寒くなってきましたねえ。冷たい雨が降っていて10度にもなりません。木樹の葉はほとんど落ちてしまい閑散としてます。

ここ10日間ほど出かけてました。車検と冬用タイヤの交換などです。
帰り道に、東北沿岸部の気になっていたところを、ブラブラと寄ってきました。

福島県沿岸部の国道6号線が通過できるようになったので通ってみました。これで50キロほど遠回りしていたのが解消されるのです。
イチエフ(爆発した原発)付近です。
DSC04268.jpg
近づくとピッピッという警告音がピーーーーーー!という連続音になってました。一般的には10マイクロシーベルト毎時くらいあるようですが、駐停車もできずチラ見したときの写真です。
交差点はほとんど黄信号ですが、すべての交差点で警戒している方が気の毒です。昼間だけのようですが。

車検のたびにこんな荷物を積み下ろししてます。
DSC04314.jpg
本業の道具が、最近は災害ボランティアの道具になってます。まあ、倉庫というか・・・・、いや第二の別荘なのですよ。

廃材でビニールハウスを造らされました。暇してたもんで。
DSC04308.jpg

福島県川内村にある悪魔が見える野天風呂です。
DSC04330.jpg
建込みを手伝ってました。仕掛りだったのを最近完成させたそうです。入る機会もあまりなさそうですが・・・。

これが悪魔のイチエフです。
DSC04328.jpg

一年前まで手伝っていた川内村のログです。やっぱ、デッカイわ!
DSC04345.jpg
ベランダを支える柱が立ってました。オーバーハング部の沈みが気になったようです。(写真では傾いて見えますが、まっすぐですよ。)

春に建込みしたのですが、屋根、床は完成し、建具の施工中でした。
DSC04349.jpg
丸太の汚れをサンダーで落とすのに2ヶ月かかったとか。

宮城県南相馬市にある、若い人たちが地域支援をしているところです。
DSC04352.jpg
津波で廃墟となった建物を借りて、自分たちで改装して拠点にしているようです。「たびとベース」と言ったかな?
ここの手伝いも依頼されているのですがねええ。

宮城県山元町の神社です。鐘突き堂は手作りです。
DSC04382.jpg
人の住めない地域になってしまいましたが、元の住民の拠り所にする活動がおこなわれています。
神楽の舞台を依頼されているのですが、予算がないので、廃材活用ですえええ。

宮城県東松島市にあるツリーハウスです。
DSC04434.jpg
CWニコルさんのアファンの森にあります。「森が学校」といったかな?
いやああ、ホームページなどにも載っていないので場所を探すのに苦労しましたよ。野次馬が集まらないように牽制しているのかもね。
ツリーハウスの一つの作り方ですね。立木にはダメージを与えていません。すべて柱で支えています。ニコルさんのポリシーでしょうかねえ。

斜面に作られています。
DSC04429.jpg
屋根材が気になります。モルタル塗りのような・・・、曲線がいいですねええ。

宮城県牡鹿半島にあるツリーハウスです。
DSC04474.jpg
軽食屋?「はまぐり堂」という被災した方が、東北ツリーハウス協会さんと一緒に作ったようです。

太いボルトを幹に打ち込んでいます。
DSC04462.jpg
もう一つの作り方です。樹へのダメージは少ないと言われているようです。
しかし、数年後には樹皮で巻き込まれてしまいますね。その前に取り付け直すのかしら?それとも、そのまま・・・。

どちらのツリーハウスとも登り口にはゲートが作られていました。しかし管理人がいないので勝手に登れちゃいますがね。
どちらも手摺の作り方は雑ですねええ。ドン付のビス止めです。子どもたちが遊んだらヤバそうです。雨ざらしですから2年もするとガタガタになるでしょうしね。
以前からいろいろ見てきましたが、定期的なメンテナンスが大変なのか、数年で撤去するところもありましたね。
シンボルならそれはそれでいいのですが、公共的なところにある場合はもっと厳重に立ち入り出来ないようにすべきかと思います。

これはボクのログです。セルロース断熱材の施工中です。
DSC04262.jpg
中断してたので、まだ屋根裏が残ってます。完成したら少しは暖かくなるかしらねええ。

沿岸部は復興モードになっているところもありますが、復旧すらできていないところも多々あります。
もともと過疎化が進んでいた地域ですが、これを期に自立しようとしている人たちもたくさんいます。これらの支援のために、ロートルパワーを集結してみようかしら・・・とおもう日々でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

発見!セルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
東北が以前の姿に戻るのはいつになるのでしょうね。
このままほったらかし状態が続くのでしょうかねぇ。


Draさん
あかじい
あと数年はかかるでしょうねええ。
福島は、戻らない・・・・かも。


芋久保
川内村のログハウス、懐かしい!!  オーバーハングを支える?柱のセトリングは? 無視? 今度、見に行ってこようかな〜

芋ちゃん
あかじい
ボクもビックリしましたよ。3センチ位しなったと言ってました。それで心配になったらしい。それにしても後付でよくやったよねええ。
セトリングは一応考えてるみたいですよ。下部の詰め物を抜くらしい。


色々見てますね
亀仙人
ツリーハウスも良いですねぇ。

しかし、「選挙に600億円もかけるのなら、東北へ廻せよ!」

と言いたい。この際、オリンピックもいらん!


あかじい
被災地域は定期的に見てないと、災害感覚が麻痺してしまいますね。
個人で作るならツリーハウスはオモシロイですよねえ。ぜひ裏山にでも!



あれだけ出すと垂れるのですかねェ
あのでかさの丸太でも たった1年で 3cmも
考え直さねばならんですなァ

唐さん
あかじい
どうやって測ったのかはわかりませんが、だいぶ出てましたからねええ。

コメントを閉じる▲
悲しいかな、嬉しいかな、チャンスはおもいがけず早くきましたねええ!?
ミツバチに刺されちゃいましたよ。お待ちかねの毒吸い出し器の出番です。

ミツバチの巣箱で何やら異変が。数十匹が群れていました。
よく見ると、あっちこっちで戦いの真っ最中。2~3匹が絡みあったまま地面に落ちていきます。それも20~30分もすると平穏状態に戻ってしまいました。何が起きたの?って感じです。

どのくらいヤラれたんだろうと、地面に落ちていた死骸を拾っていたら・・・・。
DSC04206.jpg
半死の奴に刺されてしまいました。チクッとしたので手を振ったら毒袋が刺さってましたよ。
右手人差し指の先端、それもホッチキスの針で傷ついたところです。

とっさに思いついて、リムーバーの出番です。
DSC04211.jpg
なんとなくウキウキ!最小アダプターを使いました。

何度かやりましたが、半透明な液体がこの程度しか出てきません。
DSC04210.jpg

虫ピンの先で傷口を広げたら・・・。勢い良く吸い出しましたよ。
DSC04212.jpg

あきらかに血液です。
DSC04213.jpg
コレを3度ほとやって、水で洗い流しました。

器具の内部まで血痕がはいったような・・・気もするし。
DSC04216.jpg
説明書には感染の危険があるので、内部に血液が入ったら再使用はするな!と書いてありました。(水洗いすると壊れるとも)
ですが、念のため内側のパイプの内面を綿棒で水洗いしときました。

で、結果ですが、しばらくチクチクしてましたが、一晩たってもまったく腫れませんでしたよ。成功!
しかし、最初の液体だけでもよかったのか?それとも血液も吸いだしたからよかったのか?
また、疑問が残ってしまいましたぁ。 もう一度刺されてみないと・・・・・・・。いやはや。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
何事も無くて良かったですね。
刺されてリムーバ使い始めるまでの時間が短いほど効果があるらしいですね。


Draさん
あかじい
そりゃそうでしょうね。 約1分くらいでしたかね。とりあえずは効果ありです。


スバナ
あかじいさん、盗蜜ですよ、他の群が蜜を盗みに来ているのです

ということは、あかじいさんの群は弱群で死滅予備群ですよ。

スバナさん
あかじい
あれが盗蜜ってもんなんですか。なるほどねええ。初体験です。勉強になります。
つまり、いずれ死滅するってことですかね。
うーん、それなら、盗られる前に、ボクがとってしまったほうがいいかなあ~?


今シーズンはうちのミツバチたちは3郡ともに逃亡してしまいましたです
もともとの群れはまだ健在ですので来シーズンが楽しみです

唐さん
あかじい
冬越しできればいいですねええ。
ウチのは何群越せるかしらねええ。

コメントを閉じる▲
さてさて、本題であるところの、屋根と妻壁の断熱材の施工実験をはじめました。
※本題、ってのは屋根の補修をしてからじゃないとできなかったからです。雨漏りしちゃうと困っちゃいますからねええ)

これこそ10年も先送りしてたものなのです。物置内にいつもあって邪魔になってきたというのもありますが。

これは丸太を削ったときのカンナ屑です。
DSC04152.jpg

中古の米袋に入れます。
DSC04154.jpg
1枚20円から25円するのです。ホームセンターによって違いますねええ。ちなみに新品は40~50円。

ホッチキスで封じ込めて
DSC04155.jpg

垂木間に横幅を合わせて
DSC04156.jpg

垂木間にタッカーで止めます
DSC04158.jpg

サンプル的にはこんなもん
DSC04172.jpg

問題は、中身が下方にズレてしまわないかなのです。妻壁は垂直なのでもっと心配なのですがね。
対策もいろいろ考えているんですが、どれも面倒臭いことと、お金がかかるんですよねええ。

セルロースファイバーのように、本格的に表面全体にフィルムを貼って、その間に詰め込むってのも考えたんですが、入れる方法がちょと難しいし、ちょと間違ったらオガ屑だらけになってしまいますからねええ。

とりあえず、これで様子見です。その間になんかいい方法が思いつくかも?つかないかも?
まあ、内装材を貼ってしまえばわからないのですがね。たぶん、それは、また先送りでしょう。(笑)

実はこのカンナ屑は、このログを作ったときの曲面カンナの削り屑なのですよ。床下にも入ってます。
これがうまくいくと、丸太を残さず使いきった!ことになるわけです。
当初の計画だった木質・自然素材だけの家に近づくことになるのですよ。

※屋根材は、杉皮葺きで挫折したので、木端葺きか、板葺きかに・・・という計画なのですが、どうなることやら。(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
先日の紅葉の写真はキレイじゃなかったので、追加してみました。
DSC04120.jpg

DSC04138.jpg

DSC04139.jpg

野天風呂からの十五夜です。
DSC04166.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


スバナ
先を越されちゃいましたね、あたしも考えておりました

が、機械があるので吹き込む予定です!”

スバナさん
あかじい
ありゃ、そうでしたか。
機械があるからいいですよねええ。裏山しい!
籾殻でもいいですよね。


Dra&長靴
あたしならところどころに両面テープを付けておいて、
紙袋かコンビニとかでいただいた袋に削りかすをつめてぺたぺたと貼り付けますが・・・・・・

素晴らしい
亀仙人
皆さん素晴らしいアイデアをお持ちですねぇ。


Draさん
あかじい
なるほど。両面テープかあ。 それは考えなかったわ。ちょと検討してみよう。
レジ袋はどうかなあ~。(笑)

亀さん
あかじい
お金がなければ、体か頭を使うわけですよ。(笑)


芋久保
なかなかやりますね。こちらもオーバーハングした床には入れようと思いましたが、かんなくずがうまく溜めておくことが出来ないので諦めました。結局セルローズファイバーを入れました。壁や天井では間違いなく?下にたまってくるでしょうね。地震で揺れるたびに‥‥ まあそれも楽しやデスけど‥‥

芋ちゃん
あかじい
乾燥させてとっておいたのですが、湿ってるのもありましたね。湿っていると落ちやすいので乾かしてますよ。

でも、やっぱり落ちるでしょうねエエ。詰め具合と、袋の張りしだいでしょうね。


屋根 1Fの天井 板壁に籾殻を入れた友達がいます
天井板 壁板が乾燥して小さな隙間ができると
けっこうパラパラと落ちてくるそうです
板は本ザネ加工にしたほうがいいようですねェ

唐さん
あかじい
そうでしたか。やってた方もいましたか。いいですねええ。
うちは袋に入っているので、破れなければおちないでしょうがね。板を張るのは未定ですわ。(笑)


コメントを閉じる▲
ここ数日天気がよくないです。
雨が降ると、ついつい雨漏りを点検に行ってしてしまうぅ・・・。修理したばかりなのにぃ。
長い習慣だったから、いつ馴れることやら。イヤハヤ。

きょうは寒いわ。朝よりも気温が下がって、昼でも9度くらいです。冷たい風が強く、冷たい雨も降っています。
こんな日は薪ストーブでぬくぬくノンビリですねええ。

わが森の紅葉は見頃ですが、この天気じゅあねええ。
DSC04113.jpg

この小屋の頂点にキイロスズメバチの巣があります。
DSC04108.jpg

これは9月下旬の状態でした。(右側は昨年の古巣)
DSC03676.jpg

10月下旬にはさらに大きくなりました。
DSC03988.jpg

11月になると幼虫の運び出しが始まりました。
DSC03993.jpg

白い幼虫が散乱してます。もう成虫は不要ということなのでしょうね。
DSC04011.jpg

最近、巣が壊れました。
DSC04098.jpg
蜂も散乱してました。
自分たちで壊したのでしょうか?それとも鳥などにやられたのでしょうか?
昨年も同様に壊れていたので、最後はこうなるのでしょうかねええ???

これが外皮です。隙間がたくさんあって断熱構造なのでしょうか。
DSC04116.jpg

内部の巣ですね。やっぱり六角形。
DSC04117.jpg

きょう、よく見たら修復されている様子。
DSC04118.jpg
ということは、やっぱり何者かに壊されたのかしら?オオスズメバチかぁ?今年は見かけないんだよねええ。

まだ蜂は群がっているし、ミツバチを捕獲にきたりしてます。
いずれにしても女王蜂への最後のご奉公なんでしょうか。働き蜂は生き残らないのにやるせないねええ。
「秋深し 落葉ごとく 子も落とし 来春への 命の引き継ぎ」ってか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
今日は村の草刈りでしたが、
自治会長がスズメバチにやられました。
脳天に一発。
足に4発。
背中にも数発?????
蜂には強いそうで刺されたところが痛い以外は何とも無いと言ってピンピンしていました。
考えられないことです。

Draさん
あかじい
そりゃスバナさん以上、というか異常では?(笑)


スバナ
あたしも今朝、キイロスズメ蜂に一発やられました。我が家のミツバチがとうとう全滅しました、残った一群何とか冬を越せるかなと思っておりましたら、早々と死滅です。

何でしょうね?
亀仙人
巣の壊れ方を見るとケモノの仕業のようですがねぇ。

生き残るのは女王鉢のみ・・・

ミツバチのためにも早めの駆除がよろしいんじゃないでしょうか?

スバナさん
あかじい
あいかわらずヤラれてますか。(笑)
全滅ってあんなにデカかったのに。スズメバチのせいなのですかね。

亀さん
あかじい
朝方に巣の散乱をみたので、夜に襲ったのかもね。ということはイタチとかリス?とか・・・。
ミツバチの被害は単発ですから放置してますよ。

コメントを閉じる▲