FC2ブログ
まったくアッツイ日が続いています。梅雨明け10日どころじゃないです。
35度にもなると動けませんねぇ。たまに30度くらいになると涼しく感じられます。
熱帯夜も危険です。体力が消耗しますねぇ。あと何日続くのやら・・・。

頼まれたチエンソーですが、まずはエンジンが掛かるようにせねば。
スターターを引くと固いので焼き付きはないようです。プラグを外しての火花チェックもOKでした。
すこし残っていた燃料は抜きました。古いと腐って(劣化して)ますからね。

次にキャブを見るために、エアーフィルターを外してみました。
いやああ、格安品はスポンジなんだねぇ。もうボロボロで触ったら原型を留めませんでしたよ。
DSCN8896.jpg

ここからはキャブクリーナーの出番です。
燃料パイプの出口から噴射してフィルターも掃除します。
キャブの燃料口からも噴射洗浄します。
キャブ内には泡状のクリーナーを噴射して、スターターを引き内部に充満させます。
これを3回ほどやり、1時間ほど放置しときます。

この間に、バーとカバーを外します。
クラッチホイールを外すために、プラグ穴にピストンストッパーを取り付けます。
※これは昔チエンソー屋さんが自作したものをもらったものです。
ピストンを固定するには、シリンダーの中に紐を詰めるとか、反対側のフライホィールをドライバーなどで固定するなどがありますね。
DSCN8913.jpg

クラッチ外し冶具を作るのは面倒なので、影響のないところにピンを差し、ドライバーで回しています。(時計回りですよ)
DSCN8889.jpg

オイルポンプがでてきました。
右側の上向き黒パイプが上の黄色い穴につながっています。外してクリーナーを噴射してみると開通してました。
下向き黒パイプはオイルタンクにつながっています。タンクを傾けるとオイルが出てきました。ここもOKです。
左下にあるのはオイル量の調整なのですが、うまく回りません。この原因は後で。
DSCN8894.jpg

時間が経ったので、プラグを取り付けて、2~3度スターターを引いてみます。
キャブのエアー取入れ口からキャブクリーナーを1~2秒噴射して、スターターを引きます。
一発でブルルンときましたよ。
新しい燃料を入れたら、けっこう調子よく回ります。いいね、良いね。
でも、オイルは出てきません。やっぱりオイルポンプが壊れているようですね。
(てか、ウォームギアがついてなかったのでした。笑)

外してみました。ギアは破損してませんねぇ。回転もします。ちょと硬めかなぁ~?
共立のヤツはこれが破損してたんですが。
DSCN8910.jpg

先に外してあったウォームギアを見てみました。こっちのネジ山が潰れてました。
樹脂製なのねぇ。ちゃちっぽくね?
※ネットでもこれらの記事がけっこうあったので、組織不良じゃね?
DSCN8903.jpg

オイル調整はネジ溝が欠けてました。これじゃ回せませんね。ネジ溝を切れば治せるけど。
DSCN8902.jpg

ネットでリョウビの部品屋さんを調べてみると、セット販売なのです。56番。
樹脂のウォームギアだけ欲しいのにぃ・・・。
価格は6500円くらい。税、送料込みだと7500円くらいになっちゃわね。
他メーカーは4~5千円だから、リョウビは高い。
DSCN8912.jpg

依頼者に確認したら、けっこう悩んだ末に、修理しないことになりましたぁ。
買値はたぶん2万5千円前後だったろうし、中古なら部品代で買えちゃうしね。

転売処分するにしても、ジャンクだね。いくら程度がよくても2~3千円がいいところかな?
分解して部品ごとに分けて売れば、2万円くらい稼げるかしら・・・?
よくある方法ですが手間暇かかるしねぇ。 しばし考えてみましょうかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
先回の憂鬱の結果が出ました。
血便の件は、異常は見当たりませんでした、ですって。キレイでしょ。よかった、よかった。
年増の厚化粧看護師と冗談言いながら診察しているのは気に入らなかったけど。
DSCN8931.jpg

検査は地獄ですねぇ。
前日の昼と夜は、腹4分目のレトルト食で、寝る前に下剤を飲みます。当然夜中に何度も下痢しちゃうわけです。

当日の朝は、起き抜けにコップ2杯の水を飲み。
次に、下記の液体2リットルと水1リットルを、7時から9時までの間に飲み切るのです。
実にマズイ!ちょととろみのあるような経口補水液のような、実に飲みにくいのです。
無理やり飲むのは地獄ーーー!1時間もすると、またまた下痢が・・・・・・・。
DSCN8930.jpg

けっきょく10回ほど排出物を観察して、透明になったので終了です。合計1.5リットルでした。
午後から内視鏡検査なのですが、10分くらいで終わりました。
腸に空気を送り込まれるので、腹が張って不快な気分がつづきました。
おならが出切るまで3時間くらい、不快な思いをしました。
検査費用は8千円くらいでした。ま、ガンじゃなかったけど、原因は不明なのです。

眼内出血の原因がわかりました。
眼底の上部に穴が開いたのだそうです。周辺の網膜剥離もありました。
この剥離を治すため、緊急レーザー溶着施術をしました。とりあえず成功のようです。痛かったー!
ま、スポット溶接のようなものです。穴の周辺をポツポツと100か所くらい。
費用は保険適用外で1万5千円ほどでした。

さて次は白内障の手術ですわ。ヤレヤレ・・・・。老化はツライ。
2か月も先なのよ。混んでいるのよねぇ。高齢化社会なのねぇ。なんか申し訳ない気も・・・。

道具について考えた | トラックバック(0) |

凄いっすね
亀仙人
チェーンソーの修理屋ですやん。
そこまでバラしたら手数料貰わないと。

レーザーによる光凝固術は網膜裂孔の場合は保険適用なんですけどねぇ

とりあえずたいした病気じゃなくて良かったです。

亀さん
赤Gです。
よく見積無料ってのがあるけど、割りに合わないよね。むりやり受注しちゃうんだろうな。オレ悪徳業者じゃないから。笑
レーザーは保険適用ですかぁ。どおりで安いとおもったのよ。

コメントを閉じる▲
梅雨ー憂鬱ですねぇ~。
たいした雨も降らないのですが、毎日まいにちどんより曇り空です。

ま、涼しくて草刈りには都合がいいです。これからは暑くなる予報のようですがね。

知り合いに不調な仮払機で苦労していると話をしたら、古い刈払い機(不動)を2台もらいました。
ついでにチエンソーの修理も頼まれましたがね。チエンオイルが出ないのだそうです。
DSCN8883.jpg

このホームセンター仕様のチエンソーの症状を確認しようとしたら、エンジンが掛かりませーん。
エアーフィルターのスポンジもボロボロ。
念のためオイルポンプセットの値段を調べたら6370円だとか。うーん、直した方が得なのかしらねぇ。
でも、仮払機もらっちゃったしねぇ・・・。


※憂鬱なのは、左目に眼底出血があったせいでもあります。
突然、墨流しがたくさん見えるような状態(飛蚊症の強烈なヤツ)になって、見えなくなっちゃったのですよ。
あわてて眼科にいったのですが、原因が見つかりません。

とりあえず薬で症状は改善してきました。今後がフアン、いや不安なのです。
白内障もひどくなってきたし、手術もせねば。

それに健康診断で血便がみつかって、精密検査を受けなければなりません。
大腸がんって可能性も? 

それに、それに、歯医者にも半年通ってます。またまた4本ブリッジが必要です。
いやはや歳ですねぇ。老化現象ですねぇ。医療費かかるわねぇ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
いつの間にかミツバチマンションが満タンになってました。入居してまだ1か月半なのに。
この家族は旺盛だったもんねぇ。古巣が残っていたせいなのかしら?
DSCN8861.jpg

急いで継箱を修理して、継ぎ足しました。
DSCN8863.jpg

ふつうだと4段が一杯になると、最上段の蜜が取れます。
秋までに何段になるかしら?採取が楽しみです。



自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |

たいへんですね
亀仙人
大腸がんなら便に鮮血が混じると思いますよ。胃とか十二指腸なら黒い便になります。
白内障は簡単な手術で、確実に視力は回復しますが、眼底出血は厄介ですね。
老後に二千万円とか話題になってますが、それなりの栄養補給で頑張って下さいね。

亀さん
赤G
検査次第ですねえ。やっかいな年齢になったもんです。

コメントを閉じる▲
梅雨、真っ最中ですね。
各地で大雨が降っているようです。災害にならないことを祈ってます。

先般のわが家の自爆水害も、ようやっと復旧しました。
2週間ほど出掛けている間、窓を全開にして陰干ししていました。
エタノールで消毒したおかげなのか、カビも生えす、ほぼ乾燥していました。

その後数日間、天日で干したかったのですが、日差しが少なく1日しか干せませんでした。
DSCN8826.jpg

まあ、ほぼ乾いたようなので、タタミ断熱材を入れ、床板を張りました。
家具が出せないので、あっちに移動したり、こっちに移動したり、狭い空間で右往左往してましたよ。
DSCN8847.jpg

DSCN8849.jpg

DSCN8850.jpg

タタミも床板もナンバリングして位置は合わせたのですが、微妙にズレちゃいますねえ。ビス穴が合わないわ。
DSCN8851.jpg

でも、まあ、なんとか、復旧しましたよ。
DSCN8852.jpg

で、やっと洗面台が使えるようになったのですが、なんか違和感があります。
カガミを見る習慣がなかったもんですから。

これから毎日、自分の顔を見なければならないというのは・・・・・・。なんか恥ずかしい。
毎日挨拶でもしてみようかな!? 影武者?亡霊?相手に。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
以前ユンボを買い取った人が訪ねてきて、わが家のバイクを発見し、譲ってくれと言われています。
ホンダのXL250SとダックスST50というヤツです。かなりの年代もんです。希少価値があるかも?
思い入れがあるので、手放すのは躊躇しているのですが、そろそろ終活せねばねぇ・・・。
DSCN8855.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

いいね!
亀仙人
文化的な最低限度の生活が再開するんですね。
畳断熱材は湿気てるとヤバくないですか?

ところで、そもそもバイクは動くんですか?

亀さん
赤G
湿気はほぼ取れたと思いますよ。
バイクは数年前まで動いてました。キャブなどを掃除すれば動くハズ?です。単純ですから。

コメントを閉じる▲
きょうから梅雨らしくなりました。梅雨前線も北上してきました。しばらくは雨模様の予報です。

ここ2週間ほど野暮用で出掛けてました。
ヒマつぶしに庭木の手入れボランティアもやってました。この時期は草木が伸び盛りですからねぇ。

時間があったので、以前から通路を邪魔していた柿の切株を掘り起こすことにしました。
根が広がり、地面に浮き出て、とにかく邪魔なのです。それに根上がり(新芽)が次から次と出てくるのも厄介なのです。
ユンボがあれば簡単なのですが、もちろん無いし、そもそも狭くて作業できませんけど。
DSCN8792.jpg

なので手掘りです。
チエンソーは刃を痛めるので使いたくなかったのですが、手ノコじゃシンドイので、止むなく使いました。
いちいちエンジンを掛けるのが面倒なので電動式です。できるだけ土を落として切りました。
根切刃ってのもあるけど高いしねぇ。災害ボラでは使うこともあるけど。

狭い場所なので、1本づつ30~40センチほど掘って切り取っていきます。
DSCN8793.jpg

DSCN8794.jpg

DSCN8796.jpg

最後の1本です。直根は無かったのですが斜め下に入ってました。気がつかなかったわ。
DSCN8808.jpg

掘り上げた株です。
DSCN8813.jpg

切り取った根です。上2/3くらい。けっこう量でしょ。
DSCN8814.jpg

土をならして完了です。スッキリ!しました。
DSCN8812.jpg

まるまる1日半かかりました。
土いじりはシンドイです。姿勢もよくないし、メチャ腰が痛くなったりして。やばい、ヤバイ。
むかし昔は、梅の木を何本も手掘りしたことがあるんですが、もうやりたくないですねぇ。

※チエンソー刃を目立てしました。
ほとんど土だったので、刃はそれほど痛みませんでした。10コスリ程で復活しましたよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
ちょっと引っ掛けるとこんなん皮膚になっちゃいます。すぐに血もでるし。歳だわね。
DSCN8799.jpg

自然の暮らしと遊び | トラックバック(0) |
東北も梅雨入りになったようです。今日もシトシト雨です。
20度前後で肌寒いです。午前中はストーブを焚くことが多いです。

洗面台の接続用の給水と排水ホースをガラクタから探しだしました。
ですが、口径がぴったり合うものはありません。いろいろ考えましたが、バンドで締め付けるしかないようです。
DSCN8726.jpg

排水用は洗濯機のジャバラホースです。緩かったのですが、バンドで固定しました。
給水用は散水用のホースです。金属パイプ側は縁が立ち上がっていたので切り取りってしまいました。
口径差1ミリくらいはテープを巻いて合わせバンドできつく締め付けました。
DSCN8730.jpg

収納箱の下部に付いていた蛍光灯を取り付け、手持ちの唯一のカガミを取り付けました。
カガミを見る機会はなかったのですが、これからは自分を見つめなおして生きれるのかな!?と・・・。
ま、とりあえず完成なのです。だったのですが・・・。
DSCN8734.jpg


翌朝、床が水浸しに。なんじゃコリャー!
給水ホースが外れていました。やっぱり!圧力かかるんだよねぇ~。
記憶がよみがえります。以前にもあったよなぁ~。外だったからよかったけど。経験が生きてない!やはりボケてるわ。
DSCN8736.jpg

外壁の内側も濡れています。(色が濃い部分)
DSCN8768.jpg

そもそも金属パイプの縁の立ち上がり部を切り取ってしまったのが失敗でした。
ストッパーがないので圧力でズレ抜けてしまったようです。一般のホース接続用の蛇口は先端が膨らんでいますよね。
なので、縁を広げることにしました。グリグリと。
DSCN8751.jpg

DSCN8753.jpg

金属側にテープを巻いて径を合わせています。そして金属バンドをきつく締めました。
DSCN8760.jpg

念のため実験です。外れても大丈夫なように外側に出しています。
こんどは一晩おいても抜けませんでした。最初からやっていればねぇ・・・。
DSCN8761.jpg


さて、水害の状況は? 床板を剥がしてみました。
断熱材(タタミ)の表面はしっかり濡れています。壁はひどいところは30センチほど浸みあがっています。
芯はポリスチレンなのですが、木質圧縮ボードと畳表でサンドイッチされています。
はたして乾きますかねぇ。だめなら交換でしょうか。
風呂場は浸水していなかったのが幸いでした。床下からの作業はシンドイですからね。
DSCN8775.jpg

床の表面は水をふき取ったので、何事もなかったように乾いています。
このままでいいか!という気持ちにもなりますねぇ~。災害被災者の心理状態もわかるような気がしましたよ。

ですが、これまで災害ボランティアで何十軒もやった経験上、断熱材は絶対に湿っているのです。
密着、密封しているから乾きません。カビも絶対に生えます。
なので、しぶしぶ床上げすることにしました。
でも、ま、いいか。面倒だし・・・。そのうち乾くだろう・・・。何度も心の葛藤がありましたよ。

あいにく梅雨時期です。今週も雨模様の日が続きます。出かける用事もあります。
外に干せません。なので、窓開放で部屋干しです。
ただ設備が外にだせません。なぜかドアが通過しないのですぅ・・・。
DSCN8782.jpg

DSCN8783.jpg

部分的にですが、すでに断熱材には白いカビが生えてました。
念のためエタノールを噴霧しておきました。
DSCN8785.jpg

あ~あ、災難です。自業自得ですがねぇ。
自分とこで災害ボラ?をやるとは! 泥んこ状態でないのだけは救われましたが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!


工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

なんたることや!
亀仙人
最悪のパターンでしたね。
ホウ酸を散布すればカビ対策になりませんかね。
あと、ペットのトイレに使う製品は除湿機能が抜群と聞きましたよ。

亀さん
赤G
いやはや、まいりましたよ。
ホウ酸、効きますかねえ。除湿剤はいいですね。
これでしばらく様子みてみます。

コメントを閉じる▲