数年間渋っていた屋根の雨漏り修理が終わりました。
年甲斐もなくと言われたりしけど、やればできるんだよねええ。けっこう緊張したし、疲れたけど。
日中は暑いくらいいい天気にも恵まれました。

まずは、シート押え板に塗料を2回塗りしました。
DSC04007.jpg
前回のヤツは杉材でボロボロでしたからね。今回の胴縁材は松です。

アスファルトルーフィングも先に寸法に切っておきました。
DSC04037.jpg
矩勾配(四十五度)では、とても屋根上でカットできませんからねええ。
1メーター幅、21メーター長。23キロ、1ミリ厚です。しょせん紙なので破れやすいです。ゴム引きなどで釘穴塞ぎを強化したものもありますが、それなりに高価ですね。

二段梯子を立てかけてみたら、先端が浮いてしまうのです。
DSC04017.jpg
こりゃヤバイ!ギッコンバッタン状態になり滑り落ちてしまうわ。こちらがわは地面が一段低くなっているのでした。

地面を整地して(余計な仕事)、軽トラを下に置きましたよ。
DSC04026.jpg
その前にバッテリーが上がっていて、充電もしましたが。

反対側は、逆に地面が高くなっているので、ちょうどいい。
DSC04036.jpg

ハーネスとロープも準備しました。これは以前からやっていたツリークライミング用品です。
DSC04014.jpg

棟木と垂木の隙間にアンカーロープを縛り付けました。キモイ結び、いやモヤイ結び。
DSC04045.jpg
軒裏板が貼ってないので、こんなことができちゃうのね。(笑)
★命綱はあくまでも非常用で、これで昇り降りしたり、体重を掛けたりはしてませんよ。ちゃんと支えられるかはチェックしてますがね。特に二人で共用するとヤバイですしね。

シートを外しています。
DSC04051.jpg

股割きの刑のよう!?痛いわ!
DSC04049.jpg

足場は一段ずつ取り付けてやってみました。
DSC04058.jpg
普通は下から貼っていくのですが、ルーフィングに釘穴を空けたくないので、上から貼っています。まあ、コーキングすりゃいいんですがね。

足場板はツーバイフォー材で90ミリの釘止めです。コーススレッドは折れやすいですからねぇ。
DSC04059.jpg
釘の頭は出しておいて、バールで抜きやすいようにしてます。が、結構力がいりますです。

UVシートを引き上げてます。
DSC04063.jpg
助っ人を頼みましたよ。手元がいるだけですごーく助かります。

反対側は足場を先に取り付けました。
DSC04069.jpg
軽トラを移動するのが面倒なのと、助っ人も登ってくれるというのでね。
こちらは、コーススレッドで止めました。30センチおきに打っています。ショックを与えずにそぉっと乗るようにしてね。

この野地板は松の30ミリ厚なので、硬く打ち損じが多いです。
DSC04077.jpg
タッカーの針は多めに用意したほうがいいですねええ。
どこでやってもたいがい足りなくなります。今回は予定の2倍も使ってしまいましたよ。2000本(笑)

そのうえ板の繋ぎ目にあたってしまうと破れたりします。そのつどコーキングしてましたよ。10か所くらいやったかしら。

ハンマータッカー(右側)は特に多い!機械が不具合なのか、打ち方が良くないのか???
DSC04073.jpg
左側の千円のタッカーは案外使えますよ。軽いので重宝してます。

最後に胴縁板を45ミリの釘で止めて完了です。
DSC04083.jpg

合計四日間。いやああ、疲れましたねエエ。全身筋肉痛です。特に足がね。高所作業は大変ですわ。
助っ人はいたほうがいいですねえ。いくらウルサクでも。(笑) 作業効率が上がりますし、それより何より事故ったときに誰もいないと1か月くらいは発見されない可能性がありますからね。ボクの場合は・・・。

きょうは寒いです。日中でも10度くらいです。薪ストーブを炊いてまったりと骨休みしてます。
気がついたら、アラレや雨が降ってきました。終わっててよかったーーーー!!!!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

お疲れさまです
亀仙人
これで何年かは大丈夫ですね(笑)

亀さん
あかじい
そうね。しばらくは大丈夫でしょう。一安心です。
いやああ、めんどくさかったわ。 最初からちゃんとやっておいたほうがいいねええ。


Dra&長靴
怪我が無くて良かったですね。
あたしゃ若い頃は平気だったのに、
年齢が高くなるにつれて高いところが怖くなってます。
若さが欲しいこの頃です。


Draさん
あかじい
無事に終わりましたよ。感謝。
むかしから高いところは苦手です。で、より慎重にやってます。 へたな自信と馴れは怖いですからね。
怖いくらいがいいのではないかと思いますよ。
お互いゲガだけは気をつけましょう。


もう 雪が降るのォ \(◎o◎)/!
来週辺り紅葉を見に行こうかとおもってたけど
もう遅いかなァ

唐さん
あかじい
山の上の方は雪が降っていますね。
紅葉はだんだん下の方に降りてくるので、それなりにはいいんじゃないですかね。

コメントを閉じる▲
チラチラとお~♪山小屋周辺も紅葉になってきました。
あまりにも暇なので、屋根を修理することに一大決心しました。
実はコレ、数年前から先送りしてたんですよね。いろいろ複雑な理由があって。

雨漏りするんです。そう5~6か所にバケツが置いてあります。(笑)屋根板がシミになってますよね。
DSC03953.jpg

UVシートが貼ってあるだけなんです。
DSC03961.jpg

見た目にも触っても、それほど傷んでないんですがね。
DSC03962.jpg
撥水性がなくなり滲み込んでしまうようです。強い長雨のときだけなんですがね。

※このUVシートは高かったんです。#4000なんですが普通の2倍くらいしました。3☓5間で7千円くらい。で、5年は大丈夫でしたね。
もともと仮の小屋だったから、当時はこれでよかったんですがねえ。

周りの邪魔な木や枝を払いました。
DSC03981.jpg

材料も買ってきました。
DSC03979.jpg
アスファルトルーフィング(1万円くらい)と胴縁(5千円くらい)です。
※ビニールハウスの古ビニールだったらタダだったんだけど、それを取りに行くのに、これ以上の費用がかかってしまうので断念しましたぁ。

最低のコストと労力でヤルために、デッカイ1枚シートを上張りしようとか(二重になっているところは大丈夫なので)、補修テープを貼ろうとか(これは以前にやったけど、すぐに剥がれてしまったの)、いろいろ考えたんですよ。
で、やっぱりオーソドックスな方法に落ち着きました。

アスファルトルーフィングで下地の防水処理をすれば、今のシートに滲み込もうが大丈夫じゃないかと。
つまり今のUVシートは一旦外して、再度上貼りするつもりです。

いままで渋っていた原因の一つは、矩勾配なんですね。つまり急斜面なのです。登るのがこわい。
自分で屋根を作るなら7寸勾配くらいがいいですよお。後々のためにも。って後の祭りだわね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<補足>
建てかけの物置を再建しようと考えていたら、コレを発見しちゃったんです。建築当時のカンナグズです。
DSC03966.jpg
最初の写真でもわかるように、屋根と妻壁に断熱材が入っていないんです。
で、ついでに断熱材を入れよう作戦なのです。というか、こっちが本来の目的かな。雨漏りしちゃあ断熱材が濡れちゃうもんね。

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
屋根は矩勾配がデザイン的に一番美しいとか。
あたしゃそんなのおかまいなしで、
後々のメンテナンスと屋根貼りを考えて3寸勾配くらいに計画しています。


Draさん
あかじい
ログハウスのイメージは矩勾配ってかんじですよねエエ。
デザインもそうですが、ロフトを活用するには、屋根方向や大きさが関係しますね。
小さい場合はオーバーハングやロフトの桁上げなどで対応するって手がありますよね。
ボクは以前から平屋を考えているんですが、それでも5寸勾配は欲しいなぁと考えていますよ。まあ、大きさ次第ですね。


芋久保
自分が住んでいるログハウスなのに、なんでしぶしぶ?
UVシートが気に入っているのだから、安上がりでイイネ。
ログハウスの屋根はカネ勾配が最高! 落ちないように、頑張って下され!

芋ちゃん
あかじい
先送りしてたからよ。面倒くせい、バケツ置いとけば済むのだし。
屋根の本来の目的を考えれば、これでも正解じゃ?
この大きさだと矩勾配じゃないと有効活用ができないのね。
ただ、それだけよ。 というか、本音はお金がない!(笑)

ついに・・・ですね(笑)
亀仙人
アスファルトルーフィンフグが3本で1万って安いですねぇ(@_@)

僕は野地板にステンの針金を打ち付けて、後々、足場を固定できるようにするつもりですよ。

亀さん
あかじい
コメリで1本3400円でした。これもピンキリですねえ。これは標準的なもんかな?
ステン針金は鬼さん方式ですね。屋根材によっては有効ですよね。
みなさんいろいろ考えているけど、ボクは当時は何も考えていなかった。(笑)
セルフビルド情報は有効ですよねええ。

コメントを閉じる▲
ことしは珍しく3回も蜂に刺されてしまいましたぁ。

で、以前から気になっていた「毒吸い出し器」なるものを買ってみました。アマゾンで2600円なり。
800円くらいの小型のもあったけど、不良品が多いとか、ロックしない?(意味がわからないけど)とかのコメントが多かったのでこちらにしましたよ。
※別の発売元のブランド品?は、もちょっと高くて、カミソリとかカットバンなどがキットになってました。本体は同じようでしたが。カミソリは毛を剃るためでしょうね。

ただの注射器のようだが意外と高価だし、構造とか、しっかりした説明も見当たらないし、効果はどのようなものか?大きさは?とか知りたかったんだよねええ。
つまり興味本位で買ってみたわけです。
と、書いた以上はちゃんとしたレポートをしなければね。

セット全体です。思っていたより2回り大きかったわ。
DSC03904.jpg

本体ポンプと先端アダプターが4個
DSC03905.jpg

まず、心棒をいっぱいに引いて。
DSC03909.jpg

いっぱいに押し込みます。
DSC03910.jpg
注射器なら引くはずなんですが、これ圧縮しているのですよ。けっこうな強さですが、片手でふつうに押せます。

心棒の元付近に意味不明の穴。
DSC03915.jpg

心棒の先端まで穴が開いてます。
DSC03916.jpg
このピストンが先端まで届くと、心棒がロックされて、吸引に変わるのですよ。片手で使えるのがいいですね。
ここで、エエエエエエーーーーー????どういう機構になってるのぉ?(分解できるようになってないし・・・。)
ボクの頭じゃわかりませーん。誰か図解してくれないかしら!

一番大きいアダプターの吸引力です。
DSC03908.jpg
このまま3分ほど吸い出すのだそうです。
カップは水洗いし消毒すれば何度でも使えるようですが、本体内部に血液などが入った場合は、血液感染を防ぐために再使用不可と書いてありました。
※気分が悪くなるなどのアナフィラキシーショック症状が出なくても、一応医者には行ったほうがいいようです。行ったことないけど。

一番小さいアダプターです。
DSC03913.jpg

その反対側が最小アダプターになってます。
DSC03912.jpg
指とか関節などの曲面部分はこれでないと無理ですねえ。

さて、使い方はわかったので、これから刺されてきます!って嘘。(笑)
わざわざ刺されるのもねえええ。 で、運が良かったら、いや悪かったらか、レポートしますよ。
お楽しみにぃ~。
あっ、それより誰か刺されてくれないかなぁ~。常に携帯しておこうっと!(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
3回目はキイロスズメバチにヤラレましたです。前2回はミツバチだった。
DSC03882.jpg

泣きっ面は蜂。 蜂ハンティング中に返り討ちにあってしまいました。左の眉毛付近。
針で穴を広げ、水で洗い流しながら絞り出し、虫さされ軟膏を塗って、保冷剤で冷やしておきました。
この手順は正しいらしい。おかげでそれほど腫れませんでしたが、左目瞼が2日ほど重たかったです。

手で絞り出す作業はすごく痛いし、片手だとうまくできません。これからは楽になるかも?しかし、体の後ろ側を刺されたら困るよねえ。

※リムーバーの説明書には傷口を広げるな、って書いてありましたが、広げたほうが吸い出しやすい、と書かれたネットの記事がありました。これは実感しましたよ。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
キイロスズメバチの餌食となったのね。
ミイラ取りがミイラになったってことでしょうか。
ハチは自分の巣に攻撃されない限り刺さないと聞いています。
まさかスズメバチの巣に悪さしたとかですか。
焼酎漬けの材料調達とか???




マキコ
買ったんですね。
これをAmazonで購入してそちらに配送してあげようかと思ったのですが、hpを確認してよかったです。
くれぐれもお気をつけて!
うちもこの夏買っておこうかなと思っていましたが、買いませんでした。
でもやっぱり買っておこうかな。


スバナ
一発でよかったですね!”私も刺されたいけど、勇気が

ありまシェン!


朝笑龍
無事でなによりですよ
僕も、注射器買っとこうかな~(*´∀`)

Draさん
あかじい
そのとおり。巣の下で捕獲してたんですぅ。キャツラがミツバチを捕獲するように。(笑)

マキコさん
あかじい
ありゃま、買ってもらえばよかったなぁ。
ヤバそうな場所に行くなら持っててもいいけどね。林や草むらでも日常的に人が沢山いるところは大丈夫だろうね。
それよりアナフィラキシーの体質かどうかの診察を受けておいたほうがいいかも。

スバナさん
あかじい
ですよねええ。スバナさんでもですか。(笑)
わざわざ刺されるってのはねええ。

朝笑龍さん
あかじい
ヤバそうな場所に行くなら必要かも。
注射器じゃなくて吸引器ですよおお。

コメントを閉じる▲
ちょと前の話になりますが、ボラ仲間からの軽い要請で、先月の末(9月26、27日)に伐採ボランティアに行ってきました。
福島県南相馬市の小高(おだか)地区にあるボランティアセンター(通称社協ボラセン)です。(数軒隣に通称松本ボラセンというのもありますが。)

※この地区は、事故原発から20キロくらい北にあります。
1912年3月30日付けで、被曝が年間20ミリシーベルト以下の「避難指示解除準備区域」に再編されました。そして1916年4月の解除を目指して準備しているのです。現在は、人は出入りできますが、居住は出来ない場所なのです。

<参考までに>福島県南相馬市小高地区~原発事故から1年半後~(2012年10月21日訪問)
http://homepage3.nifty.com/kunihiko/radiation/odaka/odaka.htm
今も当時の状況とほとんど変わっていませんね。


正面玄関です。
DSC03709.jpg

センターの線量計です。海岸から2キロくらいの市街地です。ボクのお山と同じくらいです。
DSC03746.jpg

初日のマッチング先は市街地です。依頼は立木の伐採と草刈りでした。
DSC03715.jpg
ボクの本来の目的とは違っていたので黙っていたのですが、誰も手を挙げないので引き受けることにしました。あとから「カリタス」さんのメンバー6人も参加してくれましたが。
みなさんチェンソーの使用頻度が少ないから敬遠してたのでしょうかねえええ?変なの。

※カリタス(ジャパン)とは、日本カトリック司教協議会のボランティア支援施設です。各地にあるようですが、ここ南相馬にもあったのです。
なんと一泊500円で宿泊できるそうです。しかも2食付き!ぜひ利用してくださいな。(ボクはそれまで知らなかったのです。残念!)

DSC03718.jpg

半日ちょっとで完了でした。
DSC03722.jpg

午後からは、こちらへ移動しました。人気のミッションです。(笑)
DSC03770-a.jpg
内陸(海岸から5キロくらい)の山間部ですが線量が高いですねえ。 .23マイクロシーベルト毎時で、法律で定められているところの年間許容線量1ミリシーベルトを超えちゃうのですがね。こんなところで30代?の若いお姉さんがマスクもせずにボランティアしてるってのも・・・。
もちろん、この地区の作業注意書きを承諾しているわけですが。

※下の方に書いてありますが、東電さんがボランティアに来てます。それも定期的に。それぞれの人たちはサバサバしてましたが、内心はどうなんでしょうねええ。

このお屋敷の周囲の伐採作業です。立木、庭木含めて100本以上ありそうでした。
DSC03726.jpg

こんな屋根の掛かり木も。これはパスです。
DSC03730.jpg

15人位のおっさんパワーが炸裂してましたよ。(笑)
DSC03740.jpg

DSC03732.jpg

50センチの玉切りです。
DSC03733.jpg
まるで薪づくりみたいです。2日間チェンソーを回しっぱなしでしたよ。

じつは、通称トン袋に入れて保管するために短く切断しているということです。
これは放射能廃棄物の除染作業???じゃないよね。

まあ、住民からの依頼に寄り添うということでやっているようです。将来戻ってきたい。そのときまで屋敷を荒らしておきたくないという心情は理解できます。ですからここのボラセンの主なミッションは草刈りなのです。

被災直後の状態がいまでも続いている地域の現存ボラセンですが、ボランティア数は団体さんがいない平日は十人前後のようです。かなり忘れられている存在になってしまっていますね。
それにしても、公的な除染作業は見かけなかったのですがねえええ。どこかでやっているのかしら?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!


<蛇足>
海岸寄りの田んぼです。
DSC03747.jpg

農家の人たちが瓦礫拾いをしているようでした。試験栽培でもするのでしょうかね。
DSC03750.jpg

堤防工事らしきこともやってました。
DSC03760.jpg

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


Dra&長靴
国会でえらそうな顔して座っている議員連中。
せめて一日くらい全員で草刈りしましょう。
なんてことフッと脳裏をよぎりました。

そうそう
燐寸
議員でも草刈くらいはできるでしょ。

2食付きで500円とはいいですね~

こちら、10月1日から社協の体勢が変わってひと苦労してます。
ま、今までどことも同じことをやらかしてますが・・・


やられてますね
亀仙人
何か体の良い除染作業のような気がしてなりません。

誰か声を上げた方が良いかもよ。

Draさん
あかじい
やってみなきゃわからないことが沢山ありますよね。
被災地も外から見るのと内から見るのとでは大きな違いがありますよ。

燐寸さん
あかじい
広島での長期活動、お疲れさまです。
社協の縮小ってのは、あいかわらで疑問に思いますね。
ここのボラセンが残っている意義を考えてみたいですね。

亀さん
あかじい
メインは草刈りで、伐採などは付帯作業ですよ。
結果は似通ってしまうのかもしれませんが、あくまでも住民への不安の解消でしょうね。


massi
お出かけいただきありがとうございました!1軒めですが、伐ったら今度は塀がコワクないですか!?(笑)
ちなみにカリタスの500円は代金ではなくて寄付なのだそうです。だからみんなが言う500円という金額は不文律みたいなものかもしれません。
 
たしかにここは草刈りメインですね。毎年入ってるお宅もあるんじゃ?で、最近「伐採」ってワードが増えてる気もします。10日はまた人手が要るようなので、今度は僕が行ってみようと思います。

massiさん
あかじい
興味があったので出かけてみただけですよ。
あの塀は、やっぱり気になったので、木を伐る前に確かめましたよ。木には負担を掛けてないし、構造上も持ちこたえていました。こういうところはキッチリ確認しないとね。

カリタスさんの件、了解です。こんど泊まってみようかな。何事も体験。なっちゃんにも会いたいしね。

草刈りは、普通は年に数回刈りますから。年に1回くらいだとすごく伸びて非常に大変な作業になりますね。
伐採も、どこかでやると、それが連鎖しているのかも。ちょと考えもんかもしれません。あの伐採している人達は非常に危険に見えます。くれぐれも近づき過ぎないように。
別のボラセンでも話題になっていますが、技量の判断は非常に難しいです。
お気をつけて!




massi
う~ん、僕なんかMyチェーンソーなんか持ってきてる人がいたらそれだけで「この人はスゴイ人だろう」と判断してしまいそうです。
伐採作業があるときは気をつけます!!

massiさん
あかじい
そうですよねええ。
ヘルメットやチャップスを装着している人はかなりマシなんですが、カッコだけの人も、やっぱりいますねええ。
きちんとした知識、訓練、経験が必要なのですが、誰でも最初は初心者なので、これらを意識できているかどうかで差が出るのですね。
なので、その見分けは難しいのです。強いて言えば、他人に注意を喚起出来る人はいいでしょうかねえええ。

コメントを閉じる▲