FC2ブログ
いやああ・・・・やっと雨が止んだとおもったら、いきなり連日30度超えです。
昨日なんかは36度ですよ。外にいるだけで汗がダラダラ、もう死にそう~。

熱帯夜なので窓を解放して何とか寝てます。
最近、薬のせいか歳のせいか、1時間半ごとくらいに何度も目が覚めてしまいます。オシッコも
しかたなく3時や4時ころに起きてしまう時もあります。でも昼間眠くないのが不思議です。
なので、早朝6時や7時ころから作業してます。日中はログ内で扇風機。夕方4時ころ再活動って感じです。

低い作業馬を作りました。使用中のもあるので、とりあえず2セットだけ作ります。
DSCN0612.jpg

知り合いから、半割丸太の残りもんをもらってきました。なんとか4セット分は取れそうです。
DSCN0655.jpg

まずは腐っている足ベースを取り外します。4寸釘で止まっていたので抜くのが大変でした。
DSCN0657.jpg

表面をカンナ掛けします。
DSCN0658.jpg

高さが24センチあったのですが、下部は痛んでいたので20センチに切り詰めました。長さは40、幅は7.6センチ。
DSCN0659.jpg

作業台の高さを30センチにしたいのでベースの高さを確認してます。凹溝は作れそうです。
DSCN0660.jpg

辺太(周辺材)はカットします。12センチ幅にしました。
DSCN0663.jpg

10センチ残して溝を掘って(切り取って)います。
DSCN0665.jpg

さらに縦割りして2分割します。これで1個分になります。
DSCN0667.jpg

仮組してみました。ベースが30センチ長なので不安定かと思ったけど、それほどでもないですね。
材取りの関係で30センチのも使わざるをえなかったのです。
DSCN0670.jpg

こちらの材は長かったので、40センチ長で作ります。ちょと厚さが少ないけど溝は掘れます。
DSCN0676.jpg

例の防腐塗料を塗っときます。
DSCN0683.jpg

ビス止めして組み立てました。2×4材を三角に切ったのを取り付けてログドック(丸太受け)にしてます。
DSCN0684.jpg

これは以前に使っていた低馬です。丸太に角材のベースを取り付けたものです。
DSCN0694.jpg

ということで3セットは確保できたので、丸太を移動してから残りの2セットを作ります。
ですが、喉元すぎると・・・・・、いつ出来上がるかわかりませんねぇ~。ま、いつものことですがね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
長雨のせいか、病気のせいか、ミニトマトが枯れてしまいましたぁ。3個しか食べてないのに。
DSCN0674.jpg

暑がりのミツバチです。夜もこの状態でした。夕涼み?この群れだけなんですよねぇ。
DSCN0689.jpg

ボクの全財産を積んでいたバンの荷物です。
DSCN0427.jpg

荷物を出し、棚も外しました。スッカラカンで引き渡しました。
DSCN0466.jpg

で、出した荷物がこの有様です。倉庫は足の踏み場もありませーん。なんとかせねば。
こんどの軽バンには1/4も積めませんしねぇ。
DSCN0470.jpg

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |
ここ2~3日、前線が東北地方に停滞しているので、きょうも雨です。すこし涼しくなったので嬉しいです。

先日解体した廃材を使って作業台(馬)を作ってみることにしました。
まずは表面をカンナで削って、傷み具合を確認します。
作業がし易い高さになるように、にわか台を作って作業してました。
DSCN0584.jpg

で、また、忘れていたんですねぇ。携帯用の作業足があったことをですよ。最近こればっかり!(笑)
DSCN0585.jpg

白太(辺材)はほどんど腐ってました。赤身(芯材)はしっかりしてますが、接合部は痛んでます。湿気が溜まってしまうんですね。
あれやこれやと、部材の取り分けを考えながら切り出しました。
これは横木の部分です。85センチの長さしかとれませんでした。高さは16センチ、幅は7センチです。
DSCN0586.jpg

脚のベース部です。ちょと痛みがあるところが避けられませんでした。ま、しょうがないか!
DSCN0589.jpg

これらから脚を切り出します。
DSCN0590.jpg

なんとか1セット分の材料がとれました。というか無理矢理とりましたぁ。
DSCN0591.jpg

ベースに脚のホゾ穴を掘りました。オスホゾは作るのが面倒なので、そのまま入る大きさです。手抜きです。
DSCN0595.jpg

脚の寸法が微妙に違うので、セットで合わせています。下からビス止めします。
DSCN0597.jpg

横木は脚に挟み込みました。横からのビス止めです。
DSCN0599.jpg

今回は、防腐塗料が余っていたので、塗ることにしました。耐久性も上がるでしょう。
DSCN0603.jpg

おお、一見すると、けっこう様になりましたねぇ。細部が見えないし。丸ノコは使わず、チェンソーだけですからね。
DSCN0608.jpg

ちなみに高さは65センチです。
身長や載せる材料の大きさで、60~70センチと作業しやすい高さがあるのですが、中間の高さにしましたよ。
これで高馬1セットは完成です。

あと低馬を作らねばなりません。これも以前のが4セットあるのですが、ほとんどベース部が腐ってしまいました。
ちょと前に知り合いがログ階段を作ったときの半割り余り材を当てにしてます。
丸太はないことはないのですが、半割り作業が面倒なのですよ。いやはや・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
車を取り換えました。(今日引き取ってきました)
というか、前車(普通バン)を下取りに出し、中古の軽バンを買ったわけです。昨年の秋から考えていたのですよ。
経費の節約です。年間15万円くらい得になる皮算用です。2年後からですが。
DSCN0615.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |
8月2日になってやっと梅雨があけました。長かったわ。
スッキリは晴れませんが、急に30度越えになり、すごーくムシムシしてます。老体にはキツイです。

そんな天気なのですが、気になっていた作業馬(台)の周辺を整理することにしました。
DSCN0510.jpg

補強補修し、だましダマシ使っていたのですが、限界か?この際整理しようと。
DSCN0511.jpg

案の定、地際はボロボロでしたよ。10年来野ざらしでしたからね。
DSCN0554.jpg

馬は6セット分ありましたが全部ダメですね。
DSCN0553.jpg

バラシテ使える部分を分けてみました。
DSCN0569.jpg

けっきょく、上部だけがなんとか再利用できるかも?ただ接続部は痛んでます。
DSCN0576.jpg

使えそうな古ビス・クギと、使えそうもない廃ビス・クギを分離しました。
それにしてもずいぶん溜まったわ。
DSCN0579.jpg

スッキリ広々となりました。3メーターは広くなりましたよ。
DSCN0582.jpg

いやはや・・・もっと早くやっておけばよかったねぇ。
さて、次は、なんとか1セットだけでも馬を作っておかねば。なにかと不便ですからね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
ディレクターチェアーが壊れました。
DSCN0514.jpg

交差部のビスが折れてました。
DSCN0516.jpg

適当なボルトがなかったので、ビスで代用しました。ナットは木片で(笑)。
DSCN0517.jpg

ボルトを探しているとき、以前もらっていたサーフボードの布ケースがでてきました。厚手なのでシート地に使えそうです。
DSCN0521.jpg

張り替えましたよ。以前より丈夫になりました。
DSCN0524.jpg
以前、さんざんシート地を探しまわったのですが、こんなところにあったとは!

使えそうなものはもらっておくのですが、どこにあるかというより、存在自体を忘れちゃうのですねぇ。とほほ・・・。

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |
なかなか梅雨があけませんねぇ。毎日ドンヨリ・シトシト・ジメジメです。
気温も低いときは20度前後でストーブを焚きたいくらいでした。最近は27度前後ですごーく蒸し暑いです。
この地方は往年の梅雨模様なのですが、局所的に大雨の災害も出ています。気を揉みます。
天災なのか人災なのか・・・。国土強靭化政策?に疑問を感じますねぇ。

※数日前、ほんとに珍しく晴れ間がでました。ちょうどそのときネオワイズ彗星が見えるという情報を目にしました。
夜の8時ころ、北西の低い空に見えましたよ。上部に北斗七星があったのですが、その2つの星間くらい尾を引いてました。
たしか次は500年後だそうなので、貴重なものを見てしまいました。不吉なことが起こらねばよいのですが。


ミツバチマンションの巣門段(1段目)の掃除や点検をしやすくするために、簡単な改造をしてみました。
以前はこのように扉が開く構造でした。
掃除は掻き出し棒などでやってました。高さは7~8センチです。カメラを差し込んで撮影もできます。
DSCN0302.jpg

コンパネを内径に合わせて切り出し、巣門を固定しました。
コンパネは12ミリ厚なので、守門の高さを12ミリカットしてます。
DSCN0305.jpg

で、このように差し込むわけです。
DSCN0309.jpg

差し込んだ状態です。引き出し安くするために手前はすこし長くしています。
DSCN0308.jpg

持ち上げたついでに5段目を追加しておきました。
DSCN0326.jpg


4週間ほど経ちました。越冬組です。
4段目まで巣が大きくなっていました。
湿気で引き出しにくかったです。びっしょり濡れていました。巣屑もドロドロ。スムシはいませんでした。
これほど濡れてしまうと耐久性が良くないかも?です。
DSCN0445.jpg

5月中旬入居の分蜂組です。
2か月経つので盛んに出入りしています。ここも4段目まできていました。
周辺は多少濡れていますが、中央部は乾いていました。白っぽくなってました。カビでしょうか?スムシはいませんでした。
DSCN0456.jpg

6月初旬入居の分蜂組です。
7週目なのですが出入りが少ないです。ほとんど新蜂に入れ替わったハズなんですがねぇ。
巣屑の量は少ないですが、スムシの巣がありました。筒状の中にも幼虫が入っていました。
勢力が弱いとスムシが繁殖してしまうのかしら?
DSCN0435.jpg

引き出した板を掃除するだけなので格段に楽になりましたね。内部は板との1ミリくらい隙間に少しあるだけです。
これはネットで見たのを参考にしたのですが、最下段を切り抜き、引き出し板をメッシュにすれば、巣屑は下に落ちてしまうそうです。
そこまでの改造はちょと面倒だったので省略しました。

いまのところ2か所は成績がよさそうなので、秋の採密が楽しみです。取らぬ狸の皮算用!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
分蜂の入居を制限していた(巣門を閉じていた)マンションから水分が滴ってました。
ミツバチやスズメバチがきています。液をなめてみるとハチミツのようです。なぜ?
DSCN0297.jpg

引き上げてきて分解してみました。
あれま!スムシに食い荒らされているじゃありませんか!越冬したスムシの卵が孵化したのか、幼虫が大きくなったのか?
逃亡した群れなのですが、蜜が残っていたのですねぇ。
スムシと食い荒らされた巣をより分けて蜜のある部分を分離しました。ちょと汚いけど採密してみます。もったいないから。
DSCN0353.jpg

自然の暮らしと遊び | |
梅雨ですねぇ。ここのところ雨か曇りの日ばかりです。気温は25度前後で過ごしやすいですがね。

先日は予期せぬところにミツバチの分蜂群が入ってしまい嘆いていました。
が、今度は積極的に捕獲して販売しようという作戦を実行してみました。

余っていた使用済みの箱をちょと焼いてお化粧しました。
DSCN0211.jpg

2段重ねで設置しました。
DSCN0246.jpg

巣門はスペーサーを挟んで7ミリほどの隙間を設けただけです。
ま、簡略化と移送のしやすさを考えました。コストダウンでもあります。
DSCN0245.jpg

で、設置して3週間経つのですが、まったく入る気配もありません。
まあ、時期的にギリギリだとは思っていたのですがね。残念!
ヤフオクの原稿も作って準備してたのにぃ。

入ってほしくなくときに入るし、入って欲しいときは入らないものなのねぇ~。
3~5万円の小遣い銭稼ぎは失敗でしたぁ。 夏分蜂に期待かな?


※手指の動きが渋くなって痛くなって、物が握れなくなってしまいました。
お医者さんは関節リウマチが併発したと言っています。
薬が追加されました。ステロイド剤も減少していたのに、逆戻りです。
ですが、効果は満点で手指の痛みはほとんど解消しました。
これはいいことなのかしら?薬で胡麻化しているだけなのですがねぇ。
免疫はさらに低下してるでしょうね。感染症にはさらに気をつけねば。コロッといってしまう歳だから・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
6月初旬に入った分蜂群の巣が4段目の底付近まできています。
この巣は越冬時に死滅した前群の残り物です。
DSCN0182.jpg

この先のことを考えて、空っぽであるはずの最上単を取り外し、下段を継ぎ足そうと考えました。
で、開けてみると、中央付近に蜜があるじゃないですか。蜜がなくて死滅したんじゃなかったのかしら?
DSCN0254.jpg

残っていた蜜をバケツに分離しました。
垂れ蜜を採ったら300グラムくらいありましたよ。
DSCN0263.jpg

この群れは4週間目くらいなので、最小になっている時期です。
入りたての女王様が産卵を始めても孵化まで3週間はかかります。
入った分蜂群は、毎日寿命を迎えて死滅していきます。
寿命は8週間(計算上50日として)くらいです。
仮に当初5000匹の群れがいたとしたら、寿命が均等にバラついているとしたら、毎日100匹ずつ死んでいく計算になりますね。
孵化までに2000匹が死んで、3000匹くらいになってしまうのですよ。
この後3週間くらいは、この程度で推移し、その後は爆発的に増えていくでしょう。
なんせ、女王様の産卵は1日1000~2000個らしいのですから。つまり3週間後は毎日1000匹以上増えていくのですよ。
ただ、それ以降は1000匹以上が寿命で死んでもいきますがね。 
うん?けっきょく増えるのかぁ?

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |

我家も今年は1.5群入りました。
おにさん
ご無沙汰しております。
蜂さんですが今年は大きな一群と、数百匹の小さな一群が待ち箱に入居頂きました。
大きな群は今日覗くと3段目一杯まできていましたし、小群はまだ直径10センチほどの小さなものしか作っていませんでした。😭
毎年越冬に失敗しておりましたが、今年は何としても蜜が取れるのを楽しみに機会を見て世話しております。
後になりましたが、体、気をつけて下さいねー。

おにさん
赤G
こちらこそご無沙汰してました。
そうですか、ミツバチやってましたか。もう3段目とは早いですねええ。だいぶ前に入居したんですかね。
越冬はむずかしいですね。何もしなくても越冬する場合もあるし、砂糖水や保温などの手間を掛けてもダメな時はダメですしねええ。今年は旨く行くことを祈ります。じゃ!

コメントを閉じる▲