東北も梅雨があけたようです。
ところで、気象情報では、東北は北部3県と南部3県に分かれているんですね。ボクのところは北部の南端県境なのです。
まあ、どっちでも今年は特に、暑い!熱い!が続いているのですがね。

そんなせいか、一つのミツバチ箱の外側に異常にたくさんのハチが群がっていたのです。一時は側面にも。
DSC05789.jpg

暑さのせいなのかなぁ?と思っていたのですが、夜も、雨の涼しいときも、中に入らないのです。
で、もしや満タンなのかしら?と思って継ぎ箱を一段追加してみました。
※事前に内部を見なかったのは、あまりにもたくさん群がっていたので、覗くのが怖かった。(笑)

誰か来たら手伝ってもらおうと思っていたんですが、こんなときに限って何日たっても来ないのですねぇ。(笑)
仕方なく自分一人でやることにしましたよ。以前やった脚立利用で。


ところがここは地面に段差があるので脚立は不安定で立てられません。で、そばの立木にハシゴを掛けました。
DSC05786.jpg

このチェーンブロックを吊り下げました。しかし重い!10キロ以上あります。引っ掛けるのにも一苦労です。
DSC05849.jpg

屋根を補強しようとしたら、小さい足長バチの巣が。
DSC05791.jpg

そおーっと、ロープを掛けましたよ。彼らはおとなしいですね。
DSC05798.jpg

巻き上げると、やっぱり満タンでしたね。そのまま分かれているのがオモシロイ!
DSC05794.jpg

継箱をそぉーっとスライドさせてはめ込みました。ハチさんを潰さないようにね。逆襲が怖いですから。
DSC05795.jpg

同様に、そぉーっと降ろして無事に追加できました。
DSC05797.jpg

固定して完了です。その間に全部中に入りましたよ。
DSC05799.jpg

チェーンブロックは便利ですねええ。上げ下げ中にも自動固定されるし、片手で操作できるので、もう一方て手で押さえることもできるし。ただ、重!
これ1トン用ですからね(拾ったもんですが)。200キロくらいのヤツだったら軽いのでしょうけど。

この群れは、この春に新たに入ったものなのです。それに1ヶ月くらい前に一段追加したばかりなのですよ。それが、もう満タン!もう一段追加したかったのですが、継箱がないのです。

他の箱も一杯かも?調べてみたら、まだ少し余裕があるけど、いずれ必要になりそうだわ。急いで継ぎ箱を作らねば!
ついでに、蜂箱昇降機も作っておこうかと・・・。もっと軽いものを・・・。材料をさがさねば!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
作業が終わっちまったら漁師のお友達がやってきましたよ。(笑)
お土産のホタテと剥きホヤ(大量)です。
DSC05855.jpg

早速、バター炒め、刺し身、蒸しホヤでいただきました。
DSC05860.jpg
たくさん食べるときは蒸しホヤがいいそうです。歯ごたえがでて食べやすい。もちろん旬の採れたてですから、最高にウマイ!

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


スバナ
良いな~・・・・家は蜜が出ませんですよ
環境の変化ですかね~?

スバナさん
あかじい
なんかそちらの方は少なくなったようですね。だんだん北上してくるのかしら?
今年の秋の採蜜が楽しみです。


うちの巣箱も 明日にでも見てみるかなあ

ホヤって ンまいの( 'ω')?
食べたことないんだわ

唐さん
あかじい
定期的にチェックしないとヤバイことになったりしますよおお。
ホヤは、独特な風味なので好みがわかれますねええ。ただ、新鮮なヤツと普通のヤツでは雲泥の違いがありますよ。

ストロークが
亀仙人
1tのチェーンブロックだとストロークがかなり短いでしょう。
僕がシシの解体に使ってる0.5tのヤツでも遅くてイラッと来ますから。

亀さん
あかじい
そうかあ。シシの解体でつかってるんだ。
巻き上げスピードはたしかに遅いですね。高さを調整するまでが特に面倒ですね。
いずれにしても、これは使いにくいので代替を探してます。

コメントを閉じる▲
一時、小雨や曇りになったのですが、ふたたび熱くなってきました。ちょと動くと汗だらけ、タマリマセンね。

ちょと出かけていて一週間ほど前に戻ってきたのですが、ミツバチの巣箱がエライことに。
小型のスズメバチ十数匹くらいと、ミツバチ数十匹がワンワンと群がっていました。ミツバチを捕獲しているヤツもいます。
DSC05816.jpg
普段は、スズメも1~2匹しか来なくて、ミツバチは箱の外に群がってへばりついて、羽根をブルブル震わせて威嚇してるんですけどね。
タイミングがいいというか、悪いというか、たまーに捕まえられるヤツがいるんですが、かなり確率がよくないようで、退散していくのも多いのですね。今回はそういうパターンじゃないのですよ。


キイロスズメバチでしょうか、巣門から潜り込んでいました。
DSC05636.jpg

もう混戦状態で、ミツバチ同士もくんずほぐれつ。キイロ同士も威嚇しあっています。それぞれ群れが違うのでしょうね。
DSC05658.jpg

本家のミツバチが防戦しているのか?それとも放棄してしまったのか?まったくわかりません。
キイロがときどき幼虫をくわえて出ていきます。

キイロを殺虫剤でやっつけてみたのですが、次から次とやってくるのでキリがありません。
DSC05650.jpg

それで発想を変えて、精力剤用に捕獲することにしましたよ。(笑)
DSC05752.jpg


捕獲しようという気持のせいなのか、スズメバチが目につきます。
丸太の穴からキイロが出入りしてます。反対側からはオオスズメバチが、ユンボのキャタピラからも。
狭いところなので、初期の巣なのかもしれませんね。働き蜂が増えたら引っ越しするんだろうなと思っているのですが。
DSC05771.jpg

ここは通路側なので、一度殺虫剤をかけたのですが、奥の方すぎて効き目がありませんでした。
DSC05777.jpg

ここも、獲りにくいので殺虫剤をかけたのですが全滅しませんでした。巣が見えないのですよ。
DSC05803.jpg

オオスズメは3匹ほど捕まえたら、女王バチ(さらにデカイ!羽音もブボボボボ・・・とデカイ!)だけになってしまったようです。(女王しか出入りしなくなった。)
で次の子供が出てくるまで休戦です。
DSC05767.jpg


●参考までに、試行錯誤した結果のボク流の獲り方です。

穴の前に、網を45度に傾けて保持します(水平よりも効率がいい)。こうしておくと、穴に入るヤツは、障害物があるのでスピードを落として上方から降りてきます。この一瞬がチャンスです。
穴から出て行くヤツは、一瞬「ン?」と躊躇した瞬間を狙います。ときどき直接飛び込むのもいますがね。
戻ってくるのはブーンという羽音が聞こえるので構えることができますが、出て行くヤツは突然なので身構えられません。

とにかく一瞬の勝負なので、集中力が大切で、30分くらいがいいとこですかね。最初は80%くらいの確率で捕獲できますが、気が散漫になってくると50%くらいになってしまいます。
頻繁に出入りしてくれると飽きなくていいですね。まあ1分間隔とかね。5分も待たさせると散漫になってしまいます。
(最近は数が減ったようで待たされることが多くなりました。)

こうなるとヤバイです。取り逃がすとキャツラに刺激を与えてしまうわけで、ときどき追われたりしますよ。ま、50メートルも走れば大丈夫ですが。
それから何匹か群れているときに、獲るのもヤバイです。ぜんぶ網に入りませんからね。取り逃がしたヤツに追われることもありますから。背を向けないことです。
基本は1匹狙いです。ですが、もののはずみで3匹というのが1回、2匹というのは十回くらいはやってます。
複数匹獲ると、容器に移すときがまた問題です。

ハチをすくったらすぐに、網の奥の方に押しやるように、振り回します。そして90度角度を変えて袋を折り返すようにします。
数メーター離れたところに置いた容器横の地面におきます。

網の先端を持ち上げると、キャツは上の方に這い上がってきます。これ習性のようですね。
そのまま(折り返してもよい)容器に被せます。
DSC05781.jpg

網を絞っていくと網にしがみついているので、棒などで叩いて落とします。
自然と落ちるヤツもいますが、ときどき飛び上がってくるのもいるので要注意ですね。
DSC05782.jpg

ちなみに容器には35度焼酎を入れてあります。
DSC05779.jpg

彼らはけっこう平和的?ですね。巣のそば1.5メートルくらいで獲っているわけですが、ボクに危害はくわえません。
ときどき興味本位でしょうか、体の周りをブンブン飛び回るヤツがいますが、じっとしてると離れていきますよ。
ただ、通路なんかで、知らずに刺激を与えてしまうような場所は駆除したほうがいいでしょうね。

もう200匹以上も獲ったでしょうか。できればオオスズメのほうがいいんですがねえええ。最近少ないのですよ。

※最初の巣ですが、入れ替わり立ち代りキイロとミツバチがやってきてます。
ハチ獲りにも飽きてきたので、いったん封鎖してハチが寄らなくなったら中を覗いてみたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
ネジリバナをみつけました。ちょとピンボケですが、左右で巻き方が違うんですね。
DSC05773.jpg

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
蜂遊びもほどほどにしておかないと、とばっちり食いますよ。



中まで入って?
亀仙人
スズメバチが巣箱の中まで入りこんで、幼虫を加えてるって?\(◎o◎)/!

そりゃアカンでしょう。

Draさん
あかじい
そうですよねぇ。いつかはヤラれるとは思ってますが・・・。
スズメにはまだヤラれたことがないんですよ。一度体験したいような・・・。(笑)

亀さん
あかじい
ですよねえ。夜に箱を叩いてみたら反応がないのでダメのようですね。
昨晩、封鎖してスズメが寄り付かないようにしましたよ。


芋久保
平和ですな〜、精力を付けて何に使うの? まさか‥‥ 
こちら、スズメバチの巣を破壊してから、復習の準備と思われる偵察飛行が凄く多くなりました。窓を開けるとブーンと飛んできます。どこかで見ているのですね。サッと網戸しめて防衛しますけど‥‥  カミさんは怖がっていますね。

芋ちゃん
あかじい
滋養強壮ですよ。年寄りだからこそ。邪心は、ないこともないけど。(笑)

彼らは作りたいところには作るでしょうね。いやなら徹底的に排除するしかないでしょう。
でも、棟木なら邪魔にはならない気がしますがねええ。

コメントを閉じる▲
台風11号が消えたら、34度かよ!熱帯夜かよ!梅雨は空けてないけど東北も熱い!のよ。とくに内陸は。
あまり降らない梅雨だけと、きょうは小雨なので、夏休み子供相談室を聞きながらクールダウンしてます。
※先生方は回答に苦労してますねぇ。(笑) コレ大好きな番組です。


気仙沼のログハウス・レストランを作った余り木で、津波でやられた自宅のフェンスを作ってました。
最後の長尺材を乗せるというので手伝ってきました。

2段目までできてました。(前方は海です。)
DSC05671.jpg

まずは3段目の交差短材を乗せます。
DSC05673.jpg

コーナー部は直角じゃないので斜めのノッチになってます。
DSC05677.jpg

4メーター材を2本乗せました。
DSC05680.jpg

ここで計算です。紙に書かないと混乱しちゃうのね。
DSC05684.jpg

ちょと見にくいですねええ。ので簡単に解説しときます。
1、4ヶ所のノッチ部の高さを測り、一番低いところを探します。
2、そこでラフカットの数値をだします。この場合は50ミリ。
3、他のノッチ部は、一番低いところの差分だけ増やします。
4、ラフカットして乗せて、ふたたび高さを測ります。
5、木っ端などを挟み微調整して全体を平にします。
6、全体のワイディストギャップ(一番広いところ)を探してファイナルスクライブ幅を決めます。
7、4ヶ所とも同じ数値でスクライブしします。

これで完了。細かいところを見なければOK(笑)。
DSC05709.jpg

実は前日の夕方、「呑みに来ない?」ってんで、喜んで行ったんですがねえ~。
海と夕日を見ながらのBBQはよかった。
DSC05669.jpg

翌日は二日酔いの手伝いでしたが酔加減かな?
※この時期は山より海のほうが涼しいので助かりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
200メーターくらい先の海岸です。元々の堤防が壊れたままです。
DSC05690.jpg

一本松?まで繋がっていたそうです。(上記写真の右側)
DSC05700.jpg

新しい堤防は、車の先に松の木がありますが、その葉の付け根付近になるそうです。
DSC05706.jpg

先の津波は、自宅の一階部分まで浸かってしまったのですがねええ。
中途半端な高さですねええ。それに海面が見えなくなってしまうし。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


Dra&長靴
このログフェンス雨ざらしですが、
何年持ちますかね。
山に転がしている丸太なんて、
皮をはいでないと数年で朽ち果てますよ。

堤防が無いと津波が怖いし、
あると景色が台無しだし。
盾と矛ですね。



Draさん
あかじい
そうですよねええ。このままじゃ数年でしょ。
防腐塗料をこまめに塗れば十数年はもつかしら?

どこの親切堤防もそうなのですが、今回の津波の高さより低いんですよね。これ何でだろ?

コメントを閉じる▲
梅雨とはいえ梅雨前線があまり北上しませんねええ。なので雨はあまり降りませんが、ぐずついた天気が続いてます。
ま、暑からず寒からず、過ごしやすいのですがね。

天気のいい日を見計らってハチミツをかすめ採り、キイチゴジャムを作ってみました。
こりゃイケますよ。
DSC05590.jpg

5段の最上段を採りました。上部は空き巣が多く心配したんですが、下部はご覧のとおりビッシリです。
DSC05558.jpg

一升瓶に1本半採れました。
DSC05578.jpg

中鍋にキイチゴを入れて、少々ハチミツをかけてと、(30分くらいで水分がでてくる。)
DSC05583.jpg

強い火で沸騰させてと、(ひたひたになるくらい水分が出てくるんですねええ。)
DSC05585.jpg

中火でコトコトと、(1時間くらい)
DSC05587.jpg

煮詰めて煮詰めて、ハチミツで甘みを整えて出来上がり。
DSC05588.jpg
タネを取り除いてないのでプチプチ感があり、酸味とハチミツの甘さ控えめ具合がとてもいいですよ。

これを大量に採取するのはけっこう面倒です。
邪魔なところにやたら生えてくるから普通は刈られてしまう運命なので、採りにくいところに生えてますからね。それにトゲトゲに悩まされるし。
どっか一箇所に移植しておこうかしら?
ま、苦労して作ったもんは格別ですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ1>
キイチゴを追加で採ってきたのですが、種類がいろいろあるようで葉の形も色も違うんですねえええ。
DSC05593.jpg

本来の黄色いキイチゴ!もありました。これは甘いので生食できますが、あまりなってませんでした。残念。
DSC05545.jpg

<オマケ2>
ハチミツの絞りカスを煮て蜜蝋を作ります。
DSC05581.jpg

蜜蝋と濁り蜜が採れました。
DSC05592.jpg
この作業は嫌ですねエエ。蜜蝋でベタベタになります。道具の後始末も大変。なんかいい方法はないかしら?

<オマケ3>
ミヤマクワガタがいました。にじんだ蜜をなめているのかと思ってたんですが、
DSC05596.jpg

バックでヤッテたんですねえ。(笑)
DSC05598.jpg

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |

悲願の蜂蜜?
亀仙人
ついにやりましたですねぇ。

蜂蜜って腐ったりカビたりしないので、ジャムに入れるのが最高かも。

くれぐれも蜂様を大事にしてください。

亀さん
あかじい
砂糖の替わりに使うのはいいですよねええ。
安定してきたので初夏と晩秋の2回蜜が採れそうな感じになってきましたよ。


うちのも 今度覗いてみたいですなぁ

唐さん
あかじい
覗きは痛い目に合うこともあるので、ご注意を!(笑)


Dra&長靴
そちら、
植林して針葉樹に覆われた山里では考えられない自然が残されているのですねぇ。



Draさん
あかじい
そうですねええ。雑木林はなにかとオモシロイですよ。
思い切って全伐して雑木山にしてみたら?(笑)
あっ、混生林にしてもいいかも。十年もすれば立派な雑木山になりますよ。


LV3
これは美味そう!

蜜蝋ってよく聞くけど何に使うんだろう?

LV3さん
あかじい
これは旨いですよ。(自己満足?)
蜜蝋はロウソクや化粧品や塗料などに使ったりするようですね。
ボクはいまのところ使い道がないので貯めこんでいるだけですが。あっ、巣箱への誘引剤には使ってます。

コメントを閉じる▲
東北の梅雨入りはないのかなぁ~。って思ってたら、先月末に入っていたのね。きょうはしとしtシトシト雨です。

またまた3週間ほど留守にしてたら、草だらけになっていて、またまた草刈りしてます。

手間賃?にこんなのいただきました。野いちご類ですね。
DSC05531.jpg
黒ずんでいるヤツは少し甘いけど、好んで食べるほどでもなかった。
※好きな桑の実は出かけている間に終わってしまっていた。残念!

斜面にソダ(伐採の小枝)を積み重ねておいたので、刈払できなかったとこなのです。
DSC05524.jpg

藪の奥の方に赤い実がなっていました。
DSC05515.jpg
去年の春から刈れなかったので、1年半くらいで育っていたのね。
普段はトゲトゲが嫌らしいので、キレイに刈ってしまっていたから気がつかなかったのでした。

熟してだいぶ落ちてしまっていたけど、こんだけ収穫。
DSC05532.jpg
普段は甘いものは見向きもしないのですが、甘みの少ないジャムにでもしてやろうかと。

上白糖はあったけど、これはあまり体によくないし、蜂蜜を使うことをおもいついたのでした。
が、これが品薄。近々採蜜する予定なので、それまで冷凍保存しときます。

こちらはその名の通り青いブルーベリー!
DSC05534.jpg
千何百円も出して苗を買ったのにあまりならないのよねぇ。

キイチゴを栽培、いや放任しておいたほうがいいかしら?!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
ひさびさの山女です。
DSC05522.jpg
戻って来た日に近所の川が増水してたので、これは!と思って、次の日の早朝、秘蔵の場所に行ったのでした。
ですが、期待に反して増水も濁りもなく残念な結果に。1日遅れたのでした。

モヤモヤしてたので、夕方、近所の川に行きましたよ。
いつもは川を覆って茂っている雑草が刈り取られていて絶好のポイントが連続していたのでした。
ほどほどやったね。
いつもこうだといいんだけどねぇ。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
自然の恵みイッパイですね。
こちらも昔は自然の食材にあふれていたのですがねぇ。
便利さと引き替えにみ~んな無くなりましたよ。


スバナ
収穫の時期が一月はこちらと違いますね。

すっぱい果物と和蜂の蜜は相性ピッタシ、掛けて

食べると絶品です!”

Draさん
あかじい
そうですねえ。けっこう食べられるものは沢山あったんですよねええ。
手間もかかるしね。それを楽しみにできるかどうかですね。

スバナさん
あかじい
そうですか。けっこう酸味が強いので、それは楽しみです。


体が健康で動けることはいいことです
今回しみじみ感じますたです
うちのヤードにも この手のいちごが3本くらい
実っておりますたが 実が少ないので何個か食べて
入院前に刈払機で刈っちゃいましたですよ


唐さん
あかじい
ありゃま、入院したんですか。でも、何か無事のようですね。よかった。
まあ、お互いにそれなりに歳ですから、ボチボチヤリましょう。

コメントを閉じる▲