台風一過、いい天気です。朝晩は冷え込むようになりました。ストーブを焚くようです。というか焚いてますがね。

さてさて、2日間ほど天候不順でお休みしました。で、再開です。
もう5日間(実質3日)は過ぎましたが。このあたりは想定内なのですが、さて、あと何日かかるやらです。

開口部の作業が続いてます。やっぱい移築後だとやりにくいですからねええ。
ボクラは、刻み時にやってしまうのですがぁ・・・・。

例の冶具を取り付けてみました。実地試験です。(コレは試作品で無料なのです)
DSC00678.jpg
115ミリの深さにしてあります。(キーウェイにツーバイフォーをそのまま入れると想定した場合の寸法なんですが。)

※ちなみにこのバーは33センチです。久しぶりに使ったのですが、刃が切れないのか、何なのか?加熱してオイルが燃えて煙が噴出すのですよ。
こういう姿勢での大きいチェンソーは重いです。腕がパンパンになりましたよ。体力不足かしら?

開口部スカーフの予備カットです。
DSC00673.jpg
この部分を直線にして残りを後で曲線スカーフにします。
直線にするのは、ケーシング(額縁)をピッタリ貼るためですね。さすが唐宇了ドンなのです。
しかし、この後に待っている立ち姿勢の曲面カンナ仕上げは地獄ですねええ。

小さい開口部には小さいチェンソーを。
DSC00687.jpg
63センチ幅です。

冶具穴がないのでマーキングしてあります。
DSC00684.jpg
(よく見ると、8センチの穴が空いていたのね。)

唐宇了ドンのキーウェイ彫りです。
DSC00681.jpg
ちなみに、基準線は最下部の壁芯から立ち上げています。両側のカット面も直角をとって同寸にして立ち上げます。

同じく冶具を取り付けています。(こちらは改良型で有料)
DSC00676.jpg

2個穴が開けてあり、8センチくらいになってます。
DSC00677.jpg
45ミリのキーボードを差し込む予定なので、配線用のスキマをとっているわけです。(斜めにカットしているので、それより浅くなりますがね。)

深さが一定になりますね。便利なもんです。
DSC00686.jpg
40ミリ幅なので、上から下まで4回やると完成です。4回目は残った薄い破片を取り除きながらやりますが、まっこと効率がいいですね。フラッシングは必要ありません。

※こいつは売れると思いますねええ。ただ、ボクラには余計なパーツが付いているので、無いほうがいいかもしれません。(するともっと安くできるかな?)

※ちなみに、このUグルーブはまっこときれいでしょう。このスキマ間隔。
でも気に入らないようなのです。指示通りに刻んだのにぃ・・・。なぜかというとUグルーブ自体を作らないのが信条なのだそうです。



通しボルトの穴あけです。30ミリ径。
DSC00689.jpg
開口部の処理は終わってないのですが、見切り発車ですかね。笑
(焦るとろくなことがないのですがね。これはナイショ。)
やたら硬いようで、やっとヤット穴が空く程度でしたね。錐が抜けなくなったりしてね。笑
ボクはこの作業が苦手なので(恐いので)、唐宇了ドンに任せていますよ。

1本目を降ろしてみました。
DSC00695.jpg

2本目も下ろしてみました。
DSC00696.jpg
いやあああ、勇壮でしょおお!

このときは、誰も積み直しするとは思ってもいませんでしたがね。穴が貫通してなかったのですよ。笑
さて、順調にいってあと日ですかねえええ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

本業?助っ人業 | トラックバック(0) |


Dra&長靴
なかなか順調そうですね。
怪我がないように慎重にやってくだされ。
それにしてもここの重機はスケールが違いますね。
羨ましいわ。

Draさん
あかじい
順調なんですかねえええ。笑
ボクは高いところが苦手なんで、唐さんにお任せしとります。
こういう場面では、このユンボは活躍しますね。


ログビル
あかじいさん

綺麗に出来るもんですね!~凄いです。

もうすぐキーウエイ加工なのでこれ欲しい!!です。
どうすれば購入できるか教えていただけませんか?

ログビルさん
あかじい
あれはですね、「丸太加工とその工具」というブログ(このブログ村にあります)の岩手県の藤原さんて方が作ってます。
ボクからの紹介とか言って問い合わせてみてくださいな。
唐さんは四千円で買われたそうです。(唐さんのブログも見てみてくださいな。)
チェンソーのバーに6mmの穴を開ける必要があります。切れるドリル刃(ステンレス用がいいかも)がいいですね。


芋久保
私もあかじいさんの紹介と言っていいですかね。安くなるのなら‥‥ 普通の値段でいいのですけど‥‥

芋ちゃん
あかじい
あらまああ、芋ちゃんは必要ないじゃないですかああ。
まあ、唐さんの紹介と言ったら安くなるかもしれませんね。開発提案者ですから。笑
現在、改良点を連絡しときましたので、多少仕様が変わって、安くなるかも知れませんね。

ありがとうございます!
ログビル
あかじいさん

有り難うございました。
早速御願いしてみます。


ログビル
あかじいさん

一昨日 溝切りジグが届きました。 有り難う御座いました!!。

ログビルさん
あかじい
そうですか。よかった。説明書なども付いていたのでしょうかね。
うまく使えるといいですね。

コメントを閉じる▲
フクシマの川内村にあるログサイトにやってきました。
今回は解体作業です。解体廃棄じゃなくて、移設ですよ。笑
同じ場所に基礎を作るために、すぐ横に置いときます。
一か月後くらいに建て込み作業になるのでしょうかね。

シルバーグレイがいい雰囲気ですが。
DSC00656.jpg
震災前の古い材もあるので、これ以上はヤバイ状況なのです。

キーウェイが刻んでありました。
DSC00658.jpg
さすが唐宇了ドンです。

ボクには出来ません。
DSC00659.jpg
突っ込んでいるんですねええ。

昨日のお仕事は。
DSC00661.jpg
丸太の番付作業です。
ガムテープを二つ折りにしてます。これは研磨面に裏糊がつかないための配慮なのだそうです。
これをタッカーで止めていきます。

この作業で一日かかりましたよ。
DSC00665.jpg
脚立を登ったり降りたり・・・。いやああ、本数が多いですわ。

番付の方法ですが。
DSC00666.jpg
人によって多少は違いますが、似たり寄ったりですね。
これの意味は、最初が壁通り(’は裏側)、次が段数、最後が短材パーツの表からの順番です。
つまりこの下段は、C列の裏側で、4段目の、3っつ目の丸太、ということになります。

※けっこう頭が混乱して間違ってしまうので要注意です。コレで間違うと、積み上げ時にもう探すのが大変なのです。
くれぐれも再チェック要です。写真のようにアチコチ訂正してありますよ。笑

※通り壁の記号のつけ方はいろいろですね。ABCーXYZ、ABC-いろは、とかね。
 裏側(反対側)は、小文字、色違い、カタカナ、にするとかね。百均で買えるカラーカードで色分けするなんてのもアリです。

研磨面以外は直書きです。
DSC00667.jpg
ラベルを貼ったほうが書きやすいんですが、なぜか、ほとんどの人がそうしないんですよねえええ。フシギぃ。

梁などは。
DSC00669.jpg
何番目の梁とか、階段梁とか、出桁とか、写真のようにデッキ内側とか外側とか・・・。適当に?書きます。
段数を書いておかないと積み忘れちゃいますからね。同様に裏側は’付きですよ。


まだ開口部処理が残ってます。
DSC00664.jpg

ボクは三日間の助っ人予定なんですがねぇ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

本業?助っ人業 | トラックバック(0) |


Dra&長靴
唐宇了さんといいあかじいさんといい、
神出鬼没ですな。
お二人は兄弟でつか(笑)


朝笑龍
丸太の数、何本ぐらいになるんですか?



芋久保
建て込みの予定はいつ?年内でしょう?
唐さんに聞いた方がたしかかな〜

Draさん
あかじい
いやああ、無理やり引っ張り込まれてんですよ。笑
昔は、そう呼ばれたこともありましたがね。

朝笑龍さん
あかじい
大体11段ですから、掛ける6で、12メーターものが66本+20本くらいですね。短材を含めると・・・・・?そのくらい。

芋ちゃん
あかじい
さあね。誰もわかんないんじゃない。やってみないと。
ふつうに考えると、基礎ができた後だから10月末くらいなんだろうけどね。
そして年末までに屋根を掛けるってのが理想ですねええ。


コメントを閉じる▲
フクシマにきています。 川内村のログ解体の助っ人です。
(台風20号の影響で天候不順のため、きょうはお休みです。けっきょくたいしたことも無かったのですが、朝の強い雨でめげちゃいました。)


ちょと早めに出発して、かねてからお誘いのあった南相馬市に寄ってきました。
災害支援ボランティアとしてはこの地は初めてですが、現在ボランティアセンターが2つ稼動しています。
時間があったので、アチコチ寄り道しながら現地リポートです。


仙台市の荒浜とういう海岸です。
DSC00558.jpg
このあたりは農地の復興作業もあちこちですすんでいるようでした。

慰霊碑です。
DSC00556.jpg

仙台空港近くの海岸です。
DSC00585.jpg

海岸緑化プロジェクトのようです。
DSC00568.jpg
森の堤防事業の植林もチョビチョビと(スポット的に)おこなわれています。

防風柵なのかしら?
DSC00574.jpg
柵間には木材のチップが敷き詰められていました。下部は砂地だった。

長大な堤防も出来てました。
DSC00577.jpg
たしか全体で350キロくらいだったかな。その十分の一も終わってないでしょうね。
オリンピックなんかやってる場合じゃないのかも?原発事故の対応だって不備だらけだし。


南相馬市の小高地区です。例の原発の20キロほど北部です。
昨年の四月から警戒区域が解除され、ボランティア活動も可能になっています。
ただ、住んではいけないことになっているので、町はひっそりしています。一年半も経ったのに。

国道六号線の海岸側の農地はけっこうきれいに瓦礫が取り除かれていました。
DSC00634.jpg

舗装道路も表面が流されてしまうのですね。
DSC00643.jpg

放置されたままの車が何台も。
DSC00645.jpg

壊れかけた民家もそのままに。
DSC00644.jpg
解体しているところもありましたが。

海岸にあった廃棄物集積所です。
DSC00636.jpg

黒いトンバックが不気味?
DSC00639.jpg
最近、除染作業も始まったようなのです。

地面でもコンマ2くらいの線量でした。
DSC00629.jpg

作業者用のビジネスホテルです。
DSC00649.jpg
何箇所かありました。ここは2500円(素泊まり)でした。
お風呂が100円で開放されているので入ってきましたよ。

知り合いがいたので、伐採のお手伝いを。
DSC00619.jpg
ここでは、ボランティアセンターでもふつうにチェンソーや仮払い機が使われています。
まだまだ、災害初期の作業が多いのですね。


ところで、最近、直接の被害がなかったところにも、終わったと思われるところにも、ボランティアが集まって作業している光景を見聞きします。
復旧から復興へのお手伝いってのは、まだ多少わかりますが、どう考えても全然関係ないような日常作業にも・・・。
ボランティアを通して親しくなったって場合もあるんでしょうね。入れ込みすぎているボランティアも気になりますが、これらの作業にも疑問を持っているのですよ。
ちょっと引いて考えることが必要なんだと思うんですがねぇ~。

それから、高齢者のボランティアもよく目につきますね。これは大賛成です。
年金暮らしでヒマを持て余している人は、そうでない人も、ぜひ参加して欲しいもんです。新しい世界が開けますよ。
ただ、頑固で人の話を聞かない人も多いので、このあたりが難しいのよねぇ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


Dra&長靴
復旧の様子NHKでやっていましたね。
地元の方との話し合いも何もなくていきなり巨大な堤防とか、
緑化とか・・・・・・。
ボランティアに参加もせずにこんな事言えませんね。

Draさん
あかじい
上から目線の押し付け行政ですからね。目が届かないとこはいつの間にか出来上がってますしね。
ボランティアは楽しいですよ。一度お試しを。


Dra&長靴
阪神の時はボランティアの方がお見えになったとき涙がでましたよ。
そのお返しもできないままですが、
製作中のログを完成させた暁にはいきます。
ただ・・・・・・
いつになるのか・・・・・・

Draさん
あかじい
そんな経験もお持ちですか。
まあ、初参加はかなり勇気がいりますよ。気分転換くらいのつもりで気楽に参加するってのもアリかと。

コメントを閉じる▲
さてさて、次の仕事が入ってしまいました。フクシマ行きです。
かねてより依頼があったのですがね。なかなか行けなかったのです。

で、以前から気になっていた冶具を作ってみました。

インパクトのボックスレンチです。
DSC00504.jpg
ディスクグラインダで切り欠きました。
余っていた十四ミリです。

コレ、蝶ネジ外しなのです。
DSC00503.jpg
ビニールハウス(骨組み)の解体時に重宝しますのです。

さて、出かけますかね、寄り道しながら。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

道具について考えた | トラックバック(0) |


Dra&長靴
あると便利な一品ですね。
ほんの少しの工夫が世界を救う(笑)


(メ・ん・)?...
なるほど
ビニールハウスの組立や解体はやったことないけれど 便利そうですなぁ
山形の影響かなぁ

Draさん
あかじい
そうなのよ。解体にはいいのですよお。すっごい数がありますからねええ。

唐さん
あかじい
同上。アルバイトしてたことがあるんですよ。 それにボランティアでもときおりニーズがありますね。
一応職人面して、こんなモノを使うわけです。

コメントを閉じる▲
やっとこれが最後のネタです。まとめ書きです。(読まれている方はお疲れさまです。)

先日、食料を買出しにバイクでいきました。午後の3時くらいだったのですがね。
暗くなるには時間があったので、ちょと遠回りして志津川(南三陸町)の海岸沿いを散歩してました。
海だけを見ていると、まっことキレイなもんです。
2年前には、よくボランティアにきていた現場でもあります。

チェンソーの音がするので、アタリを見回していたら、吊るし切りの現場を発見したのです。
滅多に見られないことなので、バイクを止めてしばし見物です。
このとき自然にエンジンが切れたのです。

デッカイクレーンが伸びてます。
DSC00511.jpg
下ではユンボが動き回って、ダンプに丸太を積んでました。
チェンソーの音は下と上から聞こえます。

角度を変えてみると。
DSC00513.jpg
中央に、上部が切り取られた木を発見しました。
そこに人がいて動きまわってますが、遠くてよくわかりません。いつ切るのかなぁ~。
そのうち本格的にチェンソーが動き(そういう音がした)、木が倒れたのです。宙ぶらりんに。

コイツを上部から玉切りしてたんです。
DSC00516.jpg

地上に降ろして枝の処理をしてます。
DSC00519.jpg
小1時間ほど見物してたら作業が終わったみたいで、クレーンに乗ってキコリさんが降りてきましたよ。


で、ボクも切り上げようと、バイクのエンジンを掛けようとしたら、かからないのです。
何度やっても・・・・。押しがけなどもしましたが、坂道じゃないのでどうにもならない。

で、燃料のチェックをしたら、キャブ下からは燃料が出てくるのです。
それならとプラグのチェックを。火花が飛んでないみたい?あれま!
これじゃ、ちょと人に頼んで押しがけも無理ですね。
知り合いに電話して、運んでもらおうかとも考えてましたね。誰にしようかしら?と。

人家の方に歩いていって、バイク屋さんか車屋さんを聞こうとしてたら、運よく地元のスタンドの燃料配達車に遭遇しました。しかしバイクのプラグは無いのだそうです。
聞くところによると、他に海岸には自動車屋さんは開業していないとか。町並みはすべて流されてしまいましたからね。嵩上げとか堤防とかは全然進んでませんしね。

通りがかりのオッサンが「ナントカ機工にあるんじゃないかえ?」そこは船屋さんだったのです。
そこまで、スタンドのお兄さんが乗せてってくれました。一キロくらいあったかな。

で、規格は違うけど、使えそうなプラグをわけてもらいました。
DSC00529.jpg
本来は9なのだけれど、6という規格でした。小さいバイク用だとか。

ふたたび一キロほど歩いてバイクに戻り、プラグを付け替えたら、キック3発でエンジンがかかりましたよ。ホッ!
もう薄暗くなってましたねええ。

その後、スーパーで買い物をして、真っ暗になった山道を戻ってきたという、緊迫感あるハラハラ・ドキドキの出来事でした。ヤレヤレ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!


雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(0) |


Dra&長靴
タダでスリルとサスペンスを味わえたのですね。
映画を見たと思えば安いものです(笑)

Draさん
あかじい
そのときは、ほんと悩みましたよ。安いスリルを味わいました。笑


お互い貧乏してるようだけど
貧乏でなければ味会えないハラハラドキドキだよねェ

唐さん
あかじい
いやはや。貧乏を楽しんでますよ。 だから働きたくないの。


朝笑龍
僕も、SRに乗ってる時は、良くありましたね(笑)
遠出は、ドキドキしながらでたもんですね(*´∀`)
無事生還できて、良かったですね♪

朝笑龍さん
あかじい
そうですか、経験してましたか。
バイクのトラブルは嫌ですねええ。プラグのスペアくらいは持ってなきゃねええ。
昔はパンクキットも持ってあるいもんですが・・・。

コメントを閉じる▲
秋になってミツバチちゃんたちは活発に行動しているみたいです。
DSC00478.jpg

が、中を覗いたら・・・。
DSC00509.jpg
ありゃま。2段目から増えてないのね。
何やってたのかしら? これじゃ家賃(蜜)がとれないじゃないかぁ~!

こんなのが来るかしら?
DSC00471.jpg
オオズズメバチがミツバチを捕まえたところです。

流石にコイツが来ると萎縮して外に出てきませんね。
十分ほどすると、また戻ってきてミツバチを捕まえていきます。1匹だけが繰り返しているようです。

ならば、捕まえて焼酎漬けです。
DSC00520.jpg
その後はやってこなくなりました。
去年は76匹捕まえたのに残念。もっともこれからが季節だから、あとのお楽しみですね。

こんなヤツもきますが。
DSC00481.jpg
コガタズズメバチですね。
コイツに対してはミツバチも勇敢に追い払おうと団体でブルブルして抵抗しています。
が、やっぱり捕まえられちゃうのね。

コイツも繰り返しやってきます。ときどき2匹来て喧嘩してるので別の群れからも来ているようです。
彼らは効率もよくないので、見逃していたんですがねぇ~。


バイク置場(薪置場だけど)
DSC00530.jpg

こんなところに巣を発見!
DSC00523.jpg

ブルーシートの合間に。
DSC00524.jpg
「上の方に造れば快適じゃないのぉ?」とそのときは思っていたのでした。

比較的大人しい蜂ですが、バイクを動かすとき刺激しちゃうとマズイので、コイツラは退治することにしましたよ。
でも、まだブンブンしてるのねええ。
よく見たら上に上がって行くじゃありませんか!

アレマ!ここにも巣が!
DSC00532.jpg

デッカイのが。
DSC00533.jpg
なるほど、これがあったから下の方に造ったのね。
2種類の蜂がやってきていた訳もわかりましたよ。
って、感心しているばあいなのでしょうかねぇ。

とりあえず退治する必要もなさそうなので、その方法もないので、このままにしておくつもりです。
生け捕って、焼酎漬けにする方法がないべか?検討中でもありますが・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


東京太郎
けっこうミツバチ襲われているんですね。コガタスズメバチに襲われているとなっていますが、画像に写っているハチはキイロスズメバチですね。 キイロスズメバチ攻撃性が高いので要注意ですよ。 スズメバチの巣中にいる幼虫炒めるとおいしいですよ

太郎ちゃん
あかじい
キイロってホント?根拠は?
幼虫食べたことありますう?どんな味なのかしら?


Dra&長靴
うちのヤードでは腐ったひのきの根っこにこの蜂が巣を作ります。
あたしゃまだ刺されたこと無いのですが、
じいさまがしょっちゅうやられていたようです。
追っ払っても必ずこの近くのどこかに巣を作りますね。
緑の公社さんがおっしゃるには刺されたらこの蜂が一番痛いとか・・・・・・


ペーターランド
砂糖水を与えないとハチ達
越冬できませんね。
砂糖の濃度が大事ですよ。

Draさん
あかじい
それってオオスズメバチのこと。確かに痛そうだわね。
こいつには絶対に刺されたくないですわ。スバナさんじゃないから。笑

ペーターランドさん
あかじい
確かに越冬できそうもありませんねええ。昨年もそうだったし。
砂糖代かけるだけメリットがありますかね。


スバナ
小型スズメ蜂の巣は下に出入り口の穴が開いてます

100%キイロですが、すばしっこいですよ、家にも
来てますが、ほっておきます。

蜜蜂も弱群と強群います、弱群は死滅させるべく

あたしは、放置します


スバナさん
あかじい
巣の横に出入り口があるのがキイロですかあ。勉強になります。
うちのは全部弱郡のようですねええ。今年もダメかぁ。


東京太郎
キイロスズメバチは厳密にいうと何種類かの亜種がいるので厳密には同定はできませんが… 見た感じ全体的に小さく黄色っぽいです。

幼虫の味 クリーミーなあじですかね濃厚な味がしますよ 

太郎さん
あかじい
スルドイ観察力ですねえ。あの写真だけでわかるとはねええ。おみそれしましたよ。
後でサンプルを捕獲して調べてみましたが、キイロが正解のようですね。ありがとさんです。

コメントを閉じる▲
復活したユンボにしばらく触る機会がありませんでした。
ちょっと時間が空いたので、久しぶりにエンジンをかけてみたのですが、どうもパワーが出ません。
あんときは治ったかと思ったんですがねええ。

で、前回の修理時に言われていた、古くなった燃料を交換してみました。
DSC00462.jpg
水抜き剤だけじゃ無理なのかと思ってね。
80リッターくらい入ってました。
この燃料は、お風呂のボイラーでは燃えたので、そちらで活用してます。

燃料フィルターからも抜いて。
DSC00464.jpg
新しい軽油(買い置きなのでちょと古いのですが・・・)を入れました。
そして燃料切れ時にやる、ネジを緩めて(タグの付いているボルト)、その左にあるポンプをピコンピコンして、燃料を吸い上げて、と。

これで復活しましたね。と思いきや・・・。まだ、いまいちパワー不足なのです。
ブームなどは動くのですが、走行が思わしくありません。走るとパワーが下がってしまうのです。1メートルほど走って止まって、パワーが回復したらまた走るの繰り返しなのです。
こりゃ実用にならんわねえ。
予定していた秋の作業は諦めムードです。

このシリンダーからも大量のオイル漏れが。
DSC00465.jpg
ダラダラ流れているのですよ。直すとお金がかかりそう。

駆動輪のスプロケットも山がないし。
DSC00469.jpg

バケットの爪もないし。
DSC00526.jpg

やっぱり、鉄屑ですかねええ。
しかし、動くといえば動くので、なんとかトラックに積み込めれば、ここで解体して鉄屑にしなくても済むんです。

そこで機械屋さんに査定してもらおうと思っているのですが、ナンダカンダで忙しく、そのままになってます。
多少は値段がアップすると嬉しいと思っているんですがぁ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


chika
多忙のご様子
季節の変わり目です、御身のメンテも!!

chikaさん
あかじい
おしさしぶりです。
自分のメンテってどうすればいいのお?若い娘がいいのかなぁ~?


Dra&長靴
車だと車検とか税金とかかかりますが、
バックホーは持っていてもお金かかりません。
たまにしか乗るのでは無く、
毎日乗ってあげましょう。
こういうメカはたまにしか乗らないと調子悪くなりますね。


高岡さん
あかじい
高萩ですね。思い出しました。ご無沙汰してます。
このコメントに関しては、オープンにしちゃマズイのかな?(返事はいったん削除しました)
見積もりを取ってからご相談に応じますよ。
連絡先用に別途メールくださいな。

Draさん
あかじい
そうかもしれませんねええ。
今後は、たびたび動かしてみますよ。調子よくなるといいけど。


芋久保
これだけひどいとエンジンかかると言って、鉄くずがいいですね。
林業をしていたとき木出しの機械(イワフジも)駆動輪のスプロケットの山が少なくなった時はすぐキャタが外れるし、仕事になりませんでしたね。作動油漏れも修理すると10万単位でお金が飛んでいきますよ。

芋ちゃん
あかじい
ヤッパリ鉄屑が正解ですかねええ。笑



スバナ
油圧ポンプがいかれてるのかも、家の古いバックホーも

同じ症状でポンプの交換は機械の蘇生が良くないので
止めとけといわれ、売りました。

しかし、スプロケットの山はたっぷりありました、バケツの
爪もバッチシですたが!

スバナさん
あかじい
油圧ポンプかぁ。 こりゃまたお金がかかりそうですねええ。
やっぱ処分かな。

コメントを閉じる▲
いやああ、台風一過、まっこと穏やかな秋晴れが続いています。
18号は直撃で頭上を通過していきましたが、当地では勢力も弱まっていて、たいした被害も出ませんでしたね。
ただ、京都方面の方は被害が酷かったようで、お見舞い申し上げます。(そちらまでは支援には行けず心苦しく思っているのですが。)

ここのところ、関東地方の竜巻災害などもあり、ナンダカンダでせわしなく、ブログの更新もままなりませんでした。
で、振り返って書いている次第ですわ。いい天気なのにぃ・・・。


先日の岩手県雫石で災害ボランティアしてた隣町から、緊急の支援要請があったので、助っ人してきました。
知る人ぞ知る「カントリー男」さんの半割りDログの移設作業です。

独立基礎の据付。
DSC00370.jpg
別作りしたものを、穴に据え付けるって作業です。
これは、位置合わせや、高さ合わせに苦労しますねええ。

通しボルト空け。
DSC00385.jpg
この方が開発した冶具が登場しました。(こういう冶具が沢山ありますよ。)

角パイプをスライドします。
DSC00407.jpg
下端を固定した長い角パイプをドリルがスライドする機構です。
一段ずつ空けますが、最初に空けた跡から縦方向と横方向が正確に、つまり鉛直に、開けられるというものです。

が、このくらいはズレる。笑
DSC00415.jpg
残り2段ですが、縦線が基準線です。これは最初の垂直が正確じゃなかったのでしょうね。
ドリル径は15ミリ。ボルトは12ミリを通すのだそうです。一般的にはドリルは25ミリくらいかな。
(移設後に見たら、先が見えてましたから真っ直ぐでしたよ。)

トラッククレーンで解体。
DSC00405.jpg
超ショートボディの四トン車の後部に付いてます。山林用に改造したのだそうです。

外側の隙間。
DSC00412.jpg
「内グルーブを密着させるために」と同じ考え方ですね。
このスキマに足場板を挟んでました。超便利。

内側カンナ掛けと溝切り。
DSC00420.jpg
溝切りはスキマ対策でランバー材を挟むためです。

土台の据付。
DSC00426.jpg

レベルの確認。
DSC00441.jpg
レーザー光を見るためにシートを被せて作業してます。
ここで、基礎の位置合わせと高さ調整をしましたよ。四か所しかないので、こんな方法もありですかね。笑

ランバー材を挟みながら積み上げ。
DSC00442.jpg

壁組み完了。
DSC00447.jpg
カニクレーンがカッコイイ! ワイヤーリモコン付です。

妻壁キット。
DSC00449.jpg
こちらは雇いザネが入ってました。

運び上げた時点で時間切れ。
DSC00452.jpg
この方、本業はブドウ栽培なのです。これから収穫時期にはいるので、それまでに屋根を掛けたかったのだそうですが、けっきょくシート屋根になっちゃったのね。

完成形。
DSC00361.jpg
これは以前に造ったものです。

これをキットで売りたいそうですが、さて、いくらくらいで売れるでしょうねええ。
ちなみに3メートル四方(3坪=六畳=10平米)です。用途いろいろ。
二人いればクレーンは不要ですね。

もう一棟造ってあるのですよ。売れ残ったら欲しいなぁ~。
長い間懸案になっているうちのトイレとお風呂場に使いたいわ。ことしも造れそうにないしぃ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!


<オマケ>
ここにはオモシロイものが一杯ありますよ。

こんな階段もいいね。
DSC00438.jpg

建てかけのド迫力ログ。
DSC00399.jpg

木端葺き屋根。(古~い物置)
DSC00414.jpg

キーウェイ彫り冶具。
DSC00394.jpg
深さを均一にするためのものです。
これもらってきたのだけど、バーに穴あけが必要なのね。

本業?助っ人業 | トラックバック(0) |


Dra&長靴
カントリーさんのお家はあかじいさんのお家から近いのでしょうか。
いつか青森に行くついでにそちらにお伺いしたいと思っています。
カニクレーンは最長に伸ばして何トンくらいまで持てますか

Draさん
あかじい
カントリーさんのところは、150キロほど北上したところです。ぜひお寄りくださいな。

カニクレーンねえええ。仕様はわかりませんが、ほぼ30度で100キロくらいかしら?あの丸太でも倒れなかったから。
垂直に近くしても何百キロでしょう。たぶん。

コメントを閉じる▲
岩手県雫石町の大雨災害ボランティアも先が見えてきたので、やっと切り上げてきました。
初期の段階から参加して、終了間際まで、延べ2週間超でしたね。
(実は、次の助っ人業の依頼が入ったので、森のログに戻って、雑用&休養してます。)

※ボランティアセンターは9月1日で閉じます。その後は、ニーズに応じて週末だけ開設するとか・・・。

ユンボでの泥掻きです。
DSC00308.jpg
土台の上まで土砂が被って、床下の水が引かなかったのでした。
人海戦術も威力を発揮しますが、こんなところは重機が必要ですねええ。これもボランティアですよ。

町内ボランティアを募集してました。
DSC00314.jpg
意外と言ってはなんですが、地元の参加者が少ない感じでした。この後、地元民を示すビブス(チョッキ)が増えたようです。

人員はお盆明けから極端に少なくなりました。
石巻駐在の災害支援プロ集団?のみなさんが動いたせいでしょうか、各種団体も集合して、その後は連日100人を超えるようになりましたよ。

床板剥がしです。
DSC00320.jpg
古い家は立派な?古材活用?の根太があったりして、いろいろ勉強になります。
この寒い地域でも、断熱材の入った家は一軒しか見なかったです。

再利用する場合は、ちゃんと剥がします。
DSC00352.jpg
ボクも後半はほとんど床板剥がしに専念してましたよ。

人海戦術の泥出し隊。
DSC00323.jpg

強烈に潜りたい!(隊?)
DSC00342.jpg
比較的新しい家や、床板を壊したくないとい家屋の場合は、点検口などから潜っての泥出しです。
もちろん能率はよくないですが、依頼主の希望優先なのです。
でも潜るのが大好きな人たちなのよねええ。

石灰散布です。
DSC00345.jpg
泥出し後に乾燥と消毒の為に散布してます。そのまま住んでいる家庭では、このように養生して飛散しないようにしてました。
このブルーシートの下で作業しているわけです。完全武装でね。

山口、新潟、秋田、山形の災害支援へ行った後に、こちらに来た人とか、関東圏から日帰りで連日参加してくる人とか、休日のたびに参加してくる人とか、連日暑かったけど、ほんとに熱いボランティアが集合してました。
半分くらいは老人会みたいな人だったっかなぁ・・・。ボクも含む?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>

道の駅で車中泊です。
DSC00330.jpg
無料温泉後にビール風味で宴会モード。

慰安女子隊。
DSC00339.jpg
日中は、カキ氷などを届けてくれてましたよ。
後方の外人は?マイケルっていう日本人の棟梁です。3日間ほど一緒に作業してました。

※雫石社協のブログにもけっこう登場しちゃってます。
http://ameblo.jp/borasen/entry-11601791176.html

次の助っ人現場です。
DSC00372.jpg
カニクレーンってカッコいいですよねええ。よく墓場の狭い通路で活躍してますね。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


ご苦労様でした ポチクリ

唐さん
あかじい
アリガトさんです。


Dra&長靴
いゃ~大変な作業ですねぇ。
腰や首にきそうです。


こりゃ大変
亀仙人
床板はがさずに潜らされちゃうわけ?
だれも文句言わないんですかねぇ・・・

Draさん
あかじい
これも、たまにはオモシロイですよ。笑

亀さん
あかじい
いやいや、進んで楽しんでやっとります。彼らの勲章なんですよ。


ほんとにほんとにごくろうさんでした
何度見ても 頭下がりますですよ m(T-T)m

唐さん
あかじい
何度も見てくださってアリガトサンです。


ペーターランド
床剥がしや床下での作業
そうとう辛かったんじゃないですか。
本当にご苦労様でした!

ペーターランドさん
あかじい
ボランティアは辛い仕事はしませんよ。 辛いけど辛いとは思わないってことかな。 けっこう無責任でもありますから。笑

コメントを閉じる▲