ふと見上げると、いつの間にかデッカイ玉玉が。一か月前にはなかったのに。
一つは昨年の空き巣ですが、今年もまた作られてしまいましたよ。キイロスズメバチの巣です。
DSC03676.jpg

焼酎漬けのためにハンティングしております。今年はオオスズメバチがいないのよ。
DSC03707.jpg

巣の近くでスピードが鈍ったところを、網で捕まえて、ピンセットでつまんで、焼酎の中にポイです。
最初は緊張してましたが、彼らは一匹ずつ減っていっても気づかないみたい。
でも、ときどき取り逃がすので、そんときが怖いです。それとタマタマ2匹網の中に入ったときは、1匹逃げられる可能性が高いのです。そいつが・・・・。(汗)


こちらは玉切りです。薪用に30センチで切ってます。
DSC03693.jpg
40センチのバーでは短いというので、45センチのバーを貸してあげました。(50センチのバーがあると思っていたら勘違いでした。)

これでも届かないので、太いのは反対側からの二度切りです。
DSC03696.jpg
または回し切りでも行けるときがあります。(上方から縦に半分切って、残りを水平に切っていきます)
どちらに動くかわからないのでクサビを打っていますよ。挟まれちゃいますからね。

地面のを無理して切ると、刃がボロボロになっちゃうのね。面倒でも転がしてからね。
DSC03697.jpg

それと、バーの先端が丸太の中に入ったまま切っていると、切粉が抜けなくて、バーが焼けてしまったり、先端スプロケットが詰まったりで、チェンが動かなくなるトラブル続きでした。
やっぱり長いバーが欲しいですねえ。

二人で一日弱の成果ですが、あと一列残っているのね。
DSC03700.jpg

タマタマこんなことをしてますが、どちらも一歩間違うと痛い目に会いますねええ。
たまたま無事でしたがね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


Dra&長靴
たまが無事で何よりです。
こちら家の護岸に植えているカエデの木にはオオスズメバチがメープルシロップ目当てにワンサカ来ています。
捕獲しにおいで下さい(笑


Draさん
あかじい
そりゃもったいない。 捕獲して、いや焼酎漬けにして送ってくださいな。(笑)

コメントを閉じる▲
ボランティア放浪中の疲れを癒やそうと、ぶらぶら休養中なのですが、とくべつに疲れが溜まっているってわけでもなく、一日休めば普段通りって感じですねええ。
ということは、たんなる持久力が衰えているだけで、いつも通り、週休3~4日にすればいいだけのようです。

それにしても、朝晩はちょと寒いです。15度前後なんで、ストーブを炊きたい感じですよ。
日中は20度ちょっとで、過ごしやすいのですがね。

久しぶりミツバチに刺されちゃいましたぁ~。眉毛の間。アゴも。
DSC03668.jpg

右手首も。
DSC03660.jpg
残った針を抜くために、焦って針に付いている毒袋を詰まんじまったのね。それで周囲20センチも腫れてしまいましたよ。
そっと、払えばいいのに・・・。絞って、水洗いしても、もう遅かったみたい。
覗きの代償はバチが当たるのね!


この丸胴巣なんですがね。
DSC03665.jpg

スムシを掃除してやろうと覗いたんです。
DSC03666.jpg
機嫌がよくなかったんですかねええ。いままではそんなことなかったのに。
スケベごころを見透かされてしまったのかも?(蜜が採れるかなあ~って)

こちらは冬越ししたヤツです。4段目近くまで大きくなってました。
DSC03191.jpg

最下段を覗いてみました。
DSC03639.jpg
そろそろ下に1段足して、上部の1段の蜜を採るつもりです。

このあたりでは1年では2段くらいまでしか巣が大きくならないようです。なので、安定させるには2年必要なのかも。
ただ、丸胴のほうは1年づつ採ってもいいかな?と思っているのですが、一掃してしまうのはちょと可哀想な気もするし。でも継箱できないし。それに、刺しやがったし・・・・。

3日たったらだいぶ腫れが引いてきましたよ。まだすこし瞼が腫れぼったい感じがしますが。
まあ、針治療をしたと思えば、健康になったってことかな?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


朝笑龍
アラ~
あたしも、この前やられましたよ(笑)
摘まんだら、腫れるんですね~σ(^_^;
僕も、めっちゃ腫れましたわ(笑)
今度は、気をつけよう(笑)
ウチの子達は、逃げちゃったんで、来年また、来てくれると、嬉しいんですがね(*´∀`)
また、経過報告お願いしますm(_ _)m


Dra&長靴
やはりすけべ心は控えないとねぇ。
もう歳なんだし(笑
こちらは毎日捕虫網持ってスズメバチ退治してますよ。



スバナ
かかか・・・・・・

物欲しげに覗くからですよ、というのはうそで、肌寒くなると

ご機嫌斜めになりますよ!”


亀仙人
お気の毒です(笑)

今年は蜜が採れそうですね。


kattiiママ
素人の質問ですが、アナフィラキシーショックというのは
大丈夫なんですか? 
覗くとまず顔を刺されるんですねぇ、お大事になさって
ください。
賠償金は甘い蜜ですね(^^)v

朝笑龍さん
あかじい
ありゃ、洗礼を受けましたか。(笑)
そのうえ逃げられちゃったの。残念。来年が楽しみですねええ。

Draさん
あかじい
うちもキイロが来てますね。焼酎漬けを作りましょう。

スバナさん
あかじい
そうかああ、だいぶ寒くなったからねええ。今後は気をつけねば。
3発には参ったわ。

亀さん
あかじい
いやあ参った。この代償は蜂蜜ですね。

kattiiママさん
あかじい
いまのところショックはなさそうです。精神的にはありますが。
その傾向のある人は医者で調べてもらえるそうですよ。事前に調べて置いたほうがいいかも。
今までに何度も刺されているので、その傾向はなさそうです。
ワーッとくるので顔というか、どこから刺されるわかりませんでしたよ。
もちろん代償はいただきます。(笑)

コメントを閉じる▲
やっと岩手の山小屋に戻ったかに思えたのに・・・・・、そのまま150キロほど北上して雫石町の災害ボランティア講習会に招集されてしまいました。

雫石社会福祉協議会さん主催で全4回の3回目は、チェンソー体験と床剥がし実習でした。
DSC03569.jpg

で、ボクはその模擬床の製作の助っ人なのです。
DSC03572.jpg

※いつの間にか写真が撮られていたわ。
DSC03574.jpg

短い立て材は柱で、その間には敷居があります。全体構成が理解できるように、床束、床石も作ってありますよ。
DSC03581.jpg

チェンソーの体験実習です。
DSC03595.jpg

DSC03624.jpg
メイン講師は大阪の森林ボランティアのインストラクター(女性)でした。
ボクはこちらのサポートでしたが、ちょっとだけ出番がありました。カットの種類やバーの挟まれる状況などをデモさせてもらいましたよ。

床剥がしの実習です。丸ノコでのカットもやってましたね。
DSC03611.jpg

DSC03615.jpg

DSC03632.jpg

こちらもデモです。金属とブロックの切断です。
DSC03605.jpg

DSC03626.jpg

こういう講習会は初めての参加でしたが、実に興味深い体験でした。
それにしても!?社協さんが主催!なんです。昨年の災害を体験していますからねええ。

20人くらい参加していたので、実習といってもほんのさわりしか体験できませんが、現物イメージだけはつかめたでしょう。このイメージが大切なのですね。 
マニュアルも配布しているようです。まずは知識と体験。そして実際の現場で数をこなせればさらにいいですね。
毎年続けていくようです。今回も災害ボランティアのベテランチーム(広島や丹波から戻ったばかり)が講師をしていましたが、次回は社協さんが講師になってるかも?
いずれにしても、日頃から意識してノウハウ、経験のある人を増やすことが大事ですよね。

ボラセンを運営する場合も、このノウハウの差は非常に大きいですしね。机上で運営マニュアルだけ読んでる人はほとんど役に立たないですからねええ。
ところで、やっぱり現場での作業マニュアルは欲しいなぁ。ただ、その運用を間違うと混乱する可能性があるしねえええ。

さてさて、もう、これで、しばらくノンビリできるでしょうか。そう願いたいもんです。
先送りの仕事が盛りだくさんあるし。しかし、なんとなく、また先送りになりそうな気もするんだけど・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |

戻られましたか
亀仙人
やっと戻られましたか。

じゃ、このあいだの手間賃を発送いたします。

現物支給でご勘弁を (^^ゞ

亀さん
あかじい
いやああ、たいしたこともしてないので恐縮です。
楽しみに待ってます。
それより、早めに建て込んで冬前に屋根を掛けたいですね。お手伝いできればいいんですがねええ。


Dra&長靴
帰られたと思ったら、
もう次のボランティアですかい。
ご苦労様です。

Draさん
あかじい
ほんのチョコっとですよ。まあ、ボクの勉強会ってとこですかね。

コメントを閉じる▲
ブラブラと茨城の自宅に戻ってきました。丹波から3日かかりましたよ。

今回は丹波市の災害ボランティアの様子を、じっくりは書けないのでトピック的に紹介しときます。
ブラブラと出かけた訳ですが、多少は目的があったのですよ。

一つは、テクニカル(重機やチェンソーなどを使う)チームというのが、社協とタイアップしているというので、それに興味があったのです。(ですが、出発前に終了していたのでした。ですが、どうも活動しているみたいだったのですよ。)
ですが、社協も市役所の対策本部も、そんなもんは実在していないの一点張りでした。なんかマズイのかしら?

も一つは、山崩れ災害の実態をこの目で見たかったのでした。
広島は連日ニュースになってましたが、丹波も同様に山が崩れた被害でした。要は崩れた先に住宅が密集していたか、そうでなかったです。また、避難勧告が出たか出ないかの差でした。
つまり日本国中、どこでもありえる災害だということです。

●1日目
最初に訪れたのは、お寺の裏山が崩れた現場でした。
ここはボランティアさんが入っていたので、見学した程度です。
DSC03317.jpg

民家の裏山の土砂崩れ(すでに取り除いてあります)に建つ物置き小屋の撤去でした。(正面人の後ろ側)
DSC03332.jpg

温泉無料券がありました。これはホント助かります。事前の情報がなかったのが残念ですがね。
DSC03347.jpg

●2日目
念願の?テクニカルチームに参加できました。熊野レストレーションさんです。
民家にかかる土砂の流木撤去のための玉切りです。
DSC03384.jpg

お寺の裏山の流木処理です。
DSC03390.jpg

DSC03393.jpg
土建屋さんが入っていましたが、そこのお手伝い?作業を急ぎたいとのことでしたが。これボランティアでやること?という疑問がわきましたね。
それに危険が一杯。他人の動きに常に注意をはらい、地面はベタベタ、山あり谷あり、一本橋渡り、足場不安定。ヒジョーに疲れましたわ。

●3日目
半分埋まった家屋。
DSC03429.jpg

床下泥出しのための準備作業をしました。床下の仕切り外しとネダ取り外し。
DSC03421.jpg

生活しているキッチン床下潜りの泥出し補助。潜り隊と一緒でした。
DSC03433.jpg

●4日目
同じお宅の床貼りですが、最終清掃です。
ネダと床束の泥落としです。
DSC03430.jpg
このあたりの土質はベタベタでなかなか乾燥しませんでした。それで泥がついたままです。

束の泥jをキレイに落としました。泥がついたままだと腐りやすいですからね。
DSC03431.jpg

最初に作業したGAKUVO(日本財団学生ボランティアセンター)の作業指示書です。
DSC03432.jpg

DSC03434.jpg
さすが、後から作業に入る人のためにしっかり説明されていました。

ですが、多少はいい加減な部分も。(笑)
DSC03437.jpg
穴ぼこの開いている部分の床板がないのですよ。

裏側の土砂のが流れ込んだ部分。だいぶ整地されていました。
DSC03453.jpg

DSC03442.jpg
が、二次災害のような大雨で危うく床下浸水することでした。それで土嚢を積んだところです。
ちょと未完成ですがね。

昨日から痛みだしたため歯医者にいきました。右側で噛めなくなってしまったのですよ。
DSC03444.jpg
疲れ過ぎでしょ!って言われました。雑菌で歯茎が晴れたようです。
先生からのボランティアだということで無料にしてもらいました。そのうえ、歯ブラシと歯磨きもプレゼントされました。
「時間はあるけど金は無い」身にはとっても有り難いことです。

●5日目
床板の補修作業です。このあたりでは釘止めしないんですねええ。
DSC03464.jpg

畳の割り振り説明。これもうまく書いてありましたね。(でも理解出来ない人もいるのね!)
DSC03465.jpg
しかし建具には何も書いてないのです。これは家主さんに頼るしかないのですが、これは難題でしたよ。

ほぼ元通りになって、満面の微笑みの家主さんです。
DSC03470.jpg
これで、ボクラもホント救われます。歯の痛みも忘れてしまいますね。

でも、毎日毎日仰るのです。大雨があると心配でおちおち眠れないようなのです。先日の大雨では真夜中に避難したそうですから。
法面工事が早く完成することと、行政のフォローをお願いしたいところです。

潜り隊との毎夜の宴会モードです。
DSC03480.jpg
東京、神奈川、埼玉、山形の面々です。

富山のお姉たんと仲良しに。(笑)
DSC03476.jpg

かなり端折ったけど、やっぱり長くなりすぎたわねぇ。
ボラセンは1周間延期されて6日までとなったのですが、さらに16日まで延長になりました。
どうもここの社協さんは閉鎖的で、具体的な内容や状態を隠したがる傾向があります。土地柄なのかもしれませんがね。
そんなわけで、現場のコーディネートでお世話になったピースボートさんも引き上げるとのことで、ボクも程よいところで引き上げることにしました。
でもでも、ブラボラは続くのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
お隣の福知山のブロ友のセルブビルドログの移築作業をちょと手伝ってきました。
というより会いに寄ったのですがね。
DSC03493.jpg

DSC03511.jpg

移送途中の山道のがけ崩れに遭遇。
DSC03503.jpg

DSC03506.jpg

DSC03508.jpg
こんなときでも慌てず、チェンソーでサッサと片付けましたよ。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |

お疲れさまでした
燐寸
やっぱりマズイようですよ。
公式にはやはりチェンソー禁止。
市と社協上層部とは内密に話は通じているようですが・・・

独自でとってきたニーズはバンバン使ってますけどね。

確かにちょっとハードな現場もあるようです。


おつかれさまでした (^^ゞ
亀仙人
僕が仕事でよく行く地域ですね。
県道からは見えないけど、けっこうヒドイ状態だったんですね。

歯医者さんもやるもんだねぇ(笑)

またいつか会える日を楽しみにしています。

燐寸さん
あかじい
基本的には上層部で繋がっているようですね。ただ、それを無いことにするって態度が嫌いですねえ。

亀さん
あかじい
もっとゆっくりしたかったですが残念です。
ちょと道路を走っただけでは気が付かないですよね。
また、機会があったら伺います。って、やっぱり遠いわ。特に下道だと。(笑)



Dra&長靴
高速使っても行きたくないくらい遠い国から、
よくもまあ下道でおいでだこと。
感心しましたよ。
ゆっくりお休み下さい。

Draさん
あかじい
ボクもそう思いましたよ。(笑)
そっちにも寄りたかったけど、そこまで行くと次は広島ですからねええ、


コメントを閉じる▲