しばらく更新していなかったら、コマーシャルが表示されるようになってしまいましたぁ~。ちょとヤバイ!?

正月から野暮用があって、茨城の自宅に戻っていたのですが、雪の無いところはいいですねえ。(とはいえ先日は5センチほど積もりましたが。) 
一応仕事をしているせいでしょうか、上げ膳据え膳で居心地がいいので、ついつい長居しています。

天気はピーカン状態(10度前後、朝晩は零度前後)ですが、風の強い日が多いです。低気圧が通過するたびに強風が吹くので体感温度は+ー零度くらいです。
そんな中でパイプハウスの助っ人(アルバイト)をしています。
春先に稲の苗を育てるために、この時期の需要が多いのだそうです。これまでに十数棟やってますよ。
きょうは休みてゆっくりできたので、道具や金具のことを書いてみたいとおもいます。

これは継ぎ足し(延長)ハウスです。
DSC04615.jpg

両側に立つパイプの長さ(深さ)を調整する道具です。
DSC04605.jpg
パイプの根本は30ミリ径のドリルで穴を掘ってあります。45センチ間隔です。
ちなみにパイプの太さは22とか25ミリ径が標準的のようです。

パイプ同士を固定する金具です。
DSC04603.jpg

同様に、場所によって金具を使い分けます(太さに合わせて)。クサビを金槌で叩き込みます。
DSC04601.jpg

ビニールを固定するレール(ビニペット)です。専用の金具もありますが、タップビスで留めています。
DSC04607.jpg

ビニール固定のスプリングです。
DSC04617.jpg

パッカーという留め具です。
DSC04618.jpg

たいした道具も技術も必要ないのですが、いろいろな状況に対応するには、やっぱ経験とノウハウが必要ですねえ。
ま、楽な商売はありませんね。

ところで、避暑地という言葉は聞きますが、避寒地って言葉はあるんですかね? ま、使ったほうが勝ちですかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

本業?助っ人業 | トラックバック(0) |


Dra&長靴
避寒地=越冬地かな(笑
パイプハウス作りご苦労様です。
ログハウスとはハウス繋がりかもですね。



Draさん
あかじい
ごぶさたです。
越冬と好きなんだけどね。雪国の人も、避寒する人はいるんだろうね。
ハウスつながりも単純で飽きますよ。単なる下働きですからあ。

出稼ぎですか?
亀仙人
出稼ぎっていうんでしょうかねぇ。
ところで、写真が記事の向こう側にしか表示されないのは、僕のPCがおかしいんでしょうか?

亀さん
あかじい
雪国東北から関東に出稼ぎに。そうかも。(笑)

そうですか。確認してみたら拡大写真のことですね。
どうしてかしらねええ。以前はそうじゃなかったもんね。何もいじってませんが。
クリックすると写真だけが別ウインドウで開きますね。機能が変わったのかな?原因はわかりません。ちょと困った。

コメントを閉じる▲