クリスマス寒波というのですかね。雪が融けずに根雪になりそうです。
例年なら1月の下旬ころなんですが、この冬は雪が多いのかしら?

先日、ボラ友と唐桑半島のほうに様子見に行ってきました。
当然ワカメ小屋は建っているだろうと思っていたんですがね。ワカメ植え付け作業の遅れで、これからだというのです。
で、結局、人手が足りないということで、また手伝うことになってしまいました。
次の朝、雪が降りしきる中、出動しましたよ。でも海岸線は薄っすらつもっているだけでした。

ここが建築現場です。
IMG_1038.jpg
トラックがちょうど中に入っています。
土台も設置しました。

先日刻んだ柱のカンナ掛けです。
IMG_1031.jpg
見えるところだけでもキレイにしたいということで、1日中かかりました。
腕と腰がパンパン。

きょうの勲章です。
IMG_1045.jpg
材木で指を潰しましたよ。人差し指と中指。なんとか曲がるので骨折はしていないもようです。
胸も打ったらしく、咳をすると響きます。肋骨にヒビが入ったようですね。

次の2日間は足場の設置です。
IMG_1048.jpg
内側にピケ足場、外側に単管足場です。
材料がたりなくて、途中まででした。

そして建て込み開始です。
IMG_1057.jpg
組み上げてから、立てるという方法をとりました。
足場も未完成だし、高いところに登れるる人がいないのですよ。

前後面が完成。
IMG_1060.jpg
残りは左右面ですが、ボクの役目はここまでです。
建て前を見たかったのにい・・・。人手が足りたようです。

ボランティアのつもりだったのだけれど、寸志をいたいてしまいました。
まあ、雪の中を1時間もかけて通って、朝から晩まで、棟梁たちと一緒の作業でしたから、気の毒に思われたのかもね。

建て込み人数は、合計7人です。
建て主関係が3人と、棟梁が3人と、ボク。
棟梁が3人もいると、いやはやタイヘン。段取りもやり方も、それぞれ違うのですねええ。「船頭多くして船進まず」
誰の言うことを聞いたらいいのやら・・・。
こんなときは、建て主がまとめてしまうのです。大棟梁がいるのですよ。

そのうえ言葉がチンプンカンプン。「バリとってくれ!」「どこの?」「そこの足元のバールだよ!」「????」って感じです。疲れる~。単位は尺だし・・・。

基本的には、建て主がロートル大工さんを集めて取り仕切っているんです。だから大棟梁なのですね。
とにかく、大工さんというか土木建築関係は、絶対的に不足なのです。
建て主のお兄さんがもともとの棟梁だったのですが、基本仕様(図面)を決めたら足腰がダメになって動けず。そこで先般ボクが紹介した新潟の大工さんが墨付けしたわけです。
こんな調子ですから当然、現場で修正がアッチコッチありましたね。

このメンバーは、ボク以外は全員70歳前後です。だからボクは一番下っ端で、手元作業ばかり。
赤爺が若爺になったのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

<追記>
来年は壁のトタン貼りをするので、また来てくれって頼まれてしまったのですがあ・・・。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


たけじぃ
お!、久しぶりに若者になりましたか。
それにしても、やりにくそうな現場ですねぇ。
ま、若いのは、言われたことをやってればいいもんね。気は楽だ。
お疲れさんでした~!


亀仙人
人差し指は完全に死んでますねv-12
肋骨のヒビは咳をするにも痛いし辛いっすねぇ。
3週間ほど安静にしてください


-
冬なので冬眠せよ(休養)ってことでは?無理をしないように、労災保険も出ないでしょうから。

たけじぃさん
あかじい
いやはやですよ。とはいえ、職人てのはパワーはありますねええ
金がないので、最小限の方法でやってますよ。

亀さん
あかじい
そうですね。しばらく休養冬眠しますよ。
肋骨ばかりは安静するしかないですね。

?????さん
あかじい
まいどです。
自宅に戻って、しばらく食っちゃ寝しますよ。笑
医者に行けば、障害保険はでるでしょうが面倒なよのよね。



ご苦労様でした
お正月は 自宅ですか

ログハウス近辺の雪は どんなでしょうか
あの辺の山は そんなには 積もらないのでしょう

唐さん
あかじい
ですね。自宅に戻ってますよ。

ログの方は、現在は10センチほどですね。
積もっても30センチが限度です。

ことしもいろいろお世話になりました。

コメントを閉じる▲
ちょっと前のことです。 記事にするのをすっかり忘れていました。

で、簡単にご紹介ていどを。
この場合のDRTってのは、災害救援トレーニングのことです。
おもに、パワーツール、機材を使ったボランティア活動です。
つまり、ハサミのついたユンボとかチェンソー、エンジンカッター(コンクリートを切断する丸ノコみたいなもの)などなどの機械を活用して作業するわけです。

石巻の牡鹿半島でおこなわれた講習会を見学してきました。主催はDRT-Japanてとこです。
下記のブログで概要は知っていたので、雰囲気を感じたかったのでした。

3、40代の若い人が30人くらい集まってました。
1日だけですが、2時間くらいの座学のあと、上記の機材を使った練習をしてました。一人1種目15分くらいの時間なので体験会ってかんじです。

ナンデモそうですが、実際に使えるようになるには、経験と日々のトレーニングが大事ですね。同じ状況ってのは、なかなか無いわけで、常に応用編ですからね。
しかし、触ったことがあるのとないのとの違いは大きいです。多少でも触れるようになると、知識も増えていきます。他の人の方法を見ながら勉強できますしね。
身近に感じるようになりますね。それが大きな一歩前進でしょう。
(先日の救急員講習も同じですね)

詳しくは、次のブログをごらんくださいな。
黒さんの 続・雨ニモマケズ風ニモマケズ


ちなみに、ボクは洋風大工の端くれなので、ユンボもユニック(クレーン車)もチェンソーも丸ノコもそれなりに使いますが、現場経験は少ないのですね。
したがっていつもドキドキです。ほんと心臓に良くないですねエエ。ウーン・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


池田
行ってこられたんですね。
山元町のてらセンでもやってたみたいですよ。

このブログ主の黒澤さん、石巻で一度お会いしました。
詳しくは聞いていないんですが、福島で山師をしていたようです。
原発事故の影響で仕事ができなくなったみたいな事を言われてたように覚えています。

重機やユニックを常時持ってる人は、うちの近所にもいません。
市の災害協定をいくつかの土建屋が締結してるくらいで、やっぱりあんな規模の災害が起きたら、手が回らないですよ。
近所も百姓が多いけど、年寄りも多くなってきて、いざって時には・・・

こういうネットワーク、必要ですよね。

過去に台風の影響で、上流にあるため池の堤が決壊するかも・・・
って事で避難準備勧告が、9月の台風の時も含めて二回出た事があります。
あのため池が決壊したら、いったい何万立米の土砂が流れてくるか・・・。
うちもおそらく無事では済まないでしょう。

アメリカでは薪割りは奥さんの仕事・・・とかで、女性でもチェーンソーを使うのが当たり前みたいな所がありますね。
ブッシュ前大統領でさえ、自身の牧場の手入れのためにチェーンソーを使ってる写真を見た事がありますが。

重機はなくとも、ジャッキ、チェーンブロック、チルホール。
あるいはもっと原始的な所でテコにコロを使いこなす経験は必要ですね。
それから鳶口も使いこなす事ができれば、ケガもしにくいんですけどね。




池田さん
あかじい
そうですか、ご存知でしたか。 パワフルな方ですよねえ。

もちろんジャッキ、チェーンブロック、チルホールなどの説明、実演もありましたよ。
建設関係や田舎の人は強いですね。


池田
そういえば、南三陸町で見たんだけど

普通のダルマジャッキありますよね。2tくらいかな。
あれに被せるようにして爪ジャッキになるようにしてました。
9mmくらいの鉄板を溶接して作ってましたよ。

肝心の爪の部分の強度がどれくらいあるか判らないけど
数台あればかなり使えるんじゃないですかね?





v-12うちには 10トンのダルマジャッキx2があります

ログハウスを作るときに地盤沈下して水平が狂った時に
レベルを取り直す時に使いますです

v-9爪ジャッキって どいふなのかわかりませんが 興味ありますです

今日 たまたま ブログに 池田さんの夢丸記事 載せましたデスぅ ヨロヒクぅ

なんか クレ~ムありましたら ご一報くだされませ



池田さん
あかじい
ボクも見ましたよ。アレ便利そうですね。

きょう建て前ボラで指潰しました。骨折はない模様。 でも痛い。 したがって片手打ち。

唐さん
あかじい
ツメジャッキてのは、直角S字型の鉄板をジャッキの頂点に溶接して、地面から2cmくらいから持ち上げるようにしたものです。
ワカルカナア?


池田
唐桑に行ってたんですかね。
なーにやってんだか・・・。

お大事にとしか言いようがない。

爪ジャッキはヤフオクに出てますけど、リンクは貼りません。あしからず。
たまに、あれ欲しいね・・・って思う事があるんですよ。

あと、田舎で必ずあるものといえばトラクターですかね。
ただ乗用は注意しないと簡単に転覆しますけどね。
手押しのタイプ、あれも原木を引きずり出すのに使えますね。
コンバインも脱穀機能を取り外せば、ぬかるみの中を1tくらいの重量物を移動させるのに使えるとか。
ま、それは後がめんどくさいので、中古でも探してきて改造しないとダメですけどね。






v-7爪ジャッキ…
探してみょっと...

池田さん
あかじい
好きな人は、コンバインを改造して、運搬機や薪割り機にしえ使っていますね。

唐桑では、以前にワカメ小屋の刻みをやった縁で様子を見に行ったら、建て前がまだだったのですね。 それで行き掛かりじょう手伝っているんですよお。

唐さん
あかじい
鉄工所に頼んでも作れるのでは?

コメントを閉じる▲
いきなり、真冬並みの寒さになってしまいました。
朝晩は、氷点下数度。真冬日なので日中も零度以下です。とうぜん水道は流しっぱなしです。

現在はこんな感じです。
IMG_0989.jpg
表面がうっすらと白いかんじで、まだ根雪にはなってません。


こんなときに、救急法の講習会で、一関市内までいかなければなりませんでした。
仕事でも遊びでも必要性を感じていました。で、何年も前から、このチャンスを待っていましたからね。
約40キロ、1時間くらいです。が、安全をみて30分くらい早めにでました。
案の定、上り坂でスリップしている車で渋滞に巻き込まれたり、下り坂で事故った車で通行止めにあったり、ヒヤヒヤもんでした。
新品のスタッドレスは安心感もありましたが、やっぱりスリップはしますね。追突しそうになってからは、車間距離をとって安全運転です。


●救急法基礎講習を終了しました。
IMG_0998.jpg
これは、半日(4時間)でした。料金は1500円(教材費、保険など)。

受講者は、またまたご年配の方ばかり、12名(男女6名ずつ)でした。まあ平日でしたからね。
普及させたいというのであれば、休日とかにできないのですかねえ。
それより、一関市では年に1回ですよ。ちょと少なすぎでは?
※消防所では毎月やっているようです。

心肺蘇生法の小道具(マウスピース)です。
IMG_1000.jpg

お人形とAED(自動対外式除細動期)です。
IMG_0992.jpg
下半身ないのが、ちょと気持ちよくないですね。

AEDのアップです。(AEDは簡単でエイド!?)
IMG_0991.jpg

これらを使って、一次救命処置というのを覚えるのです。
操作はじつに簡単です。テレビやネットで見聞きしていますが、実際やるのとは大違いですね。
ぜひ、多くの方に、体験していただきたいものです。

じっさいには、いろいろな判断がともなうので、一人の場合は救命できないかもしれませんが、協力者にはなれるはずです。
現場では、どんなことをしなければならないのかを簡単にまとめてみます。

1、現場の危険状況の確認(二次災害の防止)
2、傷病者の状態の観察
3、意識確認(肩を叩いて、もしもし・・・とやるやつ)
4、協力者を求める(119通報、助手、AEDの手配など)
5、実際の応急処置
 
心肺停止の場合は、心肺蘇生をやります。基礎講習ではこれがメインです。
心臓圧迫を30回と息の吹き込み2回を1サイクルとして、回復するか、救急隊が到着するまでおこなうのです
2~3分で息が切れてきますから、交代しないと無理なのですね。救急車が来るまでに、この地では平均8分とか。いやあ、体力勝負ですよ。
(実際、か弱い女性は、心臓圧迫ができませんでしたからね)

AEDがあれば、この間も休まずにセットします。一旦セットすると心電図を自動解析して2分ごとに指示を出してくれます。もちろんこの間も休めません。
発生後、最初の10分間で生存率が大きく違ってきてしまうので、非常に大切な作業なのですね。



●引き続き、救急員養成講座の受講です。
IMG_1003.jpg
こちらは2日間(16時間)です。料金は同じく1500円(教材費、保険など)。

別の口座なのですが、連続していたので、ついでにこちらも申し込んでしまいました。基礎講習を終了するという前提です。

土日だからでしょうか、受講者は16名。男性は高齢者が半分くらいで、30代くらいの方もいました。どこかの会社の若い女性軍が5名もいました。
やはり、回数が少ないのですね。盛岡や宮古の方からもきていましたよ。

応急手当の講習です。
IMG_1006.jpg
座学は2時間くらいで、あとは、ひたすら実習です。

とにかく、頭で考えなくても体が動くように、徹底的に実習します。これは大事ですねエエ。
知っていることと、できることは違いますからね。まして、現場ではね。

止血法と三角巾の使い方、担架などによる搬送法をならいました。
支給してくれたバックには、三角巾とガーゼが2枚ずつ入っています。
実に便利な三角巾です。が、いつも携帯しているとは・・・。

ヘンな話ですが、ボクは今まで脈がみれなかったのですよ。脈がないのかと思っていました。笑
今度は大丈夫です。アッチコッチで動脈の流れを止められますよ。ちゃんとあるんですね。よかった!


どちらも、最後に筆記と実技の検定試験があります。
前者は柔らかめですがね。
いずれにしても、試験は緊張するものです。3日間のプレッシャーには、かなり疲れました。酒も呑まずに復習してましたよ。健康にはいいかも?
後者の検定結果は来年です。有効期間は3年間です。終了前に4時間の講習を受けることで継続されるそうです。
ちなみに、講習の指導員はボランティア(婦人警官と元看護師)でして、赤十字の方からは日替わりで1名ずつ来てました。


オモシロかったのは、実際の現場を想定してのシミュレーション訓練でしたね。
地震で怪我人が出たといく想定で、4人が被災者役になって、8人のチームで救急するという想定です。
オモシロ半分に被災者役を志願したんですが、ヤバイくじを引いてしまいました。
「額から血を出し、意識もうろうとして、何事かをつぶやき、右足を引きずって、徘徊している」という役です。
いやあ~ハズカシイ! もう後には引けません。覚悟を決めましたよ。
結果は、ナント、受けましたねえ。ボクは役者の才能があるのかも?
「ただのヨッパライじゃないの?」って声もありましたが・・・・。そのとおりです。はい!

シミュレーションとはいえ、実際には何をやったらいいのか、パニックになってしまいました。
頭が真っ白になってしまうんです。みんながみんな、もう、デタラメな処置ばかりでした。いやあ、難しいもんです。
ちゃんとした、冷静なリーダーの必要性を感じましたね。


それと、応急手当ですが、症状から判断するってのもスゴク難しいです。けっこうな医学知識も必要ですし、なによりも現場経験が必要ですね。
ボクの相棒が「ボクは補助員くらいしかできないなぁ~」て言ってましたが、そのとおりだとおもいます。

この訓練も3日もすれば忘れてしまうでしょうね。そうしないためには、日常の勉強、訓練が必要になりそうです。
いやあ~こりゃ、この講習を受けてしまったおかげで、今後も救われない日々が続きそうです。いやはや・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(0) |

休日に講習会やるべきですね
燐寸
何度か受けないと忘れてしまい、なかなか実際には使えませんよ。
心臓圧迫、これ 体力勝負です。 本職の医師でも10分もやれば息切れしてきます。



池田
ただの酔っぱらい・・・ワロタ。

消防団には入ってないけど、緊急の際の知識って、やっぱり必要ですね。
北の将軍様もお亡くなりになった事だし。
トラックは真面目に修理しといたほうがいいかも。

燐寸さん
あかじい
実際に使うのは、自信がありませんね。

半年に1回くらいは復習しないとだめだねぇ。

池田さん
あかじい
まあ、知らないよりは、格段にいいと思いますね。手伝いくらいはできそうだから。今すぐなら・・・。

将軍様は心筋梗塞らしけどAEDなかったのかな?
トラックなおしても、どこへ行くの?


v-8あたしは 自衛隊で救護員やっとりましたです
訓練中のけがの応急手当は何度も経験ありますが...
心臓疾患などまでは 経験ありませんですワイ

唐さん
あかじい
いやあ、そういう経験は強いですよねえ。うらやましい。

怪我は見てだいたいわかるけど、病気はわからないです。こりゃ難しいと思いましたね。

水道流しっぱなし
福平
水道は自家水源ですか。

そうでなければ、凍結防止には元栓を止めたほうがいいですよ。

元栓は、地中に置きます。
元栓のすぐ家側に水抜き栓を付けます。
この栓を開くと家の中の水道管の水が抜けてしまうようにします。

私は自宅をそうしています。
札幌に住んでいたとき見たのを、真似しました。

実際やってみる
あみ
おばんでございます~~~

ブログのお写真拝見いたしました。
スミマセンお会いしておりませんでした。

リンクできているのか良く解りませんでした。
ゴメンなさい。

救命救急は市の方も行っていたんですね。

やっぱり一度は何ができるとかじゃなく、
見た事があると言うのでも心がまえが違いますよね。

>[額から血を出し、意識もうろうとして、何事かをつぶや>き、右足を引きずって、徘徊している」という役です。

私も見たかったです(笑)

実際どのように接したら良いか考えてみました。

この場合一番の問題点は「意識がもうろうとしている」点でしょうか?能の外傷による損傷によるものか?脳梗塞等によるものなのか?心因性のショックによるも煮なのか?


次に注目するのはビッこですか?

怪我によるものか、脳梗塞等によるものか(ブツブツ言っているのも含めて)混乱なのか、発語の分野に問題が起きたのか?
精神的にパニックになっているのか。

最後に頭の出血の原因と圧迫止血に努める事。


指導者の方はどの様に動かれていましたか?

興味深いです。


追伸我が家への道しるべはメールの方に書いておきますね。
いつか一緒に鴨鍋つつきましょう。


あみさん
あかじい
どうもです。
いやはや、見られなくて残念でしたね。笑

シミュレーションの答えはありませでした。つまりパニックになってしまうことを体験させたかったようです。

基本的には、二次被害の防止と緊急性(意識無し、心肺停止、大出血など)を優先させるということのようです。
したがって、この場合は、安全なところに移動させて監視しておく、ということのようです。(推測ですが)

機会があったら、ぜひ鴨鍋いただきたいものです。楽しみにしていますよ。

福平さん
あかじい
どうもです。
ご心配ありがとうございます。

湧き水なのです。山林を100mほど引いています。
ですから、根が多くて地中に埋められないのですよ。
水温が12度くらいありますので、流しっぱなしでなんとか大丈夫なようです。今までは。
(以前の沢水のときは凍結しましたがね)


コメントを閉じる▲
なにかと話題の多い一関市で、放射能の専門家の講演会を聞いてきました。
ボクが住んでいるのは東の外れで、気仙沼市との境界あたりですが、0.2μSv/hくらいのようです。(測ってないので、正確にはわかりません。森の中だからもっと高いのかも?)

何が話題かと言うと、フクシマ原発の放射能が宮城県を跳び越して、一関市に降り注いだのですね。
ネットではかなり早い段階で流れていましたが、一般的にはだいぶ後になってから公表されました。

火をつけたのは、中部大学の武田邦彦先生の発言でしょうかね。それに対して市長が猛反論してました。
それから、放射性物質汚染ナンタラ措置法みたいなもんで重点調査地域に指定されたようです。

そのせいでしょうか、じつに沢山の地点での放射線レベルを公表しています。どはいえ、公共施設がほとんどですがね。
現在でも、地上高1mで0.3~0.5μSv/hの地点がかなり沢山あります。もちろん地面や部分的には10マイクロを超えるところもあります。
全体的には0.2μSv/h以下のほうが多いのですがね。でも事故前は0.0×くらいですよね。
また、地面で1μSv/hを超えるところは、住民参加で除染する方針のようです。

隣接する、宮城県や気仙沼市、平泉町などは、マッタクの温度差があります。数地点のレベルしか公表していませんね。その放射線量は0.1μSv/h程度となってますです。ホント?

で、一関市としては、仕方なく、住民に対してこのような講演会を開いたのでしょうかね?
IMG_0983.jpg

「放射線の基礎知識と健康への影響」という演題ですが、市が開催する講演会では、どんなことを話すのか?どんな風に説明するのか?つまり「説明方法」自体に興味があって聞きに行ったのでした。
場所は、お隣の藤沢町です。

まあ、「なるべく放射線の低いところに移住したほうがいいですよ」なんて言わないと思ってましたがね。
ですが、「マッタクわかりにくい話」と「安全宣言」なのでした。

聴衆は、平日の昼下がりでもあり、ほとんど高齢者ばかりの300人くらい。会場は600人も入る立派な建物でした。
勤め人や主婦などは参加しにくでしょうね。または関心がないのか・・・。



ついでに、どれほどわかりにくいのか、というのは次のとおりです。

●OHPで投射していた資料は、文字やグラフばっかりで、読むひまも理解するひまもない。 
というか、読む時間を与えてくれないのです。一方的に説明して、次々と資料を変えていってしまうからです。
(ボクは20列くらいあるうちの、前から6列目だったけど、10列目以降は読めなかったのではと思う)

 指し示すレーザー型のポインターも緑色で、どこを指しているのか見えない。
(これは赤でも見にくいのです。そもそも、こんなモンは大きな会場で使えるものではないと、いつも感じています)


●肝心な基礎知識の説明がまったくない。
  ・国の許容基準である年間1mSvの考え方とか・・・
  ・外部被曝と内部被曝の違いとか、問題とか・・・
  ・シーベルトとベクレルの違いや、変換方法とか・・・
  ・自分の住居周辺の影響度の計算方法とか・・・
  ・放射線の種類と特徴とか・・・

こういうことは、周知のはずだ、という認識だったのでしょうかねええ。

ボクなりに、ごくごく簡単に計算してみると、この地域では年間5~10mSvくらいは被曝しそうです。
元々日本にある自然放射線の影響1mSvと、追加の許容部分1mSvの合計ですから、年間2mSvですね。
たぶんにオーバーしているわけです。(あくまでも外部被曝だけですよ)
で、どうするか、ということを聞きたかったとおもうのですよ。


●100mSvまではダイジョブという前提のような説明に終始していた。
  ・ガンの死亡率が2000mSvでは2倍に増えるというグラフを示して、100mSv以下の低線量では、因果関係がはっきりしてない、云々・・・
  ・温泉や蛍光塗料など、身の回りに放射線の出るものはたくさんある・・・
  ・ホウレンソウを何トンも食べる人はいない・・・
  ・広島や長崎でも、ハッキリしたデータはない・・・
  ・胎児への影響は高齢出産の影響が大きい・・・
  ・飛行機やレントゲンの方がはるかに高い。CTスキャンでは7mSvも浴びるとか・・・
  ・核実験以降の下降している積算放射線グラフを出して、途中のチェルノブイリのときでも小さな小さなトンガリが増えた程度だとか・・・30年でちゃんと半減しているとか・・・
  ・世界には、年間10mSvの地域もあるが、特に被害が出ているデータはない・・・
  ・チェルノブイリも米軍の調査も同様・・・

などなど、実にたくさんのデータを次から次とOHPで写していたが、ほとんど読めないのでしたよ。
もちろん、整理しているヒマも無かったのでした。


●そして、結論は、
  ・雨の予報が30%のとき、傘を持っていく人と、いかない人がいますね・・・人それぞれです。
  ・ボクの知見からいうと、ほとんど問題になるレベルではない・・・
  ・安価な線量計は、低レベルでは誤差が多くて使えない・・・(一桁違う線量計の写真を示して)
  ・心配なら、専門家に、その都度レベルを測ってもらえばいい・・・
  ・ご質問があれば、次のメルアドに連絡ください。

まあ、訳がわかんなくても「ダイジョーブ!」ってことのようです。


質問の時間もあったのですが、4人くらいで打ち切られてしまいました。
それも、突っ込んだ質問ではなかったのです。やらせ?
(最初に質問した「後始末じゃなくて、前始末が大事なんだ!」と、わけのわからないことを言っていた人は、絶対に違うとおもうけど)

ボクは最初のようなことが疑問だったのですが、地元の人を優先させてあげましょうという考えと、どう整理して質問しようかなどと考えているうちに締め切られてしまったのでした。トホホホ。
もっとも、指名してくれないかもしれませんがね。


会場に来られた方は、これで満足したのかしら? まあ、ほとんど影響のない人たちばかりだし・・・。
同じ日の2回目の講演だったので、1回目を聞いていたハズの市としては、何も感じなかったのでしょうかねえ?それとも思惑どおりだったのでしょうか?

福島県での対応なども気にして見ているけど、行政って、まあ、こんなんでしょうかねええ。
少なくても「住民を守る」って考えはないようです。いやはや~・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

<追記>
この講師の方は、千葉県の我孫子市でも講演していたのですね。
同じようなことを話してるようです。
しばた圭子さんのブログ


一関市在住で、かなり心配されている方のブログを発見しました。
自然農法で野菜をつくり、販売もされている田舎暮らしの方のようです。
この講演を聴きたかったそうですが、都合で聴けなかったとか。
ご自分で線量などを計算されています。
あんすろーじさんのブログ

雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(1) |


池田
一見、関係のなさそうな国会議事堂だけど。
あれ、全部、花崗岩でできてるでしょ?
花崗岩の中にもラジウムだのカリウムだのと含まれていて
議事堂の中だったかな?0.18μSVくらい、常時放射されてるそうです。
除染などの対策をした後の、福島市内の幼稚園と同じ数値ですね。

つまり、それくらい自然界には当たり前のようにある訳で。
それを有害とみるかどうかは人それぞれですよね。

採石場での年間被曝線量管理を徹底すべきという話も出てるみたいですね。
石屋さんも同様ですよね。

まぁ、自然界にはない線量になってくると、もちろん問題ですが。
でもね、0.2μSVだと自然界とほぼ同じくらいじゃないんですかね?




池田さん
あかじい
早い!

国会議事堂がねぇ。それでイカレテるのね。笑
まあ、知らないのか、知っていても、関係ない年齢ばかりだからね。

この森も、以前は0.05μSv/hくらいだったでしょうね。ボクも関係ない歳だからダイジョーV!


亀仙人
こいつは非常に難しい問題ですよねぇ。
市としては大問題にしたくないってとことですよね。
森の除染なんてできっこないし、早く沈静化してほしいって感じですか?

講演会を想像する
あみ
おばんでございます~~~

一関市の放射能の講演会の様子をお聞かせ頂き
有難うございました。

随分と市民の皆様を情報通として、
講演して下さったのですね。(嫌み)

まあ「録画録音はご遠慮願います。」

という時点で市民に理解してもらいたいと
言うような方向じゃないんだろうな~と
勝手に思っていました。

当たらずとも遠からず…と言う事でしょうか(笑)

>訳がわかんなくても「ダイジョーブ!」

その様な講演だったんですね。

投射資料の印刷物もなかったのですね~

がっかりですよね~

これなら、中部大学の武田先生でもお呼びして
この地で生きていく方法でも後伝授指定だたきたいと
思いますよ。

講演は6ヵ月先まで埋まってるそうですが。




すみませんリンクの仕方が解りません。

宜しくお願いします。

トラックバック張らせて下さいね。



たけじぃ
現地の自治体ですら、「放射能汚染はあまり深刻に考えないで、庭先をちょこちょこ除染すれば住めるから」というスタンスですからねぇ。
わが富岡町では、町長をはじめ行政職員はもちろん、住民たちも「富岡に戻る」って言ってるんだよね。
その実、町長は、どっか遠く離れたところに自宅を新築したとか。職員も「うちの町長は困ったもんだ!」ともらしているとか。(福島の県知事も、早々と安全宣言を出しちまって・・・)

どなた様も、内心は「怖い!」と思っているけど、表面上は「ダイジョーブ!」ってことにしておきたい。
と言うことなんだろうね。
アホか。ダメなものは、ダメだろう。
あたしゃ、帰らんわ。

亀さん
あかじい
いままで、さんざん騙されてきたから、正確な情報を知りたいというのが住民感情でしょう。

まあ、お茶を濁して、忘れるまで待つという姿勢でしょうかね。

あみさん
あかじい
お役に立てれば幸いです。

そうですね。録画して各公民館などで流せば、たくさんの人に見せられるのにね。 そうはしたくないのでしょうかね。

このような講演会が今後も続くのはやり切れませんね。
トラックバック、了解です。

たけじぃさん
あかじい
そうですね。一部分を除染したって、「住む、生活する」という環境になるには何十年も、いやそれ以上にかかりますね。

残念ですが、たぶん人は寄り付かないとおもいますね。
除染産業ははびこるでしょうがね。

気持ちの通じない人たち
ニシマキ
ぼくは0.3マイクロのとこに住んでるし、まぁいいかと思ってるし、そういう講演会の内容も一応納得するんだけど、理解できないのは講演をする人とか行政の人たちですねー。彼らはどういう気持ちでいるんだろう、なにを伝えたいんだろう。うるせーな、おめーら、頭が悪いんだから黙って信じて税金だけおさめてりゃいいんだよ、という匂いがするから、みんな信じられなくなっちゃてるんだよね。

ニシマキさん
あかじい
やっ!ども。

ですようねえ。 誰のために、何の目的で、やってんだか?って感じです。

コメントを閉じる▲
本格的な冬になったようです。
朝晩は氷点下、日中も3~4度ですね。ときおり雪が舞ったりしてます。
先日は、水道が凍りつきそうになりましたよ。これからは、夜間は出しっぱなしにしなくてはなりませんね。

さて、先般から復旧復興しているバイクXLR250R最終仕上げです。ボロボロのシートの張替えです。

本皮風の生地を手に入れました。
IMG_0944.jpg
これ伸びるんですよ。
140×100センチで、送料込みで2千円ちょっとでした。いろいろ調べたけど、これが一番安かったのです。

あかじいとしては、赤色に決めていたんですが、ハデハデすぎるのもねえ~などと考え、黒色になりそうになったけど、本格的な渋さを求めてこれになったのでした。
全体のことなど考えずに、衝動的ですね。 果たして似合うのでしょうか?

まずは、古いシートを剥がしました。
IMG_0906.jpg
ホッチキスの針が錆びていて、きれいにするのもけっこう面倒でした。

ちょっと整形しました。
IMG_0910.jpg
つま先ピンピンで、足つきが良くなかったので、3センチほど削りましたよ。アンコ抜きってやつです。
パンみたいなスポンジですから、使ったのはパン切りナイフですね。

まずは前後を止めて、左右に引っ張ってます。
IMG_0945.jpg
伸びるシートなんですが、そんなに沢山はのびないんですね。

くの字に凹んだところを最初にピッタンコさせるんですが、これが手ごわい。
足で踏んづけて引っ張っても、どうやってもくっつかいのです。挫折しそうになりましたね。
適当なところで、仮止めしてしばらく放っておいて、また締めての繰り返しです。

そのうち、ストーブで暖めることに気がつきましたよ。
IMG_0948.jpg
もっと早く気がつけばよかったのに。何度かやって、やっと完了です。まるまる1日かかりましたよ。


悪戦苦闘の末、やっと、それなりに完成です。
IMG_0950.jpg
ずいぶん引っ張ったので、これから寒くなると破けないか心配だなあ~。

裏側です。
IMG_0951.jpg
狭いところは、ビス止めです。タッカーは入らないのです。

調子に乗って、サイドカバーも貼ってしまいました。
IMG_0952.jpg
端切れ出たので、とりあえず両面テープで止めてみました。

バイクに取り付けました。
IMG_0961.jpg
足付きも良くなりました。これでコケル心配が減りますね。

これが以前の状態です。
IMG_0452.jpg

あらためて気がつきましたが、もともとは白・赤・青色のカラーリングだったんですね。バックの木の葉にも映えてます。

今度は白・赤・茶色になりました。バックの木の葉も落ちて、シックな風景に溶け込んでいますよ。これは秋バージョンですかね。
そもそも乗る本人が秋バージョンですから・・・ウーン・・・まあ、それなりかな。
それなりログ工房ですからね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |

じょうでき!
たけじぃ
なかなかじゃん。
おらも、MTX50のアンコ抜きやった(足が短いもんで)けど、たいへんだよねー。
お疲れさんでした。
で、カラーリングだけど、シックにおさまって、じぃさん向きでいいよ。似合ってるよ。
ついでに、タンクのオレンジとか、サスの青とかもなんとかしない?渋い色にさ。

たけじぃさん
あかじい
ども、です。
そうですかあ、アンコ抜きやったんだ。早く教えてよぉ。
苦労して調べたんだから。笑

タンクの赤は、ワンポイントとして、いいとしても、サスのハカマは気になっているのよね。 塗料でも塗ってしまおうかしら・・・。



池田
なかなかいいんじゃない。


亀仙人
バッチリですよv-218
若い頃にデリカワゴンのシートを全部張り替えたことありました。
裁断した布地にミシン掛けて完全自作シートでしたが、大変だったことを思い出しましたよ。
あと、Buckのフォールディングナイフは私のと同じですねぇv-221

池田さん
あかじい
まあまあでしょ。 
やっぱりブーツの色が気になるなあ~。 ゴム系に塗れる塗料ってあるかしら?

バッチグー!
燐寸
うまくできてますね。 ( ̄▽ ̄)b グッ!

水道、不凍栓 つけてないんですか?


亀さん
あかじい
裁縫ができれば、立体的に作ると楽なんでしょうね。そういうのもあと2円円だすとあったんですがね。ケチりました。

ナイフね。よく見てますねえ。沖縄の島で拾ったもんです。

燐寸さん
あかじい
まあ、それなりですよ。 アンコ抜きしたんでよけい難しくなっちゃいました。で、ちょっと皺っぽいのです。

水道は不凍栓などついてませんよ。
山からの湧水なので、流しっぱなしでも料金はかかりませんから。


池田さん
「夢〇」みましたよォ
また 書かせてくださいネ  <m(__)m>ね
vuckでは 調理ナイフもあるんだー
(¬_¬) フーン 知らんかったぁ

唐さん
あかじい
vuckってなに?

コメントを閉じる▲
今回は、先日のカメムシ館ログスクールの受講生向けの補足情報です。

これは、先日、新潟の大工さんに教わった凸ホゾの刻み方です。
まあ、大工さんによっていろいろな刻み方がありますが、一つの方法だと理解してくださいな。
角材ですが、これはP&Bで丸太の先端を角加工したあとだと思ってください。

丸ノコで、上下4か所を切り込みます。
IMG_0859.jpg
実際には、大丸ノコ(刃の直径30センチくらい)を使いました。10センチくらの深さまで切れます。でもメッチャ重たかった。
切り始め(先端部)は墨線切りで、元部は墨線半残しにしてます。つまり先端が若干細くなるので差し込みやすくなるのですね。

丸ノコで、木口から、切り残し分を、上から下に切り降ろします。
IMG_0876.jpg
逆さ使いになるので、ちょっと恐い感じがしますが、すぐ慣れますよ。
下から切り上げるって方法もありそうですが、なぜかやりませんねええ。

丸ノコで、深さを合せて、横に切り込みを入れます。
IMG_0862.jpg

残った部分を手ノコで切り取ります。
IMG_0864.jpg
縦引きの刃を使います。両刃ノコの場合は間違いないでね。
ボクは目がよくないので、横引きを使ってしまい「切れねぇ~なあ」ってことがよくあります。

ホゾ面が平らになるように整形します。
IMG_0867.jpg
最初のノコ精度がよければ不要なのですが、これがなかなかうまくはいかないのですよ。
大工さんは、ノミやカンナを使いますが、急ぐときボクはサンダーも使いますね。

ホゾの幅を墨付けします。
IMG_0874.jpg
これは幅寄せ用のテンプレートです。同じ事を何度もするときには、大工さんはこんな物を作ります。
中央の芯に合わせて両側に線を引きます。

ふたたび丸ノコの逆さ使いで切り込みをいれ、残りを手ノコで切り取ります。
IMG_0880.jpg
同様に面を均して、角を面取りして完了です。

チェンソーでカットする方法もありますが、3番目の横切りでバリが出ますので、ノコ目を入れるとか、スコーリングが必要です。
とにかく、線ピッタリに切れなければ、手直し作業の方が多くなってしまうので、技術次第ですね。
まあ、丸ノコのほうが簡単に精度がでますよ。

ちなみに、ボクは自分の仕事をするときは、横切りは丸ノコで、縦引きはチェンソーを使います。
精度はそこそこなのですが、一番楽で早いもんで・・・。
したがって、丸ノコの腕はあがらないのですねええ~。いやはや。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


<追記>
常連さんからコメントをいただいので補足しておきます。

効率的な刻み方法です。
ホゾ作りは、何度も何度も回転させなければなりません。これをいかに少なくするかも考えたほうがいいですね。

太くて長くて回転させるのが大変なときは・・・
同じ面を、切る箇所にあわせて刃の出を調整しながら切ったほうが楽ですね。

反対に短かったり、軽いときは・・・
刃の出が同じの箇所を切ってしまいます。つまり回転させたり、反対側に行ったり来たりして切っていきます。

そのときどきの状態で考えないとね。

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


ひこです
あかじいさんこんばんわ

おひさしぶりです。僕も新幹線のアルミの形材の加工をするのに丸ノコ使ってますよ(^_-)下手に使うと弾き飛ばされたりするので怖い工具だと思って作業していますねぇ。


そちらは、愛知に比べ寒いと思いますがどうか風邪ひかないようにしてくださいね(^u^)


粉ミルクまでセシウム嫌になります。国内のすべての原発、バズーカで吹っ飛ばしてやりたいですねぇ(*_*)


v-12ひこさん
原発をバ~ズカ砲で吹っ飛ばしたら  (°〇°;) おおっ?
それは テロ ですよ(_ _;)/~~~~" 降参!

丸のこで木口を切るとき 下から上に切る人いるんですかネェ
引力の法則に反してます
相当労力使いますねェ



こゆ仕事... 丸ノコで木口を切るとき 
縦線も横線も同時に切っておいた方が 
楽なような気がしますけどォ

お試し下され


ヒコちゃん
あかじい
丸ノコは、実はキライなんです。笑

ヒコちゃんのバズーカなら冷温停止にもっていけるかも?笑

寒いですよ。今朝は零下5度くらいでした。なんとか頑張ります。

唐さん
あかじい
そうですねええ
回転させるのが大変なときは、刃の出を調整しながら同じ面を切ったほうが楽ですね。

反対に同じ刃の出の箇所を切ってしまうって方法もありますね。短かったり、軽いときはね。

そのときどきの状態で考えないとね。


池田
東京から帰りました。
目録を頂きましたので、近いうちにヒノキ風呂の件も連絡があると思います。

挨拶の際、ログビルディングの技術は使うけど、家を建てるつもりはないと宣言してきました。


しかし、うちの丸ノコより古いんじゃないの?

池田さん
あかじい
そうでしたか、忘年会でしたか。オメデトウさんです。
また一つ勲章が増えましたね。

丸ノコね。これは古~い棟梁からの借り物ですよ。でもしっかり使えましたよ。

よくわかりました
ペーターランド
一度もホゾを刻んだことがないのでなかなかトライできないでいましたが、刻み方を写真で解説してもらってよぉ~くわかりました。ありがとうございます。

ペーターランドさん
あかじい
そうでしたか。お役に立てれば幸いです。
たしかに、最初は取り付きにくいようですが、やってみればたいしたことでもないんですね。

ツーバイ材などであれば、3枚を張り合わせることによって、ホゾもホゾ穴もつくれますから、それはそれで便利ですね。


ペーターランド
わぁ~!!!目から鱗です。
そんな簡単なことでホゾとホゾ穴ができるんですねぇ~
ありがとうございます。

ペーターランドさん
あかじい
ツーバイ材のことですかね。アレマ!
つぶやきもお役にたったようで何よりです。笑


コメントを閉じる▲
いやああ、急に寒くなりました。 昨夜はアラレちゃんが来てましたyo。
日中も数度です。薪ストーブを焚いてログに閉じこもっています。

先日、茨城から北上中にログ塗装の助っ人をしてましたが、途中で緊急呼び出しがありました。
またまた、助っ人のご要望です。急いで戻りましたよ。
ワカメの作業小屋建築のお手伝いです。場所は唐桑半島の付根です。

ちょっと前になりますが、丸太ベンチ作り教室ボランティアの帰りに、たまたま材料の墨付けを依頼されたのでした。地元では大工さんが極端に不足していて困り果てていたのです。
ボクは専門外なので断わったのですが、その数日後「はまセン」というボランティア団体の仲間と会ったとき、大工さんがいたんですね。
それで、お願いしてみたら、OKになったのです。さすがボランティア精神です。
新潟から時間を割いて来てくれたのですが、ホゾ刻みが間に合わないということで、ボクの出番ということに合いなったわけです。

朝靄が残る7時ころから作業開始です。
IMG_0843.jpg
奥のほうに横長に見えるのは大島です。

漁師さんは朝が早いのですねええ。
3時起床で出て行ってしまいます。5時に夕食、8時には就寝です。
とても漁師時間には合わせられないので,車中泊することにしました。
朝食は6時にしてもらいましたよ。いやはや。

新潟の棟梁です。
IMG_0845.jpg
墨付けと複雑な追っ掛け継ぎの加工だけしていきました。

完成した柱のホゾです。
IMG_0893.jpg
6~7寸角(普通は4寸くらい)の柱が24本あります。ホゾ合計46個です。一人で3日間かかりましたよ。

ログハウスでは当たり前の太さですが、メチャ長いのでメチャ重たいです。
これをクルクルと回しながら加工するわけです。(後日工程を掲載します)
3日目には、もう腕と腰がパンパンになりましたね。

後方に見えていた建物です。
IMG_0849.jpg
地元の大工さんの作業場です。

左端中間のアップです。
IMG_0854.jpg
5m 津波予想水位と書いてありますね。この建物はスッポリ潜ってしまいましたよ。

この後方がワカメ小屋の建築場所です。
IMG_0887.jpg
基礎は完成しています。1メートルくらい地盤沈下したのでかさ上げしてあります。

隣のガレキ集積所です。
IMG_0847.jpg
業者が分別作業をしてました。

材木はデッカイトラックでどこかに運んでいます。
気仙沼のガレキはどこだったかの自治体が受け入れていますよね。そこへかも?
セシウム検査してるんでしょうね。このあたりもちょっと高いベクレルですから。

漁師さんは、今がワカメの仕込みの最盛期です。
それで一段落したら、12月中に建て込みをします。来年の1月一杯までには、屋根と壁を仕上げる予定です。(助っ人するかは未定です)
2月からワカメの収穫時期になるので、この小屋が活躍するのですね。そして、やっと現金収入が得られるのです。

そのときには、ここでワカメ酒でも呑ませてもらいますかね。しかし、オバチャンたちしかいないのよねえ・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


池田
この大工さん、ボランティアでやってますの?



池田さん
あかじい
PC治りましたあ?
 
いい質問ですねええ。 
半分ボランティアってとこかな。ボクは棟梁に雇われているので、やっぱり半分ボランティアですね。



池田
治ったというより、中古のPCをヤフオクで落札しました。
5510円也。
本体だけだけどね。
キーボードやモニタは今まで使っていたものを流用。

冷却ファンの音が不気味なくらい静か。
今までより格段に快適になっております。
メモリも最初から1024MBあるし。

しばらく使い倒します。


ボランティアっていう英語の意味、辞書で調べた事あります?
決して無償奉仕っていう意味ではないんですよ。
本来の意味は、国を憂い、国民自らが立ち上がり、自発的に行動する事なんですけどね。

この大工さんのやってる事も決して間違いではないのかもしれないけど・・・。



池田さん
あかじい
PCの件、了解です。まあ必需品ですから、よかったですね。

半ボランティアって書いたのがまずかったですね。
無償?って聞かれたのかと思ってしまいましたよ。
こりゃ誤解を生むね。

早い話が、困っていたので、支援したってことですよ。格安で。


ノイエ田口
大変お久しぶりです、34年前Vxxx社でお世話になった田口です、覚えていてくれたかな。
好きなことやって元気そうですね、うらやましいです。
掲示板よく見てます、ではまた!!

ノイエ田口さん
あかじい
いやいや、ホントお久しぶりです。えっ!34年も経ちますかねえ?
それにしても、よくこのブログを発見できましたねええ。

先日ハガキをいただいたという連絡があったのですが、忘れていました。スンマセンです。

田口さんの近況でも教えてくださいな。(別メールなどで)
小林さんとか、皆さんはいかがしていますか?

コメントを閉じる▲