すっかり秋めいてきました。朝晩は10度前後になるときもあります。
そんなときは薪ストーブを焚くのですが、18度前後とビミョウなときは迷いますねええ。
炊けば熱すぎるし、炊かなければ肌寒いし・・・。

周辺の農家では稲刈りが始まってきました。
そのせいかどうかわかりませんが、カメムシ君たちがポツポツとお出ましになってます。
一段と寒くなると、我が家に、また、居候に、押し掛けてくるのでしょうね。(多少憂鬱)


栗拾いの成果です。
IMG_0360.jpg
まだまだ、拾えるのですが、よく考えたら保存するのがたいへんなのですね。
1/3ほどは、冷蔵庫に入れて、常食用に。
1/3ほどは、半強制的に、他の人に分けてあげましたよ。

1/3ほどは、カチグリにすることにしました。
IMG_0370.jpg
茹でてから乾燥してます。非常食です。

基本的に、それほど、おいしいものでもないですからね。
栽培用の品種に比べたら、雲泥の差があります。
小さくて剥くのが面倒です。それに味もかなり劣りますからね。
まあ、昔懐かしい味と感じる人用です。

ちなみに、ボクは、茹でたクリを、歯で半分に割って、半分を、口の中で、歯で潰しながら、中身をひねり出して食べます。
殻を出して、残り半分を口にいれて、以下同様、って食べ方をします。実に効率的なのですよ。
旨く食べるコツは、暖かいうちに食べることです。コレ絶対条件。
 

たまには、こんなもんも食べます。
IMG_0325.jpg
リブステーキです。オーストラリア産の肋骨付き豚肉です。

こいつが4本で500円くらいだったのですよ。衝動買いしてしまいました。
4センチくらいのぶ厚いヤツですから、中まで火を通すため、弱火で、フタをして蒸し焼き風です。
味付けは、いつもの通り、塩・胡椒パラパラです。
いやああ、実に旨かった。


そういえば、ちょっと前に、シシとシカ肉の支援物資を頂いていたのでした。
出掛けたりしていて、冷凍庫に入れたままスッカリ忘れていましたわ。スンマセン。
それから、近いうちに燻製セットが送るという話もあります。
これも楽しみです。先にお礼を言っておきますよ。アリガトサン。
クリだけじゃ心配だという、みなさんのお心遣いに感謝します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

<あとがき>
最近ブログを更新していないので、ご心配されている方もありましたので、更新しました。
こちらも、ご心配ありがとうございます。
音信不通になると、ヤバイ?って思われる歳頃になっちゃたのですかねええ・・・。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


ヒコ
お久しぶりですあかじいさん

本、難しいですけど読んでいます。難しいですけどね…(^_^.)
燐寸さんが工房に泊まりに行ったみたいですね。うらやましいです。
今度の土曜日、震災・原発問題を考えるシンポジウムを聞きにいってきます。






すごい栗のりょうですナァ

そいえば うちの近所の金物屋さんに
「栗の皮むき器 あります」って 張り紙がしてありますが

どんなもんなんでしょうねェ


亀仙人
スペアリブは激安ですねv-12
栗の食べ方は私も同じです。っていうか田舎の人はそんな食べ方しますね。
栗も冷凍保存できますよ。皮もむきやすくなるし・・・

ヒコちゃん
あかじい
本は、はじめのほうだけ何となく解ればいいんじゃない。

いろいろ興味をもってくれて嬉しいですよ。
特に、放射能は、どこにいても避けられない現状ですからね。

ぜひ、時間を作って遊びに来てくださいな。

唐さん
あかじい
栗の皮むき器ですね。大型のニッパーみたいなヤツだと思った。

近所のオバサンが使っていたけど、まあ使えそうでしたね。でも小さい山栗はどうかなあ~。

例のモノ、到着しました。ナカナカじゃないですか。アリガトさん。

亀さん
あかじい
そうでしたか、同じだったですか。同じ世代ですねええ。(笑)

冷凍庫は一杯なのですよ。小さいので。
少量やってみますかね。茹でてからですよね。


気になります
ペーターランド
栗も気になりますが・・・
”例のモノ”が何なのかもっと気になります。

ペーターランドさん
あかじい
長野のほうの栗は不作だと聞きましたが、どうなんですかねえ。

「例のモノ」って、細かいとこツツキますねええ。(笑)
燻製キットですよ。

安心しました
ペーターランド
危ない薬や拳銃じゃなかったんですね。安心しました。

森の栗の木にはイガ一つ見つかりません。キノコも今年はダメそうです。



ペーターランドさん
あかじい
いやはや、参りましたねエエ。

もし、そうであっても、この場ではいいませんよお。(笑)

実は・・・・・・・・・・・。

コメントを閉じる▲
ポトッ!ポタンッ!ドサッ!コロン!ときどき、カーン!という小さな音が聞こえます。
クルミが落ちているのかなあ~と思っていました。

3日ほど前の朝、20メートルほど離れている露天トイレ(大用)に行ったら、栗が落ちているじゃありませんか。山栗です。

とりあえず拾ってズボンの両ポケットいっぱいにして戻ってきました。
IMG_0331.jpg

翌朝からは袋持参で露天トイレ行きです。
IMG_0332.jpg

ポトッ!ポタンッ!ドサッ!コロン!ときどき、カーン!の音が頻繁に聞こえるようになりました。
盛期になったようです。
で、2日間ほどは、30分くらい他の木も見回ってみました。

これが収穫です。
IMG_0352.jpg
15リッターのバケツです。

栗の木によって、早い遅いがあるのですね。
林の中のはもう落ち終わりでした。気がつかなかったー!
こういうのは拾っても、ほとんど虫が付いちゃっているのですよ。小さな穴が開いてます。
選り分ければいいですが、山には山ほどあるので、そこまでの努力はしません。
リスさんなんかも拾っていくようですし。

あれは何の虫なんですかねえ。ほんと彼らは目ざといのですねええ。
だから、落ちたら1日くらいで拾わなきゃならないのです。

実がならない木もあるようです。オスメスあるのですかねえ?
それから、旨いのと旨くないのがあるんですね。品種が違うのか、区別がつきません。
こんどから場所を特定して拾ってみようかしら。

茹でて、毎食、ガシガシ食ってます。
IMG_0350.jpg

この栗、もしかしたらセシウム入りかもしれませんね。
隣町には0.3マイクロシーベルト毎時以上の場所があるし、牧草から暫定基準値の数倍高い値が検出されていますしね。
最近、一関市の市長が、有名な武田邦彦先生に対して怒ってましたが、事実は事実なので受け入れるしかないでしょう。(先生がこの地の農産品を出荷しないで欲しい、というようなことを言ったらしい)
怒るまえに、住民を、子供を、守ってもらいたいもんです。ボクみたいなオジサンはどうでもいいですがね。
全農産品を検査して表示するくらいの気概を持ってもらいたいもんです。


<追記>
ちょと事実について心配にだったので調べてみました。最近読んでいなかったので。
武田先生のブログに市長とのメールのやり取りが掲載されていました。
http://takedanet.com/ 
詳しいことはこちらをご覧くださいな。
一関市に住んでいますが、市長が言うほどの緊迫感は、住民には伝わっていませんね。ホームページでデータは並べているけど、国の基準にしたがっているからね。
公共性の場所で、高いところは0.6前後、ボクの極近くでは0.2弱ですよ。


ところで、こんなのを、どこかのブログで読みました。
「金になる木は、やる気・根気・本気・・・。 金にならない木は、病気・弱気・浮気・・・」旨いことを言いますねえ。
「嘘つき」はどっちでしょうね。

栗の木は、ボクにとっては、金になる木ですね。ほとんど主食ですから。(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


●オマケ

実は、昨年(一昨年かも?)に拾って、乾燥して、保存食になるか、実験していたものがあったのです。
すっかり忘れていました。

ちょっと前に、入れてあった網の下に、粉のようなものがたくさん落ちていたので気がついたのです。
栗に虫が付いてしまったのでした。
いままでは虫がつかなかったのですが、この時期になると虫がついてしまうのですね。
彼らの正体が知りたいものです。

そこでバケツの水に入れて2日ほど置いて、ふやかそうとしたのですが、中身はふやけないのですね。
IMG_0326.jpg
虫のついたのを、選り分けて、茹でて食べてみましたが、これが旨くないのですよ。
まあ、食べられることは食べられますがね。
余ったら、非常食にでもしておきますかね。

<追記>
亀さんの情報でこれは「カチグリ」というのだそうです。
殻付きのまま茹でて、カラカラに乾燥させて保存するのです。
食べるときは殻を剥いてそのまま食べるか、茹でてもいいようです。
そのままだと、かなり硬いですがね。

戦時中の兵隊さんの食料になったという話もおもいだしましたね。
糸に刺してぶら下げて乾燥させたとか。

2~3年ほど前、保存方法をいろいろと試行錯誤しましたが、はからずもこの方法も入っていたのでした。
早く亀さんに出会っていればよかったのに。人は財産です。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


亀仙人
栗はね、「虫刺し」といってイガの中に虫が入ったものから先に落ちます。
ですから、今の時期に落ちている栗はほとんど虫が入ってます。
あと、栗を保存食にするには、一度茹でてから乾燥します。
カチカチになっていつまでも保存できますよ。
当地方では「カチグリ」という保存食で、干し芋みたいなものですかね。

亀さん
あかじい
そうでしたかあ。勉強になります。
ほぞんしてあったものは、確か茹でたような気もしていたのです。

ところで、カチグリを食べるときは、どのようにするのですか?

いやぁ~
燐寸
これはすごい量!

昨年はこちらでもかなり捕れましたが、今年はここいらの木は不作のようです。

栗の虫食い、亀仙人さんのコメ 参考になりました。

燐寸さん
あかじい
マジメに採れば10杯分くらいはあるかも?

このあたりは栗の木が多いのです。
あと10年もすれば、高く売れる木になるんですがねええ。


亀仙人
カチグリは硬いやつをそのまま食しますv-12
お湯で戻したことがないのでわかりませんが・・・
一度やってみてください。

亀さん
あかじい
了解です。 茹でて食べてみましたよ。

念のためですが、最初に茹でるときは、殻つきのままですよね。


亀仙人
正解です。
乾燥すると実が縮むので鬼皮は剥きやすくなりますよ。

亀さん
あかじい
たびたびアリガトさん。
亀さんは何でも知っているんですねえ。昔のことは。(笑)
マタギだもんね。




ヒコ
こんばんわ

そちらは、もう 秋 って感じですね。愛知は、まだまだ暑いです。おいしそうな栗がゴロゴロ家の前に落ちてるなんてうらやましいですねぇ~ 

教えてもらった本、明日、届くそうなんで頑張って読んでみます。難しい本なのかちょっと心配ですけど…読書の秋ですから(^J^)

ヒコちゃん
あかじい
北国の山の中ですからねえ。冬支度せねば。(笑)
西のほうは熱いようですが、そろそろ涼しくなるでしょう。

読書の秋ですねええ。サラーット流し読みでいいとおもいますよ。難しいことがわかるだけでも価値ありです。

コメントを閉じる▲
前回の記事について、ちょっとだけ反響があったので、本を紹介します。

★理科系の作文技術(中公新書)木下是雄著 735円
   アマゾン中古では50円から(送料250円)


この本を読んだのは、30年くらい前のことです。
ボクにとっては衝撃的でしたねええ。特に「事実と意見」の項。
マジメに、「マニュアルライター」(当時はテクニカルライターと言っていた)という専門職(欧米にはあった)を意識させられた出来事でした。


手元にはないのですが、覚えている範囲で紹介してみます。

日本では小学校から、「国語の授業」には作文があるが、ほとんどが感情(意見)表現だけだった。
「遠足の感想」とかはあっても、「学校から家までの道順の説明」とかは無かった。
欧米には、「レポートの作成」という授業があって、事実の伝え方を学んでいた。英語の授業は別にある。

というような書き出しで、事実と意見の違いを、例を出して記述していました。
一文の中にも、事実の部分と、意見の部分が混在しているので、全体としては意見だったり、事実だったりするのですね。
この切り分けがけっこう難しいのですね。

こういった、教育方法の違いもあって、日本人は、レポート的な書き方や論理的な考え方が苦手なんだ、ということでした。
(そのせいか、曖昧な言い方が得意ですよね。意識はしてないのかもしれませんがね。)

著者は学習院の教授だったと思うのですが、付属の小学校?で、その取り組みを始められたようです。
一般の学校の最近の授業はどうなっているんでしょうかねええ。

具体的な例を出すと解り易いのでしょうが、えらく長くなりそうです。
気になる方は本を読んでくださいな。
(本の大部分は論文の書き方になっていたようにおもいます)


実際の書き方、「テニヲハ」の使い方など文章作法については、実にたくさんの本がでています。
まあ、読んだからって、文章がうまくなるわけでもないですがね。何事も練習次第です。

でも、「事実と意見」の違いを理解しているだけでも、この言葉を知っているだけでも、いいんじゃないでしょうか。
このように話のネタにはなりますから、ネ!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


★以下、前回の記事の抜粋です。(一部修正、補足しています)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも、このオジサンにかぎらず説明が苦手な人が多いですねえ。
まず、客観的な事実を説明してから、それについての自分の考え、意見を言ってくれればいいんですが。
この伝え方の基本である「事実と意見」をちゃんと使い分けられたいいいですね。


●追記

テレビのニューズなどを見ていると、そのコメントは、ほとんどアナウンサー(局の?)の「意見」ですね。
要約しているとしても、作為的な「意見」です。

映像も、事実のように見えてしまいますが、編集というのは、かなり作為的な面がありますから、どうにでもなってしまいます。

ですから、受動的に受け取るのは危険ですね。原発の報道がいい例でしょう。
新聞やテレビも複数見て、さらにネットなどで調べてみると、その表現方法の違いがみつかります。
それに気がついたら成功です。

<補足:日本には記者クラブというのがあって、そこで記者が摺り合わせをしているようです。
またスポンサー(東電など)の批判記事は書きにくいのが現状のようです。
したがって、大手のテレビや新聞の報道は、どこも同じ内容の記事になってしまうのですね。>


できれば、現場を取材したりできれば、なおいいですね。
原発付近もそうだけど、ボランティアに参加するだけでも現場の事実を感じられます。
さらに、自分から、情報を発信すれば、理解が深まると思いますね。

一人ひとりが動くこと、考えること、で世の中が変るのではないかとおもっているのですがねえ。
(ちょっと、ボクらしくない、コメントでした。これすべて意見です)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(0) |


亀仙人
う~むv-16
事実を伝えることって結構難しいかも。
自分の意見・感情を切り離して伝えることは・・・



ヒコ
こんばんわ

面白そうなので買って読んでみますね。もう注文したけど…(^u^)


紅い目の岩崎
事実と意見

今のテレビ漬けの感性不足には、事実は難しいですょね~。
震災後1週間ライフラインが無いだけで、パニックだらけの世の中。
煽る報道。
イロイロと貴重な経験をし、その一つ一つに自問自答の毎日は
自分を成長させて頂いた事実。
その先を意見で歩んで行きたいと思います☆

亀さん
あかじい
ですよねええ。
別に無理やり治す必要もないですよ。日本人は心で通じますからね。それが美徳だと思っていますよ。

ただ、ときどき間違えちゃうんですよね。裏を返すと、誤魔化す手法にも使えちゃうってことですかね。

ヒコちゃん
あかじい
そうですか。まあ、読み流してみてくださいな。
多少は、役に立つかも。
あまり、マジメに考えると頭が痛くなるのでご注意を!

岩崎ちゃん
あかじい
そうなんですよ。
今回は、特に原発は、かなりだまされましたね。NHKになんどもクレームをつけましたが、ナシのツブテでした。

人間は、こういう危機的なときに変るもんですね。
しかし、テレビ・新聞だけのには人は難しい問題ですね。


新聞記者の ペン先だけで 大臣の首が 飛びましたねェ

本人は もっと違う意味で いいたかったと思うのですが 
あの「ゴーストタウン」と言う言葉だけをクローズアップされたのでは 大臣も悔しいでしょうねェ

あとは その言葉を テレビが 追っかけて繰り返す
大臣の首が飛ぶまで やっちゃう うかうか会見なんか
やれないよね

唐さん
あかじい
大手のマスコミは信用できませんね。

裏の情報(ネットなどで)を知らないと、とんでもなく洗脳されちゃいますね。

ほんと恐い世の中になっちゃいましたねえ。

コメントを閉じる▲
引き続き、RQ唐桑ボランティアの3日目です。

きょうの現場からみた湾内です。平和な風景に見えますねえ。
IMG_0294.jpg
沿岸の道路は、同様に地盤沈下で、満潮になると海水で被ってしまいます。
したがって、通行できなくなります。
かさ上げ工事もしているんですが、まだまだかかりそうです。


●9月10日

立ち木の伐採です。
IMG_0289.jpg
たったこれだけなんですがね。

1時間ほどで終わりましたよ。
IMG_0292.jpg

事前に聞いていた話とは大違い。
「高い松の木が民家のそばで傾いているのを伐ってほしい」ということだったのです。
「そりゃ現場を見ないとなんとも言えませんねエエ」「見てから考えますわ」
ということで、ヤバそうだなあ~、緊張して、恐る恐る来たんですが・・・。
まあ、高さを除けば、間違いじゃないんですがね。

このあたりの伝え方ってのが、旨い下手がありますねええ。
昨日の現場への道案内もまったくダメだったし。
コーディネーターのみなさん、伝え方も勉強しましょう!

次の現場の伐採です。(一昨日と同じところです)
IMG_0297.jpg
これは終了後です。ボクのチェンソーワーク?を見て追加で頼まれたようです。
20センチ径くらいのを数本と潅木を30本くらい伐りました。
余裕で終わっちゃいました。

残った時間は、細かい枝の運び出しを手伝っていました。
IMG_0302.jpg

ここのボラセンの装備は貧弱だったですねえ。人力作業が中心だったようです。
車両は、軽トラ1台、2トン車持ち回りで1台、軽ワゴン1台、普通ワゴン1台です。
道具類は、1輪車(ネコ)4台、スコップ30本くらい、その他バール、ペール缶数個、土砂袋、水タンク、クーラーボックス少々、長靴、手袋など、です。

ガソリンタンクを忘れたので、備品があるか聞いたら無いとのこと、タンクもないとのことでした。
(後で倉庫をみたら4個もありましたよ)
しかたがないので、混合油のポリタンクに入れてもらおうとスタンドに行きましたよ。

若いお兄ちゃんがでてきて「いいですよ」って言ってたんですが。
すぐにオジサンがでてきて、「それはダメです」って言うんです。
「わかってますけど、そこをナントカ・・・」
「ダメですねえ」
「あのう、ボランティアしてるんで、急ぎなんですよお」(RQのベストを着ていたのです)
「法律は法律ですから」
「ナントカ」「ダメ」「ナントカカントカ」「ダメダメ」
・・・・・・・・・・・・・・・

ウーン・・・パッとひらめきましたねええ。
「それじゃ、タンクを貸してもらうことはできますかね?」
「ええ、それならいいですけど」
「じゃあ、名前と電話番号書いてください」
「いや、そこで移し替え換えますから」
「やっぱり書いてください」
しかたなくメモ紙に書いて、4リッター入れてもらいました。
車で道路の反対側まで出て行って、移し替えて、歩いてタンクを返してきましたよ。
いやはや・・・。


●9月10日(残務作業)
先日、草むらに、太い材木が横渡っているのを発見したのです。
念のため、夜のミーティングで聞いてみたら、それも運び出すとのこと。
前日までのリーダーは、それを認識していなかったのですね。
朝、帰る予定を伸ばして、その作業をやる羽目になりましたよ。
ヤブヘビ、いや、ヤブ柱でした。

太い柱と梁を数本カットしました。
IMG_0303.jpg


今回も貴重な体験をさせてもらいましたね。
ボランティアは、実に熱い人たちばかりです。
こんな話題もありましたね。夜のミーティングのことです。

いいオジサンが、まだ酒も呑んでないのに、かなり興奮気味に言ったのです。
「現場で予定に無い作業を命令された!」「お礼も言わない!」「住民に迎合しすぎているんじゃないか!」
かなり感情的な発言だったので、その場は誰も意見を言いませんでしたね。
朝一の事件だったようです。かなりカチンときたのか、夕方までムカムカしてたようです。
現場では断ったわけじゃないんですが、それがさらに溜まって爆発させたんでしょうね。

で、ボクは、酒を呑みながら、具体的に聞き出そうとしましたよ。
「本当に、住民の方は、感謝もなく、ボランティアしてくれるのが当たり前だと思っているのか?」ってね。
でも、そのオジサンはうまく説明できませんでしたね。興奮が冷めていたのに。
結局、事実はわからずじまいでした。どうしても意見だけになってしまうのです。

どうも、このオジサンにかぎらず説明が苦手な人が多いですねえ。
まず、客観的な事実を説明してから、それについての自分の考え、意見を言ってくれればいいんですが。
この伝え方の基本である「事実と意見」をちゃんと使い分けられたいいいですね。


最初に、お酒が10本くらい残っているって書きましたよね。(事実)
で、毎晩、旨そうなほうから片付けていったのですが、3本くらいしか呑めませんでした。(事実)
心残りです。お酒を全部片付けてあげたかったあ~。(意見)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


●追記

テレビのニューズなどを見ていると、そのコメントは、ほとんどアナウンサー(局の?)の「意見」ですね。要約しているとしても、作為的な「意見」です。

映像も、事実のように見えてしまいますが、編集というのは、かなり作為的な面がありますから、どうにでもなってしまいます。

ですから、受動的に受け取るのは危険ですね。原発の報道がいい例でしょう。
新聞やテレビも複数見て、さらにネットなどで調べてみると、その表現方法の違いがみつかります。
それに気がついたら成功です。

できれば、現場を取材したりできれば、なおいいですね。
原発付近もそうだけど、ボランティアに参加するだけでも現場の事実を感じられます。

さらに、自分から、情報を発信すれば、理解が深まると思いますね。
つまり、一人ひとりが動くこと、考えること、で世の中が変るのではないかとおもっているのですがねえ。
(ちょっと、ボクらしくない、コメントでした。これ意見です)

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |

伝え方って
燐寸
難しいと思いますよ。
言葉ひとつとっても、不用意な言葉を使うと、相手の感情を害することもあります。

危険現場はやはり現地確認しないと、そう簡単に安請け合いできませんね。

ガソリンタンク注入、最近 指導が厳しくなってるから、店でも対応が厳しいようですよ。


亀仙人
あかじいさんは「元マニュアルライター」だから伝えるのは得意ですよねv-290
普通のおっさんには難しいかもね。
僕はガソリン買う時は20リットルのペール缶もってセルフスタンドにGo!です。
本当は×なんですけどね。


ヒコ
こんばんわ!あかじいさん、活動お疲れ様でした!

僕もこのおじさんタイプの男です。感情が先に行っちゃうていうかなんていうのか下手ですね~

「事実と意見」やってみますね


紅い目の岩崎
なるほど♪
いやー
学ぶ事が多いですね!!

ありがとうございます。
お疲れさまでした(><*)ノ

燐寸さん
あかじい
そですねえ。
ボクもしょっちゅう失敗してますよ。真意が伝えられなくてね。(笑)
相手が感情的になると、もう理解してもらえませんね。

亀さん
あかじい
よく覚えてますねええ。

マニュアルと対面説明では、これまた、けっこう違うのですね。だいたい推敲(練り直し)できないから。
何事も練習ですよ。 もう立派なログビルダーじゃないですか。

ペール缶もダメですかね。

ヒコちゃん
あかじい
すなおに感情を出すってのはスバラシイことですよ。

ボクは隠れた場所で泣くタイプです。だから人前には出たくないのですね。

ちょっとは勉強してもいいかも。あとで、本を紹介しますよ。ブログで。

紅い目の岩崎さん
あかじい
アリガトサン。

お役に立てたら嬉しいですよ。
でも鵜呑みにしないでね。意見だから。(笑)


コメントを閉じる▲
さて、RQ唐桑ボランティアの2日目です。

ボラセンのすぐ下にある景勝地を散歩です。
IMG_0275.jpg

IMG_0272.jpg
そそり立っている岩は立派ですね。(手前の岩と合わせるとヘンな想像もしてしまいますが)
折石といいます。大理石で15メートルあるとか。江戸時代の津波で先端が折れたのだそうです。


●9月8日

例のミーティングから開始です。本日は5班ありました。
IMG_0258.jpg
ボクはいきなり、Bチームのリーダーを仰せつかってしまいました。右も左もわからないのに。
まあ、草刈りですがね。

救急用品をチームごとに持参します。
IMG_0261.jpg

1日のスケジュールをまとめておくと、こんな感じです。

6時ころ起床  =当番がある人はもっと早いです。(ゴミ捨て、炊事、犬の散歩餌やり、用具係り、ブログ)
         この間に各自食事と昼飯作り
7時15分   =朝のミーティング
8時15分   =出発前のミーティング(当日来た人と合同)、ストレッチ、指差し呼称のおまじない
8時半ころ   =出発
9時ころ    =作業開始
12時     =昼休み
13時     =午後の作業開始
15時ころ   =作業終了
16時30分ころ=戻って、作業道具の掃除、片付け
17時~19時 =気仙沼市街のお風呂(希望者だけですがみんな行きますね。炊事当番は急がしい)
19時15分  =夜のミーティング(作業報告と翌日の作業割り振り・・・これが長い)
20時過ぎ   =食事+お酒、雑談
22時30分  =消灯 (外のテーブルで延長戦、喫煙所でもあります)

多いときは、数十人が2階の大広間で雑魚寝していたそうですから、全員参加は大変だったんでしょうね。
どうです。自由時間がないですよねええ。
まあ、風呂に行かなければ散歩くらいはできますが・・・。


今日の現場です。
IMG_0265.jpg

IMG_0268.jpg
100×20メートルくらいの、漁師さんの作業場です。
途中で猟師さんが来て、ロープを伸ばして、繋ぐ作業をやってましたよ。

学ボ19名とRQ2名の合同作業です。ボクラは仮払い機を使ってました。
まあ、最後の追い込みを掛けて、やっと終わりました。
いつものことながら、人海作戦ですが、スゴイパワーを発揮しますね。


唐桑半島のボランティアの総合窓口は別にあります。
そこで住民のニーズなどをまとめて割り振っています。
RQと同じような団体は、同じ敷地に栃木の山岳連盟ってのもありました。(今は不在でした)
となりの半造岬には、天理教の「ひのきしん隊」が駐在しています。
なぜか最近は学ボが数十人の団体で来ています。それを我々が面倒見ながら、合同作業をしているわけです。

とうぜんRQのコーディネーターは、その打ち合わせに駈けずり回っているわけですね。
この仕事も大変ですねええ。現場の確認や場所の案内、作業ノウハウも持っていなければなりませんからね。

完璧な人はいませんから、常に、陰で、文句を言われていますよ。(笑)
ボクは陰口をたたくほうですから気楽です。 あくまで、陰でね。

ときどき、作業現場を巡回してくるんです。
この日も、たまたま漁師さんと一服などしていると、向かいの道路から「指定場所で喫煙してくださ~い!」なんて言われちゃいました。
「えっ、そんなのあったの?」(あとで聞いたらペール缶を用意するんだそうです。リーダーが。)
ボクは携帯灰皿を持っているので、歩く喫煙所なんですがね。
やっかいなオジサンなのです。どっちが?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

●オマケ

これ漁師さんの道具です。なんだかわかりますう~。
IMG_0267.jpg
スパイキって言うんですね。日本語だとシノかな。
ロープを繋ぐときに撚り目を広げる道具ですね。先端に環をつくるときも使います。

これは漁師さんの手づくりです。
カジキのツノです。漁で獲ったときに皮を剥いて、乾燥させて作るそうですよ。
色が違うのは、クロカとシロカという種類の違いだそうです。
コイツは黒か?白か?

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |

確かに
燐寸
自由時間がない。
毎日これじゃあつらいですね。

どこでもコーディネーターはけっこう大変みたいですよ。
まあサボろうと思えばサボれますが、そうなると現場部隊が大変。

社協も小所帯のところは全員参加もあるようです。

燐寸さん
あかじい
でしょう。
でもボクと入れ違いに帰った人は10日と7日間いましたね。
みんな熱い人たちでしたねえ。

はまセンはリーダーミーティングしかなかったけど、リーダー任せだったからですかね。いや、リーダーが優秀だったのね。


俺が前に居た会社も会議好きだったんで思い出します
朝と夕と結果報告
若き者には良い経験かと…

ボランティアは楽しまなきゃね
社会勉強ですが
リーダーは大変だな
夜ミーティングは飲みながらすれば良いのに

レポアリガトです

酔さん
あかじい
やあ、どうも、お久しぶり

>若き者には良い経験かと…

へへへへ、酔さんレベルは若いほうですよ。
それとも、けっこう歳いってるのお?

>ボランティアは楽しまなきゃね

同感、どうかん。
ですよねええ。呑みながらやったらオモシロくなるだろうね。

体験しに行ってみてくださいな。


池田
翌日の作業の割り振りを夜のミーティングでやるの?

ほな、コーディネーターは昼間、何やってるの?
ただ見回り?ご用聞き?

翌日の予定って夕方には作っとけって思うけど・・・。

池田さん
あかじい
はははは・・・民主的なんですね。教育的な意味合いも感じますね。いろいろです。(笑)

それから、本人たちも作業していますよ。

まあ、それなりの思いもあるんでしょうね。
(夕食の時間も、以前はミーティングの前だったみたいですから:お風呂の関係かも)

コメントを閉じる▲
自宅待機も飽きたので、ボランティアに行ってみました。
どうも、最近は、ボランティアしてないと落ち着かないみたいです。病気ですねええ。
昨日戻りました。


場所は宮城県気仙沼市にある唐桑半島です。ここにRQ唐桑というボラセンがあります。
IMG_0256.jpg
地図の左下が気仙沼市街です。
右上の吹き出しのあるところがボラセンの場所です。巨釜(おおがま)という大理石海岸がある景勝地です。
海岸の集落は半島の西側と北西側にあります。そこが被害を受けました。

ボラセンの事務所です。
IMG_0237.jpg
レストランのご好意で、2階の大広間などを間借りしています。

いつものことですが、事前連絡もせず、前日の夕方に入りました。
やさしそうなオジサンが出てきて、根掘り葉掘り聞かれましたよ。「なぜ、ここを選んだの?」とかしつこかったですね。
よっぽど胡散臭かったのでしょうか。突然でもOKって話だったのですがねええ。
でも、ボクのフル装備で来た話をしたら、目がキラっと変りましたね。

その後、しばらく待たされてから、スマートなお姉さんにレクチャーを受けました。
住所、氏名などを登録して、ここのルールを説明してくれるわけです。これが30分もかかるんですね。

終わったら「夕方のミーティングに出てください。」って。「えっ!」「もうメンバーですから」って。
7時15分ですよ。腹ペコで夕飯を食べたかったのですがねえ。
ここに泊まっている人全員で10名でした。
まず、新しく入ってきた人は自己紹介を、去る人の感想を述べるわけです。
その後、明日の作業打ち合わせが、じつに実に緻密におこなわれます。
終わったのが8時過ぎでしたよ。

そして、やっと食事です。
ご飯プラスαは無料です。夕飯のおかず代として、その都度100円~200円払います。
ちなみに朝は、振り掛けや、梅干、味噌汁などがあります。昼飯は各自オニギリなどを作ります。カップ麺もありました。これも無料です。


●9月7日
作業現場の鮪立(しびたち)地区です。
IMG_0239.jpg
人が立っている道路から海岸まで、150メートルくらいの斜面です。この道路のすぐ下まで津波がきたそうです。
左にいる人たちは大学生ボランティア、右側がRQボランティアです。

海岸付近の瓦礫です。
IMG_0241.jpg
前々日までに集めたものです。
ボクの仕事は、この材木を人力で運べる長さにカットする役目です。

こちらは瓦です。
IMG_0251.jpg
一輪車(通称ネコ)で斜面の上まで運び上げます。
そして、トラックで集積所まで運びます。

先日、斜面の途中まで、トラックを乗り入れて、スタックして、大騒ぎになったので、乗り入れ禁止になっちゃったのだそうですよ。とほほほ・・・。
でも学生さんたちは、文句も言わずちゃんとやるのですね。文句を言うのはオヤジ連中だけですよ。いつものように、オモシロイ構図です。

地主さんの津波のときの経験談を聞いています。
IMG_0249.jpg
地主さんの家は、道路の反対側にあるので無事でした。

現場から見える気仙沼大島です。
IMG_0254.jpg

午後3時くらいに作業終了。戻って片付けまでやると4時半くらいです。
その後、気仙沼市街までお風呂に入りに行きます。2~3日の短期の人たちはこれが楽しみなんですね。
でも、往復で、ナンダカンダで2時間はかかります。
したがって、戻ってくると、すぐに、あの、魔のミーティングなのです。いやはや。


ああ、忘れましたが、誰かが置いていった酒類も無料です。10本くらいありましたね。
で、食事しながら、消灯の10時半までワイワイガヤガヤと呑むわけです。
遅い長いミーティングを除けば、実に天国なんですがねええ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |

ほ~ 3食付きですか
燐寸
待遇は良いようですね。
ミーティングが綿密すぎて時間がかかるのですか。
ま、小所帯だからできることでしょうね。

社協VC(全般)もかなりミーティングに時間を割いてますよ。
良い面もありますが、かかりすぎるのもちょっと苦痛ですね。


亀仙人
震災・津波から半年ですね。
一度国会議員の先生方も2~3日のボランティアに駆り出したいですね。
皆さんの努力には毎度のことながら頭が下がる思いです。
高齢の方は無理しないようにお伝えくださいねv-8


v-11まだまだつづくのでしょうか

あたしも一度行ってみっかなア

燐寸さん
あかじい
これでも短いと自慢しているのですよ。(笑)
RQの本部(登米)では2時間もかかるとか。ただ食事はその前ですがね。

社共は全員参加ってことはないでしょう。

亀さん
あかじい
そうですねええ。現場を見ないで物言う人が多いですからね。
参加した人からよく聞くのは「報道と現地はまったく違う」という言葉です。

亀さんの支援物資には感謝しています。
後方支援がなければ前線部隊は活動できませんからね。

唐さん
あかじい
ボラセンも縮小方向ですが、2~3年は続くでしょうね。復興支援や福祉関係が主体になるでしょうが。

しかし、メジャーじゃないところ、報道されないところ、辺鄙なところ、離島などは、ボランティアが集まりにくにので、かなり遅れていますね。

ぜひ、話のネタにしてくださいな。


池田
民主党の党員、党友だろうと思いますが、党でツアーを組んで、某ボラセンに来てましたけど

来てくれるのは有り難いんだけど、指示守れ!
勝手なことばかりやらかしおって、結局、手直しが多い。
所詮、こんなヤツらの集まりなのか?とすら思いましたよ。


また月末には南三陸町に戻ります。
仮設住宅のそばに、生活支援、就業機会の創出のために石窯を作りにね。
もちろんピザやパンの焼き方まで指導付き。


その前に、奈良、和歌山、どーしよっかなぁ・・・。


池田さん
あかじい
こんどは復興支援模様ですね。永住したら?(笑)

こういう話はボクにもありますよ。一緒に自然学校を作りましょう!って。
その拠点のログハウスを作って欲しいってね。
ちょと悩みます。


紅い目の岩崎
ホントにイロイロな形がありますね♪
私は今日は仙台災害復興支援センターにて作業してきました。

畑の耕しと瓦礫撤去(ちっちゃいゴミ拾い)
私はなんでもしますが…(野菜が楽しみ)

次は亘理方面に向かってみようと思います。


紅い目の岩崎さん
あかじい
紅い唇のあかじいです。(笑)

RQに行ったのかとおもったら違ったのね。
いろいろやってますねええ。野菜は収穫まで面倒みるんですね。そりゃ楽しみだわなあ。

テラセンに行ったらよろしく言っておいてくださいな。



コメントを閉じる▲
東北地方に直撃かとおもっていた台風12号は、何をおもったのか西のほうにいきました。
でも、その影響は岩手県にもおよんでいて、3日間も断続的に強い雨が降り続いています。
こうなると、山津波が心配になります。ボクのところも土石流警戒地域ですからね。


先日の気仙沼大島ボランティアで、伐倒した様子をビデオに撮ってくれた方がいました。
自分の映像って、そうそう見られないので、感謝です。

誰が名づけたかレジェンドキックです。


これ桑の木です。このあたりでは、よく境界に植えられています。
根元で直径50センチくらいありまして、45センチのバーでは届かなかったのですよ。

反対側に重心があったのですが、そちらには倒したくないので、そちら側の枝を切り落としました。
クサビは打ってあったのですが、全部叩き込んでも倒れません。(冷や汗・・・)
で、キッーーーク!・・・ビクともしません。(タラタラ・・・)
で、最後にフェリングレバーで持ち上げて蹴っ飛ばしたって具合です。(ホッ!)
キックというより押し倒しかな。

その前の30センチくらいのヤツは、最後にキックを入れたら見事に倒れたのです。
映像としては、こちらのほうがカッコよかったのですが、2番煎じはうまくいきませんでしたね。

※広葉樹は難しいですねええ。
コイツラはツル(全部切断せずに最後に残すヒンジの役目をする部分)をギリギリ(3センチくらいかな)まで切っても倒れないんですよ。
で、蹴っ飛ばしたりするとポキッ!という感じで倒れたりするんです。
ツルを残さないとどこに倒れるかわからないので、非常に危険です。


レジェンドって、偉人とか伝説とかって意味ですよねええ。
でも、本当は、飲み会に持っていった、直立不動さんからいただいた「宝焼酎のレジェンド」なんですね。
つまり、「ただの酔っ払いキック」ってとこです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


紅い目の岩崎
その落ち着いた熱さに
レジェンドです(笑)

楽しい日記に癒されます♪
生きる伝説(白ひげ(ワンピースより))



あかじい
(白ひげ(ワンピース))・・・・・アニメ?

ワカンネー!!! ギャップを感じるぅ。(笑)


亀仙人
ギャオ~v-12 世界で一番売れてるマンガ「ワンピース」を知らないとは・・・



あたしだって
たっくん
知らんなあ、なに? 漫画?

亀さん
あかじい
スンマセン。 縁がないものでぇ~。

調べてみましたよ。「こち亀」よりすごいのね。


たっくん
あかじい
ですよねええ。 知らなくても不都合はないしぃ。

知らない人、たくさんいると思う。とくにオジサンたちは。(笑)

川内村を知らない人と同じようなものか、なぁ~?


ヒコ
こんばんわ 

ワンピース最近読んで無いですけどこれがなかなか面白い漫画ですよ!(大人が読んでも)

愛知は、金曜から雨、降りっぱなしで嫌になります。洗濯物がたまちゃってたまちゃって(-_-メ)

あとあかじいさん
今週、うちの会社で僕が車輌溶接教えたインドネシア人研修生の子が3年の研修終えて帰国するんですよ。港の次は空港で俺、号泣しそうです。(ToT)/~~~





v-12 なんだかんだ言っても
チェンソーもつと カッコいいすねェ~
絵になってますよォ

ヒコちゃん
あかじい
ボクは、水玉模様の白いワンピースが好きですね。(笑)

今度は見送りですか。
まあ、精一杯泣いてくださいな。気持ちが通じますよ。

唐さん
あかじい
アリガトサン。
動画はいいですねええ。

ボクもこんなにカッコイイとは思ってなかった。(笑)

コメントを閉じる▲