きょうも午前中はいい天気。ですが、午後からは雨の予報。
外の仕事は午前中にとおもいながら・・・・マッタリしてます。
こんな天気があと1週間は続きそうです。まあ、梅雨の末期なのでしょうか。

いつもというか、ときどきというか、なんとなくというか。
漠然とですが、はっきり特定できないのですが、こんなものがあったらいいなあ・・・って思っていることがありますよねえ。

それが、手にはいったのですよ。いやああ、感動です。
コレだ!ワン・ツー・ツリー!
IMG_5154.jpg

ログビルダーでサーチしていたら、茨城のあるホームページでミニ講演をやっていて、この本が紹介されていたのです。
ピーーーンときたので、さっそく買いましたよ。
いやああ、期待通りの内容でした。ウンがよかったです。

昔昔、40年くらい前のころ、よく読みふけったビーパル誌だったかアウトドア誌だったかに、「野外雲古」の記事が載っていたのです。
純真無垢だったボクは、それ以来、その記事に触発されて、今も、折に触れてやっています。
(ボクの自宅には和式便器もあります。これは、ウンコを観察するためでもあります。上トグロというのは、めったに出ませんね。)

しかし、野外雲古の快感とは裏腹に、後ろめたさも感じていたのですが、この本に出会って、吹っ切れましたね。
同じ雲古道の修練者ですから、話が弾みます。(独り言です)

「うんうん」「そうそう」「そうなんですよねえ」
「やっぱりそうでしたか」「そう感じますよね」
「えっ!そうなんですかあ」「よくやりますねえ」
「やっぱり!ボクも経験しましたよ」
「そこまでやりますか」「一度は実行してみたいとは思っていたんですが」
「えっ!そこまで考えますか?」「考えてもみませんでしたねえ」
「いやあ、脱帽です」「尊敬しちゃいます」
「いやああ、こちらこそ」「勉強になります」
「しかし、ボクにはそこまでは無理ですね」
「いろいろなノウハウも役に立ちました」「いやあ会えてよかった」
「人生観がかわりましたよ」「これからも精進します」

今の時期なら、こういうの見ながら、清楚なで気分ひねり出せますね。
IMG_5158.jpg

ここはダメですよ。入り口ですから。
IMG_5161.jpg

本の内容を、一言で言ってしまうと、こういうことです。
「人間は生きるために自然から搾取するだけで、何も返していない。ウンコを返さないと、自然のサイクルに違反する。そのためには野糞である」

まだ半分しか読んでいないのですが、実に楽しく、嬉しく、勉強になり、反省させられます。
こういうことをマジメに取り組んだ記事は、自然にユーモラスになりますね。スゴクおかしくもあるのです。
もうたまらず今回の記事にしちゃったのです。

30年間の野糞の記録、野糞率、経過、探求、観察、掘り返し、紙無し、方法論、海外調査、ノウハウ研究、問題提起などなど。
これは野糞1万回達成記念出版なのです。年平均333回。90パーセントのウンコ率は脅威です!
もともとキノコ写真家なのですが、最近は糞土師と称しているようです。

最近スローナントカなどのカタカナ言葉がはやっていますが、ぜひご一読を!
しかし、ニッポン国民がすべて共感して野糞をしたらどうなるんでしょう?
都内の公園でウンコをした話もでてくるのですが、都会ではエライことですよね。
足の踏み場のなくなっちゃう。それが心配です。

ちょっと、計算してみました。
ニッポンの人口密度は336人/平方キロメートルだそうです。
一人当たり、約3000平方メートル(1000坪)ですね。
仮にウンコ密度を1回1平方メートルとすると、3000回はウンコできます。8年分です。
しかし、人が住める地域は10パーセントしかないとすると、300回ですね。10か月分です。
ウンコは数か月で土に返るらしいので、おなじ場所に戻ってきても大丈夫です。

これはうまくいきそうです。
つまり、地方分権というか、地方分散が必要なのですね。
田舎起こしのキャッチフレーズは「ウンコをしに田舎に行こう!」にしませんか?


追伸:コンポストトイレ
ニッポン国土に平均的に人をばら撒くったって、ちょっと無理もあります。
ここで、このトイレの出番です。ボクの知り合いにはけっこう愛用者がいます。
ちなみにボクは簡易コンポスト(ポットン便所におが屑発酵)です。
これで作られるのは堆肥です。これを土に戻せばいいわけです。いい食料が作れます。
昔はみんなコレだったのですからね。
都会では、屎尿処理場など訳のわからないものを作るより、コレを回収して、販売すればいいでしょう。
これぞ循環型社会ですかね。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |

絶対に
池田
田舎起こしのキャッチフレーズは「ウンコをしに田舎に行こう!」にしませんか?


却下されるやろ・・・。


ごく最近までの北京みたいに、ニーハオ便所ってのも考え物だし・・・。



刺身を食いながら、なにげに開いた記事がこれだった・・・。


池田さん
あかじい
お食事中でしたか。
ウンイキ(雰囲気)を壊しましたかね。 ども。


みとも
コンポストトイレ、調子いいですよ~♪

手間が掛からないのが、特にいいですね。

数回に1度、ハンドルを回してドラムを撹拌すればいいだけですから。

…こちらの作業は、今ちょっと止まっているのですが。。

みともさん
あかじい
みともっちだよね。

Mixiでも見かけました。いろんなとこに神出鬼没ですねえ。
早くログを手がけてくださいな。手伝い(冷やかし?)に行くのを楽しみにしているんですから。

コンポスト、調子がいいですか。よかったですねえ。
冬は経験しましたっけ?どうでした?

最近見たら、価格が上がってましたねえ。
以前は20万ちょっとくらいだったと思ってましたが、30万近かったですね。

こうなったら手づくりしかないですね。
または、野×××ですかな。


コメントを閉じる▲
ここ2日ほど、ムシムシしてます。
いつも涼しいログ内でも30度近いです。暑い!熱い!
こんなときは、決まってカミナリさんがやってくるのですね。

昨日は夕方から、今日は昼から豪雨です。パッ!パパッ!ゴゴゴゴ、ゴロゴロ、ザザザザ、ザー!。
電源を落として読書してました。

昼飯はソーメン、いやヒヤムギだった、かな?

IMG_5151.jpg

キュウリが欲しかったのですが、誰も持ってきてくれません。で、昨日の残り餃子です。
タレにはニンニクオロシとタマゴが入ってます。
ボクにとっては、ちょっと気張ってみたのです。

器も料理の一部とかいいますが、男の一人暮らしはこんなもんです。
食器は最低限のものしか使いません。毎日がキャンプみたいなもんですね。
ボクだけかもしれませんが、少なくてもキコリさんだけは同調してくれましたよ。
できれば竹ザルと陶器にしたいところですがねえ。

ところで、この季節はいつも鍋に水を張って外に置いてます。
すると、けっこう高い温度になるのです。
使いたいときは、コレを持ってきて調理につかいます。燃費の節減ですね。
野天風呂も同じです。湧き水を汲み置きして温まってから沸かします。

最近本場のニンニクを買ってきました。青森産です。

IMG_5150.jpg

8個で1250円。ちょっと奮発しましたが、毎日食べる必需品ですからね。コレは旨いです。
普段だと1個350円くらいします。中国産だと10個買えますね。

調理中に包丁で小指の先端を切ってしまいました。トマトだったので血が目立たなかったですね。
ちり紙をグルグル巻きして、輪ゴムで止めています。

キーボードを打つのが不便です。間違って打ってしまうと、イテテテテェー・・・・(無言と涙)!です。
自分で切ったぁ小指が痛い~♪

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |

吸血鬼ではなさそうですな
唐 宇 了
吸血鬼ではなさそうですな

吸血鬼は 自分の血はすわないし
にんにくが きらい だから


ぽちくり

唐宇了ドノ
あかじい
おもわず小指をなめてしまいました。
相変わらず独特な味がしますね。
吸血鬼の素質はあるかも?

コメントを閉じる▲
なかなか梅雨があけません。降ったり止んだり。
日食の日は、一日中霧のなかでした。このあたりでは「ヤマセ」といいます。
こんな日は寒いのです。20度以下でした。たまらず薪ストーブに火を入れてしまいましたね。

ボクのログハウスには、カメムシをはじめてとして、いろんな居候がいます。
最近はこんなお客さんも来てくれました。2~3ミリの隙間から入り込んでいきました。
IMG_5111.jpg

IMG_5118.jpg

グルーブのスカーフ部分がわずかに空いてしまうのですね。
これ、昔からの課題なのですよ。

スカーフ部分は急傾斜になっているので、グルーブが丸い丸太面で押さえられて、下がらないからでしょうかねえ。でも全部じゃないから不思議なんですね。
どなたか、こうならない方法ががあったら教えてくださいな。

コイツはあつかましいですねえ。写真を撮っているのに堂々ともぐりこんでいきます。
IMG_5126.jpg
せっせと餌?をはこんでいるので、中には子供がいるようです。いや、まだ巣作り中ですね。
さて、困ったもんだ。

これはリカーブ未処理という見本です。
IMG_5125.jpg
リカーブをちゃんと処理しないと、こんな穴が空いちゃうという見本なんです。

いやホント。生徒へ教えるための見本なんですよ!
だから、何か所も作ってあるんです。ン?

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


唐 宇 了
スカーフの部分にかかるグループの部分ですね
ここは スクライブするときよほど 気をつけてやらないとミススクライブ します
あたしも よくやります
コーキングすればすむことですヨ

唐宇了どの
あかじい
いやはや、どうも。

ウーム、そんなにスクライブミスはしていないとおもうんですがねえ・・・。

コメントを閉じる▲
東北地方はまだ梅雨があけません。
ときどき雨が降ったり、ときどき晴れたり、ときどき曇ったりと、過ごしやすい天候でもあります。
雨の量が少ないので、釣りもいまいちで食料釣師は困っています。

最近またネット(インターネット)にハマッテしまいました。
天気が良くても悪くても、一日中パソコンの前にべったり。目がチカチカしてます。

きっかけは、Mixi(ミクシー)という招待制のSNSなのです。
これは登録制の個人的なネットワークグループとでも言うのですかね。
最近これに登録できたのです。
以前にも招待されたのですが、携帯電話のメールアドレスがないということでダメだったんです。
そこで、ちょっと前に携帯を手に入れたことを思い出し(笑)また紹介してもらいました。

いままで、小さい地域SNSに登録したことはあったのですが、Mixiはデカイ!何百万人です。
まずは使い方のお勉強です。こういうの、慣れるまで手間がかかるんですよねえ。
入り込んでから、考えたことが、いくつかあります。

【1】ここでは、どんな記事を書こうか?
【2】ここには、どんな情報があるのか?
【3】ここには、どんな人が参加しているのか?

★【1】の記事ですが、ホームページもやっているし、一部ブログに引き継いだので、内容をどう切り分けるかが問題です。
考えながら、機能を一つ一つ調べていたら、既存のブログが登録できることを発見しました。
これなら、悩む必要はありませんでしたね。マイページに自動的にリンクして表示されるのです。
いやはや、これは便利、便利!悩み解消です。でもこれだけで半日ですぅ。


★【2】の情報探しですが、これはどういう仕組みになっているのかサッパリわかりません。最新記事一覧なんてのはないしねえ。
たどり着いたのが、コミュニティ(個人が掲げているでっかいテーマ)というもんなんですね。

で、それを覗いてみたのですが、カテゴリーが少なすぎます。
6個の大分類があって、その下に合計26個小分類があるんです。その下はナシ。
小分類を開くと、いきなりコミュニティの一覧がズラーーーーーーーーーーーーっと!!!
何十個、いや何百個、いや何千個、いやいや何万個、いやいや嫌!何十万個もあるのです。
こりゃ、一つずつ見ていたら日どころか、月どころか、年が暮れてしまいますよ。

そこで、かたわらの検索ボックスにキーワードとして「ログハウス」と入力してみたら、
またまた、3千個近くがズラーーーー!
いやはや、どうも、文章内の単語を検索しているのですかね。
「セルフビルド」では400個、「田舎暮らし」2千個、「自然暮らし」24個、「ハンドカットログハウス」では8個、重複を除くと4個。
他に思いつかないので、セルフビルドの400個は、1ページずつ見ていくしか方法はなさそうです。
で、コツコツやりましたよ。コツコツと。いやあああ、もう、疲れましたぁ・・・。
結果は?生きているのは(活発なのは)ほとんどナシでしたああ。ああ・・・。


★【3】の人探しでは、「友達を探す」ってゆう検索もあったのですが・・・。
もともとの名前(登録名=ニックネーム)がわからなければ探しようがない、という機能なのでした。フーン!?

ボクを紹介してくれた方が、マイミクシーっていう友達一覧に表示されているので、ネズミ講的に、片っ端からたどってみたら、十人くらい知っている方がいましたね。
いやはや、これも時間がかかったですぅ。


★ちょー有名なのに
この超有名なSNSなのにユーザーインターフェース(使い勝手)がマッタクよくないですねええ。
先のカテゴリーが少ないと、「住宅」とか「建築」とか「ログハウス」とかは無いんです。
じゃ、どこに属するのか?どうやって探すんでしょう?絞込み検索もできないのです。
ログハウス関係の登録者は、しかたなく(たぶん)「学問研究」とか「趣味」「その他」のカテゴリーにしてましたね。

※この件については、ちょっと非常に気になったので、またまた調べてみたのです。
大元への要望ができないものかとね。
ありましたねええ。サービス一覧というところの片隅に「機能要望」ってのが。
開いてみてビックリ!ドサーーーーっと要望がありました。2万件以上!
人気投票(その要望に賛同するかしないか)もあったりするのですが、改良したというのはコンマ何パーセントくらいですね。
もちろん、カテゴリー階層化の件は腐るほどあったのですが、「要望中」という他人行儀な名称で実施されていないのでした。
ハァ?ちょっと非常にガッカリしたのでした。


★継続は力がないとできない?
で、まあ、星の数より多いほど、いろんなコミュニティがあるんですね。スゴイ情報量です。これが活用できないってのは悲しいですねえ。
人気のあるのやらないのやら、活発なのやらないのやら。これ運営次第なんでしょうね。
最初はいいんですが、尻すぼみが多いのでしょう。継続は難しいようです。
かといって、廃止しないんですね。無料だからでしょうか。それとも忘れちゃったんでしょうか?
コミュニティ運用のコツとして、うまく誘導する、なんてことが書かれていたりするんですが、他人頼りではねえ。
思うところ、自分の専門内で日常的な物事をテーマ(トピック)として提示すればいいんじゃないでしょうか。


★感心した二人に関心
いろいろ覗いていて、感心した人を二人ほど発見しました。
この二人はしっかり議論しているんです。徹底的にですよ。
キッチリ調べているし、きっちり知識を持っているんですね。
媚(こび)もしません。あやふやにしません。言いっ放しでもありません。
一応は聞くだけは聞いているようです。反応はしますから。
退散もしません。延々とやってます。

一般的には珍しい人種ですねえ。
一般人は、ビシッ!とは言いませんからね。根掘り葉掘りも言いませんからね。
このやり取りは実にオモシロかったのです。
傍観していた人たちは黙っているしかなかったようです。
でも、たまらず、傍らから割り込んできた人が、その頼りのなさ。笑っちゃいました。
この二人はマークしておきましょう。質問するとしっかり答えてくれそうですから。


★そんな訳で
こんなことをやって1週間。雨の日も、風の日も、晴れの日にもマケズ・・・。
ちょっと外の仕事をやる必要はあったのですが・・・。
ちなみに、今日は雨です。
明日のスクールの準備もしなきゃいかんのに・・・。まあ、いいか!

雑・感・思・考・見・聞・録 | トラックバック(0) |


唐 宇 了
Mixi会員は もう 1800万人は 超えてると思います

あたしの ログハウスのコミュニティーも170人は超えてると思います が
コミュ二ティーの会員も 参加しっぱなしが多いです

最近 私も あんましやるきがしてましぇんです

あたすも外部ブログを リンクさせようと思い始めておりますです

ポチクリ

エエーー!
あかじい
唐宇了殿

ニッポン国民の7分の1くらいもいるんですか。
スゲエの一言ですね。

唐宇了のノウハウは普及させたいですよね。
出版してしまいましょ!


おにさん
ミクシー??
名前だけは知ってるけど、それって何あに???全く分かりませ~ん。
このブログに書いてあることもチンプンカンプン


これは困った
あかじい
おにさん。
が、知らなかったってのが信じられません。
唐宇了どのだってやっているのに。(ゴメンなさい)

まあたくさんの人が登録していて、たくさんの人が休んでいて、一部の人が活発にコメントを書いたりしているブログの巨大版というところでしょうか。

これ以上のことはボクにもうまいとこ説明できませーん。超超初心者なんですから。
ネットででも調べてくださいな。


SNSはどうも苦手・・・
池田
一度、mixi以外のSNSを開設してみた事がありましたが
正直、何が面白いの?と思いましたけどね。
今はもう退会してますよ。

足跡だけ残していくヤツら、イヤに多くありません?

まぁ、ブログでもそうですけど、うわべだけの付き合いみたいで・・・。

そんな訳で(?)うちのブログはもちろん書けない事もあるけど、いい事も悪い事も書いてますよ。



池田さん
あかじい
そうね、ちょっと期待ハズレです。

だいたい、ネットの中に個人版(商売外)のネットがあるようなモンですからね。

いくつも自分のページを作っちゃうと、管理しきれないですね。
当然、チェックもおろそかになるし、尻すぼみになっちゃうのでしょうね。

コメントを2つほど書いてみましたが、まったく反応がないです。
ボクもいつまで持つやら・・・。

コメントを閉じる▲
むかしむかし、流行った枕木のログを発見しました。

福島県の県道35号線沿いにありました。この道路、35号線なのに、36線なんだそうです。さんろく(山麓)線です。いやはや・・・。
IMG_4936.jpg

P&Bとの混合です。白壁とのコントラストがなかなかの雰囲気です。
奥にチラッと見える家(P&B)の方が、この近くの老舗のログビルダーの方などと、遊び半分でつくったんだそうです。
枕木の足りないところは、角柱の古材などが積んでありました。このあたりもいいですねえ。
IMG_4937.jpg

IMG_4943.jpg

なぜか西側の陸梁だけが腐っています。
ここは軒が高いので雨当たりしやすいですからね。コンコルドスタイル?っていうんでしたっけ、棟木を長くして、この対策をする人もいますね。
IMG_4941.jpg

破風も腐ってました。
IMG_4946.jpg

それにしても枕木は丈夫ですねえ。まったくしっかりしてます。ボクも一時探したことがあったのですが、古電柱同様、もう手に入りませんね。
新品はありますね。たまに古いのもありますが、いやはやビックリするくらい高いです。
もったいなから、今のうちに手入れして欲しいですね。

発見!セルフビルド | トラックバック(0) |

入手は可能ですが
池田
鉄道会社も廃棄処分するものですので、相当、痛んでますよ。

チップ屋(兼産廃屋)に持ち込まれるんですけど
1バンドル一つの内、4割は芯まで腐ってるのがほとんどですよ。
その中から使えるもだけを選んで持って帰るんです。




唐 宇 了
あたしの友人で 枕木 扱ってる人いますゼ

5%くらいは 酷いのも あるけれどけっこう程度のいいのを 扱っています


入荷には 10日~1ヶ月位とのことですワ

まだあるんですね
あかじい
池田さん。
情報ありがとうございます。

欲しいけど・・・。ちょっと遠すぎますねえ。
その手間と費用がねえ。

お!またまた
あかじい
唐宇了どの

そうですか、こっちは近いですね。
ちなみに値段を教えてくれませんかねえ。
別便ででもよろしくです。

ログを作るのはあまり考えていませんが、副資材としてあると便利ですからねえ。

はじめまして
よさく
はじめまして
ミクの足跡からきました。
お聞きしたいのですが、私の休日は基本的に日曜日と雨の日しか無いのですがログスクールの受講は可能でしょうか?


大丈夫です
あかじい
よさくさん。
お問い合わせありがとうございます。

基本的に年中無休ですから大丈夫です。
(やむをえない時もたまにはありますが)

最近はそんな人ばっかりなので苦労(冗談!)してます。
この場ではなんですから、メールをいただければ幸いです。(左側のメール欄かホームページにからどうぞ)

コメントを閉じる▲
先日の記事に関して、おにさんが「ノッチ考」という記事を書いておられたので、そのまた関連記事を書いてみました。
写真や図があるとわかりやすいのでしょうが、想像力で読んでくださいな。
基本的な知識をお持ちでない方はパスしてください。

スカーフ面とノッチは、親密というか緊密な関係にあるのですよね。
ここではスカーフ全体の形が楕円形のものだけです。

★楕円形の左右中央部が一番深くなるという湾曲タイプ
これがメジャー?(ナントカ大全の影響が大きい?)なのかもしれません。

ノッチ内面は少しくぼませるので、断熱材用の空間は大きめです。
このためノッチの縁が潰れやすくなり、ピッタリフィットするでしょうね。
丸太が収縮すると当然セトリングも大きくなりそうですが、左右のズレには強そうです。

★平面の上下方向を凹状にするというタイプ
これは丸太が収縮すると、直線的になるという考え方です。たぶん。

ノッチ内面はくの字型になっていて、断熱材用の隙間が少しあります。
これは落ちるに従って食い込みも増しそうです。

スカーフ左右の曲面以外は平面なのですが、この平面の幅は乗る丸太の直径よりも多少狭くなっています。
さらに上下非対称だというのですが、これについてはよくわかりません。
いずれにしても左右のズレには強そうです。
なお、この加工にはちょっとした道具の工夫も必要です。

★両端のカーブ以外は真っ平ら(左右方向も上下方向も直線)というタイプ
ノッチ内面は上記と同じくの字型であり、内当たり防止と断熱材用の空間が少しあります。
ファイナルカット時、バーの先端を若干グルーブ側にはみ出させると必然的にこうなりますね。

この方法は、一組の噛み合わせだけを考えると左右にズレやすい、ということになりますが・・・実際にはグルーブも噛み合ってますから、特に問題ということはないようです。

★平面の上下方向が凸状になってしまうというタイプ
2つ上とと反対ですね。
これは意識的というより、曲面カンナを使う技術上の問題でしょう。
上下のカット線を意識するあまり、中央部が高くなってしまい、これを補正しようとすると上下線をカットしてしまうので、途中で妥協してしまう結果なのでしょうか。

ノッチのスクライブはこの面に対して描くわけですから、ノッチの縁は凹状になりますね。
ですからノッチが下がってくると、下部に隙間ができやすくなりそうです。

※真っ平らにするため、平カンナで几帳面に削る方もいますね。
また、曲面カンナではなく、チェンソーでブラッシングしたあと、ディスクサンダーで整えるというやり方もあります。こっちの方が一般的かも?ナントカ大全にも載っていますからね。

★考えもしなかったニュータイプ
スカーフ面は最初のと同じで、左右中央部が深くなる形状ですが、ノッチ内面は平面または凸面状というものです。
断熱材は入れないので、面で接触したほうがいいだろうという発想のようです。
正直オドロキました。目から鱗。ごく最近教えてもらいました。

したがってというか、さらにオドロクのはノッチのカット方法です。
普通は4回刻み(片側左右2回、反対側左右2回)ですが、これが2回刻みなのですね。
片側から反対側まで1回でカットしてしまうのです。左右で2回です。
これだと必然的に平面(一直線)になりますね。効率もよさそうですかね。

ボクラもラフカットではやります(中央もカットするので正確には3回刻み)が、ファイナルカットでは難しそうですね。慣れ次第かもしれませんが。

※もう一つ、ダブルコーン(バタフライ)スカーフというのもよく採用している人がいますが、コレについては、別の機会にします。

いろいろありましたが、その性能の差は?・・・ボクにはハッキリいってわかりません。
それだけの経験もありませんし、すべての検証もできませからね。それに丸太の乾燥具合やいろいろな条件にもよりますしね。
でも、現実に、ログハウスは地震には強いという実績はありますよね。いろいろな方法で作られているにも関わらずにですよ。

まあ、どれか一つだけキッチリとマスターできれば、あとは自分流で何をやってもいいんじゃないでしょうか?
セルフビルドだから混ぜ合わせてやってみるのも楽しいですね。
ボクも自分のログではそんなことをやってますよ。結果は?・・・それなりに納まっているようです。
岩手宮城内陸の大地震でも壊れずに建っていますからね

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |

わたしの考えは (⌒ー⌒) ニヤリ
唐 宇 了
スカーフを平面にしたときと凹面にした時

そこの載った次の丸太をスクライブしてカットするとき 凹面にしたほうが チェンソーの切れ込みがスムースのようです(平面でやった場合途中でチェンソーの軌道をずらさないと切れない場合が多いです


ノッチを切るとき4回で切るか2回で切るか

あたしは 4回で切っています
確かに2回だと早そうですが ノッチの中をややオワン型にするのにブラッシングに時間をとられます
2回多くカットしたらガソリンもそれだけ余分に使いそうですが ブラッシングで使うガソリンの消費が多いようです

カットしてる途中でチェンソーがガス欠すると給油する時間に 緊張が途切れるのがいやで
最短最小のガソリン消費に心がけています

ニヤリでホッ!
あかじい
唐宇了 どの
また突っ込まれると期待していたのに・・・。
補足ありがとうございます。

スカーフ面が凹だと、ノッチのスクライブ面は凸になりますね。
確かにこの方がチェンソーで切るとき一気に切れます。なるほど、ここまで考えてましたか。(感動!)
直線だと、少~しコジル(曲げる)ようにしなければなりません。そのままいくと線を切ってしまいますからね。
曲げやすさはチェンソーの刃にもよりますね。

燃料代も考えているとは!おみそれしました。
4回刻み(中央に入れると5回)ですが、オワン型にするかしないも選択肢の一つでしょうかねえ。


唐 宇 了
アンパイカットです

安全牌からとってそういう風に言うときが あります

オーバーカットしないようにスクライブラインから 少し外れたラインでカットすると ブラッシングに時間が かかりますが
1日のチェンソーワークの中で最初のカットのときに
一番オーバーカットしやすいようです

一刀目さえうまくいけば後はぎりぎりカットです
逆に 一刀目でカットラインを読み違えたときは その日のチェンソーワークは特に気をつけてやるようにしています

ノッチのカットは おわん型に近いほどエッジが薄いということで その分 セトリングが激しくなります
ノッチの中が ひし形になってるのは 最悪ですね

様子見カットですか
あかじい
唐宇了 どの
オモシロイ呼び方ですね。その日の体調を見るわけですね。

少し外れたラインとは、5ミリくらいですか。
ぎりぎりカットとは、1~2ミリくらいですか。

ボクは若干コジル必要があるので、3ミリくらいですね。上刃で削れるので、結果は1~2ミリになります。

底面はひし形というか細長い6角形ですね。正6角形に近いのは最悪ということですね。
縦長がいいのでしょうが、具体的に言うとどのくらいですか?
スカーフk間の天頂幅を6センチとすると、中央の広がりは8センチくらいでしょうか?


唐 宇 了
いくらなんでも5mmは ないでしょう
せいぜい3mmくらいです

後は akajiiさんと同じようです が
ずいぶん昔に 上刃でフォローしながら斬るのは 止めました

ノッチのボトムの余裕は左右とも 指1本くらいと教えています

了解です
あかじい
唐宇了さん。

そうですよねえ。初心者じゃないんだから。(笑)

上刃でフォローというか、曲がる(曲げる)ということは、上刃で削るということなんですね。
車がバックするときの前後輪差と同じですね。
曲げる必要がないことがいいのですが・・・ねえ。

コメントを閉じる▲
ログワークに使う金鎚いろいろです。

金鎚は金属の頭をもった総称ですね。玄翁は大工さんが使う両切りタイプ。ハンマーは英語ですが、日本ではもっと大型のものをさすようです。
IMG_4976.jpg

一番上は玄翁と呼ばれますね。
ボクの愛用品です。色具合をみても使い込んでいるのがわかりますね。
540グラムです。ときどき450グラムくらいのものを持ってくる人がいますが、ログにはちょっと軽すぎますね。(もっともホームセンターでは売っていませんからね)

ログ作業では、ノッチの叩き落とし、ノミでのスコーリング、ホゾ穴堀がおもな用途ではないでしょうか。ノッチを引っ叩いて落とすには、この重さが必要なんですね。

二番目はツーバイフォーハンマーと呼ばれるものです。
重さはちょうどいいのですが、ノミ打ちではクサビ側があんがい邪魔になります。
ログの本ではよく紹介されているので使っている方も多いのでしょうね。クサビ側でノッチを欠き取るように使うようですが、ボクはその必要性はあまり感じませんね。
叩けば落ちるし、落ちないときは節があるときなので、クサビでも取れないですからね。

平らな面に釘頭の滑り止めと称して格子状の溝が掘ってあるのもあるんですが、これはノミの柄を痛めますね。それでボクは削ってしまいました。
この手のハンマーは、米国製なるものもありますね。かっこいいのですが、非常に高価です。8千円とか1万円以上とかします。それでも持っている方がいるのですね。一種のシンボルでしょうか。ログビルダーっぽいですからね。
ちなみにボクのは国産で2千5百円くらいでした。一応サンプルとしておいてあります。

三番目は型枠ハンマーと呼ばれるものです。
クサビ状の曲がりがキツイんですね。これだとノッチの欠き落としも、ノミ打ちもやりにくいです。
でも、ノッチの叩き落としには使えます。また、釘抜きにはこの曲がりの方が使いやすいですね。

四番目は同じ型枠ハンマータイプですが柄が極端に短いです。
ニッポンのログ棟梁が便利そうだとおもって買って、使ってみたら、やたら手を打つので放っておいたのを拾ってきたものです。
一見便利そうな気がしますよねえ。まだ使っていませんが、ボクも手を叩いてからでないと捨てませんね。

道具は使ってみないとわからない場合が多いですよね。
それでけっこう投資しちゃったりするのですが、あとで考えるともったいないもんです。まあ、道具道楽ってお店が繁盛しているくらいですからねえ・・・。
基本的に多機能や兼用タイプってのは、そこそこでの機能です。で、後悔することになっちゃうのですね。

初めて買う場合は、雑誌に載っていたり、有名な方が使っていると、それを真似して購入するというパターンが多いのではないでしょうか。
ボクは有名じゃないので、愛用の玄翁タイプは普及しないでしょうね。

道具について考えた | トラックバック(0) |

だめですよ
唐 宇 了
うちでは ノッチやグループを切るときに玄翁やバール(ふぃリングレバーも)を使うのは厳禁です

玄翁でたたかなくとも 
ちょっとバーでこじる程度で ポロリと取れるような切り方を するように 指導しています
玄翁を使うとチェンソーワークの一連の作業が中断されて スマートさがなくなるような気がしますので

玄翁を使わせないと 正確に切るような なります 

失礼しました
あかじい
唐宇了 殿
さっそくチェックが入りましたね。(笑)
そのとおりです。チェンソーは持ち替えないほうがリズムがいいですね。

ボクは取れないときに使うようにしているのですが、以前の習慣でつい引っ叩いてしまいますね。
でも、コレわりと気持ちがいいのですよ。

ところで、玄翁を使わせないと、正確になるというのはどうしてでしょうかね?


腎ちゃんで~す!
あれれ?関西の頭が釘締めになった金鎚が出て無い、
関東と関西では玄翁(金鎚)にも違いが有るとか?

関西のビルダー?
あかじい
腎ちゃんで~すさん。お久しぶり。
順調にいってますかあ?

えっ!そっちのほうのでは、そんなトンカチを使っているビルダーが多いんですか。
すいません、勉強不足です。
それを使っている理由はなんですかね?


腎ちゃんで~す!
私は使ってません、でも釘を打って頭を沈める時普通は釘締めを当てトンカチで叩くのですが、関西風は
トンカチをくるっと回してそのまま頭を沈めます。

要するに作業効率が高いんですね、でも最近はコースレッドや鉄砲(釘打ち機)を使うから必要無いかも。



トンチンカン
あかじい
腎ちゃんで~すさん

な~んだ!釘締めのはなしですか。
それにしても、関西の大工さんは器用なんですね。
釘の頭を釘締めで打てるなんて!

コメントを閉じる▲
カナカナ(ヒグラシ)が鳴きはじめました。ホタルも飛びはじめました。
カもハエも飛んでいます。

うっとうしい梅雨空ですが、夏ですねえ。
そこで、衣替え?いや、模様替えをしました。ブログのです。
春はライトグリーンでした。夏は?やっぱりスカイブルーでしょう!とすると、秋はピュアオレンジで冬はスノーホワイト?ブラック?いやファィヤーレッドですかねえ・・・。
この件は、そのときになったら考えましょう。

で、デザインを夏バージョンに変更したのですが、これって、全部(以前の記事も)変わってしまうのですね。今日やっと気がつきました。
まあ、当たり前といえば当たり前なのですが、漠然と、7月からの分だけ変わると思っていました。
これ、錯覚ですね。

今日、山を下りる用事があったので、ちょっと贅沢してカツオのタタキを買ってきました。
いつもの山女、岩魚とは今日は違うのですよ。海の魚なのです!
気仙沼産ですが、本来なら秋の脂の乗ったのが最高です。マグロよりも旨い!と地元の人は言います。だからタタキではなく刺身なのですよ。

IMG_5085.jpg

こんなときは野天風呂ですね。夏は、冬の3倍入れます。気温が高いと燃費がいいですからね。
でも、その後のビール風味で割高になりますが・・・。

注:3倍入れるとは、冬の燃料代1回分で夏は3回沸かせます。
   簡単に言うと、1週間に1回のお風呂が、3回になるというわけです。念のため。

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |


唐 宇 了
かつおは にんにくタレでいただいています

ニンニクは効きますか
あかじい
このときはニンニクのスライスでいただきました。
ニンニクは毎日食べてますが・・・。


おにさん
生姜とニンニクは針のように細く切り、ごま油と醤油と酢と、後、ネギを入れて食べてください。タタキになります。
それと・・・カツオって春が旬では???よう分かりませんが・・・


おにさん
間違った!
カツオはタタキ風味が一番美味しいと伝えたかったんで~すツ!

タタキ風味ですね
あかじい
おにさん。

了解です。手間かかってますね。でも旨そー!

地域によって旬は違うのでしょうね。
こっち(東北)の方にくるころにはだいぶ脂が乗っているようです。で、食べ方も違うような・・・。


唐 宇 了
本当の旬は10月~11月です
俗に言うところの 戻り鰹 です

春の 初かつおは 江戸っ子の見栄で
「女房を質に入れても食べたい...」という1品だったようで
江戸で食べるかつおは 三浦半島や房総沖でとれたもので 多少は 油も載ってたかもね

いつもながら
あかじい
博学ですねえ、唐宇了は。
勉強になります。

コメントを閉じる▲
丸太壁の上で、チェンソーでスカーフをカットしている写真が載っていたりします。
これ、ログ作業のハイライト的な画ですねえ。

なんとか大全なんかにも載っていますよね。この影響が大きいのでしょうか?
(しかし、その前の同じシリーズの本では下で刻んでいたのですが、これどうして変わったのでしょう?)

あんな不安定そうなところでチェンソーを振り回したり、曲面カンナで削ったり、まったく危なさそうじゃありませんか。
チェンソーを足場板の上に置いといたりして・・・。落として壊しそうで心配してしまいます。
そのために足場はしっかり作っているのでしょうけどね。
それにスカーフの下のラインも見にくそうですねえ。

なぜそうするのかを考えてみました。
これはラフカットしてセットした後にやっているのですよね。
ということは、ファイナルスクライブ値を決めた後でなければスカーフの下端位置が決まらないからなんですね。
もう一つの理由は、スカーフ面にスクライブするわけだから、ノッチ上部の刻みもきれいに仕上がるからなんですね。
ほかには、何かあるかな~・・・?

ボクラは順序を反対にしてやってます。
ファイナルカットをしてから、スカーフをカットするというやり方です。
地上で安定して作業できるし、スカーフ面を水平にしてカットできるし、正確にもなります。
そして、なにより安全です。
この方法では、ノッチの上部付近のスカーフカットした部分が多少汚くなるという可能性があります。
まあ、この部分は上に乗る丸太で隠れてしまうのですが、時として見えてしまうという欠点がありますね。
これは刻み方のちょっとしたコツでカバーできますがね。

さてさて、またまた、どちらの方法を採用しましょうかねええ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ ランキング投票です。気が向いたらクリックを!

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |

うちの場合
池田
少なくとも、今の現場で、いくつかの工程は、足場の上で作業しないとダメですね。
上での作業は、やりにくいので、普段は下に降ろしますけどね。
しかも近隣が住宅地のため、なるべく電気のチェーンソーでないとダメ・・・。

もっとも足場は、700~800kgの材木を乗せてる状態ですので、ガチガチに固めてますけどね。





エッ!電気?
あかじい
池田さんのブログ見たときは、120ccとやらのチェンソーでガンガンやってたじゃありませんか?
あの、ヤードと組み立ては違うところなんですかね。
いずれにしても気をつけてやりたいもんです。




おにさん
あかじいさん今晩わ。

うちのスクールの話???ジョーダンで~す!


さて、私はスカーフ先切り派。
雑誌には、ノッチは1/4ずつ切るように書いてあり、更に断熱材を入れるためノッチの中を掘るよう説明されています。
ノッチの中を掘ってからスカーフを切ると、あらら・・・当然ですが隙間が・・・

私自身は断熱材を挟みませんので手前と先をにらんで一直線になるような角度で一度に切ってしまいまふが、生徒さんに直線に切れと言っても無理で、修正しているうちにノッチの中を掘ってしまっています。
従って、スカーフを先に切ってしまわないと、目を塞ぎたくなるような大きな隙間が・・・になりまふ

そらもう・・・
池田
70cc以上のマシンが4台、一日中唸ってたら、まず作業中止!ですね。
苦情が出る前に、材木屋の土場を借りて、そこで回してたんですよ。




唐 宇 了
ノッチの刻み方は おにさんのカットの仕方も
やってみたことはあるんですが...

いつの間にか4回きりで ノッチを切っています

スカーフ後きり派は 大体 カナダ アメリカ流の系統が多いですね
ダブルコーンスカーフやら 4ポイントノッチもそうですね

別の土場ですか
あかじい
池田さん。

なるほど、そうでしたか。
それにしてもデッカイの使いますねえ。ボクは62ccまでしか持っていません。

2回、4回切り?
あかじい
おにさんさん。唐宇了さん。どうも。

この記事は、唐宇了さんのところにお邪魔したときに思いついたネタです。(他にもたくさん仕入れてきました)
もちろん、ずーっと前から知ってはいましたがね。

ノッチの2回刻みとは初耳です。
4回刻みとは、片側から左右2回、反対側に回って左右2回切るということですね。
2回刻みとは、片側から左右2回だけで反対側まで切るということですね。(念のため)

ボクはラフカットではやりますが。
こりゃ難しそうですね。今度見学に行かねば・・・。
ブログの写真を見たときに、平らになっていたんで、気にはなっていたんですがね。
これだとセトリングも少なくなりそうですね。
また、次のネタが見つかりました。感謝、感謝!

ちなみにボクは4回刻みです。
若干(中心で1cmくらい)内側が広くなるようにカットします。
内当たりも防げますし、周辺をノミで仕上げて完成です。(ネタを先出しして、シマッタ!)

いろいろなヤリ方があるのでオモシロイですねえ。

コメントを閉じる▲
ときおり小雨が降る毎日でしたが、基礎の助っ人が終わりました。
そして、ときおり姿を見せる岩手山です。

IMG_5071.jpg
中央のちょっと右側に白い家が見えますが、このちょっと左に少し林が切れています。ここが現場です。
いいところですねえ。

後半3日間は内側の枠板の取り付けです。
まあ、いろいろなパーツを使うものですね。
こんな具合になりました。

IMG_5072.jpg

IMG_5079.jpg
内側の白い板は50ミリの断熱材です。これだけでも圧力に耐えるのだそうです。
これ取り外しはしないのです。内断熱材同時施工というわけですね。ナルホド。

場違いの仕事にもやっと体が慣れてきたとおもったらもう終わりです。
この仕事も慣れりゃなんとかなりますかね。
でも、要領の得ない(先が読めない)仕事は精神的に疲れます。

ここまでやったら、流し込みや、型枠外しや、完成状態を確かめてみたいですね。
チャンスがあったら取材に行ってきますよ。ヤブヘビになったりして・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ ランキング投票です。気が向いたらクリックを!

本業?助っ人業 | トラックバック(0) |