FC2ブログ
台風24号には直撃されましたが、物置のカーテンがやられただけで済みました。
台風一過後、穏やかな日が続きましたので作業がはかどりましたよ。

壁の間柱とサッシ枠まで完成しました。
DSCN7095.jpg

予備の風呂桶が2つあったので、置き換える検討をしてました。
工事中はしばらく入れませんからね。
DSCN6981.jpg

で、現行の湯船を使う半埋め工法はちょと問題があることに気づきました。
ボイラーとの配管が大引きに邪魔されてしまうのです。
なので床置き法式にするしかありません。
とすると、縦横向きの関係から予備の一つが使えることがわかりました。

風呂場の設置方法がきまったので、床下の補強をしました。300キロくらいなりますからね。
未定だった大引きを入れ、基礎を追加し、大引きを支える梁を入れました。
DSCN7085.jpg

基礎と梁は、5ミリの勾配を付けて差し込みました。クサビ状になるわけです。
後から入れるのは難しいのです。かなり悩んでこの方法を考えましたよ。
DSCN7081.jpg

間柱用の2×4材があったのですが、長さがたりませんでした。
なので、急遽、45×90くらい材をふたたび製材?補正して材料をそろえました。
DSCN7009.jpg

そのほかにも間柱を立てるために大引き間を埋めたり、外壁面をそろえるために長さをそろえたり。
設計がしっかりしてないと、そのつど付帯作業が出てきちゃうのです。
ま、いつものことですがね。

最大の問題はお風呂の防水処理と排水勾配をどうするかなのですよ。
またまた悩まねば。 ボケ防止にはいいかしらねぇ?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
台風一過の2日後、ボキボキバサッ!と音がしたので、その方向を探してみたら、敷地外の道路に杉の木が倒れていました。
町役場に連絡したら、1時間後に4人で来て30分くらいで処理していきました。
DSCN7018.jpg

折れたのではなく、根こそぎ倒れたのでした。風もないのになぜ2日後に?
左側が幹(45センチ径くらい)ですが、根が浅いですねええ。深さは70センチ程度ですよ。
DSCN7053.jpg

ミツバチの一箱がオカシクなりました。フラフラ飛んで、大量死してます。
最近はやりのアカリンダニにやられたような気がします。
8月中は旺盛で蜜がとれると思っていたのですがねぇ。
DSCN7049.jpg

いろいろキノコがでてきます。旨そう・・・。でも食べません。
前回載せたキノコですが大丈夫だったようです。ナラタケかぁ。その後出ないのよねぇ・・・。
DSCN6995.jpg



工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

Re: 防水と床の水勾配
赤G
> 床防水はFRP防水が最適ではないですか。勾配は、根太から付けて下さい。住宅のベランダ防水の様にどうですか。


鈴木さん、アドバイスありがとうございます。
FRPですか、それが一番安全でしょうねぇ。でも面倒そう。
なんか、シートでできないもんかなぁ?安価、簡単な方に行きたがるんですよお。

いずれにしても根太で勾配はつけなきゃならないのですね。その上に合板を貼って加工ですね。
いろいろ検討してみます。ありがとさんです。
じゃ!


勉強になります
亀仙人
色々とめんどうなんですね。
お金溜めて業者に頼もうかなんて考え始めてます(笑)

亀さん
赤G
ユニットバスが手に入っていたら、簡単だったのにねぇ。
いつ完成するやら…。

亀さん
赤G
その気持ちわかります。でも、お金がない、楽しみがもない。(笑)

コメントを閉じる▲
またまた雨です。それにしても雨が多くて作業がはかどりません。
そのうえ、強力な台風24号が縦断してきて今夜には直撃しそうです。
ちょと北側を通りそうなのでマジヤバそう。吹き飛ばされないことを祈るばかりです。

※最近ケイタイが不調です。受信できなかったり誤動作したり、充電がもたないし・・・寿命かしら?

天気が回復した先日、この間に屋根板張りをやっつけてしまおうと思っていたのですが・・・。
午前中だけ助っ人が来てくれました。ちょとタイミングがズレたのですがねぇ。

とはいえ、力仕事を頼めるのはありがたいので、給水配管と雨水排水用の溝を掘ってもらうことにしました。
しかしやっぱり岩が出てきてしまい完了しませんでした。次回に期待です。
※この時期に掘ってしまうと、他の作業がやりにくいのですがねぇ・・・。笑
DSCN6947.jpg

屋根板を張る前に、もろもろ修正作業がありました。いつものことですが。
垂木が低かったので、板を挟んで高さをあわせています。
DSCN6953.jpg

逆に高すぎたので削っています。これらは垂木の反りが原因なのですがね。
DSCN6959.jpg

垂木の長さをそろえています。
屋根材は未定なのですが、一応8尺(2.42m)を張る場合を想定してカットしてます。
DSCN6956.jpg

ログ側にも柱の出っ張りがあったので、サンダーで削りました。
屋根材を切り欠くという方法もあったのですが、切り欠き合わせや高所作業は嫌ですから。
DSCN6961.jpg

下板は構造用合板ではなくコンパネなので1800×900mmなのです。なので垂木スパンも450mmにしてます。
ただ10年くらい前にもらって保管しておいたのですが、濡れたりしてシミやカビだらけになってましたぁ・・・。泣
で、一枚ずつ掃除しなければなりませんでしたぁ。
DSCN6963.jpg

例によって、丸ノコ冶具でカットしてます。
DSCN6966.jpg

やっと張り終えました。手持ちの42mmビスで止めてます。
垂木の中心を壁に写しておき、墨打ちしてますよ。これをしないとけっこう垂木を外しますからね。
DSCN6969.jpg

屋根材が入手未定なので、当面は手持ちのブルーシートを張りました。
これで完成になってしまうかも・・・・。主屋もそうだったし。笑
DSCN6973.jpg

何はともあれ、ギリギリ雨前に完了しました。
とおもったのですが、面戸板(垂木間の隙間埋め)を忘れましたぁ。
外壁板を切り欠いて埋めるしかないですかねぇ。まったく面倒板です!?

さて、次の作業は?
お風呂の工事は?・・・方法や材料が決まってないし、時間も掛かりそうだし・・・。
壁とサッシは?・・・風呂や床張りなどの邪魔になりそうだし・・・。風呂を除けば可能かな?
床張りは?・・・風呂場を除けば、コンポストトイレと洗濯機は使えるようになるかな?

冬前にお風呂に入りたいし、トイレが壊れる前に、なんとかしたいし・・・。
うーーーん・・・・・。その日暮らしのそれなり設計なので悩みは尽きないわ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
天気のよくない日に道具の手入れをしていたら、知り合いがきて、釣ったヤマメを置いていってくれました。
この時期は卵がいっぱい。最近釣りに行ってないので、感謝です。
DSCN6941.jpg

その釣り人には、タイミングよく落ちていた山栗でお返ししました。
そのとき発見したキノコです。知り合いはナラタケだと言います。地面から生えていたので疑心暗鬼なのですが。
持ち帰って食べると言っていたので、その報告待ちです。もっとも死んじゃったら連絡ないわねぇ。笑
DSCN6936.jpg

写真を撮り忘れたのですが、先日の助っ人がもってきてくれた釣りたてのマダコもありました。
下ごしらえしてあったので、茹でるだけで食べられました。これも旨かった。感謝。

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |

これも人徳??
亀仙人
困ったときに手を差しのべてくれる人がいる。
これも赤爺さんの人徳でしょうね。こちら台風の雨が強くなってきました。

亀さん
赤G
なかなかタイミングが合わないですけどね。
台風が直撃しました。強風でシート類が吹き飛ばされましたよ。
ま、それほど被害はありませんがね。
そちらは大丈夫だったんですかね。

コメントを閉じる▲
天気が2日くらいしか安定しないのだけれど、今後も不順な予報なのです。
遅れ遅れなので、助っ人不在なのですが、意を決して始めちゃいました。
屋根ができりゃ、雨でも作業ができますからね。

案の定、一人作業は大変でしたぁ。
ちょっと支えていたり、物をとってくれたりしてくれないのよねぇ。
やっぱり想定外のトラブルもたくさんあったし・・・笑。(たんなる不注意なんだけどね)

思い付きで防腐剤を塗ることにしました。ホウ酸飽和水です。効くのかしら?
基礎は地際が腐りやすいので掘り下げています。
DSCN6901.jpg

土台も、ついでに大引きも塗っておきました。
DSCN6902.jpg

土台、大引きの設置が完了。後日アンカーで止めます。
DSCN6908.jpg

柱が捻じれていたようで、桁にホゾが入りません。修正です。
DSCN6913.jpg

苦労して桁を乗せたのですが、柱が垂直になりませーん!
DSCN6914.jpg

桁がログに干渉してました。想定外!?
DSCN6915.jpg

柱が抜けないので、傾けて隙間を作ってログを削りとりました。ヤレヤレなのです。
DSCN6918.jpg

反対側の柱を立て、桁を乗せました。一人作業はツライ!
DSCN6919.jpg

梁つなぎがまた一苦労。何度も梁を落としましたよ。「助っ人やーい!」と独り言。
DSCN6921.jpg

ホゾがきつかったので、大カケヤの出番です。白樺製。
叩き過ぎたので、繋ぎ部が割れてしまいましたぁ~。
DSCN6920.jpg

屋起こしです。全体的に柱を垂直にします。全体的にね!平均にね!
DSCN6925.jpg

垂木を止めました。ここでまた問題。両端の勾配欠きが忘れてましたぁ~。
DSCN6927.jpg

時間切れで屋根の下板(コンパネ)が貼れませんでした。
ので、応急のブルーシートがけです。笑
DSCN6935.jpg

仮止めはコーススレッドなので、後日カスガイやボルトで固定せねばね。
とりあえず、なんだかんだで2日間で雨に間に合いました。予定通り、いや予報通り雨になりました。

ま、これでなんとか雨がしのげますが、下板張りしないとが終わらないと一段落しませんねえ。
仕上げ材が未定なので、とりあえずは、またシート掛けかも?笑


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


燐寸
お疲れさまです。
ひとりだと桁かけは大変ですね。

私も昔 デッキ作りのときに苦労しました。

燐寸さん
赤G
どうもです。
なかなか都合が合わないですよねぇ。
ま、セルフビルドだから、いろいろな工夫が楽しいんですがね。

良くわかります
亀仙人
一人作業の辛さは、セルフビルドの誰もが経験してるでしょう。

高齢の一人作業危険がいっぱい、気をつけて作業して下さい

亀さん
赤G
都合よく助っ人は来てくれないですね。
足腰が弱ってきましたね。特に高所には気を付けてますよ。
なんか動きがすごーく遅くなったみたい。


コメントを閉じる▲
★8月からフェイスブックにリンクできなくなったので、別の方法で再投稿してみました。

天気が安定してきたので急いでログ側の加工です。
ちょと面倒なのですが、一応本業なので楽しいのです。

※今日は久しぶりの雨で、ちょとのんびりしてます。
これから先はまた天候不順な予報なのでちょと心配ですねぇ。

まずは、独立基礎のレベル切りです。
あらかじめ引いてあったレベル線に合わせてチェンソーで回し切りです。
DSCN6824.jpg

サンダーで整えて(目つぶしを兼ねて)墨を打ち、土台を合わせるために横にも墨を書いておきます。
これで遣り方も撤去できました。
DSCN6825.jpg

大引きの取り付け穴開けです。
チェンソーで刻んでからノミで仕上げています。
DSCN6833.jpg

ダミーの大引きを差し込んで、寸法と深さをチェックしてます。
DSCN6844.jpg

柱が立つ位置に合わせて、あらかじめ測っておいた寸法に合わせて出っ張りログをカットしてます。
まず深さを合わせた丸ノコで刻みを入れます。
DSCN6850.jpg

チェンソーとノミで垂直に整えています。
DSCN6855.jpg

外壁板(12ミリ)の差し込み溝切りです。(ほんとは内側もやるのですが・・・)
隙間が空かないように深さはログのへこみ部分より深めです。(芯より2~3センチ手前かな?)
これも丸ノコで少し広め(線切り)に切れ目を入れてます。
DSCN6868.jpg

チェンソーで刻んでいきます。
DSCN6871.jpg

12ミリの板を差し込んで深さと垂直をチェックしてます。
DSCN6874.jpg

これでログ側の加工はすべて終わりました。
DSCN6876.jpg

さてさて、今度はいよいよ建て方ですよー!!!
雨に濡らせたくないので、一気に屋根まで作りたいので、2~3日天気が安定してくれないと。
この作業は助っ人が欲しいのよねぇ~。両方の日程を合わせるのはさらに難しいのよねぇ~。
それに想定外のトラブルはつきものだしねぇ~。(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
断熱材が手に入りそうもないので、買おうかとおもったのですが結構な出費です。
で、先日のログスクールで出たおが屑を利用することにしました。
放置していたので乾燥させています。
DSCN6845.jpg

やっと空き時間がとれたので、ハチミツをかすめ取りました。家賃です。笑
9月初めから気になっていたのでした。
DSCN6896.jpg

太陽熱で垂れ蜜を採取してます。
DSCN6899.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |
秋雨前線が南下していったので、やっと天気が落ち着きました。
でも朝晩はストーブを焚きたくなるような気温です。15度前後。

やっと材料の刻みが終わりました。43本。いやあああ、2か月もかかっちまいましたぁ。
ログスクールや用事や天候が不順でしたから。

刻み自体よりも、材料選びや木取り、整形に時間がとられましたよ。何せ古材ですからねぇ。
なんだかんだ言いながらも、材料はカスカスというか、ぴったんこカンカンでした。
DSCN6838.jpg

変則アリ継ぎです。笑  
DSCN6645.jpg

大引きにホゾ穴をドリルで開けていたら心棒が折れてしまいました。
30径はちょと無理でしたね。このアダプター高かったのにぃ。超便利なんですよ。
DSCN6667.jpg

桁です。結局2寸弱勾配になりました。
DSCN6732.jpg

柱のホゾです。丸鋸だけで作れるので、こっちの方が好きです。
実はノミでホゾ穴を掘るのが苦手なんです。左甲を何回打ったことか・・・。腫れてます。
DSCN6785.jpg

垂木です。なぜか45×52という変則サイズなのです。
サイズや曲がり、成型でそろえるのに苦労しましたよ。
※間に母屋があれば、曲がりも矯正できるんですがね。
DSCN6821.jpg

ということで、いよいよ建て方です。
というわけにはいかなくて、まだログ側の加工が残っています。あと数日かしら?

建て方は一気に仮屋根までやりたいですねぇ。助っ人次第なんだけど・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立てたらクリックを!

<オマケ>
山栗が落ちてきました。冷蔵しておくと半年くらいはおやつに困りません。
DSCN6817.jpg

いつものところに、こやつも生えてきました。共食いのようで食べれません。笑
DSCN6815.jpg

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |