きょうも夜半からのシトシト雨で、まったりとしてます。関東も梅雨入りしたようで、こちら東北もまもなく入るのでしょうね。
肌寒いので薪ストーブを焚いてます。薪がたくさんあると、心が裕福なのです。

昨日は、雨樋修理の助っ人に行ってきました。
錆びた受け金具の横に新しい金具を取り付けています。
DSC05501.jpg
ボロボロになって落ちる前の補強なのです。海岸沿いにある家なので錆びるのがはやいようです。10年くらいだそうです。ボクの自宅なんか30年経っても一度も交換してないですからねぇ。(山小舎はありませんがね)
雨樋本体よりも金具が先にダメになってしまうのですね。亜鉛メッキのようなのですが・・・。

※実は、一面の雨樋が落ちてしまい、業者に直してもらったそうなんですが、結構な料金がかかってしまったのが発端のようです。

金具だけなので2段梯子を掛けてやってます。
DSC05499.jpg
業者は、雨樋本体も交換したので足場を組み立ててやったそうですが、その分料金がかさみますよね。
(5万円くらいのうち、足場代が半分くらいだったとか。)

ハシゴには75度の角度で立て掛けろと書いてあります。
DSC05505.jpg
これは、立ちすぎず、寝かせすぎずの検証された角度のようです。
立ちすぎる(角度が大きい)と倒れる恐れがありますね。寝かせすぎると(角度が小さい)と足元が滑りやすくなることと強度が低くなる危険性がありますね。
ですが、75度というのは登ると結構怖いもんで、体を密着させていないと倒れてしまうような気がします。
70度くらいにすることで、これがだいぶ緩和されますね。このくらいなら許容範囲かな?(ヤル方は自己責任で)

実際に75度にするには、この絵のハシゴを垂直に見えるようにすればいいようなのです。が、このシール曲がって貼られているようで・・・・・。
簡単に出来る方法をちょと計算してみました。掛ける面の真下から、高さの1/3離せばいいんですね。6m高なら2m離せばいいことになります。
今回の場合は6.5mくらいだったので、2.5~3m離してました。ちなみにこのハシゴの全長は7.2mです。

※このくらいの長さになると、海からの横風で、人が乗っていないと煽られてしまいます。それで、ロープで支えています。
また、昇り降りするときに、けっこう揺れます。ハシゴを支える補助者が必要ですね。地面が石などの場合は滑り安いので、足で支えています。
まあ、くれぐれも一人では作業しないことですね。
ちなみにボクは自分のハシゴを運んで貸してあげたことと下働きをしてただけで、登ってはいません。怖いから。(笑)

ということで、3人で半日。残り3面の受け金具補強ができました。セルフビルドするとだいぶお得ですよね。
転ばる先のナントカ、って言いますが、ちょっと転ばぬとその気にはならないもんですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
最近、よく現れます。ニホンカモシカです。
DSC05496.jpg

友達曰く。目が悪いからジーっと見ているんだとか。
DSC05497.jpg
肉が旨いんだとかうわさは多いですが、オレは食ったって言うのは誰もいないんですよねえ~。

本業?助っ人業 | トラックバック(0) |


Dra&長靴
若い頃は高い所の作業なんてもってこいでしたが、
年齢と共に高い場所が怖くなりました。
この梯子に登るなんて・・・・・・できません。

ニホンカモシカってば天然記念物でしょうに。
まあ、駆除に該当する場合は密かに食されているかもね。



スバナ
海沿いでは、外部の金物はステンレスを使うのが普通です・・・亜鉛メッキの樋金物は、使うとすれば倉庫くらいのものです。

Draさん
あかじい
ボクは若い頃から苦手でしたよ。その割には登らされていますが。
カモ肉とかいって、一度食べてみたいわ。

スバナさん
あかじい
そうですよねええ。やっぱり。
業者と同じものを手配してたそうですので、何も言わずに・・・。

コメントを閉じる▲
久しぶりの昨夜からの雨で、ちょとノンビリしてます。薪の補充も終わったし。

遊歩道の草刈りの目処がたってから、遅れていた薪割りをはじめてました。
今冬は別の場所で越冬していたので、1ヶ月半分くらいしか使いませんでした。6割くらい残っています。
DSC05375.jpg

1年前に調達したナラの原木です。
DSC05376.jpg

太い!ので、いつもより5センチ短く40センチで玉切りしました。
DSC05380.jpg

でも、やっぱり割るのは大変です。乾燥も進んでいるしね。
DSC05383.jpg
薪割り機が欲しくなりますが、あっても持ち上がらないし・・・。
こんなときは、クサビで半分に割るか、周辺から割っていきます。

いつものクリと違って繊維に粘りがありますねええ。
刺さって抜けなくなるので、こじるから柄の付け根がガタガタになってしまいます。
数回打つたびに柄の元を打ち付けて、緩んだ斧を元に戻します。何度もクサビを打ったりして補修してましたよ。
薪は30センチ径くらいがいいですねえ。

見るにみかねて?助っ人がきてくれましたよ。
DSC05394.jpg

若い人はパワーがあるのね。ボクは朝夕2時間ずつくらいですが、日中でも平気でやっちゃうのね。
DSC05396.jpg

素性のいいのはパッコーン!パッコーン!で山のように。
DSC05398.jpg

とりあえず、野積みです。2年先の薪ですから。1日(実働4時間)で1ヶ月分くらいできましたよ。感謝!
DSC05408.jpg

日を変えて別の若手助っ人が、腰を鍛えにきてくれました。いや、ウエストダイエットだったかな?いずれにしても感謝!
DSC05439.jpg
その後のBBQ(ホヤ、牛たん、牛シマチョウ(大腸)、鹿肉、岩魚)とお酒で補充していきましたがね。(笑)

コブや枝部は短く切ってます。できるだけ半分の20センチくらいに。ニコイチです。(笑)
DSC05430.jpg
こうすると割りやすくなりますからね。それでも割れないのはチェンソーですね。
結局、割れにくいのは後回しになるので、一人もくもく木木と・・・。

短いのも並べて積んじゃいます。短いのは別の専用箱に放り込んじゃうって人もいますね。
DSC05437.jpg

整理し終わってキレイに片付きました。2ヶ月分はありますね。これで一安心。
DSC05456.jpg

シートで雨養生しときます。
DSC05459.jpg
上部に隙間を空けて屋根を掛けたいところなんですが・・・。材料が手に入ればね。
来春には屋根の下に移動しますがね。ホントかなぁ~?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
ハクウンボクのてんこ盛りの花が終わったら、かわってエゴノキの花がてんこ盛りに咲き始めました。
DSC05411.jpg

ヤマボウシの花は長く咲いてますね。
DSC05414.jpg
この時期は樹木の花がおおいです。
中高木なら庭木にもいいですよねええ。うちの山には、ハクウンボク、エゴノキ、ヤマボウシ、リョウブ、クワ、モミジがたくさんあります。

初めて見たチョウ!?
DSC05407.jpg

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
薪作りは割ることだけに集中しますからけっこう好きです。
単純な作業ですが達成感ありますしね。
それと、
汗をかくということ。
身体の鍛練にもなります。
ただ、
歳をとると苦痛でしかありませんが(笑

Draさん
あかじい
実際は結構熱中しますよね。無心になれたりして。
それより、苦労の後の充実感、満足感、裕福感がいいですね。セルフビルドに通じるものですね。


スバナ
薪ストーブにあこがれるオーナーに言いますよ、今年割るのは

3年先の薪だと言うと・・・・必ず聞かれます、二年分の薪

はどうするの・・・思っております、蒔き割り買って薪販売し

ようかナ~、と思っております。




うちではそんな余裕はありませぬ
今年の薪は今年中にもしちゃいますですよ

スバナさん
あかじい
そうなんですよねえ。
ストックしておいて、適時売るって商売は成立するかも。
薪小屋のスペースがないお宅には重宝しますよね。

唐さん
あかじい
まあ、針葉樹だったりすれば、それもできますねええ。
ボクも当初はそれで燃やさざるをえませんでしたが、じゅうじゅういってましたね。
広葉樹は乾燥時間がかかりますよ。

コメントを閉じる▲
いやああ、30度前後の暑い日が続きますねええ。東北の内陸部は海岸線より5度くらい高いです。
それにしてもまとまった雨が降りません。ミニミニミニ菜園も枯れそうなので、沢水をときどきかけてやってます。

今まで木にもとめてなかったのですが、ハクウンボクの花が満開になってました。
DSC05349.jpg

2週間ほど留守にしていた間に、ちゃっかり間借りしてましたよ。
DSC05350.jpg

巣もだいぶできてましたね。早い!?
DSC05354.jpg

丸胴巣箱にウワンウワンと群がってました。何事かとおもいました。初体験でしたから。
DSC05371.jpg

※あとで気がついたのですが、これをよく見てれば女王様とご対面できたかも?
DSC05370.jpg

頭上からもウワーンウワーン。探してみましたよ。エライ高いところに。
DSC05373.jpg

蜂球のようです。分蜂してたのですね。30分ほどで静かになりました。
DSC05374.jpg
このあとどこに行ったのでしょうね。うちの貸家は満杯ですから。
小さい箱で、前年も採蜜しなかったから、満タンになってしまったのかしら?分蜂したら半分くらい減ってしまうみたいね。

元の女王さんが出て行って、娘さんが後を継ぐんですねええ。
まあ、そのほうが、ボクからみれば、婆さんよりも若い娘さんに住んでもらったほうが楽しみですがね?
ただ、できのよい娘さんならいいのですが・・・。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>

中を覗いてみたら、ゴミがいっぱい。
DSC05363.jpg

取り出してあげました。スムシの幼虫も混じっていましたが、ミミズも!
DSC05364.jpg

他の箱にも、黒いずんぐりした一回り大きいオス蜂が増えてきました。分蜂が近そうです。
DSC05429.jpg

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
いよいよ本格的な養蜂家ですね。
余り刺されないように注意して下さい。



スバナ
最近の若い娘は怖いからね~・・・・・

やさしくね!”  

Draさん
あかじい
放任しているだけですよ。いま5つ入ってます。一つだけ凶暴な奴らがいるので気をつけます。

スバナさん
あかじい
若い娘の気持はわかりませんねええ。まあ、当たり障りなく・・・。


そ言えば うちも待ち箱が二つあいとりましたですよ
あした見に行ってみよおっと

唐さん
あかじい
入ってるといいですねえ~。

コメントを閉じる▲