FC2ブログ

さみー!寒い!と言いながらも、なんだかんだで、外壁のコンパネ板張りが終わりました。です。
きょうは本格的に雪が降りました。10センチくらいです。
ですが、南岸低気圧は去ったので、すぐに溶けてしまうでしょうね。

古コンパネ仕様です。
まずは汚れ落とし。濡れてシミになっているところは、完全にきれいにはなりませんね。
DSCN7519.jpg

一人作業は面倒です。
左下にはストッパーのビスが打ってあります。右の柱にもストッパーの板を打ち付けてあります。
ビス止めするための位置を間柱の下側にマークしとくんですが、よく忘れちゃうんです。
で、上の間柱から墨ツボを垂らして垂直に墨を打っています。
DSCN7514.jpg

最上部は面戸板を兼ねます。垂木に合わせて、切り欠きを入れねばなりません。
DSCN7522.jpg

微妙な寸法を調整するには、この木工ヤスリも重宝します。
粗目と細めも金切り鋸のような刃がついてます。
DSCN7527.jpg

一通り外壁が貼れました。
DSCN7543.jpg
仕上げは?材料の入手しだいですかねぇ~。
透湿防水シートも貼ってないです。ちょと迷ったんですが・・・。

風呂場の天井板も貼ってしまいました。
これは本当に一人作業はツライ!重い、全重量を支える、落としたらマズイ、両サイドに余裕がない。
いろんなところに仮止めビスやら、板を打ち付けて、半固定を繰り返しながら、ジワジワと3時間もかかって、なんとか取り付けましたよ。ああ、シンド!
DSCN7560.jpg

まだ、いろいろとカメムシが入りたがるような隙間が多いのですよ。
これも何とか対処せねば。って、本体ログも同じなんで、気にすることもないのかも?・・・。
まあ、これで一段落です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
ベタベタの水分の多い雪です。いまのところ今季最高積雪です。4回目かしらね。
DSCN7585.jpg

今シーズンに捕獲したカメムシです。電灯と内窓ガラスに集まるんです。
掃除機2つ分です。食料じゃないですよ。笑
DSCN7537.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

お疲れさまです
亀仙人
ガラスカッター入手できましたか?

もしよければ、僕が持ってるヤツ一本あげますよ

コメントを閉じる▲
まったく寒いです。明け方ころに降った雪が積もってます。3センチていどですが。
これで3回目ですねぇ。風も冷たーい!またまたヤル気が失せました。
先日、静岡の知り合いがわざわざ届けてくれた、三ヶ日みかんでも食べながらこもりますかね。これは旨い!(感謝)


割れてなくなっていた窓のガラスを入れたいので、古サッシの中からガラス探しました。
ちょと前ですが、ノギスに簡単な加工をしました。
先端にビスを取り付けC字型にしたいのです。
DSCN7423.jpg

一時的なものなので、テープで仮止めです。閉じたときのメモリが基準値です。
DSCN7422.jpg

サッシ枠の外からガラス厚を測りたかったのです。
入れたい側とフルサッシ側の両方とも3ミリちょっとでした。3ミリ厚ね。(と、確信していた)
誤差があっても、2つとも同じ条件なら問題ありませんからね。
DSCN7420.jpg

で、今日は、退屈しのぎに室内作業として、古いサッシを持ち込みガラスを入れ替える準備をしました。
まずはよごれに汚れたガラスを掃除しました。
DSCN7553.jpg

上枠を外してみました。左右のネジ2本を外すだけです。
手前の小さい枠に入れます。
寸法も確認してみましたが、1枚は十分とれます。
ちなみに枠内には6ミリ程度ずつ入っています。なので、枠内側寸法に12ミリ足せばガラスの寸法になるようです。
DSCN7558.jpg

いちおう厚さを測ってみました。
あれれ、2.5ミリしかありません。ま、いいか!
DSCN7556.jpg

ということで、あとはガラスのカットですね。
やったことはないのですが、聞くところによると、なかなか難しいようです。古いガラスはなおさら難しいのだとか。
まあ、大きいので何回も練習はできそうですがね。

その前にガラス切りを買わねば!それとも、プロに切ってもらったほうが安いかしら?
うーん・・・そうねぇ~、自分でやってみたいよねぇ。セルフビルダーとしてはねぇ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
日中も気温があがりません。11時ころですが零度です。
DSCN7548.jpg

ときおり日差しもでますが雪はとけませんねぇ。ツララも下がってきましたよ。
このまま根雪にはならないとこを祈ってますぅ。
DSCN7549.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |
2~3日、異常に暖かかったのですが、いよいよ最低気温はマイナス数度、日中も数度どまりの普通の冬に戻りりそうです。
森の葉はすべて落ちて閑散としてます。見通しがよくなりましたが、風も通りやすい。
今日は北西風が強いです。北側作業なので寒い~!

寒さ対策で、とりあえず壁をふさぐために断熱材を入れてしまうことにしまいました。
畳を切ると細かい屑が大量にでるので、室内では作業したくないのです。

丸ノコの心棒の奥まで繊維が絡みついて動きが鈍くなってしまいます。
ときどき掃除しないとモーターを痛めてしまいますね。
DSCN7476.jpg

縁取りはガムテープですが、茶色は品がないので緑を探してみました。100ミリ幅は茶色しかなかった。
ガムテープも性能の違いがあるのですねぇ。この緑はコンマ3ミリの最高厚のヤツです。粘着力も違います。値段も3倍します。
ホームセンターの100円前後のヤツとは大違いです。まあ、軽量の荷造りなら安いやつでいいですがね。
DSCN7477.jpg

室内壁はこんな感じです。とりあえずこのままで内張りはしない予定。ま、いいんじゃない。
左側3枚は取り外して出入り口にしてます。
DSCN7480.jpg

天井ですが、内側から入らないのです。大きく曲げるのは折れそうでちょとコワイ。
DSCN7489.jpg

なので、外側から差し込むことにしました。
面戸板を取り付けていなくてよかったわ。怪我の功名ね。
DSCN7486.jpg

ですが、サイズが微妙なのです。1ミリとか1コンマ5ミリとかね。
垂木は曲がりがあるし、取り付け位置も多少はズレてるしね。
グラスウールなら問題ないし、スリットのあるウレタンなんかだったら融通が利くようになっているんだけどねぇ。
なので、キツイとき縁を叩きすぎると潰れてしまいました。それで当て木を作りましたよ。
DSCN7490.jpg

垂木間では板の当て木を。
DSCN7496.jpg

奥まで差し込むときは木っ端の当て木を使ってます。
DSCN7498.jpg

内側の溝にも入れなきゃならないので、外と内を行ったり来たり数回やって1枚が完了します。
こんな時もちょい助っ人が欲しいのだわぁ~!「もちょっと叩いてぇ!」ってねぇ。

垂木の曲がりで外側からも入らないので、無理やり曲げてみました。
なんとか大丈夫でしたね。最初から、この方法でもよかったかも!?
ただ、曲がり癖がついちうので、少し下がり気味です。ビスか金具などで固定しなきゃ。
DSCN7505.jpg

天井はこんな感じになりました。です。
風呂場はコンパネを貼りますが、その他は表し(あらわし=表面仕上げ)にします。たぶん。
DSCN7506.jpg

引き続き外壁を貼ってしまう予定です。一部は取り外して出入り口にしときますがね。
おっと、ガラスが1枚割れて入っていなかったんです。これも何とかしとかなきゃ。

もうすぐ室内風呂に入れるかも。年内くらいには、なんとか・・・。
天気と気分次第ですからねえ。朝は寒いし日暮れも早い。
2日やったら2日休みだし、2時間やったら2時間休みだし・・・。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
知り合いから運よくもらえた壁付け扇風機を取り付けてみました。
ロフトに溜まった暖気を階下に還流させるためです。1階は2度くらい上がり、均一化されますよ。
(いままでは普通のヤツを横向きにぶら下げて使ったいたのですよ。笑)
この後、てっぺんに付け替えました。頭がぶつかっちゃうのでね。
DSCN7330.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


スバナ
勿体無い精神発揮ですね、久しぶりに覗きました!

スバナさん
赤G
こちらこそお久しぶりです。FBは見てますよ。

もったいないというより、予算がないもんですから、目ざとく廃材活用をしてるというわけです。
10年前も考えたんですが、そのときは手に入りませんでした。



コメントを閉じる▲
雪です。ことし2回目です。陽が当たるとすぐに溶けてしまいましたがね。
零度前後から5度前後までだったり、日中16度くらいまで上がったりと寒暖差が{はんぱねぇ!」・・・です。
きょうも寒い。鼻水も出てる。ので、意気消沈。休み。

風呂場を先に仕上げました。給排水管の埋設もありますからね。
というより早くお風呂に入りたい!野天風呂はやっぱり寒いし・・・。

とりあえず断熱材、内張、外張りをして、ステンレスのバスタブを置きました。仕上げは・・・?
セットだったバスタブとは互換性を持たせたいと考えてはいるのですが・・・。
DSCN7432.jpg

ドアがあったところの水切り立ち上げ部が切り取られていたので、アルミのL字アングルを貼りつけました。
DSCN7416.jpg

壁の穴開けは、円切りカッター(と言うのかな?)を使います。
表と裏から半々ずつやらないと反対側の切り口が汚くなりますね。
DSCN7434.jpg

パイプは45ミリなので、壁板はバスタブ穴と同じ50ミリでいいかな?とおもったのですが、パイプの蛇腹部が通らないので60ミリになりました。
バスタブ穴と内壁までの隙間は50ミリだったのですが、手鉛筆では角度が変ってしまい真っすぐ写すのは難しいですねぇ。
二重三重になってしまうのです。で、上からの距離や垂直を測り、すったもんだしてナントか中心を確定しました。
DSCN7435.jpg

断熱材は内壁穴にに密着しているので、手鉛筆で問題ありません。断熱材は熱の影響を、すこし考えて?70ミリだったかな、にしました。
空焚きしちゃうと関係ないでしょうけどねぇ。
DSCN7438.jpg

外壁までは102ミリあります。小さい直角定規に鉛筆を取り付けて(103ミリくらいに)やってみました。
水平器を使うのも考えたけど、上下はいいけど左右にはブレてしまうのですね。
DSCN7439.jpg

内壁から直角に、上下左右4か所に印をつけて、中心を求めています。
さらにパイプの曲がり分の20ミリ下げています。下側は水平です。
DSCN7440.jpg

まあ、成功・・・。
ただ、外側は50ミリ径でよかったんですが、60ミリで開けてしまいました。コーキングをたくさん盛らねば・・・。
DSCN7451.jpg

バスタブの上下穴間は250ミリ、風呂釜の穴間は200ミリなので、上側が傾斜してます。
メーカーの仕様だと下側はほぼ水平くらいでいいそうですね。

もう12月ですよ。思えば、今ごろは、とっくに、秋ごろには完成していたハズなんですがねぇ・・・。
まあ、材料合わせの現場合わせばっかりですからねぇ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>雪景色です。
外壁は雨が吹き込んだことがあったので、床張り後に仮付けしてます。
DSCN7413.jpg


工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

雪ですか(@_@;)
亀仙人
こちら半袖のシャツでちょうど良い暖かさです。

お風呂、良い感じですね。
畳の断熱材もgood!

亀さん
赤G
いいなぁ、西の方は暖かくて。
畳は、以前から考えていたんですが、うまい具合に入手できましたよ。

コメントを閉じる▲
一週間ほど用事がありました。
暖かいところに居たので寒さが沁みます。明け方は氷点下近く、日中も10度ちょっとくらいです。
紅葉ももう終わりですね。

もらってきた排水管VU50の繋ぎが外せるか試してみました。
排水用のVU管は、給水用のVP管と違って、肉薄なのでバーナーで炙れば簡単に外れました。

パイプ側を10ミリくらい残してカットします。ペンチでくわえるためです。
DSCN7380.jpg

バーナーで内側を炙り柔らかくします。そうね3~4秒くらいかしら。
DSCN7382.jpg

ペンチでくわえてねじりなが引きはがします。
DSCN7383.jpg

これを3~4回やれば外れます。
DSCN7384.jpg

内側は溶着しているはずですが、案外きれいです。
再利用で密着するかどうかは疑問が残りますがぁ・・・。
外部の排水管は溶着しないつもりです。漏れても問題ありませんからね。
DSCN7386.jpg

エルボ(曲がり)とチーズ(T字)を外しました。
直管部分は足りそうですが、チーズが1個足りません。残念!買うしかありませんかねぇ。
DSCN7399.jpg

排水管は最低限の出費でおさえられそうですが、給水管はほぼ全額出費になりそうです。
VP13を使ったとしても、4~5千円くらいかしらねぇ・・・。ついに出費かぁ。残念!


※何か所も外していると、簡単にポロっと外れてしまうものもありました。いい加減な施工だったのですねぇ。
解体とかやっていると、ホント施工が目につきます。
断熱材の隙間だらけの処理とか、ビス・釘止め間隔の不足とか、接着剤なしとか・・・。
ま、解体するには都合がいいんですがね。笑

材料より施工が大事だとつくづく考えさせられます。
と、言いながら、ボクのセルフビルドもいい加減の極みなのですがねぇ。笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
夕日なのか紅葉なのかに染まったボクの森の遠景です。
大森山という山のすそ野にあります。白い建物のちょうど真後ろのあたりです。
DSCN7392.jpg

入り口からの全景です。
DSCN7397.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |