岩手県の大雨災害で宮古市入りをしてから、3週間+αボランティアをして今日戻ってきました。
この間のことはFBで発信してますので、ご興味のある方は覗いてみてください。

こんかいは、その間の出来事などを、とりとめなくトピックスを綴ってみます。長文になりそうですが。


●当初は宮古市市街地のボラセンにいたのですが、上流部に入ったボラ仲間からの要請で新里地区に入りました。
道路が寸断されていて、普通なら20分のところを迂回して4時間かけて山道を抜けていきましたよ。

●そのときに教えてもらったのが、スマホやタブレットで使えるヤフーナビです。
これがけっこう優秀で、通行不可などの情報がきめ細かく表示されるのですよ。
通行止めや解除なども1時間くらいで反映されます。岩手県の交通情報よりも詳しいし早いしわかりやすい。どうやって情報を集めるんだろ?
ナビ自体の機能はイマイチですが、かなり重宝しました。

●岩手県の被害は、大きく分けると、北から久慈市、岩泉町、宮古市です。
宮古市には、3ヶ所のボラセンがありました。海岸部から市街地本部、新里地区、川井地区です。
新里地区にはサテライトがあり、初期から災害ボランティア団体(風組連合)が社協ボラセンとタイアップして活動しました。
これが実現したのは、3年前に同様の被害にあい、その後災害対応を熱心に勉強されてきた雫石社協の仲介、支援、協賛があったからだとおもいます。

●風組連合は連携してる災害対応チームなのですが、主に床上げ処理や壁剥がし、床下水抜き、通風、乾燥、高圧洗浄、事後の消毒、カビ対策などの専門技術を駆使するプロボノと呼ばれるボランティアなのです。
ただ、社協(支部ごとに)によっては床上げ対応をしないという方針もあったりして統一されてないのですよ。
また、泥出しも開口された場所だけで、床下には潜らないというような、何のための泥出しかわからな対応をしているところもあります。

●ボクラの最初の作業はニーズ調査で、対処方法などをアドバイスしながら要望を聞き取っていきます。
次の作業は、荷物、畳の運び出し、床の洗浄、床板剥がし、泥出し、消毒と続きますが、ボクはおもに床上げと壁剥がしを担当してました。一般ボラさんが泥出しに入れるように前準備します。怪我しないように釘一本も残さないようにしたり、入りやすいように根太(床を支えている木材)を間引いたりしてます。もちろん再現できるように大引(根太の下材)で切り取ります。
状況によっては、日常生活の動線確保のために、仮床を作ったり、床戻しもします。

●2~4人のチームで1日2軒ほどこなします。1軒につき2、3部屋の和室があり、この床板を剥がします。
このとき、再利用できる場合(大工さんや家主さんとの理解のもとでです)は丁寧に取り外します。洗浄後に元に戻せるようナンバリングしておきます。
フローリングは再利用できないので、傷んでいる場合以外は、剥がさずに潜って泥出しをします。これは通称モグラと呼ばれる専門職?です。意外と女性が好きですね。

●壁のカビは微妙な問題ですねええ。石膏ボードや断熱材が濡れてしまうと、ほとんどカビが発生します。
見えているところは説明したりしますが、壁全体を治すにはお金がかかりますから、家主さんは必ず悩みます。
で、強制的なことは言わず、家主さんの判断にお任せするようにしてます。
とりあえずは消毒剤で拭き取れば一旦は消えてしまうのも一因なんですがね。
それと見えない壁の裏側などは、さらに厄介ですねええ。わざと見せることも難しいですし。

●体が馴染んでいないせいか最初の1週間はキツかったですねええ。一般ボラ(10時~3時)と違って5時くらいまでやってます。
缶ビール半分を呑んだらバタンキューで3時間ほどたったら目が冷めて、残りを呑んだらふたたび寝てしまい晩飯抜きのときもありましたよ。
それに、かがみ作業ですから腰痛には悩まされましたねええ。伸ばすたびにギギギィーっと音がしましたよ。埋め木声も。
このころ腰痛老人三人衆と呼ばれてました。

●ああ、思い出しました。1週間後に国際学生ボラ団体IVUSAが70名くらいが来てくれるということで、そのための作業作りにも追われたのでした。
とにかくモグリでも何でもやる若い集団です。その組織力は目を見張るものがありました。
2日前に先遣隊10名がきて、調査・作業して状況を把握します。その後、本隊が2日間きて、預けた作業は夕方までかかってもやっつけていきました。
トラックに装備(作業道具、自炊道具)満載し、前線本部を設け、トランシーバーでやり取りし、まるで自己完結の自衛隊のようでしたね。

●も一つが私設ボラ団体の「まなみ組」。養生から仕上げまで見事な作業をします。
ちょと強面の優しいお姉さんが仕切っています。組長の指示でピシーーーー!!!と作業します。信頼された組員以外は仲間になれないようです。

●被害の酷かった茂市地区には200軒ほどありますが、ここで30軒くらいの床上げ作業をしました。
その後周辺地域も何軒かやりましたが、これらのニーズがなくなったので戻ってきた次第です。
ここの新里サテライトも今月28日には閉鎖され、市街地にある本部に集約されます。宮古市はほぼ収束してきたということです。

●しかし、岩泉町はまだまだ大変な状況です。
24日に、時間が空いたので(この日だけ作業は休んだ)40キロはなれた町を一回りしてきました。250キロほど走りました。
日本一広い町だそうで東京23区と横浜市を合わせたくらいあるそうです。ほとんど山間部なので、孤立していた集落も多く、最近やっと解消したばかりです。
いまだに電気や水道が復旧していないところもあり、ボランティアもまったく入っていない地域もあります。
土日の休日には団体のボラバスが来てくれるので100名を超えるときもありますが、平日は一般ボランティアが十数名前後という状態です。

●ぜひぜひ、年金生活の老人パワー?を発揮してもらいたいところです。
ボクラのサテライトにも数名の老人パワーがありまして、1週間単位で来て活躍してました。
この1週間という期間がポイントです。事情がわかってくるので、2、3日後には現場リーダをやってくれるからです。まあ、人にもよりますが。

●作業を初めてから10ほど経ったら、他のメンバーがそれぞれの事情で帰ってしまい、ボク一人残されてしまいました。
その後は風組連合臨時駐在員という変な状況で続けることになってしまったのです。
まあ、なんだかんだで、助っ人してくれる人が現れるもんで、なんとかかんとかやり続けることができました。つながりはホントに有り難いですねぇ。感謝。

●つながりといえば、毎日サテライトで会っていたクルミ拾いのおじいちゃんは、いつのころからか傍の湧き水にトマトを冷やしておいてくれました。
被災家屋で大工仕事をしていた、取っ付きの悪かった地元のたった一人の棟梁は、いつのころから朝晩サテライトに寄って、なんやかんや差し入れしてくれました。熊鍋や茹で栗や朝の松茸ごはんとか。呑みに誘われたりもするのですが・・・。
その他にも、社協さんからもカツオやサンマなどの差し入れとかありました。
軽トラ移動コーヒー屋の旅商人さんが滞在し、被災された方々やボランティア、社協のみなさんに無料コーヒーを振る舞ってくれました。ボラ作業もしてましたよ。

●ちなみに、ボクはサテライトの駐車場で車中泊です。
ときどき畳の部屋に招待されたりしますが、かえって腰が痛くなり、車生活に戻りましたよ。
車中泊連中だけで誰もいない広大な駐車場で宴会をやったりしたこともありました。

●ああ、それから、なぜかしら、お酒をもってボラに来る人がいまして、ボクをお酒で支援してくれました。
その数は合計10本をこえましたよ。(笑)
割れたらマズイので、邪魔な?お酒に囲まれて寝るはめになりましたが、感謝です。
お酒のこき使われている夢をみました。(冗談) それを仕組んだ黒幕がいるような気がするのですが・・・。

●そんなわけで、ほとんどコンビニ食だったのですが、まともな食事を採れるときもふえてきました。
朝はパン、昼はおにぎり、夜はビールに弁当ってのが基本パターンでした。
差し入れがあると、これらの消費期限が過ぎてしまうのですが、ま、防腐剤いっぱいの食品ですから2、3日過ぎても問題なかったですね。
9月始めのころは30度弱のときもありましたが、後半は20度ちょっとでしたし、朝晩は16度くらいでしたから。

●で、1か月も放置していた山小舎の作業に目処がついたら、こんどは岩泉入りですかねぇ。
岩泉町には海側から小本(おもと)地区、岩泉中心地区、小川(こがわ)地区にボラセンがあるのですが、北の安家(あっか)地区にはありません。
ここに、オープンジャパンという災害ボラ組織が入っているのでここでしょうかねええ。
おそらく新里地区が30か所くらいありそうな被害規模です。それに新里地区に比べ2週間以上遅れているような復旧状態です。
現在のボランティア数では、まったく足りてません。
退屈しのぎと言っては失礼ですが、こんなロートルでも少しでも役に立てればいいのかなと。

帰ってきたのはいいけれど食料がないじゃない!? しょうがない、酒と非常食だな!

DSC03271.jpg

DSC03183.jpg

DSC03155.jpg

DSC03221.jpg

DSC03163.jpg

DSC03171.jpg

DSC03192.jpg

DSC03753.jpg

DSC03185.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!


ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


燐寸
長期間 お疲れさまでした。
ステッカー いっぱいですね。

岩泉中心部も床あげ未処理のところがけっこうあるみたいですよ。 中心部はそこそこボラがきていますが、小本・小川地区はボラが少ないようです。

燐寸さん
赤G
どうも。
未処理というか、積極的にやらないだけじゃないですかね。



燐寸
そうです。 社協は消極的ですね。
ってか、人材が居ない。

オープンジャパンは安家産直施設を支援していて、そこを拠点に番 張ってます。

燐寸さん
赤G
諒解です。ありがとさんです。


Dra&長靴
こちら年金生活の老人です。
毎回の活動ご苦労様。
こちらログの制作が佳境に入ってきました。
もうすぐ目処が立ちそうなのです。
そうしたらボランティア活動できそう。
今回は間に合いません。
ごめんなさいね。



Draさん
赤G
そうですか。出先でネット環境が悪く見てませんでした。
まあ、いつでも暇なときにですね。


スバナ
なかなか真似できません、地元のお世話で精一杯の
私ですが、無理センといてね!”

ご苦労様です
kattiiママ
FBの画像拝見していました。
何か出来ないかと思いはしても、すぐに動き出すことは
なかなか出来ないものです。
それもさりげなく、少しも威張らず、あかじいさんは
被災地のヒーローですね、私はそう思っています。

スバナさん
赤G
遠いところは難しいですよね。
ボクも近場なのでやっていますが、熊本にはいけませんでしたから。
しかし、圧倒的に大工さんが不足してますね。

kattiiママ さん
赤G
そうでしたか。ありがとうございます。
岩手在住ということと、暇だったのですよ。
ほんの微々たる作業しかできないのが歯がゆいところです。

コメントを閉じる▲
懸念していた台風10号がやってきてしまいましたぁ。
昼ころから夕方までザーザー降りました。昼間だったので気が気じゃありませんでしたよ。
もっと南かと思っていたら、結果的には30キロほど北に上陸しました。
びしょ濡れになって沢の水量を観察してましたが、峠を超えたようなので、けっきょく避難はしませんでした。
4年前の小さな土石流も経験しているんですが、避難の判断は難しいですねぇ。

で、後片付けやら、電線支障木の処理などを見届けて、とりあえず一番近い岩手県の宮古市に入りました。
沿岸沿いの国道45号線は、釜石と大槌で渋滞してましたが、あとはガラガラでしたよ。

宮古社協ボラセンに到着したのは午後の2時過ぎ。午後の部にも間に合いませんでした。
DSC03103.jpg
とりあえず、受付だけしたのですが、そのお姉さんはボクを覚えていてくれていたのですよ。3年前の雫石災害のときにに応援に来ていたとか。若いお兄ちゃんも。
ボクはほとんど、いやまったく覚えていなかったのですがねえええ。そんなに特徴ありますかねぇ。そのときは一か月くらいいましたけれど。

ニーズは20件ほどあるそうですが、今日の活動人数は中高生が20人くらいだとか。土日は人が増えるかしらねええ。
西の山間部の除いて、部分的に低い土地が浸水しているようで、それほど広くはないようですが・・・。
ここでしばらく様子を見ながら、お手伝いしたいと考えております。

閉伊側の水位は下がっていました。
DSC03106.jpg

市役所付近の国道45号線は渋滞でした。前日まで立ち入りできなかったようですが、たくさんの業者が入っていて急ピッチで泥を撤去していました。
夕方には上下2車線とも通行できるようになってましたよ。
DSC03094.jpg

200~300mの区間だけ植え込みのあたりまで(1mくらい?)浸水したようです。市街地は部分的に地盤の低いところだけ浸水したようです。
DSC03110.jpg
なので、大部分はほとんど平常状態って感じでした。


西の山間部に向かう106号線は、10キロほど西の花原市で通行止めになっていて、被害のあった上流部にはいけませんでしたが、3日の夕方には通行できる予定だそうです。

今夜の宿泊地はここ。道の駅みやこ。海岸でノンビリビールです。
DSC03100.jpg

ついでに、極楽寺浄土にも行ってきました。戻ってきたのが不思議だけど。
DSC03114.jpg

岩泉町は道路状況がよくわからないのですが、北の葛巻から入れるようです。久慈市はここから90キロ北ですが、いずれもボランティアの人数は20~50名くらいと少ないようです。この土日で増えるといいですねえ。

暇なご老人は観光と交流がてらぜひおいでくださいな。(笑)
ボクの車の近くに、滋賀と北海道と福岡ナンバーで車中泊している方がいますが、たんなる旅行かしら?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

ぶらぶらボランティア | トラックバック(0) |


Dra&長靴
ご苦労様です。
北海道も大変。
みんな北海道に行っているのかもですよ。

次の12号はこちらを伺っているので気がかりです。


スバナ
こちらも、台風養生でバタバタです。

みなさま
赤G
台風12号には気をつけてくださいな。


コメントを閉じる▲
なんかヤバイっすねえ、最近の気候。 
東北には台風が矢継ぎ早にやってきますし 西日本は相変わらず酷暑のようだし。
いつもの太平洋の高気圧がちょと北の方にズレたのだそうで、その縁を北上しちゃうのだそうです。

5→7→11→9号と奇数ばかり。9号は関東から北上して直撃でした。
10号は偶数だから西の方に行ってしまったのかと思っていたら、突然、気が変わったらしく、Uターンしてあらためてやってきそうな気配です。
コレは猛烈に強力そうなので、ちょと心配。今現在940ヘクトパスカルくらいで成長中。いままでのは980くらいだから、桁違いだわ!(桁はちがわないけど、)


壊れた一輪車のバケット(お皿)をもらってきたので、スノーダンプを作ってみました。
DSC02911.jpg

補強で3ミリ厚の鉄板を入れてあります。
DSC02908.jpg

ボルト止めです。
DSC02909.jpg

パイプハウスの余り22ミリパイプを加工してます。
DSC02918.jpg

これ欲しかったんですよぉ。毎年雪が降ってから思い出すんですよぉ。で早めに作っておくことにしたのです。
買うと6千円くらいでしょうかね。でも、もったいない。
試行錯誤で作ってみたのですが、お皿の形状が違う(形状変更も考えたんですが)ので使えるもんなのか?ちょと心配です。
雪が降るのが楽しみです。って、降らないほうがいいんだけどねぇ。でも、使ってみたい!?ちょっとだけ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
でっけいナメクジ!
DSC03001.jpg

暇潰し工作やカービング | トラックバック(0) |


Dra&長靴
チェーンソーで玉切りした大鋸屑をすくってみましょう。


Draさん
赤G
雨で濡れてペチャンコなのですくえません。ということは圧雪は無理ということですねぇ。(笑)

いいね‼
kattiiママ
お役御免になってもまだ次があったみたいな・・
市販のより頑丈なんじゃないですか?

秋の枯葉でまず試して、冬本番ですね。
今年の台風はホントにタチが悪い‼


kattiiママさん
赤G
相変わらずの廃品活用です。(笑)
新潟の吉鉄さんのデザインを真似てみました。けっこう頑丈ですよ。
が、雪本番で実用になるか、どうかぁ・・。

コメントを閉じる▲
昨日は台風7号が大雨を降らして東北沿岸を通過していきました。
少し前の5号といい東北地方をかすめていきますねええ。
北海道は直撃で、浸水被害が出ているようですが、東北の被害はあまりなさそうです。

台風の影響でしょうか、秋めいた空気になり、気温も下がり、ぐずついた気候になってます。
関東以西は相変わらずの猛暑のようですね。ご自愛くださいませ。


先日の残り網戸を使って、車の網戸を作ってみました。
DSC02869.jpg

3ミリ厚のベニアを繰り抜き、
DSC02874.jpg

網戸を貼っています。
DSC02873.jpg

両サイドの2か所に取り付けます。
DSC02881.jpg
ちなみに、色違いになっているのは、試行錯誤、カットアンドトライで寸法を決めたためと、材料が足りず継ぎ足したためです。もちろん余り材なのですから。

内側に取り付けたかったのですが、構造上、外側のガラス窓にはめ込むことしかできませんでした。
なので、そのたびに取り外す必要があります。しかたありませんね。
ちなみに既成品も売っているのですねぇ。2組で1万円ほどしてましたよ。

まあ、いまさら必要もないのですが、熱帯夜に車中泊するときには重宝するでしょう。たぶん?
備えあれば憂いなしというところでしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

<オマケ>
先日は周辺に誰もいないという超プライベートな花火を堪能させていただきました。
海岸べりのお友達の家からです。なんと庭から200m先で打ち上げられます。立ち入り禁止区域内?という近さです。
さすがに尺玉は上がりませんでしたが、60度で見上げる花火は迫力満点でしたよ。花火はこうでなくちゃ!
DSC02951 (1)
※一昨日は1万発の別の花火を見に行ったのですが、台風の影響で雨に降られてしまいました。
2尺玉と水中花火は圧巻でしたがね。花火大好きなのです。

お友達が来てくれて、薪の集材を手伝っていただきました。
2か月分くらいはあるかしら? さて、置く場所は・・・。
DSC02985.jpg


暇潰し工作やカービング | トラックバック(0) |


Dra&長靴
花火は何年も見ていませんねぇ。
ログが完成したら打ち上げます(笑)

Draさん
赤G
花火いいですよぅ。
尺玉100発も打ち上げてくださいな。見に行きます。

コメントを閉じる▲
いやあああああああ、熱すぎる。とはいっても、ボクのところは40度近くはにはなりませんがね。
数日前までは、外は32度くらい、室内は28度もありました。それが夜になっても変わらないのです。熱持ちがいいんでしょうかねぇ。
熱帯夜です。寝苦しくて困りました。

こんなことは、今までにはなかったんですが、西側の木を伐った(電線に掛かっていた)ので夕方まで西日が燦々と当たるようになってしまいました。そのせいでしょうかね。

窓を開けて寝ればいいんですが、蚊が入ってきます。
蚊取り線香も焚いたりしますが、もったいないし、体にもよくないような気もするし・・・。
網戸があればいいんですが、うちのロフト(屋根裏部屋)の窓は外開きでなかったんですよ。

緊急事態なので、とりあえず対策してみました。
例によってもらっておいた(笑)古網戸を取り付けました。南北の2か所に。
DSC02892.jpg

網の周囲をガムテープで縁取りします。
DSC02884.jpg

これをタッカーで固定しました。手作りの木製枠だからできることですね。
DSC02886.jpg

ただ、ロックの取っ手があるところはピン留めです。こうしないと閉じられなくなりますから。でも、スゴくやりにくい。(笑)
DSC02891.jpg

これは正解でした。開けっ放しで寝ると涼しいーー!
ただ、最近は、夜間(朝方)は20度以下になるので、ちょと涼しすぎます。毛布一枚だと風邪引きそうです。
窓の開け閉めがちょと面倒なので、薄い上掛けを掛けて寝てますよ。

ま、緊急処置ですから、こんなもんですかねぇ。
※気が向いたら枠を作って(ヒンジで開閉)みたいとは考えてますが。その気になるかどうか・・・。喉元すぎればナントヤラ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ お役に立ったらクリックを!

工房のセルフビルド | トラックバック(0) |


Dra&長靴
内側に片開き戸式の網戸とする方法もありますね。


Draさん
赤G
その方法でしょうねええ。枠やらヒンジやらが必要なんで、そのうちに。


スバナ
あ~たら、こ~たら考えてたら、涼しくなって
又来年になりますよ!”

スバナさん
赤G
ですよねええ。とりあえず処理せなきゃ。
こちらは、もう秋の気配がしますもんね。

外開き窓が
kattiiママ
ウチのロフトと同じです。
出来あいの網戸が無くて、熱が抜けず苦肉の策。
ログ材の残りを額にして、網を張って網戸枠を
作りました。受けの角材に載せて両サイドから
ゴムベルトを引っ張って留める可動式です。
開けっ放しでも寝れます。


kattiiママ
赤G
同じように苦労してたんですねえ。(笑)
やっぱり枠があったほうが便利ですよね。

コメントを閉じる▲