2017年も開けましたね。今年もボチボチ程度にやっていきます。よろしくです。

前々々回のつづきです。
とはいっても昨年12月初旬の話しなんですがね。最近パソコン触るのが億劫になってねぇ。(笑)


メンテナンスのやりやすい小屋掛けを、いろいろ考えていたんですが、けっきょく次のようになりましたよ。
手持ちの材料だけなので、ちょと苦労もしましたがね。
DSCN4584.jpg

スライド方式です。
ちょと面倒ですが、下部の掃除やフィルター交換時の上部のネジ外しにも対応できます。
横ドア方式、上蓋方式は一長一短で、ヒンジなどの材料費もかかりますから、却下でした。実は面倒なのですよ。(笑)
DSCN4575.jpg

側面三方と屋根にコンパネを張りたかったんですが、材料がないので、しばらく古材のトタン屋根だけです。
DSCN4593.jpg

ブロックを固定するために、モルタルで接着したのですが、一晩置いて小屋を乗せたら動いてしまいましたぁ。
この時期は固まりませんねぇ。ちょと気が早りました。で、二重手間です。(笑)
コーナーブロックが多かったので、平面接着の隣接面を数センチ掘り下げて、接続し直しましたよ。
DSCN4613.jpg

頭だけ繋ぎですね。(笑)
DSCN4616.jpg

2週間経っていたので、底のネジを開けてみました。
DSCN4577.jpg

おお!出てくる。ゴミが!たくさん!2週間でぇーーーー!
DSCN4578.jpg

効果があったというか、ゴミが多いというか、複雑な気分。
でもまあ、フィルター効果はあるってことですかね。、

しかし、こりゃ水質が気になりますねええ。保健所で水質検査してもらう必要があるかも。
それも恐いなぁ。具合が悪かったら、井戸掃除程度じゃ治らないかも?そうなると井戸掘り?となると金がかかる。
市の水道を引くと40万円くらいかかりそうだし・・・・。

うーん、見なかったことにしようかしら。これまでのところ健康被害はなさそうだし・・・。  いや進行中かも?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
で現在は、先日作ったので、ちゃんとした小屋になってます。
DSCN4665.jpg

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |

水道フィルター
ike-G
新年御健勝にて明けた様子、おめでとう御座います♪。
ストレーナから出るゴミの件。
暫くフィルターを付けずに出しっ放しにして置くと、途中に引っ掛かっていたヌルヌルの粘菌が流れ去り、フィルター装着後も頻繁に詰まりを取り除くことで流れが滞らず、粘菌が発生し難くなるのではないでしょうか。。。
留守をするときなどは、フィルターを外して置く。



Dra&長靴
あけましておめでとうございます。
水は常に動いていないとダメのようですね。
先の方も書いていらっしゃいますが、
可能ならば出しっ放しにしておいたら良いかもです。

ike-G さん、Draさん
赤G
ごぶさたしてます。今年もよろしくです。

これって、ほんとうに粘菌なんですかねぇ。
これだけ流れてくるんだから出しっぱなしってのも考えられますよねえ。
でも以前、丸一日そうしたんですが、それほど出てこなかったんですよ。
もう一度やってみますかね。



スバナ
ステンレスの灯油タンク有るけど、送ろうか?

スバナさん
赤G
やあ、どうもです。
有り難いですねええ。でも、とりあえず間に合ってますので、大丈夫です。
近かったら、取りに行っちゃうけどね。


コメントを閉じる▲
関東地方は暖かいですねえ。
ときどき寒波がおりてきて、冷たい風が吹きまくるときもありますがね。

これも先日から言われていたのですが、給湯器が点火したり消えたりを繰り返しているというので、業者を呼ぶ前に点検してみました。
給湯器側のストレーナーは特に問題なさそうです。

で、灯油タンクの水分を疑ってみました。
しばらく水抜きしてないと言うので・・・。30年前から?
DSCN4556.jpg

タンクの灯油残量が少なくなるまで待ってから、下部のドレンコックから抜いてみました。
ですが、水が混ざっているかはわかりませんでしたねええ。ちゃんと灯油の臭いもするし。抜いた量が多すぎて混ざってしまったのかも?
念のため3リッターほど抜きました。
※作業していて気づいたのですが、ドレンコックの漏れを発見してしまいました。シール不良だったらいけど?
DSCN4559.jpg

こんなサビが出てきましたよ。ありゃあぁーサビてるぅ!
DSCN4563.jpg

ドレンコックの穴から指を差し込んでみると、内部にサビが浮いてました。
ので、チエンを入れてガラガラとサビ取りです。
※サンポールでのサビ取りも考えたのですが、時間に制限があるので無理。
DSCN4561.jpg

するとこんなにサビが。
DSCN4562.jpg

サビが詰まってドレンコック穴から出てこないので、ホースで水洗いしてしまいましたよ。
おお、あんがいキレイになったわ。
DSCN4566.jpg

日向で、ブロワーで送風して乾かしてます。
DSCN4570.jpg

で、覗いてみたら、まだサビがぁ・・・・ある感じ。
それより穴が開いてます。こりゃヤバイ。(下方のサビとの境界付近)
DSCN4569.jpg

しかたがないので、急いでホームセンターで金属パテを買ってきました。
DSCN4571.jpg

周辺の塗料を落として、パテを練って貼り付けます。速乾性なので忙しい。
1時間ほどでカッチコッチになります。
※これは二重構造の棒状になっていて、内外にエポキシと硬化剤があり、これを必要分輪切りして練り混ぜて使うものです。
DSCN4574.jpg

ドレンコックにシール巻いてネジ込み、取り出しておいた灯油を入れてみます。今度は漏れませんね。OKです。
給湯器のストレーナにあるネジでエア抜きをして、電源を入れてみると、なんと!正常になったみたい。メデタシ目出度し。

ということは、やはり水分が原因なのかしら?タンクの吐出口は底より5センチくらい上にあるのですよ。そこまで水が溜まっていたということかしら?
たしかに、その下あたりまでサビてたけどねぇ・・・。

ということは、水を抜きたりなかったのかしら?水混じりの灯油を戻してしまったのかしら?
ちょと不安なので、水抜き剤をいれてみました。
が、入れてみてから気になったのですが、これって効果あるのかしら?自動車は走ると揺れるから混ざるかもしれないけど・・・。
※そこで簡単な実験をしてみました。これについては、長くなるから後日。
           
それと、も一つ不安なのは、穴開きです。サビを取ったら開いてしまったので、薄くなっているのでしょうね。コリャ寿命かしらねぇ。
新品は1万円くらいなんだけど、もったいない。

知り合いに、そんな話をしていたら数日後、なんと!中古品が届きました。
DSCN4627.jpg

う~む、またコレの点検と手入れをしなきゃあ~ねぇ。次々に仕事が増えて楽しいわ。ケッ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!]]]]]

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


Dra&長靴
前回の書き込みでいつの間にかスバナさんになってしまったDra&長靴です(笑)

我が家の灯油温水器は電源が入っていなくて「動かない」と大騒ぎをしたことがありますよ。

Draさん
赤G
あれま、そりゃ失礼しましたぁ。
どうも、神さんはメカに弱いので、なんやかんやとヤカマシイのですねぇ。

コメントを閉じる▲
11月中旬から茨城の自宅に戻ってます。
基本的には車検と冬用タイヤへの交換でした。が、もろもろの用事が待っていましたよ。

その一つが、以前から給湯器にゴミが詰まるというので、砂取り器をつけることになりました。
今回は、その一部始終を記事にしてみました。
新規じゃなくて、既存の配管を加工するというのは面倒ですねええ。
いろいろ失敗して勉強になりましたよ。ま、仕事じゃないんで、ノンビリと楽しんでますが。


これは給湯器の減圧弁についているストレーナーです。
茶色いゴミや寒天みたいな異物がたまってました。これで1週間です。ちょと多すぎです。
DSCN4456.jpg

ほかの蛇口にサラシを取り付けて1日出しっぱなしにしていたものです。
やはり茶色いゴミや黒い砂粒が溜まってました。
DSCN4435.jpg

井戸ポンプです。水中ポンプ方式です。
砂取り器などいろいろなフィルターを検討しましたが、数千円から数万円のものまでありましたね。
一般の浅井戸用ポンプじゃないのでポンプの前(井戸側)に取り付ける安価なものは使えません。悩みどころです。
DSCN4425.jpg

井戸の配管を確認してみました。
30年くらい前に施工ですから、もしかして鉄管配管で、錆びていたら総取り替えかな?と不安だったのですよ。
さいわい塩ビ管でした。ちょと安心。
DSCN4486.jpg

砂取り器です。アイチポンプ興業の口径25のものにしました。
これならポンプの後ろ側(吐出側)に取り付けられます。しかも安い。送料込で1万1千円くらい。
フィルターは硬いウレタンスポンジって感じ。金属の100メッシュ相当だそうです。替えフィルターは2000円くらい。
DSCN4498.jpg

配管部品です。これもいろいろ悩みましたねぇ。
左から順に、ポンプのタンク出口は口径25(内径25ミリ)なので、金属のバルソケ(バルブソケット)を使いました。塩ビなら安いのですが安心感を買いました。
金属バルブも25です。メンテナンス時に水を止めるためです。ポンプの電源をいちいち抜くのは面倒ですから。
次が砂取り器でこれも25です。この出口から異型ソケットで20に変換します。元々の配管が20なのです。
ここで迷ったのですが、ネジでつなぐユニオンという接続器を使いました。なにかあったときに外せますからね。ただ、漏れないか不安だったのですがね。
塩ビ管はふつうに接着(溶着)してしまうと、外せないので切断するしかありません。しかもその部品は使えなくなってしまいます。
この先はエルボや異型チーズ(屋外栓は16だった)で配管しました。

ところでソケット間は6センチ空けることにしました。これは、万が一間違って接続してしまっても中間で切断すればソケットなどは再利用できるからです。半分の30ミリあれば呑み込み分になります。
※結果的には片側4センチ、合計8センチあったほうがいいですね。
DSCN4513.jpg

配管完成状態です。まだ接着してません。仮接続で寸法を測ってます。
これが失敗だったのですがね。。それは後ほど。
DSCN4510.jpg

パイプのカットは金切りノコを使いました。多少直角でなくても支障ありません。
金属用や塩ビ用のパイプカッターは数千円と高価ですからね。これで十分です。どうせ面取りが必要なんですから。
DSCN4506.jpg

つい色気を出して面取り器を買ってしまいました。1300円くらい。これも失敗しました。
内外共に削れるのですがギザギザ状態です。どうやってみても滑らかに削れません。
まあ面取りさえできていれば実用なのかもしれませんがね。
DSCN4507.jpg

100番の紙やすりがグーでした。
DSCN4508.jpg

内側専用の道具も売っていましたが、これもカッターで十分ですね、というか紙やすりでOKです。
重要なのは内側より外側のバリ取りです。滑らかにしとかないと接着剤が均一にならず、接着不良の原因になってしまいます。
ちなみに接着剤は両方に塗り、真っ直ぐ差し込みますね。
DSCN4509.jpg

ポンプ小屋のブロックの穴あけ切断は、手持ちのコンクリートドリルを使いました。
連続して穴を開け、金槌ではつりました。軽量ブロックなので柔らかいです。
ディスクグラインダーのダイヤモンド刃を買おうかと思ったのですが、1000~5000円もするので止めときましたよ。
DSCN4489.jpg

既存配管の切断です。これは緊張しましたねぇ。
場所に間違いがないか?手順は大丈夫か?大量に水が出てくるのではないか?バルソケは外れるのか?ホント不安でしたよ。ま、大したこともなく切断できましたが。
DSCN4518.jpg

心配だったバルソケもプライヤーレンチで無事に回りました。
DSCN4520.jpg

パイプを切ってビックリ。内側がこんなに汚れていました。
DSCN4521.jpg

それにタンクの内側には、寒天状のものも。コリャ飲む気になれませんねええ。って飲んでいたけど・・・。(ちなみに飲料用は浄水器を通してます。)
これらが砂取り器で濾せるのかしら?新たな不安材料です。
DSCN4527.jpg

新規の配管です。これも緊張しますねえ。一度溶着したらはずせませんからねl
手順を考えて考えて考えて・・・、シミュレーションして、事前に接着してたりしたんですが、最後の方はけっこうやりにくい状態になってしまいました。ま、こんなもんかぁ~。
ですが、あれま!寸法が違う。段差が出来て、5センチほど足りない!

事前接続時に気づいてたんですが、そこまで気が回らなかったのですよ。
この原因は、接着剤を塗ると表面が融けるんです。メス側はテーパー状に徐々に狭くなってますので、押し込むと柔らかくなった分だけ余計に入ってしまうのです。
何も塗らないと20ミリくらいしか入らないのですが、それが25ミリくらい入ってしまうのです。それが8か所もありましたからね。最後の長さ調整部分は、最後にカットスべきだったのです。
DSCN4528.jpg

ですが、ここで例のユニオンが効いてくるのですよ。数センチくらいならこれで吸収してくれます。
DSCN4533.jpg


一時間(接着強度が90%以上になります)ほど置いてから通水です。ここも緊張しますねぇ。
ポンプの電源を入れました。水漏れはしませんでした。一安心です。
さらにこの状態で1日様子をみましたが大丈夫でした。

穴を埋め戻した後、凍結予防に断熱材を巻きます。黄色いテープは仮止めです。
ソケットなどの外形は太いので段差だらけです。20用25用30用を使い、足りない部分は短冊状に切って補っています。
DSCN4538.jpg

保護テープを巻いて完成です。
念のため、3分割しておきました。何かの時に全部バラさなくてもすみますからね。
DSCN4540.jpg

小屋掛けするために、手持ちのブロックを並べてみました。
砂取り器の横にある柱は、配管のたわみをなくすための支えです。
DSCN4552.jpg

砂取り器のメンテナンス(下部のネジを緩めてゴミを出す)ためにボールを置いてシュミレーションしてみました。
フィルター交換は上部のネジを外す必要があります。
なので、どういう風に小屋掛けするか、これからまた一悩みします。
DSCN4554.jpg

ということで、とりあえず完成です。
構想、検討から8日間。実働3日間くらい。
配管部品は8000円くらいなので、材料費は約2万円です。
工賃は、業者に頼んだら、2人工くらいでしょうかねぇ。でも5~6万円はとるでしょうね。
ボクはタダなのに、たいしたねぎらいの言葉もないのですよ。

同じタダでも、笑顔やお礼を言われたりする災害ボランティアの方がよっぽどやりがいがありますねぇ。(笑)

※うろ覚えのことはネットで調べましたが、ネットって、ほんとに知識がない人が信用できる情報は1割り程度ですねえ。
理由が書いてないのが多いですね。コレについては後日にでも。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!]]]]]

<オマケ>
いろいろ用事が盛りだくさんで、ブログ更新も滞ってしまいました。そのいろいろとは。

●車の車検は、余計な部品交換もあり、1周間も掛かってしまいました。

●大量の荷物の出し入れがけっこう面倒なのです。みつからなかった物が出てきたりします。整理せねば、といつも思います。

●冬用タイヤ交換は、いつもローテーションで迷いますねえ。わかるように書いておかねば、といつもおもいます。

●ふたたび咳がひどくなったので医者にいきました。いきなりレントゲンとCT検査。さいわい肺がんではなさそうです。肺気腫などのCOPDも軽症です。50年mpタバコを吸っているのに。
5種類の薬を1週間飲んだら咳はとまりました。が、痰の切れが悪く、さらに10日間延長です。それでダメなら咽頭検査のようです。咽頭がん?

●屋敷の周囲にある垣根の手入れです。こまめにやってりゃいいのにねぇ。
その他に着きの悪い蛍光灯のグローの交換など。なんで放っておくかねぇ。、

●近所の知り合い宅の樫の木の伐採。崖にある元経50センチ。
7メータ上部の枝を片側半分だけ落とし、重心を反対側にかけて伐り倒しました。そして1mで玉切り。

●毎年副業的にやっているビニールハウスの助っ人。
とりあえず数件の張替え作業。でもいつもの相棒がいないので一人じゃ大変だわ。

●給湯器の動作不良点検。頻繁に点火せず。業者を呼べばいいのにぃ。
いろいろみた結果、灯油タンクの水分が原因のよう。ぜんぜん水抜きしてないらしい。
水抜き、油漏れ、サビ取り、穴塞ぎ。これについては別途ブログ記事にしますよ。

まあ、いろいろあるねええ。そろそろ岩手の山小舎に逃げ帰りたい。

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


Dra&長靴
ボランティアご苦労様です。
それよりも、御自宅の雪対策は大丈夫でしょうかね。
今年は例年に無く雪がたくさん降るようなことを言っていました。
心配です。


スバナさん
赤G
まあ、例年と一緒ですから、シート屋根は潰れるかも?(笑)
スノーダンプだけは作りましたが。

さすがです。
亀仙人
何でもこなしますねぇ。
井戸の砂は地震とか影響してるんですかね?

亀さん
赤G
お金が無いからできるだけやるしかないの。でもセルフは楽しいね。
砂というよりヘンなゴミです。なんだろうねコレ?
うーん、地震かどうか・・・?

コメントを閉じる▲
暖かくなったり寒くなったりの日々です。まだときどき朝晩は薪ストーブを炊いております。
薪割りも一段落したので、ちょと余裕ですわ。

以前から気になっていた階段の手すりの材料を削り出しました。保存していた(というか、放置していた)栗の木です。
曲がり具合がオモシロイでしょ。
DSC02548.jpg

ここのログハウスです。例のイタリアン・レストランです。
IMG_5867.jpg

階段の手摺が片方だけなの。それも仮止めみたいだし。
IMG_5869.jpg
それにバランス悪いし。気になって仕方がなかったのですよ。

片側のポストも立てて。
DSC02557.jpg

完成です。
DSC02561.jpg
先端がちょと長過ぎるとおもうんだけど、施主がいいっていうもんで、まあ、後でも切れるからね。
もうちょっと太いのにすればよかったなあ。

完成したら「これ、いいわ~!ログハウスって感じ!?」なんて言うんだけど、その前は必要ないって感じだったのよね。
さらに、デッキの手摺も・・・なんて言い始めるので、そそくさと帰ってきましたよ。
まあ、これでやっと気が晴れましたよ。よそんちなんだけど。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
立ち枯れの松の木も伐採してあげました。
DSC02564.jpg
ボクは車で引っ張ってただけだけど。 これ反対側(道路側)に30度くらい傾いていたのですよ。

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


Dra&長靴
栗の木の手すり。
曲り具合がいいですねぇ。


Draさん
あかじい
自然の曲がりですね。


おにさん
デッキが雨ざらしなのが気になります。
出来た時は良くても、すぐまた作り替えが必要になりそう・・・アルバイター側としては良いですが...

おにさん
あかじい
そうですよねえ。雨ざらしはよくありませんね。毎年、塗料を塗っても10年くらいでしょうかねえ。

コメントを閉じる▲
きょうは朝から雨が降り続いています。薪割りも終わったので、気兼ねなくまったりと過ごしています。
最近まとまった雨が降らなかったので、もっと降ってくれればいいですねぇ。明日の岩魚釣りに期待したいところです。

久しぶりのログネタです。
一週間ほど前に手伝ってきました。以前にボランティアしていたセルフビルドのログレストランです。

厨房の窓上部の石膏ボードが割れてきたのです。(木部の下地が見えるところ)
DSC02382.jpg
この天井と壁は、丸太壁の内側に独立の箱状になっていて丸太のセトリングの影響は受けないハズなのですがねぇ。
※これはお風呂場などの施工方法と同じですね。

わかりますかね、見えている横桟が窓枠左上部に密着してますよね。(本来は平行)下がっているということは丸太の影響を受けているんですね。

左側の石膏ボードもはずしてみました(下記の写真)。 横桟の接合部のネジが折れていましたよ。
横桟の裏側にカッターの刃を差し込んでみたら隙間がありません。原因は、横桟上部の丸太の切り欠きが足りなかったのでした。つまりセトリング分をちゃんと計算してカットしていなかったのですね。

※セトリングは一般的に最大6%と言われています。丸太上部が2.5メーターであれば15センチ下がるということです。
 したがって、ドアなどの上部が2メーターとすれば12センチ開ける必要があるんですね。ただ、今までの経験からいうと実際には3~4%(6~8センチ)くらいで収まるようです。(ログの施工方法によって変わりますが)

ちなみに、このログは建込み後1年間で通しボルトが5~6センチ下がっていました。これからも2~3センチは下がるでしょうね。


で、この横桟は2メーターくらいの位置にあるので、せめて8センチはスペースを開けておく必要があったのだけれど、それが十分でなかったということですね。
(ああ、説明が難しいい・・・。わかるかなぁ)

対策は、横桟を3ミリほど手前に引くと、裏側の丸太の腹の間にスペーがあくので、そこに固定することにしました。石膏ボードがちょと傾きますが、目立たないでしょう。(裏側の丸太を削るのは大変ですし。)
DSC02385.jpg
ところが、さらに問題発見。
丸太のグルーブの隙間が大きいのです。下がらないみたいです。
この丸太のつながっている、壁の左側の丸太も同様に隙間が大きいです。

ここが原因になってましたよ。
DSC02390.jpg
ここは説明が難しいので詳しい説明は省略しますが、簡単にいうと、横に見える梁の隙間が気になるということで、ここにも石膏ボードを差し込んであったのです。
入れた当初はユルユルだったそうですが、それがしっかり密着していました。仕方なく壊して取り出しましたよ。

さらにもう一箇所ありました。
DSC02393.jpg
上記の横梁に交差している縦梁の下の目隠板も密着してました。ここも当初はユルユルだったそうです。
かなり強固に締め付けられていたのでジャッキアップして取り外しましたよ。ここは3センチほど開けて取り付け直しておきました。

するとですねええ。ギシギシギシギシ・・・いいながら丸太が下がってきたのですよ。
結果、横梁の隙間は気にならなくなったので、そのままでよくなりました。

ということで、セトリングスペースは安易に判断しっちゃいけないということです。ちゃんと計算してスペースをとりましょうね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
1年分の薪棚が一杯になりました。正味10日かかって集材と薪割りが完了です。
DSC02516.jpg
これは2年後の分です。2間幅で4列あります。燃料が確保できたという裕福感はいいですねええ。

ニホンカモシカが久しぶりにやってきました。なんとか食ってみたいけれど・・・。
DSC02505.jpg

ハニーワインを仕込んでみました。蜂蜜を水で割ってイースト菌を加えてあります。うまく密造酒ができますかね。
DSC02540.jpg
ちなみに、欧米?では、結婚すると妻が夫のために精力剤として作るようです。ホントに効くのかしら?

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


スバナ
蜂蜜を薄めるだけで醗酵しだしますよ、勝手にお酒です。


朝笑龍
セトリング恐るべし!
やはり、セルフビルド恐るべし!

僕も、来年には、蜂飼いになれるかもo(^▽^)o


Dra&長靴
セトリング対策大変ですね。
取り外し可能の石膏ボードが入り用かも。

スバナさん
あかじい
そうなんですかああ。こんど試してみます。

朝青龍さん
あかじい
セトリングはほんと厄介ですね。
ミツバチはホントにオモシロイです。ご堪能を!

Draさん
あかじい
一般的なところはいいんですがね。
思わぬところでやっちまうんですよ。

Re: タイトルなし
あかじい
> 欧米じゃなくEUね!OK?
> ビンのふたは少しあけといたほうがいいよ、密閉すると醗酵により噴出すよ、それから密造酒は犯罪ね、アルコール度数は上げないように????

了解! EUね。 いろいろ言われると緊張しちゃうね。


カモは美味いらしい
亀仙人
以前、京都の山奥で林業してる出稼ぎの人が「カモは美味いね」って言ってると聞いたことがあります。

カモってのは鴨じゃなくてカモシカのことだったらしい・・・

一応ウシ科だし、草食だしねぇ。でも国の天然記念物ですから、極秘でやってください。


亀さん
あかじい
そうか、カモだと言えばいいんだ!(笑)

コメントを閉じる▲
川内村のログの手伝いを1日(強風で1日は休み)だけして、自宅の茨城に戻ってきました。
ちょっと遠回りしたおかげで、こんなログを発見しましたよ。

営業用のログのようです。海岸から数百メートルくらいですかね。
IMG_5540.jpg

IMG_5544.jpg

IMG_5545.jpg

IMG_5546.jpg

IMG_5551.jpg

IMG_5550.jpg

飲食店でしょうかねえ。裏側には別棟が建ってましたから。

基本的に妻壁側がヒドイ痛みですね。
妻壁側の軒の出がすくないですよねええ。もろに雨が当たりますよね。

屋根材はわかりませんが、なぜか全部剥がれています。
内部までは雨漏りしてないようでした。

しっかりした造りですが、もったいないですねええ。
雨じまいには気をつけましょうね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ いいね!だったらクリックを!

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


朝笑龍
勿体無い(・д・)
貰いぐらいですわ~(゚o゚;)

朝笑龍さん
あかじい
エっ! 貰いたい? これでよければ話してあげましょうか?笑


朝笑龍
スイマセンσ(^_^;ちょっと遠いです(笑)
でも、ログって、バラして、また組めますもんね♪


Dra&長靴
こんなのが建ってるのね~。
こちらではログハウス探すのは至難の業です。
特にピーセンピースなんて見たこともありませんよ。
これで何年くらいのログでしょうかね???


芋久保
基礎が高くなくて、妻壁の出が短いとこうなるのですね。もちろん住んでいないのだろうけど‥‥ メンテナンスは大切ですね。

Draさん
あかじい
そうですかあ。そちらのほうにも沢山あるとおもいますがねええ。
さあて、何年くらいでしょうねええ。地元に人にでも聞かないとわからんですね。
すくなくても手入れをしなくなって10年は経っているかも?


芋ちゃん
あかじい
そうですよねえ。
こんなんでも、毎年塗料を塗るとかしていれば違うんでしょうけどね。これが難しいのよね。
なるべくメンテナンスフリーを心がけねばね。


ペーターランド
大きい窓がある私好みのログハウスです。
あ〜もったいないなぁ〜。

ペーターランドさん
あかじい
ですよねえ。もったいない。


人の振り見て 我が振り直せ
ログビルダーは 気をつけましょうねェ

コメントを閉じる▲
あいかわらず根雪になった山ん中で、吹雪にまみれてセッセと、ボチボチと、伐採してます。
そんな薪作りの合間に、一昨日「ボランティアと作るログハウス」の様子を見てきました。
一山越えて海岸になると雪が無いですよ。

1週間の予定で、長野から3人のプロビルダーの助っ人が入ってましたが、この日が最終日でした。
当初12段の予定が10段でストップしたままだったのですが、高さも2700程度あったので、11段で済ますことになったようです。
IMG_5036.jpg
下に置いてあるのは、デッキの出し桁です。

開口部も処理されてました。
IMG_5037.jpg
1週間で小屋組みまでとか聞いていたので、後回しかなとか思っていたのですが、やっぱり先にやってました。

アーチカットも。
IMG_5017.jpg
グルーブがちょと大きいのはご愛嬌ですねえ。

桁の勾配カットも完了です。
IMG_5038.jpg
よく見ると、天井板を飲み込むスペーサーの部分を欠いてありましたね。芸が細かいです。
以前、タテの芯が曲がっていたので、ソレを補正するように促していたのですが、それもカバーしてくれてました。

高さのチェックも、丸太の木口に全高とレフトアップの数値が書いてあったりします。
梁のブラインドノッチには蟻加工が施されていたりと、細かいところも抜かりはないですねえ。

上段面です。
IMG_5028.jpg
向こう側は矩勾配でこちらから5寸勾配が直交でぶつかります。
屋根の取り合いをどうするのかが、最大の関心ごとだったのですが、旨いこと処理してました。勉強になりましたよ。

1週間の日程でどうなることやら、と思っていたのですが、さすが場数を踏んでるプロは違いますねええ。まったく段取りがよくて、作業も早い!メチャメチャ早い!
さすがに小屋組みまでは間に合いませんでしたが。

今回は、ここまででしたが、次回も来られるようです。
3月初旬から1週間くらいで、小屋組み加工と移設と屋根下地まで仕上げてしまう予定だそうです。

オマケのカット。
IMG_5034.jpg
後光が差していますね。ありがたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックを!

<追記>
この建物は、津波で被災したイタリアン・レストランの再生を目指しています。
昨年の7月までは被災地の仮店舗で営業されていたのですが、それに見切りをつけて別の場所に新店舗を造っているのです。
実際に作業が始められたのは11月からです。雨の日も雪の日も、強風の日も、休まずコツコツと。
仮店舗を出していると再生支援が受けられないとか、止めれば収入がなくなるとか、支援金の期限が3月までとか、苦渋の決断をし、必死の覚悟で造られています。
なぜハンドカットログなのか?ということですが、夢の丸太小屋だからですね。当初はマシンカットのキットを考えていたようでしたが。
いろいろ難しい事情もあるのですが、せひ実現してもらいたいと思い、微々たる支援をさせてもらってます。

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


亀仙人
いやぁ、さすがにプロは仕事が早い。
こちら相変わらずノラリクラリですが ($・・)/~~~

亀さん
あかじい
プロはプロですよねええ。実にスムーズな流れでしたよ。

セルフビルドはノンビリゆっくり慎重にでいいでしょう。長く楽しめるという考え方もありますから。


Dra&長靴
で、
これが完成したら何になるのでしょうかね?



Draさん
あかじい
アリャ、書き忘れていましたねええ。
津波で被災したイタリアン・レストランになりますです。
(追記しておきます)


朝笑龍
そうですね(´▽`)セルフビルド‥ゆっくり長く楽しめる♪
素敵ですね♪

朝笑龍さん
あかじい
とりあえず目処がたってからわね。 それまでが長すぎると挫折しちゃうことも多いので。

ボクのとこなんて、住んじゃってるけど、永久に仕掛かり状態ですよ。つまり完成しないので、永久に課税されない?笑

コメントを閉じる▲
まったくごぶさたのブログ更新です。
ネット環境がよくないので、ついつい面倒になってしまうのですよ。

昨年末の怪我(潰した指とビビッタ肋骨)のため、年末から雪の無い自宅で養生中なのですが、正月早々、人並みに風邪などを引いてしまいました。
だいぶ良くはなったのですが、イマイチ抜け切らないのです。怪我のほうはだいぶ良くなったんですがね。
あまりにも暇でヒマで飽きましたぁ。そろそろ動きますかね。
遅ばせながら、今年もよろシックです。



次の写真は、先日のワカメ小屋の建て込みで使われた、スリングの掛け方です。
(実際の状況は前回のブログを見てください)
クレーンのフックまで登らなくても外せるのです。
IMG_1053.jpg

IMG_1052.jpg
木片の先端には長い細引きがついています。これを引っ張ると解けるんです。

どうなっているのか?図解すればいいのでしょうが、そんな技量はないので写真で想像してくださいな。
解りますかねえ・・・。


このほかにも、ロープワークがあるんです。
クレーンで立ち上げた柱組を固定しておくために、左右にステーを張りますが、これも下から取り外せるように結ぶんですよ。
これには、モヤイ結びを使います。モヤイ結びというのは輪が締まらない結び方です。(これは覚えておくといろいろと便利ですよ)
この輪を大きくして、結び目が手の届くところになるように結ぶのです。
これをほどくとスルスルとロープを回収できるのですね。

さて、ここで問題です。笑
ステーを左右に張るには、ロープが2本必要なのですが、これを1本でやる方法があります。
暇な方は考えてみてくださいな。応用編です。
(ただ滑りやすい材では片側が緩む可能性もあるので、お勧めはしませんがね)

じゃ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |

ケガ
燐寸
少しは良くなりましたか?
しかし、風邪ひきになったとか。 気が抜けて油断したのでしょうかね。

ロープワーク、いろいろあって楽しいですね。
もっとも本を買って20年以上なりますが、できるのはほんのちょっと。 けっこう難しい。


燐寸さん
あかじい
ロープワークも普段から使っていないと忘れてしまいますねえ。

基本的なものを最小限覚えるだけでいいみたい。何種類もないですね。


亀仙人
風は万病のもとです。
インフルエンザも流行の兆しです。要注意ですぞv-154


この手のやつ クレーンオペレーターは みんな持ってますねェ
いつも使わせてもらってますですよ

亀さん
あかじい
長引くのでインフルエンザと百日咳を疑いましたよ。
でも酷くはならないのでよかったぁ。

唐さん
あかじい
そうですねええ。
職人のちょっとした技を見つけると嬉しいですねええ。

ボランティアでは南京縛りを見せるだけで尊敬されますからねええ。


kaz.n
漁師のロープワークをいくつか教えていただきましたが、しばらくやらないでいると忘れてしまいそうです。「もやい」、「かめ」、「垣根」は最低限覚えておかねば…


v-10そいえば ボーイスカウト時代に 
進級テストの中に ロープ結索という項目が ありましたですよ (;゚Д゚)! マジ

kaz.nさん
あかじい
やあ、どうも。
呼び名は地域に寄ってちがうのよねえ。

そうね。実践があればいいんですがね。
自然に身に付くまでは、常に2~3mのロープを持ち歩き練習するしかないですね。


唐さん
あかじい
そうですねえ。ありそうですねええ。

アウトドアでは、ジャンルごとに、よく使う結び方がありますから、よくテストされますよ。

コメントを閉じる▲
今回は、先日のカメムシ館ログスクールの受講生向けの補足情報です。

これは、先日、新潟の大工さんに教わった凸ホゾの刻み方です。
まあ、大工さんによっていろいろな刻み方がありますが、一つの方法だと理解してくださいな。
角材ですが、これはP&Bで丸太の先端を角加工したあとだと思ってください。

丸ノコで、上下4か所を切り込みます。
IMG_0859.jpg
実際には、大丸ノコ(刃の直径30センチくらい)を使いました。10センチくらの深さまで切れます。でもメッチャ重たかった。
切り始め(先端部)は墨線切りで、元部は墨線半残しにしてます。つまり先端が若干細くなるので差し込みやすくなるのですね。

丸ノコで、木口から、切り残し分を、上から下に切り降ろします。
IMG_0876.jpg
逆さ使いになるので、ちょっと恐い感じがしますが、すぐ慣れますよ。
下から切り上げるって方法もありそうですが、なぜかやりませんねええ。

丸ノコで、深さを合せて、横に切り込みを入れます。
IMG_0862.jpg

残った部分を手ノコで切り取ります。
IMG_0864.jpg
縦引きの刃を使います。両刃ノコの場合は間違いないでね。
ボクは目がよくないので、横引きを使ってしまい「切れねぇ~なあ」ってことがよくあります。

ホゾ面が平らになるように整形します。
IMG_0867.jpg
最初のノコ精度がよければ不要なのですが、これがなかなかうまくはいかないのですよ。
大工さんは、ノミやカンナを使いますが、急ぐときボクはサンダーも使いますね。

ホゾの幅を墨付けします。
IMG_0874.jpg
これは幅寄せ用のテンプレートです。同じ事を何度もするときには、大工さんはこんな物を作ります。
中央の芯に合わせて両側に線を引きます。

ふたたび丸ノコの逆さ使いで切り込みをいれ、残りを手ノコで切り取ります。
IMG_0880.jpg
同様に面を均して、角を面取りして完了です。

チェンソーでカットする方法もありますが、3番目の横切りでバリが出ますので、ノコ目を入れるとか、スコーリングが必要です。
とにかく、線ピッタリに切れなければ、手直し作業の方が多くなってしまうので、技術次第ですね。
まあ、丸ノコのほうが簡単に精度がでますよ。

ちなみに、ボクは自分の仕事をするときは、横切りは丸ノコで、縦引きはチェンソーを使います。
精度はそこそこなのですが、一番楽で早いもんで・・・。
したがって、丸ノコの腕はあがらないのですねええ~。いやはや。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。


<追記>
常連さんからコメントをいただいので補足しておきます。

効率的な刻み方法です。
ホゾ作りは、何度も何度も回転させなければなりません。これをいかに少なくするかも考えたほうがいいですね。

太くて長くて回転させるのが大変なときは・・・
同じ面を、切る箇所にあわせて刃の出を調整しながら切ったほうが楽ですね。

反対に短かったり、軽いときは・・・
刃の出が同じの箇所を切ってしまいます。つまり回転させたり、反対側に行ったり来たりして切っていきます。

そのときどきの状態で考えないとね。

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


ひこです
あかじいさんこんばんわ

おひさしぶりです。僕も新幹線のアルミの形材の加工をするのに丸ノコ使ってますよ(^_-)下手に使うと弾き飛ばされたりするので怖い工具だと思って作業していますねぇ。


そちらは、愛知に比べ寒いと思いますがどうか風邪ひかないようにしてくださいね(^u^)


粉ミルクまでセシウム嫌になります。国内のすべての原発、バズーカで吹っ飛ばしてやりたいですねぇ(*_*)


v-12ひこさん
原発をバ~ズカ砲で吹っ飛ばしたら  (°〇°;) おおっ?
それは テロ ですよ(_ _;)/~~~~" 降参!

丸のこで木口を切るとき 下から上に切る人いるんですかネェ
引力の法則に反してます
相当労力使いますねェ



こゆ仕事... 丸ノコで木口を切るとき 
縦線も横線も同時に切っておいた方が 
楽なような気がしますけどォ

お試し下され


ヒコちゃん
あかじい
丸ノコは、実はキライなんです。笑

ヒコちゃんのバズーカなら冷温停止にもっていけるかも?笑

寒いですよ。今朝は零下5度くらいでした。なんとか頑張ります。

唐さん
あかじい
そうですねええ
回転させるのが大変なときは、刃の出を調整しながら同じ面を切ったほうが楽ですね。

反対に同じ刃の出の箇所を切ってしまうって方法もありますね。短かったり、軽いときはね。

そのときどきの状態で考えないとね。


池田
東京から帰りました。
目録を頂きましたので、近いうちにヒノキ風呂の件も連絡があると思います。

挨拶の際、ログビルディングの技術は使うけど、家を建てるつもりはないと宣言してきました。


しかし、うちの丸ノコより古いんじゃないの?

池田さん
あかじい
そうでしたか、忘年会でしたか。オメデトウさんです。
また一つ勲章が増えましたね。

丸ノコね。これは古~い棟梁からの借り物ですよ。でもしっかり使えましたよ。

よくわかりました
ペーターランド
一度もホゾを刻んだことがないのでなかなかトライできないでいましたが、刻み方を写真で解説してもらってよぉ~くわかりました。ありがとうございます。

ペーターランドさん
あかじい
そうでしたか。お役に立てれば幸いです。
たしかに、最初は取り付きにくいようですが、やってみればたいしたことでもないんですね。

ツーバイ材などであれば、3枚を張り合わせることによって、ホゾもホゾ穴もつくれますから、それはそれで便利ですね。


ペーターランド
わぁ~!!!目から鱗です。
そんな簡単なことでホゾとホゾ穴ができるんですねぇ~
ありがとうございます。

ペーターランドさん
あかじい
ツーバイ材のことですかね。アレマ!
つぶやきもお役にたったようで何よりです。笑


コメントを閉じる▲
いやああ、すっかりごぶさたしてしまいました。
出先続きで、ブログの更新もままなりません。やっと一段落、まったりとしてます。

茨城から北上中に、用事があって、親しいログビルダーにお会いしたのですが、待ってましたとばかりに仕事の手伝いをする羽目になってしまいました。
ログハウスのメンテナンス(塗装)です。

これが、そのログハウスです。
IMG_0767.jpg
12前に建築されたものです。杉材です。

なんと八角形なのですよ。五角形2つの一辺を共有したよう形になってます。
丸太のノッチ(交差点)は、一般的には直角なのですが、これは135度と90度の組み合わせなのです。

ロフトというか2階の垂直壁の塗装です。
IMG_0766.jpg
脚立が立ってますが、それに登ってギリギリ届く高さです。いやあ、ヒヤヒヤ。

このとき、地震があったのです。後で聞いたら震度5強とか。
急いでおりましたよ。とはいっても、塗料缶と刷毛を持ってますから、ソロソロですがね。
同じ日に2回も。いやはやビビッター!

これが135度ノッチです。
IMG_0768.jpg
ここは北側なので痛みが少ないです。
水拭き後の塗装でピカピカですよ。(スパートピーリング<水圧剥き>なのでもともと光っていますがね。)

こちらが南西側です。
IMG_0814.jpg
塗装が剥げてしまったらので、金ブラシで擦ってます。

一部塗っていませんが、塗ったところでも光り方が違いますね。塗料がガンガン滲みこんでいきます。
前回の塗装は5年前だとか。
このように軒の出が少ない、日当たり雨当たりのいい壁は、やっぱり3年くらいが限度ですかね。

狭いノッチ部です。
IMG_0816.jpg
135度があれば45度もあるのですね。

この狭いところに腕を突っ込んで塗るわけです。オマケに梁などもあり、さらに塗りにくい。
とうぜん汚れも落としにくいですね。
凝ったデザインのログハウスなのですが、メンテナンスは厄介もんですねええ。
20人工(一人で20日間の作業)くらいはかかるでしょう。

棟木の周辺も。
IMG_0821.jpg
ここは足場に立てばナントカ塗れましたが、背伸びしてギリギリでしたよ。
恐いぃ・・・。地震がこなくて良かったぁ。

4日間一人で、ほぼ1周の塗装が終わりました。(汚れ落としは別だけど、この方が大変な作業)
2回塗りの予定だそうですが、2回目は多少は塗りやすいでしょうね。

じつは2日間延長されまして、そのせいか、気を使っていただいて、毎夜遅くまで、飲み会でした。
脚立に登ったり降りたり、不安定だから、いやああ、けっこう疲れましたよ。
っていうか、じっさいは呑み疲れかも?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

セルフビルドのピント | トラックバック(0) |


たけじぃ
お疲れさんでした。
ほんと、足場の悪いところでの仕事は、何倍も疲れるからねぇ。(飲み疲れもあるし・・・)
とにかく、脚立から落っこちなくてよかったよ。
それにしても、すごいログだ。135°とか45°とか90°とかが、まぜまぜだもんね。頭がこんがかりそう。
6角の東屋を作ったことがあるけど、柱は丸太でも、120°の組み手は角材だったから特に問題はなかったな。
中にくっつけたベンチはちょっと苦労したけど、おもしろかったよ。
あ、そこんとこのダチョウが、今回、富岡町を散歩してたんだって。

たけじぃさん
あかじい
このログは唐宇了ドノが下請けで作ったんですよ。すごいよねぇ。

ダチョウかぁ。もったいないねえというか気の毒だね。




亀仙人
お疲れ様です。
剥離が唐さんで、塗装があかじいさんだったのね。
いやぁv-12それにしても元気なお年寄りばかりですねぇ。v-291

亀さん
あかじい
スバナさんの毒毒コラボ焼酎でなんとか持っているようなもんですよ。


v-12そんなにお酒が体に悪いとは...
この次は お酒なしで
梅干しと納豆とみそ汁だけにしましょうかねェ(*^m^*) ムフッ

唐さん
あかじい
ええええ!!!! 決してそんなことは言ってませんよぉ。

今後もほどほどにお願いしますよ。

コメントを閉じる▲