先週末に山小舎に戻って来たのだけれど、途中で雪にみまわれた。嫌な予感。
週初めには2年ぶりの大雪になってしまいました。いやあ、油断したなぁ。

夜中に時おり、「パーン、パンパン!」花火かな?と思うような音。これは木の折れる音でした。
DSC01820.jpg

夜中に湿った雪がどっと降ったようで、30~60センチくらい積もってました。
DSC01752.jpg

そこらじゅうの枝は折れているわ、小屋は潰れそうだわ。
DSC01773.jpg

通路は通れないわ。
DSC01781.jpg

電線は枝が折り重なって切れそうな感じだわ。
DSC01786.jpg

車にも折れた木が覆いかぶさってるわ。
DSC01799.jpg

3日間は晴れたけど、気温が低いのでまったく融けないのです。除雪の最後はツルハシで。
DSC01876.jpg

ベタベタの重い雪なのに、除雪車が氷の壁までつくりやがって!やっと開通。
DSC01877.jpg

この週末も荒れ模様らしいので、車を移動して、雪を下ろしてたらワイパーが折れてしまった!
DSC01883.jpg

油断してたのは、予報があったのに食料の買い出しに行かなかったこと。
3日間ビスケットとカップラーメンの非常食を食べてたら、友達が生鮮食料を届けてくれた。感謝!
非常食はマズイし飽きるわ。災害避難者の心情がしみじみと感じられます。

それと、車を出口付近に置かなかったこと。
そのせいで150メーターも除雪しなきゃならなかった。例年の教訓が生かされてないねぇ。
ああ、スコップだけじゃ腰が痛い。腕が痛い。せめてスノーダンプが欲しいなぁ。しかし出費は痛いし。

車は、片方のワイパーが折れただけかと思っていたら、もう一方も動かない。なんかカラカラ音がする。
町のクルマ屋さんに持って行ったら、内部の連結棒も壊れているとか。なんと部品代が5千円弱なのに、工賃が2万5千円もかかるという。
この手の車はダッシュボードをぜんぶ分解しなきゃならないらしい。それにしても高すぎじゃああ!これは痛烈な出費。

ああ、雪からは脱出できたけど、貧乏からは脱出できないなぁ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!


自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
神様は試練に耐えられる人に試練を与えます。
くじけないで試練を乗り越えましょう。



Draさん
あかじい
気分はかなり落ち込んでますよ。
まあ、半分天災、半分人災ですからねええ。


スバナ
お天と様には適いません、こちらも、上棟が迫っているのに

寒さと雪で作業が進みませんです、(汗・汗!”

スバナさん
あかじい
そちらも雪のようですね。お気をつけて、って言ってもしょうがないか。お天道様には。


芋久保
ワイパーが逝かれましたか。こちら一昨年の大雪で軽トラのラジオアンテナを折りました。積雪時はワイパーとアンテナは要注意です。
150mも人力でご苦労さまです。これが山暮らしの醍醐味?デスよね。

芋ちゃん
あかじい
2年前と同じことやっちまいましたよ。
最初の頃は醍醐味もあったけど、最近は大嫌いだぁ。

大変ですねぇ
亀仙人
暖冬だって言ってたのにエライ目に遭ってますね。
こちらは幸い雪もなく寒いだけですからいいですが。
体を痛めないようにボチボチやって下さいな。

亀さん
あかじい
暖冬のときは、得てしてこうなるようでもありますね。
雪があると無いのじゃ雲泥の差ですわ。


油断大敵 です田ですねェ
暖冬の年は 必ずドカ雪が降りますですねェ
こゆ時は あたしは冬ごもり しますですよ

唐さん
あかじい
そうですねええ。ヤバイですよ。まあ、1年おきくらいにありますがね。


コメントを閉じる▲
引き続き洪水災害のあった常総市でボランティアやってます。もう4か月になります。
きょうは1時間ほど雪が降りましたよ。寒い!そろそろ山小舎に戻ろかなぁ~。

ここのところブログがおろそかになってしまいました。こりゃマズイ!忘れられてしまうわ。フェィスブックでは投稿してるのですがね。
そこで今回は、ここ1か月くらの作業の総集編です。(細かいことは後日掲載する予定)

中古の畳入れ。部屋ごとにサイズが違うからパズルみたいです。
DSC01655.jpg

サイズ調整や隙間埋めは必須ですね。
DSC01213.jpg

携帯用の作業台も作ってしまいました。これが好評なのね。
DSC01499.jpg

石膏ボード貼りや化粧板貼りもあります。
DSC01506.jpg

和室を嵩上げして、フローリング仕上げもありますね。
DSC01589.jpg

BSアンテナの取り付けなんかもあります。
DSC01634.jpg

天井モグリです。床下モグリよりいいけど、狭いところは嫌だわ。
DSC01623.jpg

床や壁板剥がしもたまにありますが、最近は修復作業が多いですね。
圧倒的に大工さんなどの職人さん不足で、家に戻れない方もかなりいます。
一般家屋では下地床板戻しくらいしかやりませんが、公民館などは仕上げ作業もやっています。あくまで本業じゃないので諒解の上ですがね。

これらの作業をやっていてつくづく思うのは、それぞれの職人間の作業連携ですね。どこまで、どのレベルでやったらいいのか、経験がないからわからないのです。
次の工程の職人さんに聞く(打ち合わせする)のがいいのですが、すべてはできないし・・・。悩みっぱなしです。

釘打ち機、スライド丸ノコ、ピンタッカー、レーザーレベルなども使ってますが、すべて借り物です。
あれば便利だけど、なくても作業はできるし、代用できるし、普段はほとんど必要ないですから持っていません。
普段から使っていないと、使いこなせなかったりして、かえって悪い結果になることもありそうね。だから勉強してから使うので、まったく効率的Jじゃなかったりして。ね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


スバナ
まったく、頭が下がります!”  無理センとね。

仕事だと、予算によってどこまで・・・・なんて

出来るけど、奉仕作業の中では限界もあるね~

新築は出来るけど、リフォームは出来ない大工が

沢山います、私の知ってるログビルダーもスタッフの問題で

リフォームは無理なんて言う人もいますね。

スバナさん
あかじい
地元なんで、ボチボチと協力してます。
セルフビルド人間は、試行錯誤で何でもやりますけど、経験が少ないので人様のは気を使いますね。



Dra&長靴
臨機応変に立ち回れるあかじいさんならこそ。
誰にも真似はできない。

Draさん
あかじい
いやああ、ボランティアレベルと職人レベルでは違いが大きいですよ。ま、それなりにやってますがね。
それより、暇な老人もけっこう来てますが、もっともっと参加してほしいね。ただ、口うるさいのが玉にキズだけど。(笑)


芋久保
あかじいさんは暇じゃないのにやっているのでしょう。
暇なじいさんはきっと何も出来ないのですよ。
ご苦労様です。誰も真似できませんね。

芋ちゃん
あかじい
いやああ、誰でもできますよ。
どうせ暇つぶししかしてないんですから。(笑)

コメントを閉じる▲