久力だけ。川だから道を間違うこともありません。緩んじゃうのですね。
朝から晩まで呑んじゃいます。ここからが最高の遊びですから?

まあ、これで普通の人間に戻れたということです。
平等につきあえるのが一番ですね。
こんなくだらない話に付き合ってくれて、「シェンシェィ!」?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ログスクールの実態 | トラックバック(0) |


スバナ
ん~・・・

あたしも弟子の頃に師匠から先生呼ばわりされ

最高に嫌でした、だから、早く覚えて早く逃げてやる

そう思い鍛錬してました、結果、二年半で追い出されました

ラッキ~~!・・最高に幸せでした。昔の思い出です。

スバナさん
あかじい
はははは、ナルホド。
そりゃあ、嫌味ですねえ。

今、ちょっと思い出しました。
未熟なくせに、小生意気なヤツをわざとそう呼んだりもしますね。
スバナさんは、どうかわかりませんが、ボクはそうだったのかも?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ん~・・・

あたしも弟子の頃に師匠から先生呼ばわりされ

最高に嫌でした、だから、早く覚えて早く逃げてやる

そう思い鍛錬してました、結果、二年半で追い出されました

ラッキ~~!・・最高に幸せでした。昔の思い出です。
2009/11/25(Wed) 22:42 | URL  | スバナ #GMs.CvUw[ 編集]
スバナさん
はははは、ナルホド。
そりゃあ、嫌味ですねえ。

今、ちょっと思い出しました。
未熟なくせに、小生意気なヤツをわざとそう呼んだりもしますね。
スバナさんは、どうかわかりませんが、ボクはそうだったのかも?
2009/11/26(Thu) 08:13 | URL  | あかじい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック