上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手の山小舎に戻ってきてます。
先週は寒かったです。朝晩は氷点下で日中も数度でした。雪がちらつき数日間は一面真っ白でしたよ。
今週は数度上ったので、ちょと暖かいです。

いろいろあって、アップするのを忘れてました。前回の記事のつづきです。

ペットボトルに水と灯油を入れてみました。下が水、上が灯油。
キレイに透明ですねぇ。
DSCN4594.jpg

軽く振ってみました。白く濁りました。
DSCN4595.jpg

が、すぐに(1分位)で分離しますが、両方ともちょと濁ってます。
DSCN4596.jpg

ここに水抜剤(軽油用)を入れてみます。最上段の目盛分。
なぜか灯油が透明になりました。
DSCN4598.jpg

ふたたび振ってみると、白く濁ります。
DSCN4599.jpg

20分後たっても、どちらも少し白く濁っています。すぐには分離しませんでした。
DSCN4604.jpg

一晩(16時間後)おいた後です。
灯油は透明に、水は少し濁っていました。
DSCN4606.jpg

コレを逆さまにして、数時間置いて、下の水だけを出して、ライターの炎を近づけてみました。
が、何度やっても燃えませんでしたね。
※水抜剤のアルコールが水に溶ける(混ざる)ようなので、執念深くやれば燃えるのかもしれませんがね。
実際は霧状に噴霧されるしね。それより水が多すぎ!?
DSCN4617.jpg

灯油も、最初は燃えにくかったのですが、何度かやるうちに発火しました。
DSCN4623.jpg

ということで、これはいったい何を意味するんでしょうかねええ。
水抜剤を入れたら水が燃えるのかと思ってたんですがぁ・・・・。期待ハズレ。
というか、実験って、条件を変えていろいろやらないとダメなんでしょうね。って、そんな暇は無いし。いや、あるけど・・・。

※車の場合は、一緒に燃えてしまうようですね(能書きにはそう書いてある)。仮に水が下に沈んでいても、走るとゆすられ混ざった状態になるし、エンジン不調にもならないですから。

ということで、常に動かない、安定した状態の灯油タンクに入れても意味が無いってこと?
最下部から給油(吐出)していないなら(ちょと上から吐出しているなら)、下部に溜まっているだけなんだから、ときどき水抜きすればいいんじゃない!?
上から覗けば、水たまりが見えるしね。(これは現在のタンクのタイプ)

最下部に吐出口があるなら、透明カップのストレーナーを取り付けてチェックしたらいいのでしょうね。
この方が、どのくらい水が溜まるもんかも一目でわかるしね。(これはスペアにもらってきたタンクのタイプ)


※今回は軽油用の水抜剤だったのですが、灯油用というのもあるようです。これなら違う結果になるのかしらねぇ?とは思えないけど・・・。

※You Tubeでガソリンと水抜剤の実験が載ってたのですが、このときは、ガソリン、水が半々で、同量(多すぎ?)の水抜剤を入れてました。混ぜると同様に下方に水が溜まるのですが、この水は燃えてましたね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
先週はこんな雪でした。今週は消えてしまってますが。
DSCN4646.jpg

スポンサーサイト

雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(0) |


水の量が多すぎますですよ
水抜き剤とは 界面活性剤で水を微粒子にしてガソリンと一緒に燃焼室を通過させて排出するだけで 水自体が燃えるわけではありませんですよ

唐さん
赤G
なるほど、そういうことですか。勉強になります。
そういう説明は見当たりませんでしたね。いいかげな情報が多いですねええ。正確な表現の問題でもありますね。
ありがとさんです。

コメントを閉じる▲
関東地方は暖かいですねえ。
ときどき寒波がおりてきて、冷たい風が吹きまくるときもありますがね。

これも先日から言われていたのですが、給湯器が点火したり消えたりを繰り返しているというので、業者を呼ぶ前に点検してみました。
給湯器側のストレーナーは特に問題なさそうです。

で、灯油タンクの水分を疑ってみました。
しばらく水抜きしてないと言うので・・・。30年前から?
DSCN4556.jpg

タンクの灯油残量が少なくなるまで待ってから、下部のドレンコックから抜いてみました。
ですが、水が混ざっているかはわかりませんでしたねええ。ちゃんと灯油の臭いもするし。抜いた量が多すぎて混ざってしまったのかも?
念のため3リッターほど抜きました。
※作業していて気づいたのですが、ドレンコックの漏れを発見してしまいました。シール不良だったらいけど?
DSCN4559.jpg

こんなサビが出てきましたよ。ありゃあぁーサビてるぅ!
DSCN4563.jpg

ドレンコックの穴から指を差し込んでみると、内部にサビが浮いてました。
ので、チエンを入れてガラガラとサビ取りです。
※サンポールでのサビ取りも考えたのですが、時間に制限があるので無理。
DSCN4561.jpg

するとこんなにサビが。
DSCN4562.jpg

サビが詰まってドレンコック穴から出てこないので、ホースで水洗いしてしまいましたよ。
おお、あんがいキレイになったわ。
DSCN4566.jpg

日向で、ブロワーで送風して乾かしてます。
DSCN4570.jpg

で、覗いてみたら、まだサビがぁ・・・・ある感じ。
それより穴が開いてます。こりゃヤバイ。(下方のサビとの境界付近)
DSCN4569.jpg

しかたがないので、急いでホームセンターで金属パテを買ってきました。
DSCN4571.jpg

周辺の塗料を落として、パテを練って貼り付けます。速乾性なので忙しい。
1時間ほどでカッチコッチになります。
※これは二重構造の棒状になっていて、内外にエポキシと硬化剤があり、これを必要分輪切りして練り混ぜて使うものです。
DSCN4574.jpg

ドレンコックにシール巻いてネジ込み、取り出しておいた灯油を入れてみます。今度は漏れませんね。OKです。
給湯器のストレーナにあるネジでエア抜きをして、電源を入れてみると、なんと!正常になったみたい。メデタシ目出度し。

ということは、やはり水分が原因なのかしら?タンクの吐出口は底より5センチくらい上にあるのですよ。そこまで水が溜まっていたということかしら?
たしかに、その下あたりまでサビてたけどねぇ・・・。

ということは、水を抜きたりなかったのかしら?水混じりの灯油を戻してしまったのかしら?
ちょと不安なので、水抜き剤をいれてみました。
が、入れてみてから気になったのですが、これって効果あるのかしら?自動車は走ると揺れるから混ざるかもしれないけど・・・。
※そこで簡単な実験をしてみました。これについては、長くなるから後日。
           
それと、も一つ不安なのは、穴開きです。サビを取ったら開いてしまったので、薄くなっているのでしょうね。コリャ寿命かしらねぇ。
新品は1万円くらいなんだけど、もったいない。

知り合いに、そんな話をしていたら数日後、なんと!中古品が届きました。
DSCN4627.jpg

う~む、またコレの点検と手入れをしなきゃあ~ねぇ。次々に仕事が増えて楽しいわ。ケッ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!]]]]]

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


Dra&長靴
前回の書き込みでいつの間にかスバナさんになってしまったDra&長靴です(笑)

我が家の灯油温水器は電源が入っていなくて「動かない」と大騒ぎをしたことがありますよ。

Draさん
赤G
あれま、そりゃ失礼しましたぁ。
どうも、神さんはメカに弱いので、なんやかんやとヤカマシイのですねぇ。

コメントを閉じる▲
11月中旬から茨城の自宅に戻ってます。
基本的には車検と冬用タイヤへの交換でした。が、もろもろの用事が待っていましたよ。

その一つが、以前から給湯器にゴミが詰まるというので、砂取り器をつけることになりました。
今回は、その一部始終を記事にしてみました。
新規じゃなくて、既存の配管を加工するというのは面倒ですねええ。
いろいろ失敗して勉強になりましたよ。ま、仕事じゃないんで、ノンビリと楽しんでますが。


これは給湯器の減圧弁についているストレーナーです。
茶色いゴミや寒天みたいな異物がたまってました。これで1週間です。ちょと多すぎです。
DSCN4456.jpg

ほかの蛇口にサラシを取り付けて1日出しっぱなしにしていたものです。
やはり茶色いゴミや黒い砂粒が溜まってました。
DSCN4435.jpg

井戸ポンプです。水中ポンプ方式です。
砂取り器などいろいろなフィルターを検討しましたが、数千円から数万円のものまでありましたね。
一般の浅井戸用ポンプじゃないのでポンプの前(井戸側)に取り付ける安価なものは使えません。悩みどころです。
DSCN4425.jpg

井戸の配管を確認してみました。
30年くらい前に施工ですから、もしかして鉄管配管で、錆びていたら総取り替えかな?と不安だったのですよ。
さいわい塩ビ管でした。ちょと安心。
DSCN4486.jpg

砂取り器です。アイチポンプ興業の口径25のものにしました。
これならポンプの後ろ側(吐出側)に取り付けられます。しかも安い。送料込で1万1千円くらい。
フィルターは硬いウレタンスポンジって感じ。金属の100メッシュ相当だそうです。替えフィルターは2000円くらい。
DSCN4498.jpg

配管部品です。これもいろいろ悩みましたねぇ。
左から順に、ポンプのタンク出口は口径25(内径25ミリ)なので、金属のバルソケ(バルブソケット)を使いました。塩ビなら安いのですが安心感を買いました。
金属バルブも25です。メンテナンス時に水を止めるためです。ポンプの電源をいちいち抜くのは面倒ですから。
次が砂取り器でこれも25です。この出口から異型ソケットで20に変換します。元々の配管が20なのです。
ここで迷ったのですが、ネジでつなぐユニオンという接続器を使いました。なにかあったときに外せますからね。ただ、漏れないか不安だったのですがね。
塩ビ管はふつうに接着(溶着)してしまうと、外せないので切断するしかありません。しかもその部品は使えなくなってしまいます。
この先はエルボや異型チーズ(屋外栓は16だった)で配管しました。

ところでソケット間は6センチ空けることにしました。これは、万が一間違って接続してしまっても中間で切断すればソケットなどは再利用できるからです。半分の30ミリあれば呑み込み分になります。
※結果的には片側4センチ、合計8センチあったほうがいいですね。
DSCN4513.jpg

配管完成状態です。まだ接着してません。仮接続で寸法を測ってます。
これが失敗だったのですがね。。それは後ほど。
DSCN4510.jpg

パイプのカットは金切りノコを使いました。多少直角でなくても支障ありません。
金属用や塩ビ用のパイプカッターは数千円と高価ですからね。これで十分です。どうせ面取りが必要なんですから。
DSCN4506.jpg

つい色気を出して面取り器を買ってしまいました。1300円くらい。これも失敗しました。
内外共に削れるのですがギザギザ状態です。どうやってみても滑らかに削れません。
まあ面取りさえできていれば実用なのかもしれませんがね。
DSCN4507.jpg

100番の紙やすりがグーでした。
DSCN4508.jpg

内側専用の道具も売っていましたが、これもカッターで十分ですね、というか紙やすりでOKです。
重要なのは内側より外側のバリ取りです。滑らかにしとかないと接着剤が均一にならず、接着不良の原因になってしまいます。
ちなみに接着剤は両方に塗り、真っ直ぐ差し込みますね。
DSCN4509.jpg

ポンプ小屋のブロックの穴あけ切断は、手持ちのコンクリートドリルを使いました。
連続して穴を開け、金槌ではつりました。軽量ブロックなので柔らかいです。
ディスクグラインダーのダイヤモンド刃を買おうかと思ったのですが、1000~5000円もするので止めときましたよ。
DSCN4489.jpg

既存配管の切断です。これは緊張しましたねぇ。
場所に間違いがないか?手順は大丈夫か?大量に水が出てくるのではないか?バルソケは外れるのか?ホント不安でしたよ。ま、大したこともなく切断できましたが。
DSCN4518.jpg

心配だったバルソケもプライヤーレンチで無事に回りました。
DSCN4520.jpg

パイプを切ってビックリ。内側がこんなに汚れていました。
DSCN4521.jpg

それにタンクの内側には、寒天状のものも。コリャ飲む気になれませんねええ。って飲んでいたけど・・・。(ちなみに飲料用は浄水器を通してます。)
これらが砂取り器で濾せるのかしら?新たな不安材料です。
DSCN4527.jpg

新規の配管です。これも緊張しますねえ。一度溶着したらはずせませんからねl
手順を考えて考えて考えて・・・、シミュレーションして、事前に接着してたりしたんですが、最後の方はけっこうやりにくい状態になってしまいました。ま、こんなもんかぁ~。
ですが、あれま!寸法が違う。段差が出来て、5センチほど足りない!

事前接続時に気づいてたんですが、そこまで気が回らなかったのですよ。
この原因は、接着剤を塗ると表面が融けるんです。メス側はテーパー状に徐々に狭くなってますので、押し込むと柔らかくなった分だけ余計に入ってしまうのです。
何も塗らないと20ミリくらいしか入らないのですが、それが25ミリくらい入ってしまうのです。それが8か所もありましたからね。最後の長さ調整部分は、最後にカットスべきだったのです。
DSCN4528.jpg

ですが、ここで例のユニオンが効いてくるのですよ。数センチくらいならこれで吸収してくれます。
DSCN4533.jpg


一時間(接着強度が90%以上になります)ほど置いてから通水です。ここも緊張しますねぇ。
ポンプの電源を入れました。水漏れはしませんでした。一安心です。
さらにこの状態で1日様子をみましたが大丈夫でした。

穴を埋め戻した後、凍結予防に断熱材を巻きます。黄色いテープは仮止めです。
ソケットなどの外形は太いので段差だらけです。20用25用30用を使い、足りない部分は短冊状に切って補っています。
DSCN4538.jpg

保護テープを巻いて完成です。
念のため、3分割しておきました。何かの時に全部バラさなくてもすみますからね。
DSCN4540.jpg

小屋掛けするために、手持ちのブロックを並べてみました。
砂取り器の横にある柱は、配管のたわみをなくすための支えです。
DSCN4552.jpg

砂取り器のメンテナンス(下部のネジを緩めてゴミを出す)ためにボールを置いてシュミレーションしてみました。
フィルター交換は上部のネジを外す必要があります。
なので、どういう風に小屋掛けするか、これからまた一悩みします。
DSCN4554.jpg

ということで、とりあえず完成です。
構想、検討から8日間。実働3日間くらい。
配管部品は8000円くらいなので、材料費は約2万円です。
工賃は、業者に頼んだら、2人工くらいでしょうかねぇ。でも5~6万円はとるでしょうね。
ボクはタダなのに、たいしたねぎらいの言葉もないのですよ。

同じタダでも、笑顔やお礼を言われたりする災害ボランティアの方がよっぽどやりがいがありますねぇ。(笑)

※うろ覚えのことはネットで調べましたが、ネットって、ほんとに知識がない人が信用できる情報は1割り程度ですねえ。
理由が書いてないのが多いですね。コレについては後日にでも。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!]]]]]

<オマケ>
いろいろ用事が盛りだくさんで、ブログ更新も滞ってしまいました。そのいろいろとは。

●車の車検は、余計な部品交換もあり、1周間も掛かってしまいました。

●大量の荷物の出し入れがけっこう面倒なのです。みつからなかった物が出てきたりします。整理せねば、といつも思います。

●冬用タイヤ交換は、いつもローテーションで迷いますねえ。わかるように書いておかねば、といつもおもいます。

●ふたたび咳がひどくなったので医者にいきました。いきなりレントゲンとCT検査。さいわい肺がんではなさそうです。肺気腫などのCOPDも軽症です。50年mpタバコを吸っているのに。
5種類の薬を1週間飲んだら咳はとまりました。が、痰の切れが悪く、さらに10日間延長です。それでダメなら咽頭検査のようです。咽頭がん?

●屋敷の周囲にある垣根の手入れです。こまめにやってりゃいいのにねぇ。
その他に着きの悪い蛍光灯のグローの交換など。なんで放っておくかねぇ。、

●近所の知り合い宅の樫の木の伐採。崖にある元経50センチ。
7メータ上部の枝を片側半分だけ落とし、重心を反対側にかけて伐り倒しました。そして1mで玉切り。

●毎年副業的にやっているビニールハウスの助っ人。
とりあえず数件の張替え作業。でもいつもの相棒がいないので一人じゃ大変だわ。

●給湯器の動作不良点検。頻繁に点火せず。業者を呼べばいいのにぃ。
いろいろみた結果、灯油タンクの水分が原因のよう。ぜんぜん水抜きしてないらしい。
水抜き、油漏れ、サビ取り、穴塞ぎ。これについては別途ブログ記事にしますよ。

まあ、いろいろあるねええ。そろそろ岩手の山小舎に逃げ帰りたい。

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


Dra&長靴
ボランティアご苦労様です。
それよりも、御自宅の雪対策は大丈夫でしょうかね。
今年は例年に無く雪がたくさん降るようなことを言っていました。
心配です。


スバナさん
赤G
まあ、例年と一緒ですから、シート屋根は潰れるかも?(笑)
スノーダンプだけは作りましたが。

さすがです。
亀仙人
何でもこなしますねぇ。
井戸の砂は地震とか影響してるんですかね?

亀さん
赤G
お金が無いからできるだけやるしかないの。でもセルフは楽しいね。
砂というよりヘンなゴミです。なんだろうねコレ?
うーん、地震かどうか・・・?

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。