やっと来冬用の薪の伐採を始めました。

きょうで3日目ですが、疲れてます。運よく雨の予報だったので、骨休めと決めていたのです。
のに、ナカナカ降らないのです。で、降るまで、前日伐採の集材でもするかとユンボに乗ったのだけれど、ブームが動かないのです。
作動油が減ってたのを、すっかり忘れていましたぁ。

で、買出しに行っのですが、気がつくとお金が無い。千円札が1枚だけ。
いつも払い出しをするコンビニは改装中のハズで、遠回りして別のコンビニに行って降ろしてきたのです。
ところが、帰り道、そのコンビニは開いていたのですよ。とほほほ。

で、ホームセンターへ。
作動油は20リッター缶がなくて4リッター缶だけ。10リッターはほしいのに。割高ぁ~になるのよね。
しかたなく、仕入れて戻ってきたら、今度はどしゃ降り。
あ~あ、けっきょく元に戻って骨休みになりまた。
ついてない日でしたよ。


先日の伐採ボランティアの帰りに寄ってきました。

「津波の教え」の石碑です。
IMG_1956.jpg
高台の小泉小学校の入り口にあります。
この高台から下の住宅街はまったく消え去っています。

裏書です。
IMG_1960.jpg

後ろ側にこんなことが書いてありました。(実際は縦書きです)


気仙沼市小泉地区被害状況
死者・行方不明者   40/1809人
被災世帯(全半壊)  322/568世帯


コレを見て、死者よりも行方不明者のほうがスゴク沢山いるんだぁ~!と思ってしまったのです。
それから全壊世帯が322、半壊世帯が568なのかぁ~とも思ってしまったのです。

帰ってきてからずっと引っ掛かっていたのです。小さな町なのに行方不明者多すぎますからね。
ふと、568は全世帯数かな? 家族が平均4人とすると、約2200人かあ。
ということは、1809人は行方不明者じゃなくて、全人口なのね。と思い当たったのでした。

・や()や/の使い方が解りにくいのよね。
まあ、いろいろ教えてもらったのでした。


いまごろ伐採するのは忙しいのです。葉が出ちゃいますからね。
そうすると葉の処理などちょと面倒なのです。それに、水も吸い上げちゃってますから乾燥もイマイチなのですよ。
いつも、葉が落ちた10月か11月に伐っておけばいいのになぁ~って思うのですが、ちっとも学習しないのですね。
なぜなんでしょう。

伐採は彼岸から彼岸までと決まっているのよね。
自然の教えをちゃんと聴かなきゃ・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


<追記>
ラジオ(FM)をつけたら、同じことの繰り返しばかりです。
テレビがきょうの正午で終了していたのですね。
「今後はデジタル放送をごらんください」ばかり流れている。アナログ放送もごらんになってはいなかったのですが・・・。
デジサポに相談しろと言うが、この相談にのってくれるのだろうか・・・。
生きがいがなくなったー!朝ドラ命だったのに。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


たけじぃ
朝ドラ「カーネーション」は終わったよ!
4月からは、新番組だから、見なくていいよ。

こっちも、今日は一日中雨。カアチャンは病院で寝てるし、だからといって、稲沢の工房に行ったらヒンシュク買うし、あ~あ、何もすることがねぇなぁ。
ユンボに寝込まれないように、ちゃんと手入れしときなさいよ!


亀仙人
え~~v-12ホームセンターに作動油売ってるんですか?ビックリしたぁ
朝ドラ命はうちのバアサンと一緒ですねぇ。

たけじぃさん
あかじい
朝ドラ、聞き始めるとクセになるのよね。 もうそんなことは出来なくなりましたよ。 まあ、いいか。惰性だったから。

ユンボは困った。こういう機械は修理代が高いのよね。ヤバイ部品だったら、ご臨終だね。

看病、お疲れ様です。

亀さん
あかじい
ええーー!!!そっちには売ってないんだ。こっちは、どこのホームセンターにもあるけどね。

でも、治らなかったのよ。
油圧系を動かすと、エンジン出力が下がってしまうのね。
エンジンなのか油圧ポンプなのか、不明なので困ったー!


スバナ
それって、ピストンが1~2本死んでるのじゃ?

木は葉が出ても根元にチェンソーデ一周切れ目を入れると
半枯れ状態で水分が抜群に抜けますし針葉樹は切り倒してないので5月6月でも虫が付きませんですよ。

スバナさん
あかじい
そうですかあ。エンジンですかね。 でもヤバイなあ。お金が掛かりそう・・・。

一周切れ目ですね。 以前のスバナさんのヤツ思い出しましたよ。
そういう手があったのね。
間に合わなかったら、というか、間に合っても試してみますわ。
思い出せさせていただき、アリガトさんです。感謝!


うちに作動油 余ってましたけどォ

お互いポンコツ車持ってると こゆのがいるんですよねェ

唐さん
あかじい
余っているって、いったてぇ~・・・。

こういう重機は、修理代が高いのよねえ。
ポンコツは、これがヤバイのね。

コメントを閉じる▲
きょうもかあ~。木は重い。チェンソーが重い。気も重い。
  
2日目も同じ現場です。
IMG_1932.jpg

少しずつチームワークがよくなってきましたね。うまい具合に分業もできてきました。
伐倒する人、玉切りする人、運ぶ人。一人を除いてはね。


こういう危険な作業は、最初に十分な情報提供と段取りや分担の説明をし、メンバーの技能や経験をよく確かめておくべきですね。
リーダーは、事前の下見や監督に専念し、実作業はしないほうがいいですよ。
まあ、当たり前のことなんですが・・・。

本来はプロの仕事ですよね。しかし森林組合も、林業者も仕事が多すぎて手がまわらないようです。
頼んでおいても来てくれないという話も何件か聞きました。
大工さんと同じで、需要が多すぎるのです。まして林業は3K仕事ですから人も少ないしねえ。
いずれにしても、安易なノリでやるボランティアじゃないですね。ただ、シッカリした体制でやれば大いに支援すべきだと思っていますよ。
できれば、建築、土木、林業などの専業ボランティア集団が、もっとあってもいいのかと思うのですがねぇ。


午前中で終わりました。
IMG_1931.jpg
小雨が降ったり止んだり日が差したり、昼前に雨が強くなったけど、ちょうど終了です。

午後は前の日の現場に戻るのかと思いきや、これで解散とのこと。理由は・・・・?????。
まあ、リーダーが決めたんだからいいか、ということになりました。



さて、昼飯はどうしようかなあ~と考えながら、帰り支度をしていると、近くの宮城ボランティアネットのドーム基地で、神戸ボランティアが炊き出しをやっているので、餅などを食べていいという情報が入りました。
グッタイミングですね。さっそく飛んで行きましたよ。

ボランティアが数十人、地元の人が数十人くらいが、ごった返していましたね。
雑煮、きな粉餅、あんころ餅、ピザ、東南アジアのお茶などをいただきました。
しかし、この後にちゃんと作業が待っていたのですね。現実は甘くはないのですね。

薪用の玉切り作業です。
IMG_1946.jpg

ひと山やっつけましたよ。
IMG_1949.jpg
2時間くらいかかったかな。

こういう作業は、伐倒と違って気が楽ですね。
地面を切ってチェンソーの刃をダメにするくらいのもんですからね。

そしてまた、焼きあがったばかりのバームクーヘンやナントカピザなどをいただきました。
この時期に炊き出しなのかなあ~。仮設住宅との懇親会なのですかね。
しかしぃ、関西系のせいなのか、若者中心のノリのせいなのか、妙に味が薄いし、餅も突ききれていなかったのですよ。
ナチュラルとか質素っていいかたもあるけど、田舎人(いや東北人、市販の味になれた人)には、申し訳ないけどイマイチって感じだったかなぁ。
4時間かけて竹心棒で焼いたワイルドなバームクーヘンは、市販のフカフカで甘ったるいのとはまったく違うけど、発酵未熟なパンのような素朴な味でボクは好きですね。
地元プロ差し入れの「絆ロールケーキ」は、市販の味で、もちろん旨かった。

ということで、いろいろ厄介なこともあったけど、なんとか無事にニワカチェンソー部隊は終了しましたよ。
なにより事故が無くてよかった。
それにしても、ああ、腹も腕もパンパンだぁ~。


今回もまたいろいろな人たちと知り合いました。
TSUNAGARI(つながり)とか宮城ボランティアネットワークとかSAT(災害特走隊・兵庫県)。<SAT:日本警察の特殊急襲部隊>じゃないんですよ。厄介な一人のオジサンです。笑
まだまだ地道に活動している団体があるんですよ。
しかし、4月から高速無料がなくなると減ってしまうんでしょうねええ。

そしてまた宿題が、残りの伐採と薪小屋とベンチと・・・。最近こういうの多いな~。
その前に、じぶんちの山を伐採して、来冬の薪を作らねば。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

※今回は警鐘を含めてちょと長く書きました。(いつも長い?)
 公開のブログですから、当事者も読まれるかとおもいますが、今後の参考になれば幸いかと思います。
 なお、ボクは林業のプロではありませんが、仕事や生活にからんで数百本くらいですが伐倒経験はあります。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


池田
二日目は少しマシにできたみたいやね。
昨日は相当アタマにきてたみたいだけど。

仕事がなかったら東北へ行こうかな。
移動の術だけどうにかしないとあかんけど。

池田さん
あかじい
いやはや、わめいた価値はありましたかね。

ぜひ、いらっしゃいな。南三陸ボラセンも活発なようですよ。
お手軽な軽のワンボックスもいいんじゃないの?

林業プロ
燐寸
全国的に少なくなってますね。
地元でも手いっぱいで、とても他の地域の手伝いはできないでしょう。

ときたま知人(伐採から製材までやる材木屋さん)の間伐伐採に顔を出しますが、見事なものですよ。 まあ、プロだから当たり前ですが・・・

立ち木伐採は素人ボラの範疇じゃないですね。

燐寸さん
あかじい
林業者のことですかね。 いろいろ手段は講じているようですが、なかなかねええ。

素人だけの伐採は難しいでしょうが、プロや熟練者が入ればボランティアも可能かなと思ってますがね。
そうすることによって、経験を増やせますからね。


すい
NPOも素人ボラに頼らないで遠方の業者さんに頼み民宿に泊めさせて三時間程手伝わせるとかすれば良いのにね、

すいさん
あかじい
そうね。ちゃんと素性を調べてから依頼すればいいのにね。

でも、ボラセンのほうも知識・認識不足なのよねええ。
自分の知らない世界は、誰かに頼ればいいのにねえ。

そうだね。プロ集団のボランティアってアリだと思うのよ。その情報をどうやって発信するかだね。
普通のボラだって、けっこう専門家が来ていたもんね。


亀仙人
4月になれば「おにさん」が自由の身になりますから、訪問するように説得しておきましょう。

亀さん
あかじい
助っ人に派遣してくれるということですかね?
しっかり仕事を作っておかねば。


スバナ
木こりは危ない仕事です、2年前、熊本で伐採作業中に切り倒した木とまったく関係の無い枯れ木が伐採した振動で作業員に倒れ掛かり死亡事故となったそうです。

スバナさん
あかじい
そういうことがありましたか。 心しておきます。

思いもしない枝が落ちたりしてヒヤッとすることも多々あります。
雑木は怖いですね。いきなり倒れたりしますからね。

コメントを閉じる▲
※今回は警鐘を含めてちょと長く書きました。(いつも長い?)
 公開のブログですから、当事者も読まれるかとおもいますが、今後の参考になれば幸いかと思います。
 なお、ボクは林業のプロではありませんが、仕事や生活にからんで数百本くらいですが伐倒経験はあります。


先週は、唐桑の宿題から開放されてノンビリしてました。
風も強いし、なにげなくボランティア情報を見ていたら、週末の南三陸でチェンソー作業のボラを発見!南三陸町馬場中山地区と本吉町蔵内地区でした。 
近場なので久しぶりに(チェンソーを)回してみるかな。そろそろ自分の山の薪伐採もあるから予行演習にもなるしね、ってんで申し込んでおきましたよ。
発起人は、元「はまセン」のボランティア仲間です。面識はなかったのですがね。


前日の夜、身を清めようとスッポンポンになって野天風呂に入ろうとしたとき、ミゾレが降ってきました。
運の悪いことに、熱すぎて入れない。ハァ~わびしい~。
しばらく耐えましたが、入ってしまえば極楽です。苦あれば楽あり。ビール風味が旨い!のです。
ところが半端な降りじゃないのです。みるみる積もってきました。
翌日の伐採ボラはどうなることやら・・・。悪い前兆?


翌朝、あららら、湿った大雪。
IMG_1907.jpg
脱出できませーん。30センチはあります。

またまた、缶詰ですかねええ。ネットのつぶやきを見ると海岸は5センチ程度らしい。
伐採ボラはやっているようなので出掛けることにしました。重い雪をどけて脱出成功!

11時ころ現場に到着。
IMG_1917.jpg
右側手前の林です。塩水に浸って立ち枯れた木の伐採のようです。
(海岸の道路から写真を撮っています)

奥のほうで作業が始まってました。
IMG_1920.jpg
3本目を伐っている最中でした。(赤い2人の中央の木)

遅れたせいで、要領がわかりません。しばらく見物です。

なぜか山側に倒そうとしていました。変だなぁと思っていたのですが、後で聞いたら、谷側に倒したら田んぼなので引き上げに苦労したからなのだそうです。
だったら、斜面に平行に倒せばいいのですがねえ。
ところが、なぜか5本だけの間伐なのだそうです。それでこれしかなかったとか・・・。
追い口(倒す方の反対側を最後に切る)を入れても、まったく倒れないのです。当然というか掛かり木ですね。
それから、押したり引いたり、バールでこじったり、ロープで引いたり、すったもんだして、やっとのこと木々の合間に倒していましたよ。
これで、午前中の作業は終わりになりました。

8人のチェンソー隊が結成されていました。
IMG_1922.jpg
ほとんど関東からです。東北系は2人ほど。

持参の昼飯を食って、午後の部です。
依頼主の方が見えていました。直接状況を聞きましたが、全部伐っていいようなのですがねえ~。
とはいえリーダーは5本と決めていたので、残りの2本を伐ることにしました。
目通り(目の高さで)40センチ径の杉です。元のほうは50センチくらい。

下のほうの枝に、投げロープで苦労して掛けていました。
ところが、先ほどの作業で気落ちしたのか、誰も伐らないのです。でボクが替わってやることになりました。
現場には小さい35ccのチェンソーしか持っていかなかったので、ハスクの346NE(50cc)新品45センチバーをお借りしました。コレいいなぁ、切れますよ。

この木は斜面に平行に倒せます。そちら側が空いていたので枝もそちらに張り出していましたしね。
この状況なら、ロープなんぞ要らないのですがねえ。12ミリのロープなんて、まともにテンションがかかったら切れてしまいますよ。
まあ、ロープは悪さをしそうもないのを確かめて、このまま伐りました。


一般的にはこのように伐りますね。
受け口(倒す方向の三角の切り口)を入れて、追い口(受け口の10センチくらい上を反対側から)を半分ほど切って、クサビを軽く叩き込みました。
ここで一服(タバコはすいませんでしたよ)。周りの人をもっと遠くに避難してもらいました。
さらに追い口を切ってツル(受け口と追い口の残りの部分:これが蝶番の役目をします)を10センチほど残して、クサビを叩き込みました。さらにツルを調整しながら狭めて、最後にクサビを叩き込んで無事平行に倒れましたよ。
ここで、拍手が沸いたのですね。ちょと困惑。

案の定、倒れた丸太に群がって枝落としです。斜面の下で作業している人もいるし、気が気じゃなかったですよ。
枝落としの方が事故が多いんですからねぇ。
少し細い木を、同様にもう1本伐って、この現場は終了です。次の現場を優先させるようです。
が、このときは現場は未確認でしたね。あとで現場をウロウロウウロウロ・・・・。

こちらが第二現場です。
IMG_1927.jpg
仮設住宅の畑地に隣接している木が、倒れそうで恐いから伐ってほしいという依頼でした。
ヒョロヒョロ松(最大20センチ径)と小さい杉と孟宗竹です。
この畑を整地して住宅を建てるそうです。

この周辺の道路際の山間地には何箇所も整地したところがあり、既に建築しているところもありました。
土地が確保できた人は、高台移住をしているようです。


依頼者立会いで伐採する範囲(左右50メートルくらい、奥行き5メーターくらい)を決めてもらって、伐採開始です。
左右に2組に分かれての作業です。
「倒すときは声かけてねー!」って言っておいたのに、いきなり倒すし。人の5メーターくらい横に倒れてきたり、荷物を除けさせたのに、そこに届いてしまったり・・・。

このボラのレベルがわかりましたね。

切り口を見ると、追い口が受け口より下になっている。
倒すときに声をかけない。声をかけても夢中でチェンソーを回している。木が届く範囲なのに。
それを知っていながら、そっちに倒れないからと切り倒してしまうし。

さすがに伐れました。いや、キレましたよ。
身の危険を感じて、マジメに、投げ出して帰ってしまおうかと考えましたよ。
しかし、それも無責任(他の人が危険になる)かなと思いなおし続けることにしました。その分、たびたび大声を張り上げることになりましがね。

こういう作業は、リーダーがよほどシッカリしてないとボランティア作業は無理ですね。
チェンソーが使えても、立ち木は伐れませんよ。作業を表面的にしか理解していないのは、ホントに恐いですねえ~。

とりあえず1日目がおわりました。
あ~あ、腕がぁ~痛い。筋肉痛。久しぶりのチェンソーは重かったぁ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |

お疲れさま
燐寸
チェンソーが重かった というより、気が重かったのでは?

う~ん 事前打ち合わせが悪かったのか、チームワークが悪かったのか、どちらにしてもちょい危険ですね。



コンドウネロ
倒れた木の玉切りと、伐木はまったく違うということを知らない人にチェーンソー持たせてはいけませんね!はまセンで、何人かの人がチェーンソーに興味を持って自分でも買ったみたいだけれど、彼らが大怪我をしたり命を落としたりしないことを祈るばかりですね!川上さんもそういった意味では無茶な要求をされて困りましたよ・・・身の丈を知る ということがホントに大事だと思います。もっともっと警告を発信してください! またお会いしたいと思います。

燐寸さん
あかじい
これはリーダー(発起人)の問題でしょうね。
FBのコメントに書いたので、そちらをご覧くださいな。

コンドウネロさん
あかじい
そうなんですねええ。 あのボランティアの延長上にはない作業ですよ。

ただ、英雄気取りで、のめり込んじゃったヤツが始末が悪いです。普通の人は注意したり説明すればいいのだけれど。
それと年寄りも始末が悪いです。人の言うことを聞かないですからね。


亀仙人
大変な所へ行っちゃいましたねぇv-12
事故に巻き込まれないようにしてください。
ところで、いつの間にかタイトルバックが変わってましたね。


ほよっ!
たけじぃ
ひどいメンバーとの作業だったんですね。
おらも、こんなのとは一緒にやりたくねぇなぁ。
お疲れさんでした。

亀さん
あかじい
当然、身の保身を考えましたよ。

タイトルバックって? ずっと前から変っていたと思うけど・・・。笑

たけじぃさん
あかじい
リーダー次第でしょうねええ。
団体は、それぞれのノリでワサワサとやってしまうから問題なのね。


東京太郎
ちょっとこれは非常に危険ですね。初めて立っている木を伐り倒すのは、森林組合などプロの人達に習ってからの方がよいです。 直立に立っている木は楔入れないと本当に危険です。

東京太郎さん
あかじい
おや、珍しい。笑

初めてだとしたら、どのくらい習ったらいいのですかねええ?

ちなみに垂直に立っている木はありませんね。針葉樹はだいたいはどちらかに重心が偏っていますよね。
広葉樹のほうが怖いですね。

いずれにせよ、生半可な知識と技術では怪我の元ですね。

コメントを閉じる▲
さいきん出入り口の雪が融けて地面が見えるようになりました。
地面が融けるとグチヤグチヤになるので、これはこれで、しばらく困ったもんです。

唐桑ボラの宿題であったノゾキ君1号の改良版ができあがりました。
で、さっそくそれを届けてきましたよ。

改良その1
IMG_1853.jpg
底のコーナーの補強にアルミアングルを取り付けました。それとエアー抜き穴ですね。

改良その2
IMG_1856.jpg
反射を防ぐための覗き蓋です。

ペアー用に2つの覗き穴があります。
IMG_1857.jpg
船長がどうしてもこだわるもんでね。
男2人がウシシシ・・・と乙姫様を覗くわけですね?

1号2号が納まりました。
IMG_1888.jpg
これで、とりあえず宿題は完了です。

大量注文されたらどうしよう~?って悩んでいたのですが、取越し苦労でしたぁ。
ただ、これらは造るのが面倒なので、簡易型を思案中です。
一応、念のためにね。



●おまけ:唐桑養殖業復活感謝祭に寄ってきました

これは、ボランティアへの感謝のお祭りだったのですよ。
戻って来てから気がつきましたが。

個人的に事前の案内などはなく、ボクはたまたま知ったのですが、ボランティアには案内されていたのでしょうかね。ちょと疑問です。
どうも、一部の団体だけにいったような気がします。

大漁歌い込み
IMG_1861.jpg

ボランティア集合
IMG_1879.jpg
RQ唐桑と神奈川ボランティアが100名くらいいましたかね。

そのほかにも、ボクみたいなビブスっていうベストを着ていないフリーのボランティアもいましたが、地元の人のほうが多かったようです。
取材陣も何組も来ていましたが、今回も声は掛けてもらえませんでしたよ。

食べ放題の露天
IMG_1873.jpg

焼き物コーナー
IMG_1865.jpg

ホタテ
IMG_1866.jpg

牡蠣
IMG_1862.jpg
そのほかにも、牡蠣ご飯、牡蠣鍋、ワカメしゃぶしゃぶ、チリビーンズ、お酒、などなど、食べ放題です。

ビールがほしかったなあ~。 それと醤油かポン酢。
多少遠慮しながらも食べ放題してきましたよ。満足、満足!
有料のお土産コーナーや地方発送コーナーもありました。

こんな芸能人も
IMG_1871.jpg
ユースケサンタマリアじゃなくてユースケって人です。
震災後から来ているようですね。4月にも来るっていってました。

本日のお土産
IMG_1890.jpg
ボランティアへの御礼状と塩蔵ワカメ。大量歌い込みで拾った投げ銭。
そして、ユースケさんの「じいちゃんの海」ってCD。サイン入りです。(無料配布だったのですが、意外と希望者が少なかったので、もらってきました。いい人でしょ)

塩蔵ワカメの正味期限は5月12日になっていました。
今までの生と違って、これならゆっくり食べられますね。ほっと一安心です。

「ついでに・・・」ってタイトルですが、ホントはこの日に合わせて届けたのですがね。白状しておきますよ。どうせ言われそうだから、へへへへ・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

<追記>

じつはこれ日曜日のNHKの昼のニュースで流れたそうです。ボラ仲間に教えてもらいました。
いつのまにかNHKにデビューしていたのですよ。ほんの一瞬ですがね。20秒あたりです。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(1) |


v-8全国デビュー果たせましたねェ


唐さん
いやはや・・・。


池田
ホタテ、うまそうやね。



池田さん
あかじい
旨かった!のです。


亀仙人
あれれ?
「あかじいさん」じゃなくて普通のじいさんみたいに写ってますやんv-12
見落とすところでしたよ

亀さん
あかじい
はははは・・・・。所詮普通の(ちょと変った)ジイサンですよぉ。

Re: タイトルなし
あかじい
> 緑の毛糸の帽子をかぶってるのが”あかじい”さん。
> 昭和63年ごろから会ってない。
> 25年というのは長ーい年月ですね!!

ですよ。  たぶん、お互いさまですね。

コメントを閉じる▲
昨年末まで手伝っていた唐桑のワカメ作業小屋を訪ねてきました。

肋骨を痛めて建て込み以降手伝いにいけなかったのですが、作業小屋の仕上げも済み、完成してました。
そのほかに、単管利用の小屋掛けやテント数棟も建っていましたよ。

数日前から、作業をはじめたそうです。スゴイ活気です。
流れ作業で進んでいるんですね。

ワカメを収穫した船が接岸する岸壁から作業が始まります。
IMG_1819.jpg
向こう側の岸壁の小屋では、メカブ、茎、葉と切り分けて分解します。

茹で上げ機です。
IMG_1817.jpg
90度くらいで数分茹でて、水の水槽に流れ込みます。

塩蔵用の塩揉み機です。
IMG_1814.jpg
濃い塩水に絡める機械です。

別の袋に詰め替えて、漬け込みます。
IMG_1816.jpg

漬け込まれたワカメの茎分け作業です。
IMG_1809.jpg
一本一本手作業で、茎を取り除いたりしてます。実に細かい作業です。
熟熟女たち数人が作業してましたよ。

塩蔵ワカメの搾り機です。
IMG_1821.jpg
この後、箱詰めされて出荷されていきます。

この時期や、作業設備を持たないところでは生ワカメを出荷していますが、塩蔵ワカメのほうが値段もいいようです。
生は数日しかもちませんしね。

ふだんは10キロあたり7千円程度だったようですが、今年の初値は2倍以上にもなったようです。
手間もかかりますが、値段もいいんですね。
このワカメ作業は5月くらいまで続くようですが、しっかり稼いでほしいですね。

ここは3人の家族経営ですが、ガレキの中での、ワカメの種付けから設備の完成までよくぞ漕ぎ着けたもんです。
ボクは夏の草刈りボランティアからのお付き合いですが、70も過ぎたのに社長のパワーには、ただただ頭が下がります。
こうやって作業環境が整うと、地元の仕事も増えるのですね。
この日も20人くらいの人が働いていましたよ。
熟女熟男ばっかりでしたが・・・。ボクもですが。


帰り際に社長が、レジ袋いっぱいのメカブをくれました。
IMG_1830.jpg
6センチ未満は出荷しないとか。つまり規格外ですね。

ということで、しばらくメカブのシャブシャブ、刺身、メカブ入り・・・・・。
IMG_1834.jpg
熟女豆腐もまだ残ってます。規格外の牡蠣も少々もらってきました。

このほかに、近所から先日のワカメのお返しで、白菜、ダイコン、ネギ、ほうれん草、米などをいただきました。
これらは連日の鍋になってます。
いやはや、もらいもんで生かされているようですう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


亀仙人
メカブは包丁で細かく叩いて醤油垂らした「メカブ丼」がまいう~らしいっす。

亀さん
あかじい
そうですね。トロトロになりますよ。
漁師のオッチャンは、大雑把に切ったほうがいいんだと言っていました。 人それぞれのようです。


v-10あたしゃ酢味噌で食べるのが好きですナぁ
活気が出てきてなによりですねェv-19

唐さん
あかじい
酢味噌ねええ。 こんど試してみますわ。
漁師は漁をしてなんぼですからね。


池田
まぁ、今は苦しいかもしれないけど、漁師は元を取るのが早いでしょう。
漁具も船も流された・・・となると、廃業という選択肢も出てくるかもしれませんけどね。

問題は、それ以外の業種に勤めていた人々ですよ。



池田さん
どの業種がどうのとは、一概には言えませんけどね。

もともと過疎地だし、失業保険に甘えてたし、これからの仕事探しは大変ですね。
漁師も、チリ津波で漁具をやられ、借金の上にまた借金という状態ですね。
でも、いずれはよみがえりますよ。ね。

コメントを閉じる▲
春のように暖かくなったり、再び雪が降ったり、なんとも忙しい気候です。
まあ、春が近づいてきたということですね。

さて、前回に引き続いて宿題の工作です。一人用の海中覗き箱です。
図面は描いても、角錐形はそれぞれの部材に斜め切りがあるので、ボクにはちょと難しいのです。

そんなときは、現物合わせになりますね。
IMG_1719.jpg

コンパネを切り出して、桟を取り付けて。
IMG_1726.jpg

内側に塗料を塗ります。
IMG_1729.jpg
組み立ててからでは塗れませんからね。

覗き部の局面カットの型です。
IMG_1734.jpg
自分の頭に合わせて何度か修正しながら作りましたよ。
コレを型にして、現物に写し取って、ジグソーでカットしました。

取っ手です。
IMG_1738.jpg
前回は穴を開けてロープを取り付けましたが、本体の角度を変えたりするのがうまくできません。
そこで、今回は固定することにしましたよ。

細かい加工をしてから組み立てです。
IMG_1745.jpg
ちょっとかわいいメンタマみたいのは、船体に結び付けておくロープ穴です。

接合部の防水処理です。
IMG_1748.jpg
ここは塗料を塗るので、前回使った変性コーキングを使いました。
こんどは極力薄く、目地に詰め込みましたよ。ちょっとは学習してますから。

さらに小物作りです。
IMG_1753.jpg
底面と船体に触れる部分の保護用のアルミアングルと板です。
塗料だけでは、擦れて剥げてしまうのですね。いろいろ考えているのですよ。

気温が低いので、室内での塗装です。
IMG_1759.jpg

ガラスの取り付けです。
IMG_1765.jpg
今回は買ってきましたよ。5ミリ厚40センチ角です。

中央にあるのは、吸盤です。裏側に手がはいりませんからね。
これで吊り上げたり動かして調整したりします。
専用品じゃなくても十分実用になりますよ。だいぶ考えましたがね。

※気がつきましたかね? 下部(写真では上部)に曲線カットがあるのを・・・。
じつは、上下を間違えてカットしてしまったのですよ。間違いは誰にでもあるのですねえ。ポカミスです。
なんとか機能には支障がなかったので、ホッとしました。

固定用の桟を取り付けてコーキングです。
IMG_1768.jpg
ここは普通の黒のコーキングです。内部塗料と同じ色です。塗料は塗れませんからね。勉強してます。

保護部品を取り付けて完了。
IMG_1774.jpg

帽子です。
IMG_1791.jpg
雪が降っていたので、暇つぶしに作ってみました。
置いておくときに、雪や雨が入らないためのフタですね。細かいことも気がつくのですよ。

遊び心でメンタマを描いて完成です。
IMG_1795.jpg
「ノゾキ君」ですからね。

と、まあ、何だかんだで、1週間かかりましたよ。前回の半分です。上達しましたよ。
組み立てまでは3日くらいなんですが、アクセサリーを作ったり、塗料の2回塗りの乾燥時間だったり、買い物だったりでね。
2個目ですから力が入ってますよ。かなり改良されているしね。
これ売るとしたら5万円くらいになっちゃいますね。

今回の材料費も5千円くらいです。
コンパネは手持ちのものですが、3分の2くらい使いました。前回の半分くらいなのでかなり軽くなりましたよ。
でも、けっこう重いかな。15キロくらいはありますかねえ。
桐材なんか使えたら軽くていいのですがねえ。
できれば15ミリ厚くらいの1枚板を使えば桟などが不要になるので簡単なんですがね。でも板材が高いのですよ。

さて、いずれにしても、また、実用試験にいかねば。ぜひ乙姫様の入浴シーンを覗きたいしね。
でも最近天気がよくないのです。
それに、またワカメをもらってしまったら・・・。まだ前回のを食べているのよね。
できたら、牡蠣かホタテがいいなあ~。
おっと、ボランティアじゃなかったの? えへへへへ・・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


すい
18日にビジターセンターで祭りがあるらしいですよ
牡蠣が5000個振る舞われとかです

すいさん
あかじい
エエエエーーー! そうですかあ。
そりゃあ、行かねば。 情報ありがとさん。


亀仙人
例えばですがね・・・
塩ビ管では無理なのでしょうかねぇ。



池田
あるいは、これを型にして、FRPで作るとか。



スバナ
底の窪みはエアー抜きだと感心しておりましたが・・

間違いだったのね!

亀さん
あかじい
それも最初には考えたんですよ。
30センチ径くらいしかないのと、ガラスを丸く切らなきゃいけないので、敬遠してましたよ。
コストダウン量産型としては可能性はありますね。

池田さん
あかじい
それもありかな。
大量の注文でもあったら考えますかね。無いとおもうけど。

スバナさん
あかじい
黙ってりゃよかったかな。
じつは、失敗したとき、そうおもいましたよ。笑

で、その場所の桟をもう少し薄くしてみます。怪我の功名ですね。



最近ブログの更新がないと思ってたら グラム単位の軽量化に 苦心してたんですねェ

ところで ワカメは まだ取れてるのでしょうか
時季は いつごろまでなのでしょうかネェ

採りに行きたい気もします


唐さん
あかじい
いやはや、ついでに、いろいろとハマッテまして、更なる簡易型を検討中です。 

ワカメは始まったばかりで、最盛期ですよ。5月くらいまで続きますね。

ただ、採りにって言ったって、勝手に採るわけじゃありませんよ。
ボランティアのお土産にもらってくる程度ですよ。念のため。

コメントを閉じる▲
2週間前から作っていた、海中ノゾキ箱の試作品が、とりあえず完成しました。
変性コーキングが実用強度になるのを待って、実用テストに行ってきましたよ。

唐桑半島の鮪立(しびたち)というところです。
IMG_1678.jpg
左奥に見えるのは気仙沼大島です。
その向こう側が気仙沼です。さらにずーっと奥の山並みの向こう側がボクの住まいです。

船長に手伝ってもらい、船上に積み込みました。
IMG_1680.jpg
一人で抱えて桟橋をわたるのは無理でしたね。

海面に降ろしました。
IMG_1687.jpg
高さはちょうどよかったですね。
防水性もダイジョブのようです。しかし、やっぱり重い。デカイ。一人ではもてあましますね。

カバーを外して覗くと・・・アラ?
IMG_1689.jpg
ガラスで反射してしまうのですね。
見えるのは、空と、玉手箱を開けてしまったような爺さんばかり。

カバーを取り付けてノゾキ窓から覗くと。
IMG_1695.jpg
ちゃんと見えるじゃないですか。
しかし、肝心の乙姫様の入浴シーンは・・・見当たらず・・・。ああ、昼間だったからね。

フラッシュを焚いてみました。
IMG_1692.jpg
中央の窓の、顔のスキマ部分が明るいですね。

ノゾキ部分が狭くなっている角錐形には、それなりの理由があったのですね。
3人くらいは同時に覗けるのですが、ちと残念。
船長と2人で覗いていたら、アベック用にいいね!って、ニヤニヤ語っていました。
で、コイツにはフタを取り付け、2つのノゾキ窓をつけることにして、アベック用に改良することにしましたよ。

イカダの桟の間隔は50~60センチなんです。だから45センチ以下でないと、間に入らないのですね。
ということで、このサイズの一人用のものを作ってみることにしました。
また、追加の宿題です。まあ、楽しみが増えたということかな。



<番外編>

養殖手伝いのボランティアさんが来てました。
IMG_1701.jpg
RQ唐桑と神奈川ボラバスのみなさんのようです。

船長が張り縄の牡蠣養殖を見せてくれました。
IMG_1681.jpg
というか、ボクだけのためにワカメを取りに行ってくれたのです。
船長は無口だけど、いい人なのでした。

これが牡蠣です。
IMG_1685.jpg
周りにあるのは、自然に付着したワカメです。

刈り取ってくれました。
IMG_1684.jpg

こんなにも・・・。
IMG_1698.jpg
前回の10倍くらいありますよ。

前回もらった分がなくなったので嬉しいのですが、さすがに多すぎます。
で、近所に配って食べてもらいました。ふだんからお世話になっていますからね。

最近恒例のワカメ食です。
IMG_1711.jpg

この時期(初期)の1メートルくらいのワカメが一番旨いのですね。
シャブシャブや刺身にもってこいです。
2メートルにも伸びて、メカブが出来るころは硬くなってしまうのだそうです。

ということで、またまた、しばらくワカメ食が続きます。
乙姫様の「ワカメ・酒」だと、なおいいのにぃ・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |

ご苦労さん
たけじぃ
それにしても、デカいね。こりゃぁ重たそうだわ。

乙姫様がいなかったのは残念だけど、わかめの収穫があったし、近所の人からは「いい人だねぇ」と言ってもらえるし
あとは、わかめ食で体中緑色にして乙姫様のビデオでもみながら一杯やってくれ。

たけじぃさん
あかじい
いやはや、まったくでした。 で、いま作り直していますよ

乙姫様の入浴シーンビデオってあるのかねええ。


たけじぃ
乙姫様だって、衣を脱いじゃえば同じでしょう。
ビデオは裏の方にあるんじゃないの?


あたしも取りに行こうかなァv-10

たけじぃさん
あかじい
確かに。笑

PCの奥の方にありましたよ。へへへへへ。

唐さん
あかじい
取りにって、ワカメのこと?

箱めがね持ってくれば、もらえるかも。


亀仙人
三陸ワカメは今が旬らしいですねぇ。「ワカシャブがマイウ~」ってテレビで言ってました。v-10


亀さん
あかじい
本場です。 初期のワカメが何と言ってもうまいです。
こんど手に入ったら送りましょうかね。 期待しないでね。

コメントを閉じる▲
ボランティアに行くと、何かと宿題をもらってきてしまうのですよ。
廃材を使った大きな東屋だとか、被災立木を利用した自然体験宿泊ログハウスだとか・・・。

「全部お任せで」ってのは、ちと荷が重過ぎるのでペンディングにしてます。本人たちが主体的のおやらないことには手を貸さない主義ですからね。
もともとセルフビルド応援団(ボランティア)なのですよ。

ところが、先日、唐桑半島カキ養殖のボランティアで行ったとき、観光用に使う「海中を覗くものが欲しい」といわれました。「とりあえず試作品が見たい」ってね。
一般的には漁師が使う「メガネ箱」です。

これが頭の隅に転がってまして、ボチボチと調べたり、検討してみたりしていました。
市販のものは、円錐か角錐形で、底面径30センチ、高さ40センチくらいなのです。安い市販品は2000円くらい、プロ用は15000円くらいでした。
これらでは高さが足りないのです。船が大きいので、だいたい80センチ以上は必要そうです。
それに、多人数で見るにはそれだけの個数も必要になります。

とりあえず試作として、個人用(小型)と複数人用(大型)の2種類を考えてました。
個人用には、市販品に延長管を取り付ければいいかな?とか、30センチ径ほどの塩ビ管にガラスは嵌めれば簡単に作れるかな?とか、大きいものを作る試作として木工のほうがいいかなとか・・・。

手元にコンパネと細い角材があったので、暇つぶしをかねて個人用を試作してみることにしました。
で、簡単な図面を画いて、材料を買ってきましたよ。
IMG_1543.jpg

底面のガラスは、後で買うことにしてました。5ミリ厚は欲しいけど高い(値段)だろうなあ~。
同時に、アクリル板でもいいかな?とか、ポリカ板でもいいかな?とか、考えたのですが、よくよく調べると、これらは伸び縮みするんですね。1メートルで数ミリとか書いてありました。こりゃ防水対策が難しそう。

そんなとき、ひょっと思い出したのです。もしかしたら手持ちのガラスがあったかも?廃材集めが趣味ですからね。
家捜ししてみましたよ。ありましたねええ5ミリ厚のが。けど、デカイ。約50×60センチあります。
ということで、きゅうきょ中型に変更することにしました。
IMG_1549.jpg
また、図面の書き直しです。 面倒くさくなって、直方体にすることにしました。
四角錐にすると、あらゆるところで斜め切りが必要になるからですよ。

まずは材料の切り出しです。
IMG_1559.jpg
荒角材のカンナ掛けとか、古いコンパネの汚れ落としのサンダー掛けもすませました。

コーキング剤を塗ってビス止め組み立てです。
IMG_1578.jpg
※じつは、このときはまだコーキングの不具合に気がつかなかったのです。

こんな風に出来上がりました。
IMG_1579.jpg
いやあ、ちょっと重すぎますねえ。ちと気も重い。
コンパネサイズのままなので、高さは90センチあります。長すぎたら切るつもりでしたから。

内部を黒色に塗装しました。
IMG_1609.jpg

外部は防水性を高めるためにコーキングしました。
IMG_1627.jpg
念を入れて、継ぎ目や木口、ネジ頭をしっかり埋めましたよ。

外部は赤色に塗装しました。
IMG_1633.jpg
2時間くらい放置した後に塗ったのでした。

ところが・・・・・・。
塗料が乾いて触ってみたら、コーキングのところが剥がれるじゃないですか。フニャフニャなのです。
コーキングが薄い膜状だからダイジョブだと思っていたのですが、硬化してなかったのですね。

けっきょくコーキングを剥がすことになりました。
IMG_1632.jpg
やれやれ、塗りなおしです。

マスキングしてガラスの取り付けです。
IMG_1634.jpg
ここでも失敗。

今度は時間を置いて、数時間後にテープを剥がしたのですが、柔らかいコーキングがテープに付いてアチコチを汚す始末です。
コーキングが汚くなってしまいました。でも性能には影響なさそうなので、まあ、いいかっ!
それを溶剤でふき取って、一晩置くことにしました。そうしたら表面が触れるようにはなりましたが、硬化が遅いです。

原因を調べていたら、これは「【変性】シリコーン」って種類だったのです。
塗料は塗れるのですが、硬化時間が長いのです。触れるようになるまで24時間、実用硬化まであ5日間とか書いてありましたよ。ヤレヤレ、気がつかなかった~!
次回は普通のシリコーンだね。

木片にコーキングを塗って、室内に置いて実験したのです。一晩でかなり硬化してます。
気温も影響するようです。作業場は零下でしたからね。

それで、室内で移動してきました。いやあ~邪魔だぁ~。
IMG_1641.jpg
それに重い! 角錐にすれば多少は軽量化できるけど・・・。

取っ手と、固定用ロープをつけて完成。
<写真>IMG_1676.jpg
試作品なので、細かいところは省略したり簡略化したりしてます。

実験用カバーです。
IMG_1674.jpg
角錐形にしたときの覗き窓を小さくしたものを想定して段ボールで作ってみたのです。


モヤモヤしてた3日間。ちょっとその気になって調査構想の3日間。工作は3日でほぼ完成したけれど、塗装とコーキングに手間取って1週間。合計2週間もかかかってしまいましたです。

さて、実用化試験です。使い物になるのかしら・・・。心配だなあ~。
前回から2週間後。行ってきましたよ。
さて、乙姫様の入浴シーンは覗けるのか・・・。結果は次回のお楽しみ~。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(1) |

全部お任せ
燐寸
っていうのは、ちょっとできませんね。
というより、ボラ専門じゃないでしょうし・・・

コンパネで作ると重さがかなりになるでしょう。
重量軽減も課題ですね。



スバナ
普通のシリコンコーキングは塗料が付きませんですよ。

昔、漁りに使う箱めがねを何度か造らされましたが

水に浸かるのは10cmにも満たないので防水に関してはガラス面にコーキングを塗るくらいでしたよ、材はもちろん
杉で型はピラミッド型でした。


スバナ
ところで、箱めがねキット造って送ってても良いけど
何人分必要なの?


亀仙人
確かにこれは重そうですねぇ。
キレイな乙姫さまの入浴姿が見えたらUPしてください。
それ以外の入浴姿はボツでヨロシクv-17

燐寸さん
あかじい
工数はいいとしても、材料費や機材費は持てませんよ。 今回は5千円くらいだけど。

石巻のボラさんは、長期滞在で600万円も使ってしまったとか。それで3月に引き上げるそうです。 破産だよねえ。

確かにコンパネは重いです。大きさの関係で1枚板は使えないのですよ。

スバナさん
あかじい
コーキングはよく考えたら、塗料を塗る必要もなかったということに気がつきましたよ。
今度は色付き(黒)のコーキングにすることにしました。

今回は、あくまでも試作なので、仕様が決まっていません。今度は個人用のものを作ってみます。

もし沢山必要になったときは、またご相談させていただきます。
ありがとうございます。

亀さん
あかじい
一人でやっと持てるくらいの重さです。コンパネ2枚分のくらいありますね。

乙姫様というよりタツノオトシゴくらいですかね。

コメントを閉じる▲
関東地方あたりに大雪を降らせた南岸低気圧が通り過ぎて、妙に春めいた暖かさになりました。
春先によくある現象ですね。
先日降り積もった雪がグチャグチャに融けはじめましたよ。
でも、地面はまだ見えませんね。

先日の唐桑ボランティアでいただいてきた大量のワカメを食べ続けています。
残りも少なくなってきましたよ。

一部は乾してみました。
IMG_1525.jpg
1日くらいでカラカラになるんですね。湯通ししてます。

その後は室内にぶら下げています。
IMG_1555.jpg

焼きそばにフリカケ。
IMG_1553.jpg
手のひらでグチュグチュと揉み砕いてかけます。

ウドンにも。
IMG_1535.jpg
すぐ戻るのですよ。

毎食ワカメです。
IMG_1560.jpg
ご飯にもフリカケ。

ご飯の下には納豆が入ってます。ボクの常食は、玄米、納豆、豆腐、モヤシです。 
最近はこれにワカメが加わったのです。

湯通しした生ワカメはタッパに入れて冷蔵して刺身。
残りは冷凍保存して解凍しながら食べてます。



これは買ってきたメカブです。
IMG_1416.jpg

包丁で細かく叩いて。
IMG_1421.jpg

トロトロです。
IMG_1422.jpg
例によって、だし汁と酢とカラシです。
あったかご飯にかけてズルズルと。ウメエ~!のです。

こちらは茎ワカメ。
IMG_1423.jpg

酢醤油にワサビ漬けです。
IMG_1425.jpg
シコシコです。お酒が進んじゃうのですよネエ。

人生でこんなにワカメを食べることは無かったですよ。
海の野菜といわれるほど栄養も豊富です。ヨウ素も入っていますしね。
(※現在セシウムなどは、宮城県の報告によると、検出限界以下ですね。)
しかし、これほど旨いものとは知りませんでしたねぇ。まったく飽きませんしね。 
海にロープ一本張っておけば採れるのだし、自給しようかな?

3週間ほど毎日こんな状態です。
ウンチも緑色になりましたよ。そのうち体の色も変るかも?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |

・・・緑色の血?
たけじぃ
どんどん緑色になって・・・、ケガしたら、緑色の血が・・・・
うわー!ゾンビだー!!
こわいなぁ。もう、いいかげんに止めなさいよっ!


池田
いやぁ、超人ハルクか、デスラー総統でしょう。
どっちがいい?

個人的にはハルクに一票。

たけじぃさん
あかじい
まあ、もうすぐゾンビみたいなもんだからね。

でも、これはイイ食料ですよおお。やめられませんね。ホント旨い。

池田さん
あかじい
いろいろ知っているのね。

正直、どっちもあわないよね。ヒーローでもないし、悪役でもないから。 ミミズあたりがちょうどいいかも。


スバナ
へ~・・ワカメなんぞ送ろうかと思っておりましたが
もう降参状態ですか?

スバナさん
あかじい
いやはや、降参状態ですね。笑
昨日、またまた大量にいただいちゃいましたよ。

お心遣いありがとうございます。

箱めがねでも作ってくれると嬉しいけど・・・。


スバナさん
うちのかァちゃんが 「スバナさんからワカメそろそろかななあ」ってゆうとりますたですヨ

コメントを閉じる▲