気になっていた草刈をしてます。1日で半分くらい終わりました。なにせ広い森ですから。

ボランティアでも刈払い機を使っていましたが、簡単に使えるからといって、勝手にやらせもんじゃないですね。
ちゃんと基本だけは指導してあげないと危険です。
ぼくはチェンソーよりも跳ねやキックバックが恐いですよ。


はまセンが閉所されてノンビリしてたら、南三陸町のお風呂がトラブっているとか。
人も急激に減っているとか。出かけていきましたよ。単なる手元ですが、何かの役には立つでしょう。
自衛隊のあとを引き継ぐお風呂の設置ですから期限があります。

自衛隊のお風呂
IMG_9526.jpg
中央の青と赤の暖簾があるところが火の国の湯です。奥の白いテントがはまセンの飛騨高山の湯です。

はまセン飛騨高山の湯
IMG_9525.jpg
立派でしょう。自衛隊に負けていませんね。

バスタブが2個ずつ
IMG_9523.jpg
これがもう一組あります。男女同時に30人くらいは入れますよ。(注:混浴じゃありません)

機械室(テント)
IMG_9536.jpg
通常の機械が手配ができず温水洗浄機4台で代用です。3双発電機が2台。予備に家庭用の給湯器が1台あります。
なんだかんだ言っても知恵を絞ればできるもんですね。○園さんはエライ。
当初は消火栓からの給水でしたが、水道も開店間際に引くことができました。

最初の機械類
IMG_9530.jpg
絶対的な、湯量不足で不満続出だったようです。

とりあえずの試運転営業は夕方5時から男湯のみです。まあまあうまくいきました。ヒヤヒヤ、ハラハラしていましたがね。
備品の準備も、ほぼ完了です。交換用の湯船は29日には到着しませんでした。

さて、本番の30日は午後の1時から8時まで営業です。うまくいったのでしょうかねええ。自衛隊はこの日で完全撤退ですから。
今後の運営スタッフが不足(男女半々で4~6人必要)しているので、ちょと心配です。
ボクが行っても女湯は管理できませんから・・・。
うーん・・・、最悪のときは、女装しますかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

<オマケのカット>

昼食です。このほかにスタッフは小泉浜を含めて数人です。
IMG_9522.jpg
この日の川上さんは真剣でしたね。目処がついたら「あとはヨロシク!」って、岐阜に帰っちゃいました。翌日から議会が始まるとか。ギリギリまでの調整でした。
○園さんも、手を握られて「ヨロシクって、えええーー何コレ?」って嬉しそうに悩んでいましたね。
なかなかです。

絶対に怪しい人物。
IMG_9524.jpg

ボクのお友達。
IMG_9527.jpg
南三陸町に再来して、ボラセンでリーダーしてました。(平時60人くらいとか)
ベイサイドアリーナの同じ敷地にいましたよ。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


西村 保弘
池田さん ぐっと男じみてきましたねェ

西村さん
あかじい
一時ダウンしたけど、パワーアップしてきたんですね。

一度来て~って言ってますよおお。

コメントを閉じる▲
私設ボランティア団体「はまセン」も延長につぐ延長でしたが、やっと終了することになりました。
これでボクも開放されます?!
本格的な梅雨になったようで、雨が降り続いています。しばらくは休養でしょうかねえ。

ボクが出てくるのを待っていたように、ヒバの木の伐採を依頼されました。
IMG_9466.jpg
屋根の左端から電話線が手前に張られています。木も右側に傾いていますね。
左側は竹やぶです。その下は崖で下に民家があります。
倒せるのは、電話線に平行に手前に倒す道しかありません。

家のほうにも傾いています。
IMG_9465.jpg
はみ出している邪魔な竹の伐採からはじめました。

ほぼドンピシャ。
IMG_9468.jpg
クサビで起こしましたが、念には念を入れて、彼らにロープでも引いてもらいましたがね。

プロでもないけど、プロって言われちゃヤルしかないです。
当家のおばちゃんに「さすがプロだねえ」って言われましたが、心中穏やかじゃなかったのですよ。ホッ!

雨の中の泥出しです。
IMG_9482.jpg
ボクは基本的に雨の日は休みなのです。だから晴れ男なのです。
が、前日、自衛隊風呂で仲間と出会って飲み会に誘われ、そのまま車中泊してしまいました。
それで、やむなく?雨中での作業でした。最終日でもありましたしね。


●はまセン閉所式

お決まりの責任者の挨拶ですが、心がこもっていました。
ボラセンも避難所も地元も、それぞれの代表が、あたがいにお礼を言っていたのが心に残ります。

励ましなどのメッセージを付けた、幸せの黄色い風船の打ち上げです。
IMG_9493.jpg
300発、同時打ち上げです。

大空に舞い上がるハズだったのですが・・・。
IMG_9497.jpg
雨のせいか、だいぶ戻ってきてしまいましたよ。
自分たちのメッセージで自分たちが励まされたってことでしょうかねえ。
(ボクの書いたメッセージは「天災は復活できる」でした。ちなみに原発は人災です。)

リーダー経験者の一言挨拶です。
IMG_9498.jpg
みなさん、沢山の思いがあるので、一言じゃ済まないです。
声が上ずったり、詰まったり、涙声で・・・。

作業チームによっては、その日帰られる人には一言話してもらうところもありました。
いつも熱い思いを語ってくれるので、けっこう長くなる人もいました。
でも、これって、大事なことですよね。全員に喋ってもらいたいけど・・・ボクは嫌だなあ~?。

ボクの目?も雲ってしまいました。
IMG_9500.jpg

人の話を聞きながら込み上げくる人も。
IMG_9503.jpg
長い間思いを共有していますからね。

二代目現場リーダー夫妻です。
IMG_9501.jpg
なかなか声がでませんでした。
でも、ちゃんと天然ギャグ?を忘れないところは立派です。

この夫妻はこの地で結婚式を挙げました。そしてこの地に住まうことにしたとか。
他にも何人かがこの地に住もうとしています。これって縁なんですね。


時を同じくして、この日、小泉大橋が開通しました。
IMG_9504.jpg
7月末とか言っていたんですが早かった。交差しているのは破壊された鉄橋です。
これで10キロほどの狭い山道を迂回する必要がなくなりました。路肩に落ちる車もなくなりますね。

はまセンは閉じましたが、それぞれの新しい道が開けましたね。
しかしぃ、ボクの新しい道は・・・・・・・・・変りようがないかなぁ?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


<オマケのカット>

昼食の行列
IMG_9471.jpg

受付などの事務局の女性たち
IMG_9462.jpg

かしまし娘たち
IMG_9463.jpg
リーダーのまゆみちゃんがいないね。

毎夜の宴会
IMG_9473.jpg
※ボクはこの日だけですよ。
恐そうな人たちもいますが、けっこういい人でした。報道関係だとか。

おやじギャグが炸裂してます
IMG_9479.jpg
実は、若者たちが手前に20人くらいいたのですが、「子供は早く寝ろ!」っていって10時に消灯させました。
けど、このオジサンたち(おやじギャルもいますが)は翌日までやってましたよ。


自衛隊風呂に寄ったら、「ブログ見たよ」「でも、この風呂が紹介されてなかったよ」って言われました。
紹介してますよおお。携帯じゃ見にくいですからね。
しかし、あかじいブログは有名になっていたんですね。

上の写真に写っている黒じいさんが、ボクが休みのときは、トレードマークの赤Tシャツを着ているんです。
それで、「あかじいさんですか?」って聞かれると、「そうです!」って応えていたんですね。
どおりで、たくさんの女性たちが「あかじいの山小屋に行きたい!」って言っていたのに、誰も来なかったわけです。
まさかとはおもうけど、彼のテントに行っていたのかしら?

まあ、ニセモノが現れるってことは、いいことですかね。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


取り合えず ごくろさんですたァv-13

唐さん
あかじい
とりあえず、ありがとさんでした。


スバナ
ご苦労様でした、パワーを充填してくださいな!

スバナさん
あかじい
1日休養で、再び出勤ですよお。
要請があって、困ったもんだ
今度は35キロ往復。キツイ!


AKIO
私の恥ずかしい写真がぁ~
…ありがとうございます。
本当にお世話になりました。


とむぞう
お疲れ様です。コメント1週間も遅くなってすみません!
はまセン最後にヒバの木を切ったり、雨の中の泥かきを御一緒させてお世話になりました、トモです。(ツナギ着ていたボンズ野郎)
お風呂の件で大分、大変そうですね。
これからはかなり体力的に辛くなる時期なので、無理をなさらず作業してください。
近々、また行きたいと思うので、その時は宜しくお願いします。



あかじい
いやああ、コメントありがとうございます。

しっかり覚えていますよ。外車は乗っていませんが、メカに強い人好きです。

こんごともよろしっく!遊びにきてくらさいな。


コメントを閉じる▲
週末を過ぎると、ボランティア人数は、また安定してしまったようで、30人前後になりました。
梅雨に入りましたが、一時スコールがあったり、酷暑になったり、不安定。
はまセンも26日までですから、あと4日。これからは、雨マークが続いています。
でも、みなさん、元気にやってるでしょうね。(雨なのでボクは休んでいますが・・・)
それとも、毎晩の宴会の続きでもやってますかね。


名足地区の漁協組合員との懇談。
IMG_9443.jpg

誰かが「津波体験を聞かせてもらえませんか」と言い出しましたときにはビックリしましたよ。こんなダイレクトに言うなんて。(事前に打診していたのかもしれませんがね)
でも、快く応じてくれましたよ。過去を振り返る余裕を取り戻してきたんでしょうね。
(この直前に、浜辺の清掃をしていましたから、信頼関係もあったのかもしれません)

ぼくも先日、漁師の方と30分くらい話しました。というより捕まりました。
相手が話したい、言いたいという感じでしたから、相槌を打ちながら聞いていましたよ。

やはり意識していた津波予想をはるかに上まっていたようです。
「漁師だから、船を守るために、沖に出た」という話が印象的でした。
2晩海上で過ごして、3日目に、放流物を避けて通路を作り、やっと接岸できたそうです。
繰り返し寄せる津波と、漂流物で動けなかったようです。
「屋根も家具もそっくり流れてきた。あのとき捜索すれば、良かったかなあ~」って言葉も・・・。
淡々と語る姿には、誰もウンウンとうなづくだけでしたね。
(一部オジサンの軽い突っ込み(相槌?)もありましたがね。笑)

1か月間、ダンプ、ユンボ持参の福岡組も今日で終了です。
IMG_9449.jpg

道路脇にある井戸です。
IMG_9452.jpg
手押しポンプが人気でした。
冷たい水と日よけは、オアシスでしたね。でも水はちょっと塩からかった。
スコールのときは全員ココに逃げ込みましたよ。


名足地区に本格的に入って1週間ほどですが、住民の方には好意を持って受け入れられているようです。
よく挨拶されたり、差し入れをいただきます。
小泉地区は2か月になります。仮設住居もできたそうだし、避難所も閉鎖統合されるようです。
長く同居していると、馴れ合いみたいのものも感じられますね。潮時でしょう。
ところで、子供たちの「地震遊び」やっぱりやってましたよ。


まだまだ余震があります。しかし、ボラセンで津波の注意は一度しか聞きませんでしたね。
お風呂の時間とかゴミの始末、火の始末は毎日言ってくれますが・・・。放送設備はあったのかしら?
常に携帯しているボクのバックには、ラジオやライト、工具などの非常用備品が詰め込んでありますよ。
ほとんどの人が手ぶらで作業しています。信じられません。
まあ、ボランティアは自己責任ですからね。


みんさん疲れてくると、面倒なところは敬遠しますね。
砂利の下の、片鱗を見せているものを掘り出したりしませんね。
「ユンボで一掻きしてもらえばあ~」なんて言いますね。
それができりゃ、もともと人力でなんかしてませんよねえ。
そんなときは「楽しみでやってますから」って言いますね。取り出したときは、ちょっとした満足感もありますしね。
ボランティアは楽しみながらやらなきゃね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

<オマケのカット>

再びダイエット?
IMG_9434.jpg
1か月前に来られたのですが、「腰を痛めて挫折」と書いたボクの記事に怒って、新潟から再チャレンジにきたようです。
さて、今回は、コレが凹みますかねえ~。

若い女性は人気者です。
IMG_9424.jpg
左は、福岡の青じいさん。中央は秋田の海岸ゴミ拾いNPOの親分です。

長野の「いらっしゃいませ~」お姉さん。
IMG_9428.jpg

新リーダーのお昼ね。
IMG_9425.jpg

再び、岡山から、重装備でやってきたお友達です。挨拶に寄ってくれました。
IMG_9431.jpg
とりあえず、南三陸のボラセンに席を置くようです。今回は8月末までの予定だそうです。
前よりバージョンアップしてきましたよ。寝床も作ってありました。
前後には「災害ボランティア・私設特殊工作隊」ってプレートをつけていました。ヤルー!

粘板岩?の石垣。瓦礫撤去のところで発見しました。
IMG_9458.jpg
このあたりでも採れるのかな?

手前が製品です。
IMG_9460.jpg



ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


だんご
俺も、はまセンに戻りたいな、施設特殊工作隊いいな・・
テント生活も、悪くないしな・・はまセン閉鎖残念
あー、戻りたい・・

だんごさん
あかじい
使節特殊工作隊、いいでしょう!
ボクもそれなりに資格はあると思っているのですが、使ってくれませーん。
一緒にやりませんかあ。ムズムズしているでしょう。(笑)ぜひ、戻ってくださいな。

お隣に、仲間もいますし、RQボラセンてのもありますよお~。


だんご
ムズムズです
じゃあ・・と言いたいとこたけど
本当は国からのもっと積極的な復興への手助けが欲しいですね
(小さいユンボもあるんですが・・・(笑))
まだまだ先は長い
暑くなってからでも
戻りたい!


お疲れサマ~です
KEN@chigasaki
連日のボランティア作業に頭が下がります。
楽しみながらやっているとは言っても、それなりに大変でしょう。
補給物資はとっくに使い果たしているでしょうから支援物資を送らなきゃですね。
それくらいしかできることがありませんので。

だんごさん
あかじい
ユンボもあるんですかああ。心強いですよお。

気仙沼も南三陸も山積みのままですからねえ。
ユンボとダンプが大量に入れば、かなり瓦礫撤去が進むのに、国はいまだにガタガタと揺れっぱなしですから、期待できないですねええ。

たしかに長期戦ですね。ボチボチやってますので、そのうち合流できることを楽しみにしてますよ。

KENちゃん
あかじい
連日でもありませんよお。2日行ったら2日休みですよお。(笑)体がもちませ~ん。

無理して、持ち出しでやってたら長続きしませんね。
もともと月5万円の最低限の生活者ですからね。
そう言ってくれるだけで、ありがたいですよ。

コメントを閉じる▲
さてさて期待の週末です。
日曜日は暑くなりました。これからさらに暑くなりそうです。バテます。
そろそろ梅雨になりそうな予報ですね。これまた困りますが・・・。

愛知ボランティアの集団が数十人。
福岡のアウトドアショップの山の会の団体が20人前後。
消防署から数人。(ハーネスなど装着してカッコイイです。危険箇所を重点にやるとか)
合計100名は超えましたね。このくらいになると作業もはかどります。


先日の鉄骨だけになった建物内部の作業後です。
IMG_9418.jpg
修復して再開するそうです。業者の方はやり易くなったでしょうね。

民家の倉庫跡の作業後です。
IMG_9403.jpg
ちなみに、この軽トラは東京のお姉ちゃんが自腹レンタルで乗ってきたものです。
ヤル~!(ヤル気アル~!の略)

所有者の方から差し入れをいただきました。
IMG_9401.jpg
中央の、お爺ちゃん、お婆ちゃんが蒸しパンと飲み物、お茶を出してくれました。

別の現場の、分別、運び出し作業です。
IMG_9409.jpg
上記の場所も、このような状態でした。

昼食の出前です。
IMG_9416.jpg
中央にいるのは大将です。地元の方(被災者)ですが、料理を一手に引き受けています。
いままで同じメニューはなかったですね。かなり気を使ってもらってます。感謝。
黄色い腕章は愛知のボランティア団体です。

帰りの点呼です。
IMG_9414.jpg
一人足りなかったようですが・・・。
赤ヘル軍団は山の会のメンバーです。中高年の登山グループでしょうかねええ。


ところで、今日は用事があって休みました。
昨日は作業を終了してから、45号線の南三陸町を通過して古川までいきました。
道路は問題なく通れます。
こんな中でも、ガソリンスタンドだけはオープンしてます。ボロボロの建屋でですよ。

歌津町、志津川町は業者が入ってますが、瓦礫の撤去はほとんど進んでいないような感じがします。
平日も通りましたが、一つの町に数台の重機が動いているような状態です。

海岸線を離れて内陸の町に行くと、とても震災があったとは思えないくらい平和な世界です。
異次元の世界のような、すごいギャップを感じますよ。

海岸線は、猿の惑星とか、北斗の拳とか、その他バイオレンス映画に出てくる核戦争後の世界ですね。
映画だと英雄が必要なのですが、現実では誰になるのでしょうね?
悪者も必要ですかねええ?・・・これは、火事場ドロボウかな?

<追記>思いだした。
ヒーローはこれかも→http://www.newsweekjapan.jp/newsroom/2011/06/post-224.php(ニューズウィーク誌に取材された川上代表の記事)
しかし、脇役や端役があってこそだね。
ボクは、どれかなあ~?・・・単なるエキストラかも?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


<オマケのカット>

現場に向かう軽トラから。2人の写真マニア。
IMG_9399.jpg
後の車もはまセンです。

支援物資持参ボランティアです。
IMG_9423.jpg
埼玉から来たそうです。生活日用品などを車満載で来てました。
内陸の町まで行かないと入手できませんからねええ。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


hangui
霞ヶ関の先生方に爪の垢を飲ませて下さい。

hangui
あかじい
そうですねええ。
どうやって飲ませましょうかねええ。
ボクの爪じゃないしい・・・。


亀仙人
一度瓦礫撤去に参加したいけど無理みたいです。
世界のトヨタさん、本格稼働を始めました。
だから部品の供給に追われてます。
あの暇だった時期に何で在庫作っとかないんでしょう。
頭悪すぎです・・・

亀さん
あかじい
気にすることはないですよ。
支援物資いただいてますから、これもボランティアです。
亀さんの分もちゃんとやってますよ。ご安心を!

まあ、トヨタ方式ですからねええ。

コメントを閉じる▲
昨日は自主的なボランティア休養日で、ネットで世間の情報を眺めてました。

以前から原発の放射能問題については悩んでいるのですが、こういう情報が入ってくるとやるせなくなります。

ボクは、あまり引用したり、他人のブログを紹介したりはしないのですが、今回はそのまま紹介させていただきます。(いままでためらっていたのですが)

どちらも福島県いわき市です。空間線量はかなり低い地域なのですがね。

震災後にボランティアで助っ人していた牧場です。
50キロくらい離れています。
http://blogs.yahoo.co.jp/dairyfarmers22/MYBLOG/yblog.html

こちらは30キロ圏内ですが、緊急時避難区域から外された農家です。
http://www.kameari-net.com/komemuko/?p=84

彼らは自分の生産するものに責任を持てないので、自主的に身を引いたわけです。
たぶん何も補償はされないでしょう。胸が痛みます。

雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(0) |


亀仙人
縁あってその地方に住み、自らが生産する物を生活の糧に暮らしている。
そんな場所に全く縁がない「放射能」がやってきて生活を根こそぎ壊していく。
まさにそんな有様です。かける言葉もありませんね

亀さん
あかじい
国が何ベクレル以下は安全っていっても、他人には提供できないって、信念には脱帽します。

学校給食に出したり、地産地消を煽ったり、してるけど、これと真逆ですね。


池田
僕には判らなくなりました。

4月15日
国道4号線を仙台方面へ走りましたけど。
平日の金曜日、昼間っから福島市内のパチンコ屋はどこも満員でしたよ。
すれ違う車だって窓を開けて走ってる車もかなりいましたよ。
あれはいったいなんだったんでしょうか?
外出を控えているのかと思えば、よりによってパチンコ??

5月25日でしたか?
帰りの高速バスの窓から見た郡山の辺り、田んぼは田植えの準備中でしたよ。




池田さん
あかじい
4月半ばでは、情報不足のころでしょう。勉強もね。

あのあたりは5月一杯くらいに田植えは終わらせるところでしょう。
国が許可したので田植えしているのでしょうね。いわき市もそうです。
果たして売れることになるのやら・・・。

ところで、もう、こちらへ向けて出発しているのでしょうね。お気をつけて。


コメントを閉じる▲
なかなかはまセンボランティアの人数が増えません。
数人の入れ替わりがありますが、ここのところほぼ30人くらいです。週末期待ですかね。
そんなわけで、長期間のチームリーダークラスがゴロゴロしています。

小泉浜地区は若干の作業を残して、主力部隊は南三陸町ー歌津(うたつ)ー名足(なたり)地区で作業をしています。

仮設の共同風呂です。
IMG_9349.jpg

IMG_9350.jpg

中心地の漁港です。
IMG_9351.jpg

IMG_9352.jpg
話に聞いていたとおり、業者はまったく入っていません。取り残された地区という印象を受けます。
最近電柱が立ちました。電話は工事中です。

上記鉄骨の建物の内部の片付けです。
IMG_9392.jpg

護岸の様子。
IMG_9359.jpg

日に3回はヘリを見ます。
IMG_9354.jpg

最近でもありませんが、無力感と落胆と疑問を感じるときがあります。

人が住んでいる場所では、瓦礫を片付けて生活が戻り、喜ばれるとやりがいもあるものです。
しかし、何もなくなってしまったところ、人が住んでいないところの片付けは、その意味が理解できなくなります。
基礎だけ残してゴミ一つ残さずきれいにしても、最後は重機で更地にしてしまうからです。
何のためにやったのか疑問になります。

事務局はこのあたりの対応に苦慮しているとおもいますね。
でも、はまセンの基本方針は、住民の要望には100パーセント対応するということですから、誰も表立った文句はいいませんよ。
影でブツブツ言っている人はチラホラいますがね。ボクもそのひとり。

20人で3日がかりの手作業が、重機とダンプだと1日で終わってしまいます。
処理業者の手伝い?業者の邪魔?(そういうクレームもあったとか?)

ただ、業者が入らず、散乱したままの状態が少しでも整理されてくると、住民のみなさんは、安心するというか希望を持てるとゆうか、そういうものが湧いてくるようです。
こういうのは、よくみてないと見えないのですがね。(挨拶とか差し入れとか)

以前のニュースで「ボランティアは偽善だ!って思いが、参加しても解けなかった」と言っていた若い人がいました。
が、どう感じるか、どう思うかは自分次第なのでしょうね。
少なくてもプラス思考がいいですよね。

少し長くいると、ボランティア同士の繋がりもいいものです。
類は友を呼ぶのですかねえ。しかし、ボクよりヘンな人が多いのには参りました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


<おまけのカット>

こんなところで見る国旗は胸が熱くなります。
IMG_9369.jpg
「必勝」と書いてあります。何かの大会に出場したときのものでしょうか。親戚一同からです。
左の青年とは何も関係アリマセン。ただの放浪ボランティアです。実はカレーうどんを食ってました。

瓦礫跡の一角に花が手向けてありました。
IMG_9383.jpg
ボランティアの青年が手を合わせています。
(ここに板書きがあったのですが、これは、アップできませんでした。)

北海道のスキーバイトから南下する途中のボランティアおじさんです。
IMG_9387.jpg

ポルシェを売ってユニックを買って来たという九州のオッサン。
IMG_9394.jpg

お別れの記念撮影です。
IMG_9391.jpg
左は放浪カメラマン、中央は福岡から重機ダンプ持参のオッサン、右は横浜からの社会福祉士?だったか。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


池田
瓦礫の山が延々と続く光景で、精神的にまいってしまう被災者もいるようですね。石巻の渡波で被災された方からそんな話を聞きましたよ。

実際、その場に立つだけでも、憂鬱なんですが。
感情のスイッチを切ったつもりでも、やっぱり人間だから、完全にコントロールできる訳がない。
カメラのシャッターも押せなくなるほど、圧倒されてしまう。


しかし、ポルシェを売ってユニックを買って駆けつけた?
しかも、これ、セルフローダーちゃいますの?

かっこええなぁ。





池田さん
あかじい
最近、そういう人に会いましたよ。出直してきたようです。

そう、かっこいいオッサンなのです。
でも、ユニックの免許を持っていないとか。


v-16だらだらしてる自分が情けなくなりますです
あかじいさん 池田さん くれぐれもお体お大事に...


まっさん
あかじいさんこんにちは!
はまセンではお世話になりました!
まさか自分がブログに写っていたとは(笑)
有難うございます(^^)
来週また行きますね~。


唐さん
あかじい
唐さんからの支援物資分はちゃんとやっときましたから、今は自分の分を楽しんでやっとります。

もし、暇があったら、放射能に汚染された木をログハウスに使えるのか調べてくださいな。すご~く木になっています。

まっさん
あかじい
ご無事でお戻りになりましたね。
イズミちゃんがサビシそうでした。

来週カンバックですか。了解!って梅雨入りしそうなんだよねええ。
ナベさんも、イハちゃんも、ニシちゃんも、戻ってきましたよ。

コメントを閉じる▲
閉所式の翌日は、ボランティアが30人くらいに激減してました。
やっぱり急な延長は影響がでたようです。

みなさ~ん!はまセンはまだ終わっていませんよーー!



これは、閉所式後の交流会の写真です。(仲間から送っていただきました)
はまセン 018

最初は数人の記念撮影だったのですが、一番後ろから気勢を挙げる音頭を取っていたら、この有様です。
これでも数分の一くらいの人数です。
みんなが次々集まり、それぞれが、自分のカメラで撮ってもらうため、何十回気勢をあげたことやら。
実に、いい、笑顔です。

ちなみに最近は、赤シャツのあかじいで通ってます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |

はまセン
いは
赤じいさん!
いはです。東京に着きました。
写真ありがとうございました!みんないい笑顔ですねーー
幸せな事です。
また戻りますね。お役にたてたらなと思います。
しばらくみんなの活躍をこちらで拝見させていただきますね。


亀仙人
老若男女入り乱れていい感じですv-218

い~は~ちゃん
あかじい
無事に戻って安心しました。

およ!最前列に写っていましたね。ヤルー!

福岡のオッチャンが寂しいから早く戻ってほしいと懇願してましたよ。(笑)

亀さん
あかじい
そうそう、男女入り乱れてパーティーですよ。
亀さんも参加しませせんかー!


亀仙人
参加したいな~v-10
早く定年にならねぇかな~

亀さん
あかじい
おにさんみたいに、早めに辞めちゃうってのもアリですよ。


池田
20日くらいから南三陸町へ入ります。
到着は21日になると思うけど。

活動時間外、たいてい夕食まで時間があるので、チェーンソーなどの動力工具の取り扱いの講習を企画しようかなと。

まだボラセンには打診していない企画ですけどね。
やっぱり必要でしょ?

法的に認定はないけど、重機の運転も訓練してもらうのもいいんじゃないかな?と。
法的な認定が欲しければコマツ教習所にでも行って欲しいけど。

こういう時だからこそ、人材を育てないと・・・と考えてます。


池田さん
あかじい
おお!ついに出動ですか。待ってましたあ。
どこのボラセンに参加予定ですかあ?

チェンソー、重機の講習会もいいですねええ。
ただ、人が入れ替わっちゃうので、これが問題なのよね。
で、ボクは辞めちゃいました。
毎朝、注意事項を言うのも・・・。


池田
そりゃ、講習会をやるなら長期の人を対象にしたほうがいいですよ。
あるいは、今後も継続的に参加する事を検討してる人とか。

毎日でなくても、特別講習みたいな形でいいと思いますよ。


一旦、石巻へ寄って、置いたままにしてる道具類を回収した後、南三陸町のボラセンへ行きます。
歌津の辺りも周回するようにします。




池田さん
あかじい
そうなんですがねええ。
ボラセンの形態にもよるでしょうが、誰でも勝手に使っちゃうのでねえ。

歌津の名足(なたり)地区でやっていますよ。

コメントを閉じる▲
これが最後のはまセンということで出掛けていったのですが・・・。
ヤッパリ、近隣の要請を受けて26日まで延期されることになりました。実績を認められての要請は断れませんよね。

午前中は通常作業です。またまたチェンソー要請で丸太処理です。
IMG_9328.jpg
ボクの存在が認識されたのか、人材不足なのか・・・。
高所作業から伐採、大工、重機運転、何でも「それなりに」って人材も希少価値ですからねええ。

バイクが引っ掛かっています。
IMG_9319.jpg
これは、今回はパスです。

午後は、はまセンの閉所式でした。
IMG_9331.jpg

代表の川上さんです。
IMG_9336.jpg
5回目のボランティアセンターを立ち上げたけど、今回は一番良かったとのこと。感極まっていたようです。
陽にも焼けてますが、紅潮して涙ぐんでいました。ボクもジーンと・・・。こういうの弱いのです。

ちなみに、4月初旬に県議会選挙があったのですが、前日に戻っただけで当選したとか。名前とスタッフがシッカリしているんですね。
(と思っていたのですが、高山選挙区は定数2名で立候補者が2名だった。これナイショ)
基本的に議員さんとかは好きになれないのですが、この人のパワーと人脈はスバラシイです。例外はどこにでもあるのですね。

その後の交流会です。和太鼓演奏。
IMG_9340.jpg

シシ踊りだそうです。
IMG_9342.jpg

住民の皆さんとボランティアの合同パーティーです。昼過ぎから夕方まで盛り上がっていましたよ。
見知らぬ人が、旧知の仲間のようになっちゃうってのはボランティア効果なんですかね。
ふだん斜に構えているボクも引き込まれちゃいましたよ。いやはや・・・。

小泉浜のボラセンは、名目上は閉鎖ですが、このまま場所をお借りして、明日からは、小泉浜の残りの作業と南三陸町の名足地区の作業になるそうです。
直前の日程変更なので、極端にボランティアが減少しそうな感じです。

いずれにしても、まあ、これで、ボクはしばらく生き延びられます!?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


<おまけ>(本人承諾済み)

ダンプが好きなお嬢さん。沖縄生まれです。いい娘です。
IMG_9323.jpg

軽トラで駆けつけたサブリーダー的な青森弁のオッチャン。(右側、左は私設記録班)
IMG_9324.jpg
青いツナギと喧嘩早いのが特徴?

片すみで子供相手にギターを弾いていたオッチャン。
IMG_9345.jpg
最後はステージで歌ってましたが、音響がよくないので目立ちませんでした。
でも本人は満足そうでしたよ。

その他は省略、っていうかあまり個人の写真は撮らないのでゴメンナサイ。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


hangui
君達は素晴らしいです。

hangui
あかじい
たびたび応援コメントありがとうございます。

もともと助っ人erですから、マイペースでやってます。
機会があったら、ぜひご参加くださいな。


池田
ボランティア Volunteerにarmyとくると「義勇兵」になるんやね。
なにげに使ってた単語だけど・・・。

でも、軍隊じゃないんだけどな。しかし軍隊並みに国が組織するなり援助したほうが、より早く片付くような気もするんだけど。

まぁ、今の国会の様子を見てても、それは望み薄だけどな。


お疲れ様です
ニシ
こんにちは、はまセンでのDeepなひと時を過ごさせていただいた、”ニシ”です。一時帰宅中ですが、近々再参加しますのでその節はよろしくお願いいたします。それにしてもUPが早いですね。

池田さん
あかじい
そうかああ、まあ兵隊さんみたいなもんだね。

みんながみんな「人海戦術ってスゴイね!」って言って帰るね。

ニシちゃん
あかじい
ご無事で到着しましたか。お疲れさまでした。
それにしても早いチェックでしたね。
再会を楽しみにしてますよ。


池田
人海戦術って効率はおそろしく悪いけどね・・・。
それしか方法がなければ、それしかないのだから。
Google mapの航空写真で自分が関わった所を確認してみると
あれだけ期間をかけて、たったこれだけか?という無力感がどうしても残ります。

牡鹿半島では、入り江に浮いてるゴミを回収するのに、イカダを作ってますよ・・・。
不謹慎かもしれないけど、面白そうでね・・・。



池田さん いつまでやってるのでしょうか
ずいぶんと長いですねェ

あかじいさん ボランティアは まだまだ必要なのでしょうか
ヒマが できたら 今度は ボランティアーで
一日でもいってみたいんでっけどォ


池田
年内はたぶん、東北と岡山の間を往復する事になると思いますよ。
厄年なので、ホントならおとなしくしていないとダメなんですけどね。

なにはともあれ、自分もこの3月までは虚脱感と絶望感しかなかったんですから。

言葉が適切かどうかわからないけど、ある種の生き甲斐を見つけたような気がします。


池田さん
あかじい
最近は業者も少し増えてきましたね。そんな影響もすこしあって、はまセンは閉鎖を考えたようです。地元民の雇用などを勘案してですね。

でも、郊外の方は、手が付いていないところがまだまだありますね。
そんなところは人海戦術しかないのです。でも、それが目に見る形になると住民の方に喜んでいただいています。
効率は悪いけど、時間的には他よりも進んでいたりしますよ。

無力感は誰しもありますが、一歩ずつ変っていくのも現実です。ボランティアはその感動を分け合ってますよ。

カヌーの愛好家みたいな人が島の瓦礫撤去をやってますが、取りようにようってはパフォーマンス的ですね。
でも、楽しみながらやるボランティアってありだと思いますよ。そうしないと続かないです。

ボクもかなり割り切っているけど、時にはシンミリしちゃうときがあります。
また、いろいろな人との出会いもナカナカのもんです。

早く来てくださいな。待ってますよーー!

コメントを閉じる▲
疲れた~。うまい具合に雨。休みました。

ハワイ深層海洋水のバケツリレー。
IMG_9299.jpg
またまた、届きましたよ。朝一の作業は堪えましたね。

お隣の南三陸町(歌津地区)に出張です。
IMG_9290.jpg
1階床梁から上の2階部分がそっくり流れついて、それのチェンソーでの解体に呼ばれました。
撤去前の写真は撮りそこねました。

山間部の瓦礫です。
IMG_9303.jpg

IMG_9304.jpg
倒れていたり、埋もれている丸太を切断しながら撤去です。
太いので46ccのチェンソーを一日中使っていたら、流石にまいりましたよ。

ログに戻る元気もなく、ボラセンに泊ったのはいいんですが、仲間に誘われて夜遅くまで呑んでしまいました。
呑み疲れも加わってダウンです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


<おまけ>

●自衛隊風呂体験入浴(本吉町の避難所兼ボランティアセンター)
IMG_9293.jpg
湯船は、専用のパイプフレームに防水シートつくりでした。大きさは2×4メートルくらいでしたね。
2つあったので、一度に30人くらいは入れます。
この日は、登別の湯と草津の湯がありましたよ。

ボイラーです。
IMG_9294.jpg

お湯タンクです。一つ1万リッターです。
IMG_9295.jpg

●天然スレートの家発見!
IMG_9311.jpg

囲炉裏の煙排出口でしょうか?
IMG_9309.jpg
おもしろいデザインです。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


hangui
お疲れ様です。頑張って下さい。


池田
2回目の石巻・渡波での活動の際は、自衛隊の仮設風呂を利用させて頂きました。
仮設で、あれだけできるのはやっぱりすごい。
しかも、湯を常に循環させて、汚れないようにしてるんですよね。

しばらくは歌津へ遠征ですか?
近くの清水浜とか、韮の浜とか・・・点在してるんですよね。
早く現地へ飛びたいですよ。ホントに。


hanguiさん
あかじい
激励ありがとうございます。
ボチボチとやっていきます。

池田さん
あかじい
自衛隊のみなさんは自己完結してますよね。
温風ヒーターみたいなものもありましたよ。

はまセンは26日まで延長されました。歌津方面を応援するようです。
同様に取り残されている地域ですね。

RQ支援センター(ボランティアセンターって社共が呼ばせないとか)ってのがあるんですが、手が回らないようです
早く来てくださいな。


亀仙人
お疲れ様です。
そちらは水道も復旧してないんですよね。
頑張り過ぎないようにしてください。

亀さん
あかじい
南三陸町の方は一部復旧し始めていますよ。

オモチャのチェンソーや素人さんがやっているのを見るとと、ついつい・・・。
体力の衰えを感じてますよ。ほどほどにしないとね。
やっぱり暑さが堪えます。


だんご
うちの主人も京都からチェーンソーや発電機持参で
先週はまセンにボランティアでお邪魔してました
ハワイの深層水のペットボトル持って帰って来てました(笑)
昼間の作業は大変だったけど夜は飲んでいっぱいおしゃべりしてたそうですが
関西弁でうるさくしてなかったでしょうか(ー_ー)
はまセンは活動延長されるそうですね
暑い中大変な作業が続くでしょうが
頑張って下さいね

だんごさん
あかじい
そうでしたか。作業チームが違っていたんですね。申し訳ないですが記憶にありません。

泊り込みだと、毎日が宴会のようで楽しかった?でしょうね。ただ次の日がキツイですね。(笑)

また、機会があったらおいでくださいな。そのときはお会いしたいですね。

Re: タイトルなし
あかじい
田中さんでしたか。了解しました。
残念でしたが、ご一緒できませんでしたね。
次の機械にでもよろしくです。

> 田中班でした。@旦那本人です(笑)


コメントを閉じる▲
いやあ~、暑くなってきました。バテてます。で、今日は休養日です。

現場は、引き続き田んぼの瓦礫撤去です。
IMG_9261.jpg
山に積まれた木材を軽トラに乗るようにチェンソーでカットするのがボクの役目です。
注意していても泥だらけなので2回は目立てしますね。

立派な梁です。
IMG_9274.jpg

IMG_9273.jpg
こういうのをカットしてしまうは、気が引けます。

これは床の間などの飾り柱でしょうか。
IMG_9257.jpg
これは切れませんでしたよ。

記録写真?
IMG_9275.jpg
カメラを構えているのはリーダーです。
作業写真をバンバン撮りまくってます。一応プロです。後日贈ってくれるそうです。
それで相手の送り先を聞き出しています。そっちが目的かなああ?まあ、とにかくいい人ですよ。

軽トラ荷台に箱乗りです。
IMG_9263.jpg
多いときは15人くらい乗ってました。しょっちゅう巡回しているパトカーも何も言いませんね。

杉が赤くなっています。
IMG_9266.jpg
枯れてしまうのですかね。

捜索ヘリ?
IMG_9270.jpg
一日に3回くらい見ますね。

ヒョット気がついたらオイル交換をしていませんでした。
それで買出しです。途中で燃料を入れようとしたら財布がありません。当然免許証も。
車を家捜し?したら現金をみつけましたよ。あるところにはあるもんです!?

無免許のまま、近くのホームセンターに行ったら、在庫がありません。それでさらに30キロ先の一関市内まで行き、3軒回ってやっと手に入れましたよ。
オイルキャップのスペーサーは紛失するし、まったくついてない日です。
昨日は釘を2回刺したし、やっぱり休んで正解だったかな?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

<おまけ>
ハワイから深層水が大量に届きました。
IMG_9254.jpg
なんと!1000ケースです。1ケース12本入りです。バケツリレーの荷降しでバテましたよ。
ちなみに価格は630円って書いてありました。

秋田県横手市からの炊き出し隊です。
IMG_9268.jpg
B級グルメの焼きそばと聞いて、その看板に期待したのですが、普通の焼きそばでしたね。
それにしても、ありがたいことです。

京都からの本格的ビビンバ炊き出しです。
IMG_9276.jpg
期待したのですが、本格的すぎて、昼の時間に間に合いませんでした。
右側の人が並んで20番目くらいでしたかね。昼休みが終わってしまいました。この人は延長してゲットです。
ボクら2/3の人は、いつものオニギリとカップ麺でした。

夕方もあるというので、昼の外れを取り返そうと今度は2番目に並びました。
しかし、普通の野菜炒めでした。限定40食のスペシャルメニューは?・・・。
やっぱり本格的なので、もっと時間がかかるのだそうです。いやはや、また外れでした。
いずれにしても、ありがたいことです。

どうも、このときから、ツキが落ちていたようです。

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


池田
余計な事かもしれんけど、リーダーがカメラを構えてバシバシ撮ってるってどうなん?
お前、違うだろー?って言いたいんだけど。


南三陸町で、うちのチームにもフリーのカメラマンが一人いて
最初のうちは、あまり関心はしませんでしたけど、カメラを向けるだけでなく、熱心に活動していたので、大目に見ましたけどね。

ボランティアにも、いろいろといてますねー。
自分も含めて・・・だけど。

池田さん
あかじい
彼は、彼で悩んでいて、最近撮るようになったそうです。被写体はほとんどボランティア個人に限定してます。
彼なりに考えての結論のようです。作業は人一倍やっていますしね。

ボクも、ブログに写真を載せていますが、読む人によっては気分がよくないかもしれませんね。
ただ、現場の実情を伝えたいという思いで、ちょっと外側から眺めています。
ボクの性格上どちらかというと、批判的になりがちなので、かなり自粛していますが。


亀仙人
僕らのログスクールの生徒も行ってたらしいです。
地域によって差はあるでしょうけど、まだまだ必要ですね。


v-13ストーンピさんが しばらくしたら
そちらに一日でもボランティアーに行きたいといっていますですヨ~

亀さん
あかじい
そうでしたか。事前だったらお会いできたかもね。

だいぶ業者が入ってきてますが、手付かずもまだまだありますよ。
ボランティアは内容が変ってきてますが、ヤルことは沢山ありますね。

唐さん
あかじい
そうですか。石ちゃんですね。
はまセンは12日までですが、他で会えるといいですね。

コメントを閉じる▲